SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

立大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 15:05:19.83 ID:CAP_USER9
立大 連日 序盤にリードし守り切る 勝ち点1 

初回4点先取 ロングリリーフ島田 初勝利、宮が締める

立大 7 - 4 法大

東京六大学 4.17
https://www.big6.gr.jp/index.php

【東京六大学野球 立教大 連日 序盤にリードし守り切る 勝ち点1 立大7 - 4法大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/16(土) 22:02:36.11 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月16日18時9分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204160000743.html

<東京6大学野球:立大4-1法大>◇第2週第1日◇16日◇神宮

立大が、今季初戦を制した。

先発の今秋ドラフト候補荘司康誠(こうせい)投手(4年=新潟明訓)が先発。2回に自ら先制のソロ本塁打を放つなど投打で結果を残し、リーグ戦初勝利を挙げた。

スカウトのガンで最速150キロをマークした直球と、カットボール、スプリット、カーブと緩急を使って7回を被安打3の1失点にまとめた。「自分の中で調子はよくなかったので、できることを1イニング、目の前の打者に集中して投げた。悪いなりに試合をつくれたのは自信になりました」と話した。

打撃では、2回1死で左翼スタンド中段へ先制のソロ本塁打を放った。前節、完投勝利を挙げていた法大・篠木健太郎投手(2年=木更津総合)から貴重な先制点を奪い「思い切って振りました」と振り返った。

開幕戦を勝利で飾り、溝口智成監督は「ラクではなかったが、先制して中押しもできた。投手は3人がつないで1失点といいゲームができました」と話した。

【東京6大学野球 立大が初戦勝利 プロ注目荘司康誠は最速150キロ7回1失点、自ら先制弾も/立大4-1法大】の続きを読む

このページのトップヘ