SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

秋田ノーザンハピネッツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 21:50:00.64 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220514/372749.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1309212.jpg

 5月14日に沖縄アリーナで「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」クォーターファイナル第2戦が行われ、西地区1位の琉球ゴールデンキングスがワイルドカード下位の秋田ノーザンハピネッツと対戦した。

 セミファイナル進出に王手をかける琉球は第1クォーターで2点のビハインドを背負ったものの、第2クォーターをわずか9点に抑えることに成功。小野寺祥太が3本、岸本隆一が2本の3ポイントシュートを沈めるなど、一挙29得点を積み上げた。


 第3クォーターは秋田の反撃に遭ったが、第4クォーターで再び1ケタ失点。今村佳太や小野寺を中心に得点を重ね、77-56で勝利を収めた。

 一足先にクォーターファイナル突破を決めた琉球は、ベンチスタートの小野寺が14得点の活躍を見せたほか、アレン・ダーラムと今村がともに12得点、ジャック・クーリーが10得点9リバウンド、並里成が11得点をマーク。初出場でクォーターファイナル敗退を喫した秋田は、古川孝敏が古巣相手に15得点を挙げたが、チーム全体の3ポイントシュート成功率がわずか18.8パーセントにとどまった。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 77-56 秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄アリーナ)
琉球|16|29|14|18|=77
秋田|18|9|23|6|=56

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 琉球ゴールデンキングスが4強一番乗り…初出場の秋田ノーザンハピネッツはQF敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 22:06:02.37 ID:CAP_USER9
5/13(金) 22:01配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffded79b75b31c5baa1ea5a9e130ec113c2601dd

 5月13日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」が開幕し、東地区1位の琉球ゴールデンキングスは、ワイルドカード下位の秋田ノーザンハピネッツとの第1戦に臨んだ。

 第1クォーターでは秋田の川嶋勇人やアレックス・デイビスに得点を奪われ、ホームの琉球が19-20とリードされる展開に。それでも、第2クォーターではドウェイン・エバンスを軸に得点を重ねた琉球が逆転に成功。終了間際には岸本隆一がブザービーターを沈め、40-33で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターでは、並里成が連続得点を挙げると、エバンスも3ポイントをヒット。琉球が55-43とリードを広げて最終クォーターへ。第4クォーターでは秋田の田口成浩に活躍され、中盤には4点差まで詰められる。それでも、今村佳太の長距離砲やジャック・クーリーの得点で琉球がリードを守り抜き、最後は74-60で勝利を飾った。

 ホームで第1戦を制した琉球は、エバンスが15得点7リバウンド5アシスト、クーリーが14得点16リバウンド、岸本が11得点、並里と今村が10得点をマーク。

 一方の秋田は、川嶋が13得点、田口が9得点を挙げるも、敵地で悔しい黒星を喫した。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 74-60 秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄アリーナ)
琉球|19|21|15|19|=74
秋田|20|13|10|17|=60

【Bリーグチャンピオンシップ 琉球が秋田との第1戦に勝利…4Qに突き離す、5選手が2ケタ得点を挙げて好調発進】の続きを読む

このページのトップヘ