SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第4戦

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 21:52:50.09 ID:CAP_USER9
5/22(日) 21:36配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f778f699c5c3ded6d12fe34a34fa3d6f19bbc62

 WRC世界ラリー選手権は5月22日、2022年シーズン第4戦ポルトガルの競技最終日を迎え、デイ4のSS17~21が行われた。前日にTOYOTA GAZOO Racing WRTのチームメイトを逆転し総合トップに躍り出たカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)との一騎打ちを制して優勝。今季3勝目を3連勝でマークしている。

 今年1月にモンテカルロで開幕した“WRC新時代”の2022シーズンはフルスノーラリーの第2戦スウェーデン、ターマック(舗装路)で争われた第3戦クロアチアを経て、今季初のグラベル(未舗装路)イベントとなるポルトガルにやってきた。

 ハイブリッドシステムを搭載したラリー1カーが初めて挑むグラベルラウンドはこの先、8月の第8戦フィンランドまで続く“グラベル連戦”の緒戦となる。そんな『ラリー・ポルトガル』の競技初日となった19日(木)は古都コインブラの市街地でSS1のみが行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRT所属のティエリー・ヌービルとオット・タナク(ともにヒョンデi20 Nラリー1)がワン・ツーとなった。

 しかし、本格的なグラベルラリーが開始されるとトヨタ勢が速さをみせ、セバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)とセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)の“ふたりのセブ”がともにデイリタイアとなる波乱のなか、エバンスが首位、スタート順が1番手でもっとも不利な状況にあったロバンペラが総合2番手につける。

 午後は雨混じりのコンディションとなった3日目に入ると、このふたりのバトルが激化。僚友を追う21歳のフィンランド人は、デイ3最後のグラベルステージとなったSS15でついにチームメイトを逆転することに成功し、自身初の3連勝に向け勢いをつけた。

 トップ2台が5.7秒差で並んだ状態で迎えたラリー最終日は朝から小雨が降るコンディションに。そんななか、首位ロバンペラはオープニングのSS17でベストタイムを刻みギャップを8.4秒に拡げる。一方のエバンスもSS19で3番手タイムを記録し僚友に肉薄。その差を6.6秒に縮めるが、直後のSS20では2番手タイムを記録するもロバンペラがその上を行き両者の差は9秒ジャストとなった。

■勝田とソルドが表彰台を懸けた好バトルを披露

 最終決戦の舞台はラリー・ポルトガルの名物ステージである最終SS21“ファフェ”だ。先にスタートしたエバンスは暫定4番手のタイムを記録する。対するロバンペラは前戦に引き続き抜群のスピードの披露。この“パワーステージ”で今大会8度目のステージウインを飾り、またしてもフルポイントを獲得する完勝を決めてみせた。両名の最終的なギャップは15.2秒だった。

 トヨタのふたりによるトップ争いとともにラリーを盛り上げたのは勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)とダニ・ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)による3位争いだ。

 デイ3に勝田が先行したこのバトルは5.7秒差で最終日に持ち越され、デイ4のSS19が終わった時点ではその差が0.8秒にまで縮まった。だが、勝田も粘りをみせSS20ではソルドを上回って2.2秒差とした。

 迎えた最終パワーステージ、ここでソルドが猛チャージ。暫定トップタイムを記録し勝田にプレッシャーを与える。直後にタイム計測に入った勝田はスプリットで徐々に遅れ、最終的にライバルから4.3秒遅れでフィニッシュ。この結果、ソルドが逆転で3位表彰台を獲得し、勝田は悔しい総合4位となっている。

 その勝田から18.4秒遅れの総合5位にはヌービルが入り、総合6位にタナクがつけた。Mスポーツ・フォード勢は今戦も苦戦を強いられ、ピエール-ルイ・ルーベ、クレイグ・ブリーン、アドリアン・フルモー(いずれもフォード・プーマ・ラリー1)が総合7位から9位に並ぶ結果に。総合10位には、最終ステージにクラッシュを喫したテーム・スニネン(ヒョンデi20 Nラリー2)に代わってWRC2クラス優勝を飾ったヨハン・ロッセル(シトロエンC3ラリー2)が入っている。

【WRC第4戦ポルトガル ロバンペラ強し、チーム内バトルを制し3勝目。勝田は惜しくも表彰台を逃す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/23(木) 15:28:10.09 ID:CAP_USER9
6/23(木) 15:23配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b8a5c2d9b8aebece9a9a09845802f3ad429e037
 北米プロアイスホッケーNHLの王者を決めるスタンリー・カップ決勝(7回戦制)は22日、タンパで第4戦が行われ、アバランチがライトニングに延長の末3―2で勝ち、2000~01年シーズン以来の優勝へあと1勝とした。

 1―2の第3ピリオドに追い付き、延長ではカドリが決勝点を挙げた。(共同)

【NHLスタンリーカップ決勝・第4戦 アバランチがライトニングに勝利し優勝へ王手】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/11(土) 12:54:17.40 ID:CAP_USER9
2022年06月11日 12:40 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/06/11/kiji/20220611s00011061274000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/06/11/jpeg/20220611s00011061272000p_view.jpg

 今季のNBA王者を決める「ファイナル(FINALS)」の第4戦が10日、マサチューセッツ州ボストンで行われ、ウォリアーズ(西地区)が地元のセルティクス(東地区)を107―97(前半49―54)で下して2勝2敗。いったん失ったホーム・アドバンテージを取り戻した。

 ステフィン・カリー(34)は第3戦の終了間際に左脚を痛めていたがこの日も先発。41分出場して3点シュートを14本中7本成功させ、ファイナルでは自身2番目に多い43得点と10リバウンド、4アシストをマークした。

 アンドリュー・ウィギンス(27)も17得点とプレーオフ自身最多の16リバウンド、クレイ・トンプソン(32)も18得点を記録。79―78で始まった第4Qは序盤で3度同点となったあと4分すぎに一時5点を追う展開となったが、7分5秒からの3分13秒間で、カリーやトンプソンの3点シュートなどで連続10点を奪って試合をひっくり返した。

 第3戦まで第4Qはすべてセルティクスよりスコアが少なく計47―103と大差がついていたが、第4戦の第4Qは28―19と初めてリード。カリーがファイナルで30得点以上をマークしたのは通算13回目となり、コービー・ブライアント(元レイカーズ)と並んで歴代4位となった。

 セルティクスではジェイソン・テータム(24)が23得点、11リバウンド、6アシスト、ジェイレン・ブラウン(25)が21得点、マーカス・スマート(28)が18得点を稼いだものの、第4Q序盤で3度リードを奪いながら中盤以降で失速。チーム・リバウンド総数で42―55(オフェンスは11―16)と下回って流れを変えることができなかった。

 <ファイナルの結果と日程>
 ▼第1戦=〇セルティクス120―108●ウォリアーズ
 ▼第2戦=〇ウォリアーズ107―88●セルティクス
 ▼第3戦=〇セルティクス116―100●ウォリアーズ
 ▼第4戦=〇ウォリアーズ107―97●セルティクス
 ▼第5戦=13日(サンフランシスコ)
 ▼第6戦=16日(ボストン)
 ▼第7戦=19日(サンフランシスコ)
 *日付は米国時間

【NBAファイナル・第4戦 ウォリアーズが雪辱して2勝2敗 カリーが43得点 ホーム・アドバンテージを奪還】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 18:18:38.11 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220525/374536.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1399106223-768x576.jpeg

 5月25日(現地時間24日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第4シードのダラス・マーベリックスは、同第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズとの第4戦に臨んだ。

 3連敗を喫して追い込まれたマブスは第1クォーター、ドリアン・フィニー・スミスとマキシ・クレーバー、レジー・ブロックがそれぞれ2本の3ポイントを沈める。終盤にはルカ・ドンチッチの長距離砲も決まり、28-24とマブスがリードを奪った。

 続く第2クォーター序盤に一時逆転されるも、ダービス・ベルターンスの3ポイントでリードを奪い返すと、その後はジェイレン・ブランソンが得点をけん引。マブスが62-47とリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にフィニー・スミスが立て続けに3ポイントを決めると、中盤にはドンチッチとブロックがそれぞれ2本の長距離砲をヒット。さらに、終盤にはスペンサー・ディンウィディーが連続3ポイントを決め、マブスが99-70と大差をつける。

 第4クォーターでは両チームがベンチメンバーを中心に戦うが、ウォリアーズの猛追を許し、試合残り3分23秒には8点差まで詰め寄られてしまう。両者がスターターを戻す展開となるも、ドンチッチのドライブからのダンクやブロックの3ポイントで点差を保ち、最後はマブスが119-109で勝利を飾った。

 チーム全体で20本の3ポイントを沈め、シリーズ初勝利を収めたマブスは、ドンチッチが30得点14リバウンド9アシスト2スティール2ブロックと躍動。さらに、フィニー・スミスが23得点、ブロックが6本の3ポイントを決めて18得点、ブランソンが15得点をマークした。

 一方のウォリアーズは、ステフィン・カリーが20得点8アシストを筆頭に計7選手が2ケタ得点を挙げるも、敵地で敗れてシリーズ第5戦へ臨むこととなった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 119-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|28|34|37|20|=119
GSW|24|23|23|39|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第4戦 崖っぷちのマブスがウォリアーズを撃破…3P攻勢でシリーズ初白星 ドンチッチ30得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/24(火) 18:34:37.21 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220524/374487.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398911683-768x576.jpeg

 5月24日(現地時間23日、日付は以下同)、NBAプレーオフのイースタンカンファレンス・ファイナルの第4戦が行われ、ボストン・セルティックスがホームにマイアミ・ヒートを迎えた。

 第3戦を終えて1勝2敗とビハインドを背負ったセルティックス。この試合ではティップオフ直後から攻防にわたって主導権を握り、ヒートを開始8分でわずか1得点に抑えることに成功する。その間にデリック・ホワイトやジェイソン・テイタムが着実に得点を重ね、29-11で第1クォーターが終了。

 続く第2クォーターはヒートの反撃に遭いビクター・オラディポやジミー・バトラーに加点されるが、セルティックスもテイタムを中心に負けじと得点。57-33とリードを広げて試合を折り返した。

 前半終了時点で24点と大量リードを奪ったセルティックス。第3クォーターは互いに19得点を挙げるにとどまる低調な展開となったものの、最終クォーターでは得点の奪い合いとなる。セルティックスはペイトン・プリチャード、ヒートはダンカン・ロビンソンがポイントを重ねるも、セルティックスの優位は変わらず102-82で試合終了。シリーズは2勝2敗のタイとなった。

 勝利したセルティックスは、テイタムが両チーム最多の31得点を挙げたほか、プリチャードらその他4選手が2ケタ得点をマーク。ヒートはオラディポが23得点、ロビンソンが14得点を挙げたが、スタメン5選手合計でわずか18得点と不発に終わった。

■試合結果
ボストン・セルティックス 102-82 マイアミ・ヒート
BOS|29|28|19|26|=102
MIA|11|22|19|30|=82

【NBAプレーオフ東地区決勝・第4戦 セルティックスが20点差快勝でシリーズをタイに…テイタムが両軍最多31得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 06:11:42.67 ID:CAP_USER9
4/11(月) 3:51配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fe99c50b77de81f0961409d0920e0b2d6d6757e

 4月10日、2022年MotoGP第4戦アメリカズGP MotoGPクラスの決勝がアメリカのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が優勝を飾った。2位はアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、3位はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は14位となっている。

■2022年MotoGP第4戦アメリカズGP MotoGP決勝(20周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle/Time/Gap
1/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/41'23.111
2/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+2.058
3/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/+2.312
4/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+3.975
5/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/+6.045
6/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+6.617
7/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/+6.76
8/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ/+8.441
9/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ/+12.375
10/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア/+12.642
11/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア/+12.947
12/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+13.376
13/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+17.961
14/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ/+18.77
15/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/+29.319
16/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/+29.129
17/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/+29.63
18/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+32.002
19/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+37.062
20/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+42.442
21/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/+42.887
22/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/+102.171
RT/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ/15Laps(リタイア)
RT/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/18Laps(リタイア)

https://pbs.twimg.com/media/FQAUpsdXoAUOXZH.jpg

【2022第4戦アメリカズGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/13(日) 00:36:23.48 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/f24fbbc55834f9b7b4f9603237a23b554d3c7089
TBSNEWS

北京オリンピックは12日、カーリング女子の予選リーグ第4戦が行われ、前回銅メダルの日本はROC(ロシアオリンピック委員会)と対戦した。

午前に行われたデンマーク戦ではスキップの藤沢選手のラストショットで劇的な大逆転勝利を収め、勢いに乗っていきたい日本だが、試合は序盤ミスが出て2対5と3点を追う苦しい展開。しかし、第7エンドで、ナンバーワンとツーのストーンが日本という複数得点のチャンスで、藤沢選手が最後の一投を冷静に決めて、3点を奪うビッグエンド。5対5の同点に追いついた。
続く、第8エンドで、ROCからスチールに成功し、この試合初めてリードを奪うと、
第9、第10エンドも得点を重ね、10対5で2試合連続の逆転勝利。

【試合後のインタビュー】
吉田夕梨花(28)「最後、アイスに勝ったというか今まで一番難しかった。チーム全員で最後、勝ち切れたということが何よりも我慢し続けられたのが良かった」
鈴木夕湖(30)「ショットが決まらなくて、本当につらかった。皆が助けてくれて皆に感謝したい」
吉田知那美(30)「本当にアイスがすっごく、すっごく難しくて、久しぶりにこんなにつかみ難いアイスで試合したので、あとは気合いで押し切ったという感じ」
藤沢五月(30)「勝ったっていうのは嬉しいんですけど、その中でも逆転できて今日のアイス(氷)が一番難しかったんですけど、しっかりそれを攻略できるように皆で試行錯誤しながら、私以外の全員がたくさん、スイープしてくれてちゃんと止めてくれたのでこれはチーム全員で勝ち取った勝利」

夜遅くに試合が終わり、4人は画面越しに「おやすみなさ~い」とファンに挨拶して会場を去った。
日本はこれで予選リーグ3連勝となった。次は14日に中国、韓国と対戦する。

【日本8-5ROC】
日本3勝1敗で2位タイ
今大会は10チームの総当たり 上位4チームが準決勝進出

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220212-32121422-nksports-000-6-view.jpg
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220212-00000117-chuspo-000-2-view.jpg
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220212-00000163-dal-000-16-view.jpg

関連
【北京五輪】女子カーリング ロコソラーレがROCに勝利 3連勝で3勝1敗 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644677303/
【北京五輪】カーリング女子日本、ROCに勝利 3勝1敗 2/14(月)10:05~中国戦(NHK総合、BS4K) [サザンカ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644677302/

【「おやすみなさ~い」カーリング女子ロコ・ソラーレが予選リーグ3連勝ダブルヘッダーのROC戦に逆転勝利!】の続きを読む

このページのトップヘ