1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/16(日) 22:31:52.65 ID:CAP_USER9
【阪神】岡田彰布新監督「はっきり『優勝します』と言わないけど、終わる頃楽しみにして」第一声


阪神岡田彰布新監督(64)の就任会見が16日午後、大阪市内のホテルで行われた。藤原崇起オーナー(70)、百北幸司球団社長(61)が同席した。

「タテジマ」をほうふつとさせるストライプシャツに身を包み、黄色のネクタイを着用。猛虎愛あふれる勝負服で、注目の第一声。大量のフラッシュがたかれる中、言葉に力を込めた。

「15年ぶりなんですね、タイガースは。ドラフトでタイガースに当ててもらって、選手時代も日本一までなれたし。2005年に優勝して、まさかね、それから優勝できないとは思ってなかったんで。スタンドから見て10年くらいなるんですけど、やっぱりなんとかしたいというかね。そういう気持ちがすごくあったので。そういう意味で今年要請をもらって、なんとかね、年齢的にもそんなに長くできないと思いますけど、最後、タイガースのためにね、ユニホーム着ようかなと、そういう気持ちになりました」

15年ぶりの現場復帰。 決断の理由に「勝てるチームなんですよ。でも勝てないんで。そのへんのちょっと歯がゆさはあったんですけどね。ずっとスタンドから見ててですけど。そういう意味で話もらった時にやってやろうかなってっていうのはありましたね」と優勝から遠ざかるチームへの思いがあったことを明かした。

目指す野球は「守りの野球」だ。「打つことはあんまり期待してない言うたらちょっとおかしいですけど、3割というかね、確率的には抑える方が高い」とし、「投手陣中心というか。そこで、今年以上に点を取らないといけないととなるんですけど、そのへんですね」。
さらに「あの…エラーの数もそうですね、そのへんがね、ちょっとね」と守りの強化も課題に挙げた。

ファンサービスは「負けるより勝つことじゃないですか」ときっぱり。
「『優勝します』とかよう言わないですけど、ずっと優勝は、『あれ』しか僕は言ってなかったんで、はっきり『優勝します』とかよう言わないですけど、シーズン終わる頃には楽しみにしてもらったら僕はいいと思いますね」とファンへのメッセージを送った。

岡田氏は04年からの就任5年間でリーグ優勝を含む4度のAクラス入り。05年のリーグ優勝時には「JFKトリオ」と呼ばれたウィリアムス、藤川、久保田の強力リリーフトリオを結成。二塁手だった今岡を打撃優先のため三塁へコンバートし5番打者として147打点を挙げる活躍を引き出した。

その豊富な経験と手腕で、「勝てる監督」として15年ぶりに現場復帰。「第2次岡田政権」でもチーム改革を施し、来季18年ぶりのリーグ頂点を狙う。
 https://news.yahoo.co.jp/articles/fb471a9ffbfc7321178cc0230fba4d9dbf95be84



阪神・岡田新監督 守備シャッフルは廃止の意向 守備力再生へ「まず本人が(やらんと)」


阪神の岡田彰布新監督が16日、大阪市内のホテルで就任会見を行い、5年連続リーグワーストとなっている失策数改善へ意欲を見せた。

会見の冒頭で「エラーを減らしたい」と口にした岡田新監督。
「エラーって数じゃないと思うんですよね。一番、セ・リーグで数が多いから目立つというか。ファインプレーとか大胆なプレーとか(というよりも)、アウトにできるボールはアウトにする。そういう基本に立ち返るというかね」と原点回帰を強調した。

ここ数年はキャンプで臨時コーチを招聘することもあったが「はっきり言うて臨時コーチとか来てたけど、やっぱり(守備力)再生には本人ですよ。本人がね、やっぱり(やらないと)。まず一番痛いのはスローイングのエラーですよね。キャッチボールから、どないしてやるか。あとはアウトにできるボールを確実にアウトにする」と指摘。

その上で「まず本当に基本に返ってから。そっからですね。いろんなポジションを守らされたというのも加味されるかもしれんけどね」と矢野前体制で見られた守備位置シャッフルを廃止し、基本を徹底させる考えだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/97900aae04a21cc500955cc45e23afe6a1af3044
https://i.imgur.com/LEAD7W1.jpg

【岡田彰布氏、阪神新監督就任会見 「はっきり『優勝します』と言わないけど、終わる頃楽しみにして」 守備シャッフルは廃止の意向】の続きを読む