SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

町田

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 17:05:11.52 ID:6fMPZRvO9
大学サッカー界の頂点に位置する名門・筑波大と、J1首位を快走する町田との間にバトルが勃発。有望な選手の獲得に向けて関係を築いてきたフロントの努力が水の泡と化しつつある。

ことの発端は12日の天皇杯2回戦。町田は筑波大に1―1の同点から屈辱のPK戦負けを喫したうえ、4人の負傷者まで出した。うち3人は接触プレーによるものだが、試合後の会見で黒田剛監督(54)は筑波大にイエローカードを2枚しか出さなかった審判を非難しつつ、筑波大側にも「憤りを覚える」「非常にマナーの悪い一面が見られた」「指導教育もできていない」と強い批判をぶつけた。

一連の発言を把握した筑波大・小井土正亮監督(46)は態度を硬化。15日の関東大学リーグ戦後には「黒田監督がおっしゃった『ラフプレーで3人も4人も』ということはない」と反論した。筑波大は日本サッカーを引っ張ってきた伝統校で、現役の日本代表に三笘薫、谷口彰悟らOBが名を連ねるだけでなく、Jリーグや高校サッカーなどにも多くの指導者を輩出。日本サッカー協会の田嶋幸三前会長、影山雅永技術委員長も同大出身だ。

そんな一大派閥にケンカを売った形の黒田監督は大阪体育大のOBで、長く指揮してきた青森山田高を含めて〝筑波系〟と人脈は重ならない。長くJ2にいた町田もまた〝筑波系〟とは無縁のチーム編成で戦ってきた。ただ、今季J1初昇格を果たしたことで、選手の獲得に際しても「筑波大のような名門に相手にしてもらえるようになってきた」とクラブ関係者は明かし、水面下で筑波大側との距離を縮めてきたというのだが…。

天皇杯での直接対決も信頼関係を深める絶好の機会だったはずが、逆に〝黒田発言〟で友好ムードはぶち壊し。和解を図ろうにも、黒田監督は15日のJ1リーグ戦後に「町田は決して悪でない。われわれが正義」と強弁するなど、歩み寄る余地はなさそうだ。

夕刊フジ2024.6/19 11:53
https://www.zakzak.co.jp/article/20240619-KI2RT27U2VNXNE7HXZ24QH5ZVY/

【J1町田黒田発言で筑波大とのパイプ崩壊 名門大OB選手獲得が絶望的に 友好ムードぶち壊し、フロントの努力が水の泡】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 16:57:15.72 ID:6fMPZRvO9
東スポ
2024年6月19日 13:14
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/306522

日本サッカー協会が19日に審判説明会を開催し、扇谷健司審判委員長が12日に行われた天皇杯2回戦で筑波大に敗れたJ1町田から出された質問状への対応に言及した。

 町田は筑波大に1―1からPK戦の末に敗れてまさかの金星を献上。その試合で4人の負傷者が出たこともあり、試合後に黒田剛監督が苦言を呈してクラブ側も質問書を出す事態となった。

 扇谷委員長は、町田の件について「町田のチームから質問状が出されたと(報道で)出ていた。我々として、天皇杯のルール上それに対して返すことはない」と正式な回答はしない方針を示した。

 その上で「選手が大ケガをしたことは個人的に残念だし、我々のほうも、町田のクラブのほうと適切な対応を取っているので、これ以上お話することはない」と説明した。

 また「その中で、レフェリーのコントロールに関しては、何か確定的はものはないとご理解いただきたい」と多くを語ることはなかった。

【“大荒れ”天皇杯でJ1町田から質問書 協会審判委員長「天皇杯のルール上返すことない」「お話することない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 20:48:02.21 ID:7XPig+DK9
J1首位の町田が12日の天皇杯2回戦・筑波大戦でPK戦の末に敗れた試合が、大きな波紋を呼んでいる。

 先制したのは町田だった。前半22分にコーナーキックからMF安井拓也が先制ゴールを奪ったが、昨年6年ぶりに関東大学1部リーグで優勝した筑波大は個々の技術が高い。
球際の強さでも町田に屈することなく、後半終了直前にFW内野航太郎の同点弾で試合を振り出しに。延長戦で決着がつかずPK戦となり、筑波大が大金星をつかんだ。

黒星を喫した町田は負傷者が相次いだことも大きな痛手となった。DFチャン・ミンギュ、先制点を決めたプレーでMF安井が共に骨折、さらに負傷交代したFWナ・サンホが左足関節じん帯損傷、FWミッチェル・デュークが病院で診断を受けた結果、左太腿肉離れと判明。
 報道によると、町田の黒田剛監督は試合後の会見で「ケガ人が4人出た。次やれるレベルではない。骨折もいます」「3人に関してはレイトタックル。
対等なファウルであれば仕方ないが、全部遅れていた。ケガ人を出すことがサッカーにおいて選手生命に影響を与えるかをきちっと指導してほしい」と怒りを露わにして訴えたという。
 4人が大けがを負っただけに黒田監督は選手を守るために筑波大を批判したのだろう。 だが、大学サッカーの関係者は反論する。

「試合開始直後、最初に厳しくチャージしてきたのは町田です。あのプレーが競り合いでの線引きになる。筑波大も競り合いに負けたくないというマインドになるでしょう。
試合を見ればわかりますが、4人の負傷交代はすべてが筑波大の悪質なファールが原因ではありません。筑波の同点ゴールを決めた内野はU-23日本代表候補ですし、J1の舞台で今すぐ通用する選手が何人もいます。
町田の戦術を細かく分析して、相手にペースをつかませない試合運びをしていた。決してダーティーなプレーをするチームではないですし、悪質なプレーを繰り返したと誤解してほしくないですね」

町田の試合はネットが荒れる

 SNS上では筑波大に対する批判より、黒田監督の発言に対して批判的なコメントが目立つ。サッカー担当のスポーツ紙記者は、その理由をこう語る。

全文はソースで
https://dot.asahi.com/articles/-/225450?page=1

【J1町田・黒田監督、天皇杯で苦杯後の激怒コメントに批判 「勝つためのサッカー」は革命を起こすか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 21:26:02.74 ID:4qR6gkk/9
J1町田の黒田剛監督が13日、リーグ再開初戦の15日アウェー横浜戦に向けた非公開練習後に取材に応じた。選手の負傷が相次ぎ、PK戦の末に敗れた前日12日の天皇杯2回戦筑波大戦から一夜明け、相手の一連のプレーと判定基準についてあらためて問題提起した。

町田は前半にDF張敏圭(チャン・ミンギュ)、先制点を決めたプレーでMF安井拓也がともに接触プレーで倒れて負傷交代した。クラブは13日、両選手が骨折と診断されたと発表。
またその後負傷したFW羅相浩(ナ・サンホ)が左足関節じん帯損傷、FWミッチェル・デュークが左太腿肉離れとの診断結果も明らかにした。

 黒田監督は試合後の会見で「勝ち負け以前の問題」として、ファウルの悪質さと一部が見過ごされた判定基準に憤りを表明した。一夜明けたこの日も「不可抗力かは分からないけれど、スライディングがボールやコースではなく、
事実として足に行っていた。選手を守るのが監督。選手が文句を言えないなら、どんな批判があっても指導者が指摘しなくてはならない」と語気を強めた。

黒田監督が覚悟した通り、会見での発言は大きな物議を醸した。それでも「反感や批判は承知と言ったように、これをやられっぱなしでいるのは正直、クラブの恥だと思っている。我々もよくラフプレーと言われるけど、
(就任した)昨季からケガ人(離脱者)を出したことはない。球際で厳しく行ってのファウルはあるにせよ、絶対にやってはいけないファウルがある」と言い切った。

 町田の原靖フットボールダイレクターは同日、この試合の判定基準について日本協会に文書で問い合わせる方針を明かした。「何分に何があった、と事実を提示する。
学生のせいにしてはいけないし、非難するつもりはない。レフェリーが基準を示して試合をコントロールすべきだったのではないか」と意図を説明した。

試合後には、筑波大の小井土正亮監督から直接「ケガをさせて申し訳ない」との言葉があったという。原FDは個人的な見解として「大学チームとやるとよく激しい試合になる。
ただ、骨折2人はなかなかないケースで驚いている。選手に悪意は感じなかったが、タックルが遅れ気味だったのは確かにあった」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/06/13/kiji/20240613s00002011404000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/06/13/jpeg/20240613s10002011273000p_view.webp

【天皇杯で町田4選手が重傷 黒田監督が批判覚悟で苦言「事実として足に行っていた」日本協会に質問書提出へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 22:46:52.41 ID:krta4S2H9
2024.06.12

まさかの敗戦のJ1町田・黒田監督 判定と筑波大のラフプレー、マナーに苦言「すごく憤り感じる」「大人に向かって配慮に欠ける言葉あった」負傷者続出、骨折の選手も

 
 「天皇杯・2回戦、筑波大1(PK4-2)1町田」(12日、町田GIONスタジアム)
 J1の町田が勝利目前で筑波大(茨城)に同点に追いつかれ、PK戦の末に敗れた。
 試合後、黒田監督は「フラストレーションの溜まる判定があまりにも続いた。骨折がいます。次、試合できるような怪我じゃないです。
4人大きな怪我が出た以上、本当に現実を突きつけられた。何も得られないゲームだった。VARもありませんし、基準を考えるとすごく憤りを感じるゲームだった」と、怒りを滲ませた。
 さらに筑波大のラフプレー、マナーにも言及。「ケガ人4人で、3人に関してはすべてレイトタックル。こういったことがほとんどカードも出なかった。
批判覚悟で言わせてもらうとサッカーに置いて選手生命を脅かすので、きちっと指導してほしい。サッカーマナーの悪い一面も見られた。大人に向かっても配慮に欠ける言葉もあった」と、強い口調で指摘した。

https://www.daily.co.jp/soccer/2024/06/12/0017763251.shtml
続き

【まさかの敗戦のJ1町田・黒田監督 判定と筑波大のラフプレー、マナーに苦言】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 21:35:05.37 ID:SvB39rxa9
J1首位に立つFC町田ゼルビアは6月12日に行われた天皇杯2回戦で筑波大(茨城県代表)と対戦して、1-1のまま延長戦でも決着はつかずにPK戦に突入した。PK戦では筑波大が4-2で制してジャイアントキリングを果たした。

前半22分にコーナーキックからのデザインされたプレーでMF安井拓也が先制ゴールを決めた町田だったが、シュートの際に相手DFと接触して負傷。そのまま担架で運ばれて交代になる。その後も町田は負傷者が出たこともあり、後半25分までに交代枠をすべて使ってしまう。そうしたなか、途中出場したMFナ・サンホが同35分に負傷。10人での戦いを強いられた町田は、後半アディショナルタイム1分にU-23アジアカップのU-23日本代表FW内野航太郎に同点ゴールを決められた。

このまま試合は延長戦に突入する。交代枠が増えたことで、町田はFWエリキを投入して11人に戻ったが、延長前半途中にオーストラリア代表FWミチェル・デュークが左太腿を痛める。デュークはピッチに立ち続けたが、ジョギングが精一杯の状況で町田は実質10人のような状態になった。

それでも延長後半5分、町田はPKを獲得するがエリキのシュートをGK佐藤瑠星がセーブして得点を許さなかった。同9分には足を引きずりながらもプレーを続けていたデュークがピッチに倒れこみ、町田は再び10人となってしまう。このまま勝ち越し点は決まらずに1-1で勝敗はPK戦に委ねられることになった。

PK戦では町田の3人目、4人目が立て続けに失敗。筑波大が4-2で勝利し、ジャイアントキリングを果たした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc4fec105e7841dc49252d5ef6ed67c217ca19e

【筑波大がJ1首位・町田相手にジャイアントキリング! 後半ATに同点弾、PK戦突入で大金星 【天皇杯】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/23(木) 10:50:46.14 ID:kEqleWXV9
<YBCルヴァン杯:町田2-0鹿島>◇3回戦◇22日◇Gスタ

 リーグで首位を走るFC町田ゼルビアがターンオーバーをしながらも、FWミッチェル・デュークの2発で鹿島アントラーズを下した。

 町田は19日のリーグ戦から先発10人を入れ替えた。序盤こそ意思疎通が欠けるミスが見られたが、プレスや球際の強度は変わらず。高い位置でボールを奪い、カウンターからFWデュークが2得点。守っても、鹿島を無得点に抑え、常勝時代の相手のお株を奪う「誰が出ても町田」のスタイルで快勝した。

 町田の黒田剛監督(53)は「誰が出ても町田のサッカーをできるか。我々が意図するサッカーをできなかった時点で席はないと言って臨んだ」と競争を促していたことを明かした。「前半はシュートは1本も打たせていない。奪ってからのカウンターもできた。鹿島も疲労がたまっていた印象だったが、試すことができた」と収穫を口にした。

 3月のリーグ戦でも鹿島に1-0で勝っており、今季は公式戦で鹿島に2戦2勝。国内最多20冠を誇る名門に、J1に初めて昇格したばかりの町田が果敢に挑み、強さを見せている。

 町田イレブンは鹿島の伝統である球際、堅守速攻、ハードワーク全てで上回っていた。黒田監督は「伝統と歴史を刻んでいる」と敬意を表した上で「今の若い選手はそういう印象はないみたいで…。若い選手はその時代を覚えていない。時代は変わった。Z世代の子たちなのか、違う発想があるのかな。我々の方が意識をしてしまう」と笑った。

 この日の鹿島は、青森山田の教え子である鹿島MF柴崎岳(31)が後半19分から途中出場し、今季初めてピッチに立った。J1の舞台での再会に「シーズンスタートから大きいけがに悩まされてピッチに帰ってきた。まだ100%ではないが、鹿島の中心になる選手。彼のプレーを目の前で見られたのは良かったと思います」と万感の思いも口にしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fe7ee813d630d3ec9ddca4e0d15c413788a6015

【町田・黒田監督「時代は変わった」「Z世代の子たちは違う発想」 相手のお株奪って常勝鹿島に快勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/25(木) 11:27:25.90 ID:olRqxoyk9
批判している人たちはサッカーを知らない

「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしいと思ったほうがいい」

 そう警告したのは、元Jリーガーの鄭大世氏だ。古巣だから贔屓目で見ているわけでは決してない。

「そう発言している人たちは赤っ恥をかいていますからね。批判している人たちはサッカーを知らない。ロングスロー、時間稼ぎなんて、海外のクラブは普通にやっています。できるだけ人に迷惑をかけないようにプレーする日本のスタンスが、国際舞台で弱点になっている側面もあります。それに気付いてないわけです」

 同氏は続けて話す。

「町田みたいに徹底的に時間稼ぎをして、ブロックを作って守る。ビルドアップを重視しない、時代錯誤のサッカーを受け入れないスタンスは、老害みたいに感じます。不純物扱いするのは、出る杭を打つ精神が働いていると思ってしまいます。町田みたいなサッカーがあっていいじゃないですか。ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」

 刺激的な言葉を並べた鄭大世氏だが、的外れなことを言っているわけではないだろう。サッカーは比較的自由なスポーツ。ルールの範囲内であれば、どんなスタンスで戦っても問題ない。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=151847

【「町田のサッカーが汚いとか言う人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪い」】の続きを読む

このページのトップヘ