SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

第5戦

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 18:19:22.98 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220614/377921.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1402770189-768x576.jpg

 6月14日(現地時間13日)にチェイス・センターでNBAファイナル2022の第5戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスが対戦した。

 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.、一方のセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ともに2勝2敗で第5戦を迎えた。

 第1クォーターはウォリアーズのペース。開始5分16秒の時点で、グリーンやウィギンズなどの得点で14-4と抜け出すと、その後もリードを保ったまま27-16で最初の12分間を終えた。

 第2クォーターは両チームともにシュートミスが目立つ中、残り4分34秒にテイタムが3ポイントシュートを射抜くと、ホーフォード、スマートも続き、セルティックスが43-35と肉薄。それでも、残り1分間でウィギンズ、カリーが得点を重ね、ウォリアーズが51-39とわずかにリードを広げた。

 セルティックスが第3クォーター序盤からブラウンのフリースロー4本、テイタムの3ポイント2本で0-10のラン。さらに、スマート、ホーフォードの3ポイントもあり、開始5分32秒に55-58と逆転に成功した。

 シーソーゲームの展開になる中、カリーのショットが不発だったウォリアーズは、トンプソンが2本の3ポイントを決めれば、ジョーダン・プールが同クォーター終了間際にブザービーター3ポイント。74-75と1点差で勝負の第4クォーターに突入した。

 勢いに乗ったウォリアーズが、第4クォーター開始から10-0のランで点差を2ケタに拡大した。グリーンがファウルアウトするアクシデントもあったが、ウィギンズの豪快ダンク、トンプソンの3ポイント、ギャリー・ペイトン二世のプットバックなどで加点。104-94で3勝目を挙げ、2018年以来、4年ぶりのNBA制覇に王手をかけた。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 104-94 ボストン・セルティックス(@チェイス・センター)
GSW|27|24|24|29|=104
BOS|16|23|35|20|=94

【NBAファイナル・第5戦 ウォリアーズが4年ぶりの制覇に王手…勝負の第4Qにセルティックスを突き放して3勝目】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 18:51:05.95 ID:CAP_USER9
2022年05月27日 12:43 バスケット 
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/27/kiji/20220527s00011061326000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/27/jpeg/20220527s00011061371000p_view.jpg

 西地区決勝の第5戦が26日にサンフランシスコ(カリフォルニア州)で行われ、第3シードで地元のウォリアーズ(53勝29敗)が、一度もリードを奪われることなく第4シードのマーベリクス(52勝30敗)を120―110(前半69―52)で下して4勝1敗。3年ぶり12回目のファイナル進出(ここ8シーズンでは6回目)を決め、リーグ創設75周年を記念して設けられた西地区の覇者に贈られる「オスカー・ロバートソン・トロフィー」を獲得した。

 クレイ・トンプソン(32)が16本中8本の3点シュートを成功させてチーム最多の32得点をマーク。ステフィン・カリー(34)も第1Qに右足首を痛めながらも15得点と9アシストを稼いで勝利に貢献した。

 カリーの西地区決勝5試合での平均得点は23・8。レギュラーシーズン(25・5)を下回ったものの、3点シュートの成功率を38・0%から43・9%にアップさせ、このシリーズのMVPに贈られる新設の「マジック・ジョンソン・トロフィー」を手にした。

 アンドリュー・ウィギンス(27)も18得点、ドレモンド・グリーン(32)は17得点、ケボン・ルーニー(26)も10得点と18リバウンド(うちオフェンス7本)を記録するなど、先発5人を含む6人が2ケタ得点をマーク。チームの3点シュート成功は36本中14本(成功率38・9%)で、フリースローは16本すべてを成功させた。

 マーベリクスは第3Q6分19秒にこの試合最大の25点差をつけられながら、このクオーターの残り34・2秒に8点差まで急追。しかし第4Q(26―26)で逆転することはできなかった。

 このシリーズの過去4戦で平均33・0得点だったルカ・ドンチッチ(23)は28得点をマークしたものの、ウォリアーズの執ようなダブルチームによるマークにあって前半は6得点のみ。フィールドゴールの成功は28本中10本(うち3点シュートは13本中3本)にとどまった。

 シーズン途中でウィザーズから移籍してきたスペンサー・ディンウィディー(29)が26得点を稼いだもののウォリアーズに振り切られた形。11年ぶりのファイナル進出はならなかった。

 NBAで3勝0敗となったケースでは全147チームがすべてシリーズを制覇。なお東地区決勝では現在、第2シードのセルティクスが第1シードのヒートに3勝2敗としている。

 <西地区決勝の結果>
 ▼第1戦=〇ウォリアーズ112―87●マーベリクス
 ▼第2戦=〇ウォリアーズ126―117●マーベリクス
 ▼第3戦=〇ウォリアーズ109―100●マーベリクス
 ▼第4戦=〇マーベリクス119―109●ウォリアーズ
 ▼第5戦=〇ウォリアーズ120―110●マーベリクス
 *日付けは現地時間

【NBAプレーオフ西地区決勝・第5戦 ウォリアーズが3年ぶり12回目のファイナル進出 「M・ジョンソン・トロフィー」はカリーへ】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/26(木) 19:58:35.05 ID:CAP_USER9
2022年05月26日 12:20 バスケット 
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/26/kiji/20220526s00011061255000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/26/jpeg/20220526s00011061224000p_view.jpg

 東地区決勝の第5戦が25日にマイアミ(フロリダ州)で行われ、第2シードのセルティクス(51勝31敗)が第1シードで地元のヒート(53勝29敗)を93―80(前半37―42)で下して3勝2敗。前半で5点をリードされたものの第3Qを32―16として流れを変え、12年ぶり通算22回目のファイナル進出に王手をかけた。

 ジェイレン・ブラウン(25)が25得点、ジェイソン・テータム(24)は22得点と12リバウンド、9アシストをマーク。アル・ホーフォード(35)は16得点を稼ぎ、足首を痛めて第4戦を欠場していたマーカス・スマート(28)は24分の出場で5得点、5リバウンド、4アシストだった。

 ヒートでは今季20・7得点を記録していたタイラー・ヒーロ(22)が大腿部を痛めて2試合連続で欠場。バム・アデバイヨ(24)が18得点と10リバウンドを記録したものの、ジミー・バトラー(32)は40分の出場で13得点にとどまり、カイル・ラウリー(36)は5本の3点シュートをすべて外して無得点に終わった。

 ヒートの3点シュート成功率は今季リーグ1位の37・9%。しかし第5戦では45本中7本しか決まらず15・5%にまで低下した。

 なお試合前には、前日にテキサス州ユバルディの小学校で発生した乱射事件の犠牲者に対しての追悼セレモニーが営まれた。

 <東地区決勝の日程>
 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=〇セルティクス102―82●ヒート
 ▼第5戦=〇セルティクス93―80●ヒート
 ▼第6戦=27日(ボストン)
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第5戦 セルティクスが12年ぶりのファイナル進出に王手 敵地マイアミでヒートを撃破して3勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 22:08:05.78 ID:CAP_USER9
4/24(日) 21:47配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a196cfa394a41ccb066e85db5891414dc1f11b7

 4月24日、2022年MotoGP第5戦ポルトガルGP MotoGPクラスの決勝がポルトガルのアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで行われ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が優勝を飾った。2位はヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は16位となっている。

 ラウル・フェルナンデス(テック3KTMファクトリー・レーシング)は、23日に行われた予選Q1で転倒を喫し、右手を強打。ウォームアップ走行前にメディカルチェックを受けた結果、骨折がないことが確認されたが、決勝への出走許可が降りず今大会は欠場となった。

■2022年MotoGP第5戦ポルトガルGP MotoGP決勝(25周)
天候:曇り 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
2/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ
3/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
4/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
5/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
6/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
7/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
8/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
9/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
10/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
11/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
12/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
13/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
14/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
15/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
16/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
17/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
18/32/ロレンツォ・サバドーリ/アプリリア・レーシング/アプリリア
RT/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
RT/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
RT/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ

【2022第5戦ポルトガルGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

このページのトップヘ