SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第2戦

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 20:48:03.65 ID:wdDm1HCd9
長崎  1-1 新潟
第01戦 1-2      
合計  2-3      
[得点者]
71'オウンゴール(長崎)
80'長倉 幹樹 (新潟)
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060911/live#live

スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
入場者数:6,534人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060911/live#live

広島  3-1 FC東京
第01戦 2-1      
合計  5-2    
[得点者]
53'加藤 陸次樹       (広島)
55'大橋 祐紀        (広島)
68'加藤 陸次樹       (広島)
77'尾谷 ディヴァインチネドゥ(FC東京)
スタジアム:エディオンピースウイング広島
入場者数:17,924人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060910/live#live

ルヴァン杯トーナメント表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/

【【試合結果】ルヴァン杯PO第2戦夜 長崎×新潟、広島×FC東京】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 18:01:24.76 ID:wdDm1HCd9
名古屋 1-0 柏
第01戦 1-1      
合計  2-1      
[得点者]
33'中山 克広(名古屋)
スタジアム:豊田スタジアム
入場者数:11,093人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060912/live#live

ルヴァン杯トーナメント表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/

名古屋が中山克広弾で6年連続のルヴァン杯8強進出! 柏は守護神PKセーブも及ばず

JリーグYBCルヴァンカップでは9日、プレーオフラウンド第2戦の名古屋グランパスvs柏レイソルが行われた。

準々決勝に進むのは…ルヴァン杯 試合日程・結果・出場チーム・テレビ放送予定

5日に行われた第1戦で柏と名古屋は1-1でドロー。勝利した方が次へと駒を進められる第2戦に向けて、名古屋は永井謙佑やキャスパー・ユンカー、森島司ら、柏は小屋松知哉やマテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎らを先発起用している。

試合の立ち上がりは互いに決定機の少ない展開となったが33分にスコアが動く。左サイドの山中亮輔がクロスを供給するとクリアを試みたGK佐々木雅士がボールに触れられず。ファーで冷静にトラップした中山克広が右足でネットを揺らした。

2戦合計スコアで上回った状態で試合を折り返した名古屋。対する柏は後半開始時に小屋松に代えて木下康介を投入して攻勢を強めていく。

ボールを保持しながら攻撃の糸口を探る柏だったが74分に名古屋がPKを獲得。ボックス右に抜け出した稲垣が古賀太陽と交錯して転倒したところで笛が鳴らされた。しかし、キッカーのユンカーが放ったシュートをGK佐々木が止めて1点差を保つ。

そして、名古屋が最後までリードを保ったまま1-0で勝ち切って試合終了。2戦合計スコアは2-1とした名古屋がプライムラウンド準々決勝進出を果たし、6年連続となるルヴァン杯ベスト8入りとした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa6731e0c67b4f89e676adb1d2638d9efe75c623

【【試合結果】ルヴァン杯PO第2戦夕 名古屋×柏】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 16:01:44.07 ID:wdDm1HCd9
富山  1-2 札幌
第01戦 1-1       
合計  2-3      
[得点者]
40'鈴木 武蔵(札幌)PK
51'中村 桐耶(札幌)
89'碓井 聖生(富山)
スタジアム:富山県総合運動公園陸上競技場
入場者数:7,701人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060909/live#live

町田  2-2 C大阪
第01戦 3-1      
合計  5-3      
[得点者]
05'ナ サンホ (町田)
21'昌子 源  (町田)
26'オウンゴール(C大阪)
36'上門 知樹 (C大阪)
スタジアム:町田GIONスタジアム
入場者数:5,243人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2024/060912/live#live

ルヴァン杯トーナメント表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/

【【試合結果】ルヴァン杯PO第2戦昼 富山×札幌、町田×C大阪】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/19(金) 08:48:01.66 ID:q34zBUdt9
 ヨーロッパリーグ(EL)・準々決勝セカンドレグが18日に各地で開催された。

 アタランタにファーストレグで0-3と敗れたリヴァプールは、試合開始から7分でモハメド・サラーがPKを決めて、2点差に迫る。しかし、その後はアタランタの強度の高い守備に苦しめられ、効果的な攻撃を仕掛けることができなかった。ファーストレグのリードを守り切ったアタランタが2戦合計3-1で勝利し、クラブ史上初となるEL準決勝進出を決めた。

 今ステージで唯一の同国対決となったミランとローマは、ファーストレグを1-0で先勝したローマがセカンドレグでも先手を取る。12分にジャンルカ・マンチーニが先制点を決めると、22分にはパウロ・ディバラが見事なコントロールシュートで追加点を奪った。しかし、31分にローマはゼキ・チェリクがレッドカードで退場。ただ、ミランはなかなか数的有利を活かすことができず、反撃はマッテオ・ガッビアが85分に決めた1点のみ。2戦合計3-1でローマがミランを下し、準決勝進出を決めた。

 ブンデスリーガを無敗優勝したばかりのレヴァークーゼンは、ウェストハムとアウェイで対戦した。マイケル・アントニオに先制点を許し、試合内容でも苦戦を強いられたが、試合終盤の89分にジェレミー・フリンポンがゴールを決めて、セカンドレグを1-1で終えた。ファーストレグで2-0で勝利していたため、EL準決勝進出が決定。なお、公式戦の無敗記録を44試合に更新した。

 ファーストレグで1-2と敗れたマルセイユは、ホームにベンフィカを迎えた。両チームともに得点が生まれずに迎えた79分、途中出場のマルセイユFWファリス・モウムバグナが値千金のゴールを決め、2戦合計スコアを2-2の同点に持ち込む。その後、両チーム互いに譲らず、勝負はPK戦へ突入した。アンヘル・ディ・マリア、アントニオ・シウヴァが失敗したベンフィカに対し、マルセイユは4人全員が成功。マルセイユがEL準決勝進出を決めた。

 この結果、EL準決勝はアタランタ対マルセイユ、ローマ対レヴァークーゼンのカードに決定した。
 

■EL準々決勝・セカンドレグ
ローマ(イタリア) 2-1(2戦合計:3-1) ミラン(イタリア)
アタランタ(イタリア) 0-1(2戦合計:3-1) リヴァプール(イングランド)
ウェストハム(イングランド) 1-1(2戦合計:1-3) レヴァークーゼン(ドイツ)
マルセイユ(フランス) 1-0(2戦合計:2-2/PK:4-2) ベンフィカ(ポルトガル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d05ff41bdd34d3bf9a41385d040f889b2e69e84

【EL準々決勝・第2戦 プレミア勢がベスト8で敗退…ローマとレヴァークーゼンは2年連続の対戦決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/17(火) 00:17:06.45 ID:5SrRa1sl9
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0fae6b8376d1352e0345173318c36544718bc34

https://i.imgur.com/BSElmjY.jpg

広島CS「ネット裏に美女」地元で超有名なカープ美女が 猫耳カチューシャに「めちゃ映ってた」「ぶち可愛い」


 広島県出身でカープ女子タレントのうえむらちか(38)が15日付でSNSを投稿。同日に行われたCS第2戦広島対DeNAを生観戦したことを報告した。

 ユニホーム姿に猫耳カチューシャを着け、「CSファーストステージ突破こいほーさあ、行くぞ!甲子園!高校球児ばりの泥臭い野球、見せてくれ。#カープ県でのフィナーレ観戦もありがとうございました!!」とエールを送った。

 フォロワーからは「ネット裏でめっちゃ映ってた」「ベンチ裏の美女は目立つ」「勝利の女神」「ぶち可愛い」などの反応が寄せられている。

【広島CS「ネット裏に美女」 地元で超有名なカープ美女が 猫耳カチューシャに「めちゃ映ってた」「ぶち可愛い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/10(日) 21:10:58.17 ID:dvVqRnci9
鹿島  1-2 名古屋
第01戦 1-1
合計  2-3
[得点者]
03'中島 大嘉 (名古屋)
51'仲間 隼斗 (鹿島)
119'吉田 温紀(名古屋)
スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:14,310人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/091001/live/#live 

横浜FM 3-0 札幌
第01戦 2-3      
合計  5-3
[得点者]
32'水沼 宏太     (横浜FM)
48'アンデルソン ロペス(横浜FM)
50'ナム テヒ     (横浜FM)
スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:10,423人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/091004/live/#live


福岡  2-0 FC東京
第01戦 0-1      
合計  2-1      
[得点者]
38'山岸 祐也 (福岡)
45+3'小田 逸稀(福岡)
スタジアム:ベスト電器スタジアム
入場者数:8,659人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/091002/live/#live/


浦和  3-0 G大阪
第01戦 1-0      
合計  4-0      
[得点者]
08'ブライアン リンセン(浦和)
63'ブライアン リンセン(浦和)
86'アレックス シャルク (浦和)
スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:21,467人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/091003/live/#live/

【【試合結果】ルヴァン杯・準々決勝第2戦 鹿島×名古屋、横浜FM×札幌、福岡×FC東京、浦和×G大阪】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/21(金) 11:40:33.50 ID:JSgyxhu49
東スポ 7/21(金) 11:26

第2戦は万波がMVPに輝いた
 テレビ朝日系で20日に放送された「プロ野球オールスターゲーム2023・第2戦」の関東地区での平均世帯視聴率(午後6時30分から144分間)が7・7パーセント(平均個人視聴率4・6パーセント)だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 プレーボール直後に全セ先発・九里(広島)と全パ1番・杉本(オリックス)が大暴投からの乱闘と見せかけてハグをする〝寸劇〟で冒頭から盛り上がったこの試合は、万波(日本ハム)の2試合連続アーチなどで第1戦に続いて全パが6―1で勝利。広島地区では平均世帯視聴率23・2パーセント(平均個人視聴率16・2パーセント)を記録した。

 各地域の平均世帯視聴率(時間は全て午後6時30分から144分間、カッコ内は平均個人視聴率)は以下の通り。

 関東地区 7・7パーセント(4・6パーセント)
 関西地区 12・4パーセント(7・5パーセント)
 名古屋地区 9・6パーセント(5・5パーセント)
 札幌地区 13・7パーセント(8・8パーセント)
 仙台地区 8・2パーセント(6・3パーセント)
 広島地区 23・2パーセント(16・2パーセント)
 北部九州地区 16・0パーセント(10・1パーセント)

東スポWEB
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d45caf89997c946958be61f21fac0fdeaf3057c2&preview=auto

【球宴第2戦の平均世帯視聴率は関東7・7 広島では23・2パーセント】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/21(金) 08:39:44.86 ID:qi/kS8cm9
7/21(金) 7:30配信
サンケイスポーツ

マイナビオールスターゲーム第2戦(20日、全セ1-6全パ、全パ2勝、マツダ)全パが全セに6―1で勝ち、2021年の第2戦から5連勝。通算成績を90勝80敗11分けとした。全パ・万波中正外野手(23)=日本ハム=は四回、全セのトレバー・バウアー投手(32)=DeNA=から左中間へソロ本塁打を放った。オールスター初打席アーチを記録した第1戦に続く一発で、球宴初出場から2試合連続本塁打は史上初。六回には右中間二塁打で勝利に貢献し、最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。

【写真】賞金ボードを掲げる選手たち。後列左から敢闘選手賞の山下、マルティネス、岡本和。前列はマイナビドリーム賞と最優秀選手賞に輝いた万波

異例の〝予告投球〟でざわつく観客の視線をかっさらった。四回、全パの4番・万波がサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)右腕、バウアーのスライダーを捉え、左中間席中段に突き刺さるソロ本塁打。真夏の祭典で2試合連続となるアーチを描き、満面の笑みでダイヤモンドを一周した。

「本当に完璧な当たりでした。球種を教えてもらって打つなんて、慣れないことでしたけど、最高の結果になりました」

交流戦で一発を放っていたバウアーとの対戦。右打席に入ると球種を予告された。23歳の若き主砲は驚きのスタイルに触れ「一発で仕留めたい」。本塁打への強い思いから「変な力みが出た」と直球、スライダーと続けて空振り。2球で追い込まれて苦笑いした。

カウント1-2からの4球目、153キロの直球を打ち上げ、捕邪飛に倒れたかに思われたが、捕手の大城卓が落球し「ラッキー」。気持ちを整理し、7球目の〝予告スライダー〟を仕留めた。途中出場して球宴初打席で本塁打を放った第1戦に続く2試合連発。球種が分かっていても「なかなか簡単ではなかった」と胸を張った。

六回には右中間への二塁打をマークし、最優秀選手賞(賞金300万円)とマイナビドリーム賞(同100万円)を受賞。第1戦の敢闘選手賞(同100万円)と合わせ、2日で500万をゲットした。「(MVPを)取るつもり〝満々〟でした。大満喫しました」と笑った。昨年の球宴では初選出された同僚の清宮が第1戦でMVPを受賞しており、「〝清さん〟に続きたい気持ちがあった」とうなずいた。柳田に打撃論を聞くなど充実の2日間を過ごした。

最下位のチームは10連敗中。前半戦で自己最多だった昨季を1本上回るリーグ2位の15本塁打を放った伸び盛りのスラッガーは「なんとか打って、まずは連敗を止めたい」。祭典を盛り上げた〝お祭り男〟がチームを引っ張る。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/b8411c44b482a249c712eeec4716289108a698bb

【「取るつもり〝満々〟でした」全パの日本ハム・万波中正がMVP弾 オールスター初出場から2戦連発は史上初】の続きを読む

このページのトップヘ