SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

筑波大

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 17:05:11.52 ID:6fMPZRvO9
大学サッカー界の頂点に位置する名門・筑波大と、J1首位を快走する町田との間にバトルが勃発。有望な選手の獲得に向けて関係を築いてきたフロントの努力が水の泡と化しつつある。

ことの発端は12日の天皇杯2回戦。町田は筑波大に1―1の同点から屈辱のPK戦負けを喫したうえ、4人の負傷者まで出した。うち3人は接触プレーによるものだが、試合後の会見で黒田剛監督(54)は筑波大にイエローカードを2枚しか出さなかった審判を非難しつつ、筑波大側にも「憤りを覚える」「非常にマナーの悪い一面が見られた」「指導教育もできていない」と強い批判をぶつけた。

一連の発言を把握した筑波大・小井土正亮監督(46)は態度を硬化。15日の関東大学リーグ戦後には「黒田監督がおっしゃった『ラフプレーで3人も4人も』ということはない」と反論した。筑波大は日本サッカーを引っ張ってきた伝統校で、現役の日本代表に三笘薫、谷口彰悟らOBが名を連ねるだけでなく、Jリーグや高校サッカーなどにも多くの指導者を輩出。日本サッカー協会の田嶋幸三前会長、影山雅永技術委員長も同大出身だ。

そんな一大派閥にケンカを売った形の黒田監督は大阪体育大のOBで、長く指揮してきた青森山田高を含めて〝筑波系〟と人脈は重ならない。長くJ2にいた町田もまた〝筑波系〟とは無縁のチーム編成で戦ってきた。ただ、今季J1初昇格を果たしたことで、選手の獲得に際しても「筑波大のような名門に相手にしてもらえるようになってきた」とクラブ関係者は明かし、水面下で筑波大側との距離を縮めてきたというのだが…。

天皇杯での直接対決も信頼関係を深める絶好の機会だったはずが、逆に〝黒田発言〟で友好ムードはぶち壊し。和解を図ろうにも、黒田監督は15日のJ1リーグ戦後に「町田は決して悪でない。われわれが正義」と強弁するなど、歩み寄る余地はなさそうだ。

夕刊フジ2024.6/19 11:53
https://www.zakzak.co.jp/article/20240619-KI2RT27U2VNXNE7HXZ24QH5ZVY/

【J1町田黒田発言で筑波大とのパイプ崩壊 名門大OB選手獲得が絶望的に 友好ムードぶち壊し、フロントの努力が水の泡】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 16:57:15.72 ID:6fMPZRvO9
東スポ
2024年6月19日 13:14
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/306522

日本サッカー協会が19日に審判説明会を開催し、扇谷健司審判委員長が12日に行われた天皇杯2回戦で筑波大に敗れたJ1町田から出された質問状への対応に言及した。

 町田は筑波大に1―1からPK戦の末に敗れてまさかの金星を献上。その試合で4人の負傷者が出たこともあり、試合後に黒田剛監督が苦言を呈してクラブ側も質問書を出す事態となった。

 扇谷委員長は、町田の件について「町田のチームから質問状が出されたと(報道で)出ていた。我々として、天皇杯のルール上それに対して返すことはない」と正式な回答はしない方針を示した。

 その上で「選手が大ケガをしたことは個人的に残念だし、我々のほうも、町田のクラブのほうと適切な対応を取っているので、これ以上お話することはない」と説明した。

 また「その中で、レフェリーのコントロールに関しては、何か確定的はものはないとご理解いただきたい」と多くを語ることはなかった。

【“大荒れ”天皇杯でJ1町田から質問書 協会審判委員長「天皇杯のルール上返すことない」「お話することない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/14(金) 05:39:51.83 ID:PvnOO0PY9
football-tribe.com2024.06.13
https://football-tribe.com/japan/2024/06/13/305139/
 
J1首位の町田ゼルビアは今月12日開催の天皇杯2回戦で、筑波大学相手にPKの末に敗北。同大会屈指のジャイアントキリングとして話題になる中、黒田剛監督の試合後コメントが議論の対象に。ネット上で批判も見受けられている。

町田は22分にMF安井拓也のゴールで先制も、その安井をはじめ複数選手が負傷退場。後半アディショナルタイムにパリ五輪U23日本代表候補FW内野航太郎のゴールで追いつかれると、延長戦で勝ち越せずPK戦へ。PK戦で2-4と敗れ、早くも3冠の可能性が消滅した。

一部報道によると、黒田監督は試合後のインタビューで負傷者の続出に言及。筑波大学側にレイトタックルがあったと主張するとともに、「ほとんどジャッジされなかった」と審判の判定に苦言。一部の相手選手を「非常にマナーが悪い」と批判するなど、厳しいコメントに終始したという。

ただ、ネット上では黒田監督の発言内容に対して「負け犬の遠吠え」「町田が言えることではない」「町田もラフプレーしてきたからな」「これこそ因果応報」「特大ブーメラン」「黒田監督は敗者の弁を語る時、あまりに相手チームに苦言を呈し過ぎる傾向があるのがどうも好かない」「勝者を讃えず批判&苦言はプロとして情けない」「青森山田時代の教育はどうだったんだ!?」といった批判が。「筑波大は挑戦者だから、これくらいは正直良い」「筑波大学は素晴らしい戦いを繰り広げた」などと、大学生への称賛も相次いでいる。

プレー強度の高さやロングスロー、それにPK前にボールを濡らすなど徹底した勝負への拘りで、J1の舞台でも快進撃が止まらない町田。ファウルやボールとは関係ない場所でのプレーを巡って賛否を呼んできただけに、再び厳しい目が向けられている。

【町田・黒田剛監督に批判相次ぐ「青森山田時代の…」筑波大のラフプレー非難】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 21:26:02.74 ID:4qR6gkk/9
J1町田の黒田剛監督が13日、リーグ再開初戦の15日アウェー横浜戦に向けた非公開練習後に取材に応じた。選手の負傷が相次ぎ、PK戦の末に敗れた前日12日の天皇杯2回戦筑波大戦から一夜明け、相手の一連のプレーと判定基準についてあらためて問題提起した。

町田は前半にDF張敏圭(チャン・ミンギュ)、先制点を決めたプレーでMF安井拓也がともに接触プレーで倒れて負傷交代した。クラブは13日、両選手が骨折と診断されたと発表。
またその後負傷したFW羅相浩(ナ・サンホ)が左足関節じん帯損傷、FWミッチェル・デュークが左太腿肉離れとの診断結果も明らかにした。

 黒田監督は試合後の会見で「勝ち負け以前の問題」として、ファウルの悪質さと一部が見過ごされた判定基準に憤りを表明した。一夜明けたこの日も「不可抗力かは分からないけれど、スライディングがボールやコースではなく、
事実として足に行っていた。選手を守るのが監督。選手が文句を言えないなら、どんな批判があっても指導者が指摘しなくてはならない」と語気を強めた。

黒田監督が覚悟した通り、会見での発言は大きな物議を醸した。それでも「反感や批判は承知と言ったように、これをやられっぱなしでいるのは正直、クラブの恥だと思っている。我々もよくラフプレーと言われるけど、
(就任した)昨季からケガ人(離脱者)を出したことはない。球際で厳しく行ってのファウルはあるにせよ、絶対にやってはいけないファウルがある」と言い切った。

 町田の原靖フットボールダイレクターは同日、この試合の判定基準について日本協会に文書で問い合わせる方針を明かした。「何分に何があった、と事実を提示する。
学生のせいにしてはいけないし、非難するつもりはない。レフェリーが基準を示して試合をコントロールすべきだったのではないか」と意図を説明した。

試合後には、筑波大の小井土正亮監督から直接「ケガをさせて申し訳ない」との言葉があったという。原FDは個人的な見解として「大学チームとやるとよく激しい試合になる。
ただ、骨折2人はなかなかないケースで驚いている。選手に悪意は感じなかったが、タックルが遅れ気味だったのは確かにあった」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/06/13/kiji/20240613s00002011404000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/06/13/jpeg/20240613s10002011273000p_view.webp

【天皇杯で町田4選手が重傷 黒田監督が批判覚悟で苦言「事実として足に行っていた」日本協会に質問書提出へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 22:46:52.41 ID:krta4S2H9
2024.06.12

まさかの敗戦のJ1町田・黒田監督 判定と筑波大のラフプレー、マナーに苦言「すごく憤り感じる」「大人に向かって配慮に欠ける言葉あった」負傷者続出、骨折の選手も

 
 「天皇杯・2回戦、筑波大1(PK4-2)1町田」(12日、町田GIONスタジアム)
 J1の町田が勝利目前で筑波大(茨城)に同点に追いつかれ、PK戦の末に敗れた。
 試合後、黒田監督は「フラストレーションの溜まる判定があまりにも続いた。骨折がいます。次、試合できるような怪我じゃないです。
4人大きな怪我が出た以上、本当に現実を突きつけられた。何も得られないゲームだった。VARもありませんし、基準を考えるとすごく憤りを感じるゲームだった」と、怒りを滲ませた。
 さらに筑波大のラフプレー、マナーにも言及。「ケガ人4人で、3人に関してはすべてレイトタックル。こういったことがほとんどカードも出なかった。
批判覚悟で言わせてもらうとサッカーに置いて選手生命を脅かすので、きちっと指導してほしい。サッカーマナーの悪い一面も見られた。大人に向かっても配慮に欠ける言葉もあった」と、強い口調で指摘した。

https://www.daily.co.jp/soccer/2024/06/12/0017763251.shtml
続き

【まさかの敗戦のJ1町田・黒田監督 判定と筑波大のラフプレー、マナーに苦言】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 21:35:05.37 ID:SvB39rxa9
J1首位に立つFC町田ゼルビアは6月12日に行われた天皇杯2回戦で筑波大(茨城県代表)と対戦して、1-1のまま延長戦でも決着はつかずにPK戦に突入した。PK戦では筑波大が4-2で制してジャイアントキリングを果たした。

前半22分にコーナーキックからのデザインされたプレーでMF安井拓也が先制ゴールを決めた町田だったが、シュートの際に相手DFと接触して負傷。そのまま担架で運ばれて交代になる。その後も町田は負傷者が出たこともあり、後半25分までに交代枠をすべて使ってしまう。そうしたなか、途中出場したMFナ・サンホが同35分に負傷。10人での戦いを強いられた町田は、後半アディショナルタイム1分にU-23アジアカップのU-23日本代表FW内野航太郎に同点ゴールを決められた。

このまま試合は延長戦に突入する。交代枠が増えたことで、町田はFWエリキを投入して11人に戻ったが、延長前半途中にオーストラリア代表FWミチェル・デュークが左太腿を痛める。デュークはピッチに立ち続けたが、ジョギングが精一杯の状況で町田は実質10人のような状態になった。

それでも延長後半5分、町田はPKを獲得するがエリキのシュートをGK佐藤瑠星がセーブして得点を許さなかった。同9分には足を引きずりながらもプレーを続けていたデュークがピッチに倒れこみ、町田は再び10人となってしまう。このまま勝ち越し点は決まらずに1-1で勝敗はPK戦に委ねられることになった。

PK戦では町田の3人目、4人目が立て続けに失敗。筑波大が4-2で勝利し、ジャイアントキリングを果たした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc4fec105e7841dc49252d5ef6ed67c217ca19e

【筑波大がJ1首位・町田相手にジャイアントキリング! 後半ATに同点弾、PK戦突入で大金星 【天皇杯】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/07(木) 19:04:42.41 ID:QVs21PPJ9
 横浜F・マリノスは7日、筑波大DF諏訪間幸成(20)が、26年シーズンから加入することが内定したと発表した。

【写真】全日本プロレスの諏訪魔と息子の筑波大DF諏訪間幸成

 父はプロレスラーの諏訪魔(47)。尊敬する父に続き、プロの世界に進むことになった。

 JFA・Jリーグ特別指定選手としても日本サッカー協会から承認され、今季から筑波大に在籍しながら横浜での試合にも出場できる。

 諏訪間はクラブを通して「アカデミー時代を過ごした特別なクラブに再び戻ってくることができ、大変うれしく思います。これまで支えてくれた家族、指導

 者、チームメイト、すべての皆さんのおかげで、大好きな横浜F・マリノスでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートすることができます。感謝の気持ちを忘れずにこれからも成長していきます」などとコメント。

 さらに「幼い頃から応援に足を運んだ日産スタジアムのピッチに1日でも早く立ち、魂を込めたプレーで横浜F・マリノスの勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。熱い応援よろしくお願いします!」と誓った。

 横浜ユース出身の諏訪間は、この春から筑波大の3年生になる。186センチ、85キロの巨漢を誇るセンターバック。昨年はU-20日本代表にも選出されるなど、将来を嘱望されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/def13044b6b2286e42d7861b72fbd379eb0a5e6f

【横浜Fマリノス、プロレスラー諏訪魔の息子、諏訪間幸成の26年加入内定「魂を込めたプレーで貢献する」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/25(日) 17:08:29.44 ID:wLHS3JPS9
日刊スポーツ2022年12月25日14時43分
https://www.nikkansports.com/sports/news/202212250000456.html

<ラグビー・全国大学選手権…東海大17-20筑波大>◇準々決勝◇25日◇大阪・ヨドコウ桜スタジアム

関東対抗戦5位の筑波大が、関東リーグ戦1位の東海大を破り、劇的に4強入りした。

前半を7-0とリードして折り返し、後半に一時、勝ち越しを許した。10-17と7点を追う展開で試合は終盤へ。

後半35分、筑波大はモールを押し込み、最後はラックサイドをプロップ木原優作主将(4年=東福岡)が飛び込んで2点差。FB高田賢臣(3年=浦和)のゴールが決まって17-17の同点とした。

ただ、この時点でトライ数は筑波大の2に対して東海大は3。同点のままでは規定により、東海大が準決勝に進む。

残り時間は5分。直後のキックオフから筑波大はキックを使って攻め、敵陣へ。鋭い出足で圧力をかけ、ゴール前でPGを得た。

これをFB高田が決めてついに20-17と逆転した。

木原主将は「モールは強みで自分の中で想定通りでした。対抗戦を戦ってきた中で、最後の逆転をするビジョンがありました」と話した。

嶋崎達也監督は「最後の10分間で何かが起こると前日も(選手に)共有していた。覚悟を持って戦う。自分たちのやりたいことを愚直にやってくれた。誇らしいです」と選手をたたえた。

準決勝(1月2日、国立)は帝京大-同志社大の勝者と対戦する。

【第59回大学ラグビー選手権・準々決勝 筑波大劇的4強入り 残り5分から逆転 嶋崎達也監督「何か起こると共有していた」東海大17-20筑波大】の続きを読む

このページのトップヘ