SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第10戦

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/04(月) 01:27:39.58 ID:CAP_USER9
7/4(月) motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f3e9a7e570e5c6c109af7594c3a4bfaabc771ee

 F1第10戦イギリスGPの決勝レースが行なわれ、フェラーリのカルロス・サインツJr.がF1キャリア初優勝を挙げた。

 スタート直後の多重クラッシュで、いきなり赤旗が出される展開となったイギリスGP。ゾッとするような激しいクラッシュだったが、幸いドライバーたちに怪我はなかった。

 幻となった最初のスタートでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)にオーバーテイクを許したポールシッターのサインツJr.だが、リスタートでは首位をキープした。

 サインツJr.は11周目にフェルスタッペンにオーバーテイクを許すも、フェルスタッペンはフロアにダメージを負い後退した。初優勝を目指したサインツJr.だがペースが上がらず、チームはシャルル・ルクレールとのポジション入れ替えを指示し、ルクレールが首位を走った。

 しかし終盤にセーフティカーが出動。タイヤ交換できなかったルクレールを、リスタートで交わしたサインツJr.が待望の初勝利を挙げた。

 激しい2位争いを制したのは、セルジオ・ペレス(レッドブル)。メルセデスのルイス・ハミルトンは、ルクレールとの激戦の末、母国で嬉しい3位表彰台獲得となった。

 アルファタウリの角田裕毅は、リスタートで大きくジャンプアップしポイント圏内まで浮上したものの、チームメイトのピエール・ガスリーとのバトルで両車スピン。結局、角田は14位でポイント獲得ならず。ガスリーはリヤウイングのトラブルでリタイアとなった。

【F1第10戦イギリスGP・決勝 カルロス・サインツJr.、歓喜のF1初優勝! 角田裕毅は14位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/19(日) 22:40:08.30 ID:CAP_USER9
6/19(日) 21:42配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/8652dc18c8a0df9c13e5a0ee7f47b4ee9071ed8a

 6月19日、2022年MotoGP第10戦ドイツGP MotoGPクラスの決勝がドイツのザクセンリンクで行われ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が優勝を飾った。2位はヨハン・ザルコ(プリマ・プラマック・レーシング)、3位はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が続いた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はリタイアで終えている。

■2022年MotoGP第10戦ドイツGP MotoGP決勝(30周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle/Time/Gap
1/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/ 41’12.816
2/5/ヨハン・ザルコ/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ/+4.939
3/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/+8.372
4/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア/+9.113
5/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/+11.679
6/89/ホルヘ・マルティン/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ/+13.164
7/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+15.405
8/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/+15.851
9/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+19.740
10/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/+21.611
11/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/+23.175
12/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+26.548
13/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/+29.014
14/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/+30.680
15/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+30.812
16/6/ステファン・ブラドル/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+52.040
RT/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/8Laps(リタイア)
RT/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア/11Laps(リタイア)
RT/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ/24Laps(リタイア)
RT/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ/24Laps(リタイア)
RT/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/25Laps(リタイア)
RT/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/27Laps(リタイア)
RT/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/27Laps(リタイア)

【2022MotoGP第10戦ドイツGP MotoGPクラス決勝の結果】の続きを読む

このページのトップヘ