SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第3戦

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 22:12:16.06 ID:CAP_USER9
4/24(日) 21:27配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fe2ae680398f0bb20d3bc1448d4cfcd06a43f0d

 4月24日、WRC世界ラリー選手権第3戦クロアチアの競技最終日となったデイ3は、SS17~20の計4SSが行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が逆転に次ぐ逆転劇で今季2勝目を飾った。

 2022年シーズン最初のフル・ターマック(舗装路)ラリーとして開催されたクロアチア・ラリーは、22日金曜のデイ1から雨の影響で荒れ模様の展開となった。翌23日(土)は一部を除いて降雨に見舞われなかったものの、アドリア海に面したリエカ近郊の山林で行われたSS11では予想外の雨と霧によりフルウエットでの戦いに。

 初日から独走状態に入り、後続に対して1分10秒以上のリードを築いていたカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、このステージにウエットタイヤを履いて臨むが、左フロントのパンクよって大きくタイムを失う。一方、同じくウエットタイヤを選択していたオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が同ステージでタイムを伸ばし、その差は一気に16.8秒にまで縮まった。

 首位ロベンペラ、19.9秒遅れてタナクが2番手につけた状態で迎えた競技最終日。朝から晴天に恵まれた1日だったが、ふたたびドラマが起きる。デイ3のオープニングとなったSS17では、初日のSS1でクラッシュを喫したエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がベストタイムを刻み、ロバンペラがセカンドベストをマーク。タナクが遅れたことでその差は31.1秒に拡大する。

 タナクは続くSS18で2番手タイムを記録してわずかにギャップを縮めるも、残り2SSで28.4秒のギャップは、ロバンペラにとってセーフティマージンかと思われた。しかし、SS17の再走ステージでふたたび雨雲が襲来。ステージはドライから一転、ウエットコンディションになってしまう。

 この状況がウエットタイヤを2本、ドライ用のソフトタイヤ4本を選択していたタナクを助けた。2019年王者のエストニア人はこのSS19で後続を大きく引き離すタイムでステージウインを達成した。対して、今朝の段階では同じく2本のウエットタイヤを選んでいたもののドライ用はハードをチョイスしたロバンペラはステージ8番手タイム。ライバルから29.8秒の後れを取り、タナクに逆転を許す。

■鬼神の走りでターマック初優勝

 トップ2台のタイム差がわずか1.4秒となって迎えた最終SS20、路面コンディションはドライだがコーナー部はインカットにより泥が掻き出されている状況だ。優勝を争う2台ではロバンペラが先にタイム計測へ。

 再逆転優勝を狙うロバンペラはスプリットタイムで最速、フィニッシュ時点で僚友エバンスより21.9秒速い驚速タイムをマーク。最終走者タナクの到着を待つ。

 首位で最終ステージを迎えたタナクは、最初のスプリットでロバンペラから1秒遅れ続くスプリットで4秒、最終的には5.7秒遅れてフィニッシュした。このため、ロバンペラがライバルを上回り再逆転でウイナーに。タナクは4.3秒差の総合2位となった。

 優勝争いの後方では、最終日を前に4.9秒差となったクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)とティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)による3位表彰台争いが繰り広げられ、SS18でステージ優勝を果たしたヌービルが4番手から3番手に浮上。同ステージでブリーンが大きく遅れ、両者の差は1分42秒にまで拡がった。

 これにより勝負が決したかに思われたが、最終ステージでヌービルがまさかのクラッシュを喫す。しかし、ベルギー人ペアはその後もスロー走行でなんとかフィニッシュまで辿り着き3位を死守することに成功する。この結果、ヌービルは開幕戦モンテカルロから3戦連続でポディウムに上っている。

 総合4位ブリーンの後ろではTGR WRTのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今季初入賞となる完走を果たし、日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合6位で続いた。総合7位はWRC2優勝を果たしたヨハン・ロッセル(シトロエンC3ラリー2)だ。

 長い春のブレイクを経て約2カ月ぶりにラリーイベントが行われたWRCの次戦第4戦ポルトガルは、5月19日(木)から22日(日)にかけて開催される。

【WRC第3戦クロアチア 雨にも負けず最終SSで再逆転。トヨタのロバンペラ、タナクを破り2連勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 18:11:31.75 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220609/377054.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1401844042-768x576.jpg

 6月9日(現地時間8日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第3戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 ホームに戻ったセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーがスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはセルティックスのペース。開始約3分で12-4と好発進に成功すると、ブラウンを中心に得点を重ねていき、33-22とリードを11点に広げた。

 ウォリアーズは第1クォーターでカリーが2つのファウルを数えた中、第2クォーター残り5分8秒からトンプソン、ウィギンズ、カリーの連続得点で0-10のラン。両チームが点を取り合って、68-56で前半を折り返した。

 カリーに加えてグリーンのファウルもかさんだが、カリー、トンプソン、オットー・ポーターJr.が3ポイントシュートを炸裂。ウォリアーズが第3クォーター残り3分45秒に試合をひっくり返した。それでも、セルティックスは直後にスマートの3ポイントでリードを奪い返すと、同49秒にグラント・ウィリアムズが3ポイントを成功。93-89で勝負の第4クォーターを迎えた。

 第4クォーターはターンオーバーが増え、グリーンがファウルアウトしたウォリアーズに対し、セルティックスはウィリアムズ三世がゴール下で存在感を見せれば、エースのテイタムが勝負強さを発揮。試合終了残り2分19秒に114-100と点差を14点にまで広げ、最終スコア116-100でシリーズ2勝目を挙げた。

 セルティックスはテイタムが26得点6リバウンド9アシスト、ブラウンが27得点9リバウンド5アシスト、スマートが24得点7リバウンド5アシストの大活躍を見せた。

■試合結果
ボストン・セルティックス 116-100 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS |33|35|25|23|=116
GSW|22|34|33|11|=100

【NBAファイナル・第3戦 ホームに戻ったセルティックス、ウォリアーズを下して2勝目…第4Qを11失点に抑える】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 18:25:58.60 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b2/20220522/374124.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1312669.jpeg

 5月22日、「B2 PLAYOFFS 2021-22」のファイナル第3戦が行われ、ファイティングイーグルス名古屋と仙台89ERSが対戦した。

 第1戦に81-73で勝利したFE名古屋だったが、第2戦では64-69の接戦で仙台に敗れ、勝負は運命の最終第3戦に突入した。

 第1クォーター中盤まで接戦となるが、その後はアンドリュー・ランダルを軸に12-0のランを作り、FE名古屋が20-7とリードを奪う。続く第2クォーターでは互いに得点が伸び悩むも、29-16と点差をキープして試合を折り返した。

 迎えた後半、エヴァンスルークが得点をけん引すると、ジェレミー・ジョーンズやランダルも3ポイントシュートを沈め、56-35とFE名古屋がさらにリードを拡大して第3クォーターを終える。第4クォーターでは仙台を再び1ケタ得点に抑え込むと、最後は75-44でFE名古屋が勝利。2勝目を挙げてホームでB2優勝を決めた。

 初優勝を決めたFE名古屋は、ランダルが23得点6リバウンド、エヴァンスが15得点9リバウンド、ジョーンズが14得点7リバウンドをマークした。

 一方の仙台は、ジェロウム・メインセが11得点9リバウンド3ブロックを挙げるも、B2制覇へは一歩届かなかった。

■試合結果
ファイティングイーグルス名古屋 75-44 仙台89ERS(@名古屋市枇杷島スポーツセンター)
FE名古屋|20|9|27|19|=75
仙  台|7|9|19|9|=44

【B2プレーオフ・ファイナル第3戦 FE名古屋がB2優勝を決める…仙台の得点を抑え込み第3戦を制す】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 13:28:05.07 ID:CAP_USER9
2022年05月22日 12:54 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/22/kiji/20220522s00011061276000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/22/jpeg/20220522s00011061288000p_view.jpg

 東地区決勝の第3戦が21日にボストン(マサチューセッツ州)で行われ、第1シードのヒート(53勝29敗)が109―103(前半62―47)で第2シードのセルティクス(51勝31敗)を振り切って2勝1敗。第2Q途中で最大26点差をリードしながら第4Q残り2分40秒に1点差まで詰め寄られたが、結果的には一度もリードを許すことなく逃げ切った。

 東京五輪の米国代表だったバム・アデバイヨ(24)が今ポストシーズンでは自己最多の31得点と10リバウンド、6アシスト、4スティールをマーク。今ポストシーズンで平均29・8得点をマークしていたジミー・バトラー(32)が右膝を痛めて前半だけの出場(8得点)に終わったが、ヒートは19スティールを記録するなどディフェンスで流れを変えた。

 太腿を痛めて4試合を欠場していたカイル・ラウリー(36)は29分の出場で11得点、6アシスト、4スティール。ベテランのP・J・タッカー(37)が17得点と7リバウンドを稼ぐなど奮闘した。

 セルティクスは24回のターンオーバーで33失点。チームとしてのスティールは2回しかなく、1点差まで詰め寄ったもののリードは最後まで奪えなかった。

 ジェイレン・ブラウン(25)が両軍最多の40得点をマーク。今ポストシーズンで平均28・2得点を記録していたジェイソン・テータム(24)は10得点で、第4Qの終盤でヒートのビクター・オラディーポ(30)にスティールされた際には右肩を痛めてうずくまり、いったんコートを離れる(1分後に復帰)場面もあった。

 <東地区決勝の日程>

 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=23日(ボストン)
 ▼第5戦=25日(マイアミ)
 ▼第6戦=27日(ボストン)
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第3戦 ヒートが2勝1敗 敵地で貴重な白星 アデバイヨが31得点 バトラーは右膝負傷で後半欠場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 21:39:17.38 ID:CAP_USER9
5/16(月) 21:34配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fdc7b68714c70685b1f233fea917af30174691d

 ◇Bリーグ・チャンピオンシップ準々決勝 島根80―62A東京(2022年5月16日 松江市総合体育館)

 2戦先勝方式の準々決勝第3戦の1試合が行われ、チャンピオンシップ(CS)初出場の島根(西地区2位)がホームでA東京(東地区3位)に80―62で勝利し、2勝1敗で準決勝進出を決めた。リーグ創設6年目で、B2経験チームとして初の4強入り。21日からの準決勝は琉球(西地区1位)―島根、川崎(東地区2位)―宇都宮(東地区4位、ワイルドカード1位)のカードで行われる。

 島根が初のCSで4強入りを果たした。第1戦は17点差で快勝も、第2戦は34点差で大敗。3日連続の試合となった第3戦は前半はきっ抗した展開が続いたが、55―55で迎えた第3Q後半から第4Q序盤に大きく試合が動いた。トラビスが3連続3点シュートを決めるなど11連続得点をマーク。一気に2桁得点差をつけて白星を引き寄せた。

 地域密着の市民チームとして10年からbjリーグに参入した。Bリーグ加入後はB1とB2と行き来する存在だったが、19年9月にバンダイナムコが経営権を取得し、昨オフに大型補強を敢行。昨季まで所属した古巣を相手に両チーム最多20得点を挙げた安藤主将は「個人的な感情もあり、絶対に勝ちたいという思いで臨んだ。今日の試合でチームはまた1つ成長できた」と胸を張った。

【BリーグCSクォーターファイナル第3戦 CS初出場の島根がB2経験クラブ初の4強進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 04:02:06.37 ID:CAP_USER9
4/4(月) 3:51配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/4dd9f6da5c35890eb93fa2150e617c43d6847c74

・アレイシ・エスパルガロが全クラス通じて初優勝
・アプリリアMotoGPクラス初優勝

 4月3日、2022年MotoGP第3戦アルゼンチンGP MotoGPクラスの決勝がアルゼンチンのアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が優勝を飾った。2位はホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)、3位はアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12位となっている。

■2022年MotoGP第3戦アルゼンチンGP MotoGP決勝(25周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
2/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ
3/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
4/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
5/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
6/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
7/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
8/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
9/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
10/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
11/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
12/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
13/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
14/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
15/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
16/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
17/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
18/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
19/6/ステファン・ブラドル/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
20/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
RT/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
RT/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
RT/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ

【2022第3戦アルゼンチンGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

このページのトップヘ