SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第3節

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 06:33:41.55 ID:IOxWIvJ89
12/1(木) 5:56配信

SOCCER DIGEST Web
46分にマク・アリステルが先制弾
貴重な追加点を決めたアルバレス(9番)。(C)Getty Images

 現地時間11月30日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(C組)の第3戦で、メッシを擁するアルゼンチン代表とレバンドフスキが牽引するポーランド代表が激突した。

 バルセロナの新旧エースの対決に注目が集まった一戦は、ここまで1勝1分けで首位のポーランド、1勝1敗で2位のアルゼンチンはともに、勝てば決勝トーナメント進出が決定する。

 序盤からボールを支配したアルゼンチンは28分にチャンス。だが、FWで起用されたアルバレスのシュートはDFにブロックされ、クリアボールを拾ったアクーニャが左足で狙うも、わずかにゴール右に外れる。

 33分には、ディ・マリアがCKから直接ゴールを狙うもユベントスの同僚GKシュチェスニーに惜しくも防がれる。

 その3分後にも、アルバレスが抜け出してGKと1対1になるも、決めきれない。しかし、そのこぼれ球をアルバレスが拾ってクロスを送り込むと、ヘッドで飛び込んだメッシがシュチェスニーのファウルを受け、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。だが、メッシのキックはシュチェスニーに右手一本で防がれる。

 その後もアルゼンチンが猛攻を仕掛けるも、点を奪えないまま前半を終える。
 
 しかし、後半開始早々の46分、右SBモリーナのグラウンダーのクロスに、マク・アリステルが合わせ、ゴールに流し込む。三笘薫と同じブライトンでプレーするMFが大仕事をやってのけた。

 その後もメッシが圧巻の突破を見せるなど、アルゼンチンが一方的に押し込む展開。68分にはエリア内でパスを受けたアルバレスが右足を振り抜き、追加点を奪う。

 この時点で他会場のメキシコと勝点・得失点差・総得点で並び(直接対決は0-0)、フェアプレーポイントでリードするポーランドは攻撃に出ず、これ以上の失点を防ぐ策に出る。

 試合はこのまま2-0で終了。アルゼンチンが首位通過。メキシコ対サウジアラビアがが2ー1で前者の勝利に終わったため、勝点4でメキシコと並んだものの、得失点差で2位となったポーランドが決勝トーナメント進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b79cb1eded0cbe923f16174a02df88da70eb7c50

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CuYvpsuV2JSPLPo4ge3wV-MTuXfyWDzcjLuKJr97RFfVLuvcHreQTS1gmN_Pd7jjPAwoupd8XsgyjVvf_40g6efkHHicDtMqYNOwtfl9RiWFHh5iK-lKAHTpIZqWqDGg

【W杯・グループC第3節 アルゼンチンが2-0快勝、逆転でGS首位通過!メッシがPK失敗も三笘同僚が大仕事!ポーランドも2位で16強へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 01:56:50.58 ID:0Kjg12I19
 FIFAワールドカップカタール2022・グループD第3節(最終節)が30日に行われ、オーストラリア代表とデンマーク代表が対戦した。

 オーストラリア代表は初陣で“王者”フランス代表と対戦。開始9分でクレイグ・グッドウィンが先制ゴールを決めたものの、その後は押し込まれる展開が続き、終わってみれば1-4と大敗を喫した。続く第2節ではファジアーノ岡山で活躍しているミッチェル・デュークの得点を守り切り、チュニジア代表に1-0で勝利。勝てば文句なしで決勝トーナメント進出を決められる状況で最終節を迎えた。一方、デンマーク代表は初陣のチュニジア代表戦は最後まで得点を挙げられず、スコアレスドローで終了。第2節ではフランス代表と善戦しながらも1-2で敗れ、崖っぷちの状況で最終節に突入している。勝利した上で、他会場でチュニジア代表が引き分け以下で終わった場合、得失点差などを考えずに決勝トーナメントに駒を進めることができる。

 オーストラリア代表は前節からスターティングメンバーを1名変更。初戦はナサニエル・アトキンソン、2試合目はフラン・カラチッチが先発していた右サイドバックのポジションに、ミロシュ・デゲネクが入った。一方、デンマーク代表は前節から先発3名を入れ替え。マティアス・イェンセン、アンドレアス・スコフ・オルセン、マルティン・ブライトバイテがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からデンマーク代表のペースで進む。11分、中央の縦パスをワンタッチで繋ぐと、イェンセンがフリーで抜け出す。ボックス右からフィニッシュまで持ち込んだものの、得点とはならない。19分には左サイドを駆け上がったヨアキム・メーレが深い位置まで侵入し、グラウンダーでマイナスに折り返すも、ここはオーストラリア代表の“守護神”マシュー・ライアンがセーブしてゴールを許さなかった。

 対するオーストラリア代表は数少ないカウンターでゴールを狙う展開に。41分、ボックス手前に引いてボールを引き出したデュークがミドルシュートを狙ったが、この一撃はGK正面へ。前半はこのままスコアレスで終了している。

 後半に入ると徐々にオーストラリア代表が押し上げられる時間帯を増やしていくも、基本的にはデンマーク代表が試合の主導権を握る。それでも60分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪ったところからカウンターを発動。デュークがポストプレーで左サイドにはたくと、開いた位置でボールを受けたライリー・マッグリーが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマシュー・レッキーは2人のDFと対峙するも、深い切り返しから左足でフィニッシュ。シュートはDFの股を抜けてファーサイドに吸い込まれ、ここまで劣勢だったオーストラリア代表が先手を取った。

 その後は1点が必要なデンマーク代表が前に出るも、オーストラリア代表は中央を固め、最後の最後で自由なフィニッシュを許さない。最後の最後まで攻撃を続けたものの、デンマーク代表は最後まで1点が遠く、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 この結果、オーストラリア代表は今大会2勝目を手にし、他会場の結果を待たずにグループ突破が確定。2006年開催のドイツ大会以来、4大会ぶりに決勝トーナメントへ駒を進めることとなった。一方、デンマーク代表は未勝利で大会を去ることが決まっている。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループDを2位で通過したオーストラリア代表は3日、グループCを首位通過したチームとの一戦に臨む

【スコア】
オーストラリア代表 1-0 デンマーク代表

【得点者】
1-0 60分 マシュー・レッキー(オーストラリア代表)

【スターティングメンバー】
オーストラリア代表(4-4-2)
GK:ライアン
DF:デゲネク、サウター、ロールズ、べヒッチ
MF:レッキー(89分 フルスティッチ)、アーバイン、ムーイ、グッドウィン(46分 バッカス)
FW:デューク(82分 マクラーレン)、マッグリー(74分 ライト)

デンマーク代表(4-2-3-1)
GK:シュマイケル
DF:R・クリステンセン(46分 バー)、アンデルセン、A・クリステンセン、メーレ(69分 コルネリウス)
MF:ホイビュルク、イェンセン(59分 ダムスゴー)、スコフ・オルセン(69分 スコフ)、エリクセン、リンドストロム

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa086dc4a13cb84d31ef5a100568427f47c90f2

【W杯・グループD最終節 オーストラリア、4大会ぶりに決勝T進出! レッキーが決勝弾!!デンマークは未勝利で敗退決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 02:01:26.47 ID:0Kjg12I19
【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア-フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

 チュニジア代表が前回優勝で優勝候補のフランス代表に勝利、大会の中でも屈指のジャイアントキリングを成し遂げた。

 既にグループリーグ突破を決めていたフランス代表は前節から先発メンバーを10人入れ替えて、控えだったメンバーを使うターンオーバー。2試合で3ゴールを決めていたエース・エムバペもベンチでチームメイトのプレーを見守った。対するチュニジア代表は、勝たなければ敗退決定となるだけに、強豪相手に序盤からアグレッシブに攻め立てた。

 無理に攻めないフランス代表に対して、とにかく攻め立てるチュニジア代表の戦いぶりに、スタンドの声援もチュニジア代表のホームのような雰囲気に。フランス代表がボールを持てばブーイング、チュニジア代表が攻め込めば大歓声という状況で試合が続いた。前半は押されまくったフランス代表だが、ゴールは許さずそのまま0-0で前半を終えた。

 試合が動いたのは後半。58分に、再三チャンスを作っていたチュニジア代表の10番・ハズリがドリブルで1人でゴール前まで持ち込むと、相手4人との競り合いにも負けず、左足でゴール右隅に流し込んで先制ゴールを挙げた。これにはフランス代表もたまらず63分にエムバペ含む3人を入れるスクランブル。システムも変更し流れを食い止めにいった。

 その後も2人交代し、5人の交代枠をフル活用しチュニジア代表の勢いを止めにかかるとようやく試合のテンポが落ち着き始め、フランス代表にもチャンスが訪れるようになった。それでも逆転でのグループリーグ突破を目指すチュニジア代表の集中力は最後まで切れず、FIFAランキング4位で前回優勝のフランス代表を破る大金星を手にした。

 同時間に行われていた試合でオーストラリア代表が勝ったため、チュニジア代表は惜しくもグループ3位で敗退が決定。試合後は選手たちがピッチに倒れ込んだものの、スタジアムからは健闘を称える大歓声に包まれていた。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec3024c699e61543a571ede5d6482097d599496

【W杯・グループD第3節 チュニジア代表、ジャイアントキリング!前回優勝フランス代表に勝利 GL敗退もスタジアムから大歓声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/30(水) 06:07:56.10 ID:u49WrPmh9
11/30(水) 6:02配信

中日スポーツ
ゴールを決める米国・プリシック(AP)

◇29日 サッカーW杯カタール大会 1次リーグB組 イラン0―1米国(ドーハ)

 2位以内に入るには勝つしかなかった米国が1―0でイランを倒し、2大会ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。守備を固めたイランの戦い方に手を焼いたが、ゴールの扉をこじ開けた。

【写真】股間に膝!?…先制点の場面でGKと激しく激突したプリシック

 均衡を破ったのは前半38分だった。左寄りの位置から右に展開。デストがヘッドで折り返したボールをプリシックが右足で押し込んだ。ゴール前に猛然とダッシュしたプリシックはシュートのあと、相手GKと交錯。苦痛に顔をゆがめ、得点の歓喜に酔うことはできなかった。

 前半のイランは自陣に引きこもり、攻撃にほとんど出ていかなかった。先制されたことで後半は攻めざるを得なくなったが、最後まで沈黙。得点を生み出すことはできなかった。6度目の出場だったが、今回も初の1次リーグ突破はならず。1996年から97年にかけて名古屋を率いた経歴を持つケイロス監督はガックリと肩を落とした。

 イングランドがウェールズに勝ったため、米国は2位での1次リーグ通過となった。12月3日に行われる決勝トーナメント1回戦でA組1位のオランダと対戦する。(写真はAP)

https://news.yahoo.co.jp/articles/90ce2e0502dc2411be7dd511a7ff73e71eef9892

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221130-00000015-chuspo-000-2-view.jpg?pri=l

【W杯・グループB第3節 米国がイランとの大激戦制し2位通過、プリシックが千金弾 決勝T1回戦はオランダ戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/30(水) 01:59:54.79 ID:ljClJHLO9
 FIFAワールドカップカタール2022・グループAの第3節(最終節)が29日に行われ、エクアドル代表とセネガル代表が対戦した。

 大会全体の開幕戦でカタール代表を2-0で下したエクアドル代表は、続くオランダ代表との一戦でも好調をキープ。終始試合を支配したものの、決定的な追加点を挙げられず、1-1のドローで終えていた。一方、セネガル代表はオランダ代表との初陣こそ終盤に力尽きて0-2で敗れたが、カタール代表との一戦を3-1で制し、グループ突破に望みを繋いだ。この試合、勝利したチームが無条件で決勝トーナメント行きの切符を掴むことができる。

 エクアドル代表は前節からスターティングメンバーを2名変更。負傷の影響が心配されていた“エース”のエネル・バレンシアも先発に名を連ね、3試合連続の今大会4ゴール目を狙う。一方、セネガル代表は前節から3名を入れ替えてこの試合に臨んだ。“守護神”のエドゥアール・メンディやカリドゥ・クリバリらがスタメン入りしている。

 試合はセネガル代表が良い入りを見せ、序盤から相手ゴールに迫る場面を作り出す。3分には左サイドからのクロスボールをボックス内で受けたイドリッサ・ゲイェが右足でフィニッシュまで持ち込むも、シュートは枠の外へ。その後もセネガル代表が攻撃する時間が続くと、42分には自陣で得たフリーキックを素早くリスタート。背後へのボールを送ると、抜け出したイスマイラ・サールがピエロ・インカピエに倒され、PKが与えられた。このPKをI・サール自身が落ち着いて沈め、セネガル代表が先手を取ってハーフタイムに突入している。

 後半に入るとエクアドル代表がメンバーチェンジ。ホセ・シフエンテスとジェレミー・サルミエントを投入すると、システム変更の影響もあってエクアドル代表が試合の流れを変えてみせると、徐々に良い形での攻撃を披露。相手ゴールに迫ると、67分には右コーナーキックを獲得した。このコーナーキックをニアサイドでフェリックス・トーレスが逸らすと、ファーサイドでフリーになっていたモイセス・カイセドが流し込む。エクアドル代表が試合を振り出しに戻した。

 対するセネガル代表は直後の70分、右サイド高い位置でフリーキックを獲得。中央へのボールからペナルティエリア内で混戦が生まれると、最後はフリーの状態でボールがこぼれてきたクリバリが右足でボレーシュート。同点弾を許した直後のプレーでセネガル代表が勝ち越しに成功している。

 その後は後がないエクアドル代表が前に出たものの、決定的なシーンは作り出せない。試合はこのままタイムアップを迎え、セネガル代表が2-1でエクアドル代表を下した。裏で行われているカードではオランダ代表がカタール代表を下したため、セネガル代表は最終節で2位に浮上。2002年に開催された日韓大会以来、20年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループAを2位で通過したセネガル代表は、4日にグループBを首位通過したチームとの一戦に臨む。

【スコア】
エクアドル代表 1-2 セネガル代表

【得点者】
0-1 44分 イスマイラ・サール(PK/セネガル代表)
1-1 67分 モイセス・カイセド(エクアドル代表)
1-2 70分 カリドゥ・クリバリ(セネガル代表)

【スターティングメンバー】
エクアドル代表(4-3-3)
GK:ガリンデス
DF:プレシアード(85分 ポロソ)、F・トーレス、インカピエ、エストゥピニャン
MF:フランコ(46分 サルミエント)、グルエソ(46分 シフエンテス)、カイセド
FW:プラタ、エストラーダ(64分 レアスコ)、バレンシア

セネガル代表(4-2-3-1)
GK:E・メンディ
DF:サバリ、クリバリ、ヤコブス、ディアロ
MF:I・エンディアイエ(74分 ディエン)、シス(N・メンディ)、I・ゲイェ、P・ゲイェ、I・サール
FW:ディア(90+5分 パプ・アブ・シセ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/db8bc2a56c2eff3ca8ab8a009c3686710836d839

【W杯・グループA第3節 セネガル、日韓大会以来20年ぶりの決勝T進出! エクアドルは無念の敗退決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/16(日) 16:34:15.20 ID:CAP_USER9
北海道|17|25|25|21|=88
富 山 |27|13|22|23|=85

会場:北海きたえーる
人数:2640人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=50004950&tab=2

横   浜|28|12|25|23|=88
名古屋D.|26|26|12|14|=79

会場:横浜国際プール
人数:?人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500060&tab=2

滋賀|29|22|14|16|=81
広島|22|12|27|22|=83

会場:ウカルちゃんアリーナ
人数:3006人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500065&tab=2

島根|15|19|20|22|=76
秋田| 9 |22|19|20|=70

会場:松江市総合体育館
人数:2264人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500070&tab=2

順位表
https://www.bleague.jp/standings-stats/

その他結果は後ほど

【B1リーグ第3節 10/16(日)の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/15(土) 16:42:55.26 ID:CAP_USER9
仙 台| 9 |13|16|21|=59
宇都宮|15|12|13|23|=63

会場:ゼビオアリーナ仙台
人数:4128人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500052&tab=2

滋賀|22|17|18|19| 7 |=83
広島|17|18|26|15|10|=86

会場:ウカルちゃんアリーナ
人数:2642人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500065&tab=2

島根|27|14|22|15|=78
秋田|25|16|11|11|=63

会場:松江市総合体育館
人数:1926人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500069&tab=2

琉球|21|22|20|30|=93
新潟|14|12|11|16|=53

会場:沖縄アリーナ
人数:6753人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=500071&tab=2

順位表
https://www.bleague.jp/standings-stats/

その他結果は後ほど

【B1リーグ第3節 10/15(土)の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/06(木) 05:57:36.05 ID:CAP_USER9
グループE
ザルツブルク 1-0 ディナモ・ザグレブ
[得点者]
ノア・オカフォール(後半26分)ザルツブルク PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005007/summary?gk=41

チェルシー 3-0 ミラン
[得点者]
ウェスレイ・フォファナ     (前半24分)チェルシー
ピエール・エメリク・オーバメヤン(後半11分)チェルシー
リース・ジェームズ       (後半17分)チェルシー
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005009/summary?gk=41

グループF
ライプツィヒ 3-1 セルティック
[得点者]
クリストファー・ヌクンク(前半27分)ライプツィヒ
ジョタ         (後半02分)セルティック
アンドレ・シウバ    (後半19分)ライプツィヒ
アンドレ・シウバ    (後半32分)ライプツィヒ
※前田大然は後半30分まで出場、古橋亨梧と旗手怜央は後半36分まで出場
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005008/summary?gk=41

レアル・マドリード 2-1 シャフタール・ドネツク
[得点者]
ロドリゴ        (前半13分)レアル・マドリード
ビニシウス・ジュニオール(前半28分)レアル・マドリード
オレクサンドル・ズブコフ(前半39分)シャフタール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005010/summary?gk=41

グループG
マンチェスター・シティ 5-0 コペンハーゲン
[得点者]
アーリング・ハーランド(前半07分)マンC
アーリング・ハーランド(前半32分)マンC
オウンゴール     (前半39分)マンC
リヤド・マフレズ   (後半10分)マンC PK
フリアン・アルバレス (後半31分)マンC
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005011/summary?gk=41

セビージャ 1-4 ドルトムント
[得点者]
ラファエル・ゲレイロ(前半06分)ドルトムント
ジュード・ベリンガム(前半41分)ドルトムント
カリム・アデイエミ (前半43分)ドルトムント
ユセフ・エン・ネシリ(後半06分)セビージャ
ユリアン・ブラント (後半30分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005012/summary?gk=41

グループH
ユベントス 3-1 マッカビ・ハイファ
[得点者]
アドリアン・ラビオ  (前半35分)ユベントス
ドュサン・ブラホビッチ(後半05分)ユベントス
デアン・ダビド    (後半30分)マッカビ・ハイファ
アドリアン・ラビオ  (後半38分)ユベントス
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005013/summary?gk=41

ベンフィカ 1-1 パリSG
[得点者]
リオネル・メッシ(前半22分)PSG
オウンゴール  (前半41分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/221005014/summary?gk=41

UEFA-CL グループ順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/standings

【UEFAチャンピオンズリーグ・第3節 ライプツィヒ×セルティック、チェルシー×ミラン、レアル×シャフタール、ベンフィカ×PSG等】の続きを読む

このページのトップヘ