SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

石井監督

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 22:52:14.72 ID:CAP_USER9
◇17日 ロッテ6-3楽天(ZOZOマリン)

 序盤から粘投を続けてきた楽天・田中将が7回、一気に崩れた。2点のリードを守り切れず、イニングの途中で降板。6イニング3分の1で11安打6失点(自責点5)という思いも寄らぬ結果に右腕は険しい表情でグラウンドを見つた。

 「ゲームの終盤にあれだけのビッグイニングをつくらせてしまったというところが全てでした」

 試合後の田中将は逆転負けの責任を一身に背負った。1試合6失点は日本では2012年8月19日の西武戦(西武ドーム)以来。11安打を許したのは日本球界復帰後のワーストとなる。今回の登板に向けた調整ではいい手応えを感じていたこともあり、悔しさは募る。

 「我慢しきれずに失点を重ねてしまったというところが残念でした」。しかし、石井監督は傷心の右腕を責めようとしない。投球についての見解を求められると、「7回のところも不運な当たりで流れをつくられてしまいましたけど、ピッチング自体は悪くなかったと思います」とコメント。信頼は全く揺るがなかった。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b07f6626c83b7a5a14c86f49abcf19cc4af1121c

【楽天・田中将大、日本復帰後ワースト11被安打6失点 石井監督は信頼揺るがず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 07:20:49.13 ID:CAP_USER9
3/26(土) 6:15配信
東スポWeb

打倒ロッテに燃える楽天・石井監督だが…(東スポWeb)

 苦手意識の払拭はできるのか。楽天が25日のロッテとの開幕戦(楽天生命)で0―4の零封負けを喫した。

 ロッテ先発・石川の前に7回まで3安打。救援陣からも安打、得点を奪えなかった。開幕投手の則本も5回まで無安打無失点ながら、6回一死からの四球を皮切りに3点を献上。この回途中で降板となった。

 石井監督は「投手戦の中で(則本が)6回に四球、死球が絡んで大きく点を取られた」と渋い表情。ただ、最後は「昨年と違い、今年は負けからのスタートになってしまいましたけど。しっかりとチームとして一致団結してこのシーズンを勝ち切りたいと思います」と気持ちを切り替えた。

 9年ぶりのリーグ制覇に向け、オープン戦首位という最高の形で開幕を迎えた楽天。この1敗でチームが動揺することはないが、気になるのはロッテへの苦手意識だ。

 楽天は昨季対パ・リーグ5チームに対し125試合で57勝54敗14分と勝ち越したものの、唯一負け越したチームがロッテだった。しかも25試合を戦い9勝15敗1分という大きな負け越し。シーズンを通して苦しめられた。このロッテへの「アレルギー」を克服しないと、リーグ制覇は厳しくなってくる。

 石井監督は開幕戦前、ロッテについて「昨年もすごい手強い相手でしたし、なかなか勝利することが唯一できなかったチームでもあるので」と警戒。そのうえで「しっかりと対等に戦って、去年の雰囲気っていうのはなくしていきたい」と打倒ロッテに意欲をのぞかせていたが…。次戦以降の戦いに注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220326-04086620-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6db34a5f41e268adc29da746480d02f9b16482a5

【OP戦は首位だったが… 零封負けの石井楽天に不安視される「ロッテ・アレルギー」】の続きを読む

このページのトップヘ