SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

立大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 19:25:49.35 ID:LD7kTOPR9
<東京6大学野球フレッシュトーナメント:立大9-7早大>◇Aブロック第2日◇8日◇神宮

早大は終盤に勝ち越しを許し、ブロック戦は1分け1敗となった。

1-2で迎えた2回2死満塁、2番の梅村大和内野手(2年=早実)が、初球132キロの外角直球をはじき返し、走者一掃の三塁打で勝ち越した。「外角の直球がくるかなと狙っていました」と明かした。

フレッシュトーナメントを見据えて、近い距離で投手の球を打つなど実戦形式の練習を重ねてきた。この日は5打数3安打5打点と存在感を発揮した。リーグ戦では、50メートル6秒の足を武器に代走での出場機会を得て、代打としても今秋初安打をマークした。「リーグ戦を経験して、フレッシュトーナメントでもアピールしたいと基準にして練習してきた。打撃でもアピールしたい」と話した。

5、6日の早慶戦もメンバー入り。代打で犠打を決めた。「観客の多さが違うし、応援の熱も違う。特別な試合なんだと感じた」。伝統の大舞台の経験を、来季につなげる。

?日刊スポーツ2022年11月8日14時36分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211080000512.html

【東京6大学野球フレッシュトーナメント 早大敗れ1分け1敗 梅村大和が5打数3安打5打点の活躍「アピールしたいと練習してきた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/24(月) 06:40:40.44 ID:5w3qM9Ml9
スポニチ2022年10月24日 04:11
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/10/24/kiji/20221024s00044000145000c.html

関東大学ラグビー 対抗戦Aグループ 早大31ー7立大 ( 2022年10月23日 新潟市陸 )

対抗戦Aグループ1試合が行われ、早大が31―7で立大を下し、4勝目(勝ち点19)を挙げた。

早大はSO吉村鉱(4年)、フッカー佐藤健次(2年)らが計5トライを奪い危なげなく勝利。帝京大、明大、慶大とともに開幕4連勝とし、上位校同士の対戦がある後半戦を迎える。

【関東大学ラグビー対抗戦 早大5T快勝で開幕4連勝 早大 31―7 立大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/20(木) 19:57:11.73 ID:7wQDX2Zj9
フルカウント
https://full-count.jp/2022/10/20/post1297405/
10.20

東京六大学で活躍の二塁手、大学日本代表で主将

「プロ野球ドラフト会議 supporeted by リポビタンD」が20日、東京都内のホテルで行われ、上位候補として名前が挙がっていた立大の山田健太内野手は、支配下指名を終えた段階で名前が挙がらなかった

山田は大阪桐蔭高時代の2018年に、藤原恭大外野手(ロッテ)や根尾昂投手(中日)と共に春夏の甲子園を連覇。立大に進んでからも東京六大学リーグで主に二塁手として活躍していた。今夏は大学日本代表にも選ばれ、オランダで行われたハーレム国際大会に参加していた。

また、東大からプロ志望届を提出した井澤駿介投手、阿久津怜生外野手も支配下では指名がなかった。

Full-Count編集部

【ドラフト上位候補の立大・山田健太が支配下指名漏れ 大阪桐蔭で根尾、藤原と春夏甲子園連覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/16(日) 20:06:28.69 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ[2022年10月16日15時6分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210160000614.html

<東京6大学野球:早大3-2立大>◇第6週第2日◇16日◇神宮

早大が立大に2連勝し、優勝争いに残った。先制を許したが、終盤に逆転。勝ち点を3に伸ばした。接戦を制し、小宮山悟監督(57)は「中盤、選手の気持ちが伝わってきた。ネット裏の早大ファンも納得してくれる試合ができたと思う」と振り返った。

2-2で迎えた8回、打線がつながった。先頭は、西武がドラフト会議1位指名を公言した蛭間拓哉外野手(4年=浦和学院)。今秋は打撃不振で打率1割台と苦しんでおり、初球にはセーフティーバントを試みた。ファウルになったが、塁に出たいという気持ちを見せた。「みんな期待していないし、どうせ打てないだろうな」とリラックスしており、追い込まれてから直球を左前へはじき返し、今秋4安打目をマーク。一塁上でガッツポーズを見せた。

無死一塁で、続く印出太一捕手(2年=中京大中京)がバスターエンドランを決め、蛭間は三塁まで激走しヘッドスライディング。無死一、三塁となり、吉納翼外野手(2年=東邦)の右前打で生還。勝ち越しのホームを踏んだ。「とにかく次の塁へという気持ちだった。この回に1点入れれば、次の回を抑えたら勝てると思った」。

次戦は、最終節の早慶戦(11月5、6日)となる。「このチームでやるのは最後になる。悔いの残らないように、全力プレーで戦いたい」と話した。

【東京六大学野球 早大連勝で優勝争い残る 西武ドラ1指名公表の蛭間拓哉、8回の左前安打から打線つながり白星 早大3-2立大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/20(木) 08:23:45.65 ID:IfJ5rP3a9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221020-00000022-dal-000-2-view.jpg
 立大・荘司康誠

ロッテ1位に立大・荘司浮上 楽天が公表済 くじ引き役は吉井新監督
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221020-00000022-dal-base

 ロッテのドラフト1位候補に立大・荘司康誠投手(22)が19日、浮上した。当日に指名選手を最終決定するが、即戦力投手として評価が急上昇。楽天が公表しており抽選となる可能性がでてきた。

 この日、秋季練習に訪れた吉井新監督は「まだ、決まっていない」と明かし当日まで議論を交わす予定。ほかには白鴎大・曽谷、東京ガス・益田らも候補に挙がっているが、身長188センチの長身から150キロ以上の直球を投げ込む右腕が現時点では最も高く評価されているようだ。

 楽天が荘司指名を公言しており、抽選となった場合は吉井新監督がくじ引き役を務める。「指名候補は球団主導でやってもらいますが、くじは引けと言われているので、頑張って引きます」と決意表明した。

関連スレ
【ドラフト】異例のかぶりなし9球団1位公表 運命の1日は2位以降で12球団激しい駆け引き [ギズモ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1666219858/

【ロッテ1位に立大・荘司浮上 楽天が公表済 くじ引き役は吉井新監督】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 22:23:22.97 ID:mRmqUZD49
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221018-40181378-nksports-000-5-view.jpg
立大・荘司康誠

【楽天】立大・荘司康誠投手を1位指名へ 石井監督が公表 早くも7球団目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221018-40181378-nksports-base

 楽天石井一久GM兼監督(49)が18日、オンラインで取材に応じ、20日に行われるドラフト会議で立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)を1位指名すると公言した。

 この日、都内でミーティングを行い、決定した。188センチ、86キロの恵まれた体格から、最速154キロの直球を投げ下ろす本格派右腕。石井GM兼監督は「ポテンシャルは将来のイーグルスの中でも主戦というところで活躍してくれる選手だと思う。球の力だったり変化球のキレというところは非常に優れたものを持っている。長く先発の屋台骨を構築してくれると思って指名させていただこうと決断しました」と期待した。

 これで今年1位を公表したのは7球団目となった。石井GM兼監督は「そういうトレンドに乗ってという話ではない。荘司投手を1位というところで、いつも(ドラフト前日に)いろいろなことの方向性だったり、当日まで決めかねたりとかっていうことはあったんですけど、早い段階で決まったので公表した」と説明した。

【楽天は立大・荘司康誠投手を1位指名へ 石井監督が公表 早くも7球団目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/30(火) 18:31:20.20 ID:CAP_USER9
産経新聞2022/8/30 17:53
https://www.iza.ne.jp/article/20220830-Z6IE3BNOT5ORHKSXLCO2NMIG2Y/

18歳以下で争う野球のU18ワールドカップ(9月9日開幕・米フロリダ州)に出場する高校日本代表が30日、埼玉県内のグラウンドで立大と練習試合を行い、5―1で勝利した。本大会と同様に7イニングで行われ、一回に打者9人の攻撃で5点を奪った。

高校球界屈指の強打者浅野翔吾(香川・高松商)は「1番・右翼」で先発し、第1打席で右中間二塁打。初球をたたいて、ビッグイニングの口火を切った。今夏の甲子園大会で3本塁打した浅野は「投手を相手に初めて木のバットで打った。逆方向にしっかりと打ち返せた」と、金属から木製バットに変わった打撃に手応えを得た様子だった。

馬淵史郎監督も「いきなりのツーベースで、チームのムードを上げた。7回制で初回の5点は大きい」と称賛した。

高校日本代表は31日に千葉市のZOZOマリンスタジアムで大学日本代表と壮行試合を行う。

【野球高校代表が立大との練習試合で勝利 先頭浅野が二塁打 高校日本代表5-1立教大学】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/01(水) 20:40:10.71 ID:CAP_USER9
デイリー2022.06.01
https://www.daily.co.jp/baseball/2022/06/01/0015349960.shtml

「東京六大学野球春季フレッシュトーナメント、早大4-5立大」(1日、神宮球場)

 立大が逆転勝ちで早大を下した。

 4-0で迎えた七回、安打と4連続四死球で2点を追加し、なおも満塁の好機で打席には鈴木唯斗外野手(1年・東邦)。「自信を持ってピッチャーと対戦するんだ」と意気込み放った打球は逆転の3点適時打。チームを勝利に導いた。「調子が上がらない中でここでなんとしても出すんだと思って練習していたので、結果が出てよかった」と一打を振り返った。

 この試合でブロックでは3位となり、順位決定戦出場権の獲得とはならなかった。次戦は秋季リーグ戦だ。鈴木は「スタメン争いできるように練習したい」。レギュラーの座を狙いにいく。

【東京六大学野球春季フレッシュトーナメント 立教が4点差逆転で早稲田下す 鈴木が逆転適時打/早大4-5立大】の続きを読む

このページのトップヘ