SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

筒香嘉智

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 18:31:06.39 ID:CAP_USER9
2022年05月18日 12:16 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/18/kiji/20220518s00001007259000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/18/jpeg/20220518s00001007242000p_view.jpg

 【ナ・リーグ カブス7-0パイレーツ ( 2022年5月17日 シカゴ )】 カブス・鈴木誠也外野手(27)が17日(日本時間18日)のパイレーツ戦に「4番・右翼」でスタメン出場。4回に2点二塁打を放ち、出場6試合連続安打、同5試合ぶりの打点でチームの今季最長を更新する4連勝に貢献した。4打数1安打2打点で、複数打点は2打席連続本塁打を放った4月13日パイレーツ戦以来となった。

 好守を打席へとつなげた。1-0の4回1死三塁、パイレーツ・筒香が打ち上げた飛球を右翼線で捕球。本塁へのワンバウンド送球で三走をアウトにしてみせた。メジャーで初の補殺を記録すると、その裏の攻撃では好機を確実にモノにする。

 無死一、二塁からパイレーツ先発・ブルベイカーの投じた初球の94マイル(約151キロ)を強振。左中間へ2点二塁打を放ち、この回一挙5得点の起点となった。試合前には筒香と談笑するなどリラックスムードだった鈴木。「侍ジャパン対決」で持ち味の勝負強さを見せつけた。

 2回無死からの第1打席、5回2死からの第3打席、7回2死二塁からの第4打席はいずれも空振り三振。外角へのスライダーにタイミングが合わず、第4打席ではバットを叩きつけて悔しがった。なお「5番・一塁」で4試合連続のスタメン出場となった筒香は3打数無安打。打率は・174となった。

【カブス・鈴木誠也 今季最長4連勝に貢献する2点二塁打 守備でもメジャー初の補殺記録、筒香の打点を消す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 07:01:59.31 ID:CAP_USER9
◆米大リーグ パイレーツ1―0レッズ(15日・ピッツバーグ=PNCパーク)

 パイレーツの筒香嘉智内野手が15日(日本時間16日)、本拠地・レッズ戦に「5番・一塁」でフル出場したが中飛、右直、中飛の3打数無安打に終わった。4試合、13打席連続で安打が出ておらず、打率は1割7分4厘にまで下がった。

 チームはレッズのグリーン、ウォーレンの前に8回無安打に抑えられた。それでも両軍無得点の8回に、3四球と併殺崩れの間に無安打で1点をつかみ、そのまま逃げ切って2連勝となった。無安打1得点で勝つのは、08年のドジャース(エンゼルス戦)以来14年ぶり6度目の珍事だった。

 筒香の今季成績は27試合に出場し、1本塁打、11打点、86打数15安打の打率1割7分4厘になった。復調のきっかけをつかみたいところだ。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/3711a96d3dc96a41a503e7029e53939cd815440a

【パイレーツ・筒香嘉智が4戦連続無安打で打率1割7分4厘…チームは無安打1得点で2連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 13:22:06.53 ID:CAP_USER9
5/8(日) 11:45配信MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b050c10f309492d14e7e747c504c7a4e92d7b29

 ダブルヘッダーで行われたパイレーツとレッズの対戦は、第1試合に9対2でレッズ、第2試合に8対5でパイレーツが勝利し、1勝1敗で終了。レッズは第1試合で9連敗を止め、今季4勝目を挙げた。パイレーツの筒香嘉智は、第1試合は9回表に代打で登場して四球。第2試合は初回に待望の今季初アーチとなる1号2ランを放ち、その後はライトライナー、ファーストゴロ、空振り三振、四球で4打数1安打2打点1四球だった(打率.191、OPS.560)。

第1試合【パイレーツ2-9レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

 9連敗中のレッズが初回にタイラー・スティーブンソンのタイムリー二塁打で2点を先制。パイレーツは3回表にベン・ギャメルがタイムリー二塁打、6回表にキブライアン・ヘイズがタイムリーを放ち、2対2の同点に追いついたが、レッズは8回裏にスティーブンソンの2点タイムリー二塁打、TJ・フリードルの犠飛、タイラー・ネークインの2点タイムリー二塁打、ブランドン・ドルーリーのタイムリー二塁打で一挙7得点のビッグイニングを作り、一気に試合を決めた。レッズ3番手のルーカス・シムズが今季初勝利(0敗)をマーク。パイレーツ3番手のウィル・クロウが今季2敗目(1勝)を喫した。
第2試合【パイレーツ8-5レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

 第2試合はパイレーツが8対5で勝利。1回表にブライアン・レイノルズの3号ソロ、筒香の1号2ラン、ディエゴ・カスティーヨの2号ソロと3本のアーチで4点を先制し、2点リードで迎えた4回表にはコール・タッカーのタイムリー二塁打とギャメルの2号2ランで3点を追加した。再び2点リードとなった7回表にはジャック・スウィンスキーがダメ押しのタイムリー二塁打。パイレーツ2番手のヒース・ヘンブリーが今季2勝目(0敗)、5番手のデービッド・ベッドナーが今季4セーブ目をマークし、レッズ2番手のフィリップ・ディールに今季初黒星(0勝)が記録された。

【パイレーツ・筒香嘉智がレッズとのダブルヘッダー第2試合で待望の今季初アーチ!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 06:43:41.91 ID:CAP_USER9
2022年04月24日 06:08 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/24/kiji/20220424s00001007139000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/24/jpeg/20220424s00001007143000p_view.jpg

 【ナ・リーグ カブス21―0パイレーツ ( 2022年4月23日 シカゴ )】 カブスの鈴木誠也外野手(27)は23日(日本時間24日)、本拠地リグリーフィールドでのパイレーツ戦に「2番・右翼」で先発出場。初回の第1打席に2試合連続となる左安打、2回の第2打席では21日(同22日)のパイレーツ戦以来2試合ぶりの打点となる右前適時打を放つと、メジャー初となる盗塁もマークした。5回の第4打席では二塁打を放ち、メジャー初の1試合3安打も記録した。

 この日は初回1死から左前安打を放つとその後、先制のホームを踏み、2回にも1死一、二塁から右前適時打と今季初盗塁。この回も本塁に還り8点のビッグイニングに貢献し、パイレーツから大きなリードを奪った。3回先頭の第3打席は三ゴロに倒れたが、5回先頭の第4打席では右二塁打しメジャー初の1試合3安打を記録、次打者の適時二塁打でこの日3度目のホームを踏んだ。この回2度目の打席で代打を出され、交代となった。

 試合はカブスが今季最多得点となる21―0で大勝し、連敗を4で止めた。パイレーツの筒香は3打数無安打だった。

【カブス・鈴木誠也 メジャー初の1試合3安打!2戦ぶり打点に初盗塁も チームは今季最多21点大勝 パイレーツ筒香は無安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/22(金) 19:08:14.49 ID:CAP_USER9
4/22(金) 12:48配信 ベースボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/de25a13f619c3cb044a65f60d2ef535f5f867254

● カブス 3 - 4 パイレーツ ○
<現地4月21日 リグレーフィールド>

 日本人選手が所属する両チームの対戦はパイレーツに軍配。筒香嘉智選手(30)が決勝打を放ち、チームを勝利に導いた。カブスの鈴木誠也選手(27)は4打数無安打3三振。開幕から続いていた連続出塁が「12試合」でストップした。

 「4番・一塁」で先発出場したパイレーツの筒香は、2回先頭の第1打席で二ゴロに打ち取られ、1点差に詰め寄った3回一死一・二塁の好機でも一ゴロ併殺に倒れていたが、1点ビハインドの5回二死満塁で迎えた第3打席に相手2番手・ロバーツから左翼線へ2点適時二塁打を放った。

 開幕から状態が上がらず苦しんでいた筒香にとっては、これが今季初長打。その後の打席では二ゴロ併殺、空三振と当たりがなかったが、パイレーツ救援陣が無失点リレーで最少得点差を守りきり、筒香の一打が決勝打となった。

 この日は5打数1安打2打点。試合後のテレビインタビューでは「適時打の打席は良かったですけど、それ以外の打席は内容がよくなかったので、明日までに修正したい」とコメント。打率.195と結果は伴っていないものの、「自分の感覚は悪くない」と巻き返しへの自信ものぞかせた。

 一方、「2番・指名打者」で先発したカブスの鈴木は、2回一死一・三塁の第2打席で放った三ゴロの間に三塁走者が生還し1打点を挙げたが、1回、5回、7回と3三振。最終打席は一打同点のチャンスで初対戦の右腕・ベッドナーが投じる150キロ台中盤のストレートに圧倒され、3球三振に倒れた。

 開幕からの連続試合出塁は12試合でストップ。これで35打数9安打の打率.343、出塁率は「.565」から「.520」にダウンした。

【パイレーツ・筒香がカブス戦で決勝打! 鈴木誠也は3三振で連続出塁ストップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/18(月) 06:16:51.72 ID:CAP_USER9
4/18(月) 6:04配信スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/35c7855491d9b14e41e04c935c8c579a814a9258

◆米大リーグ パイレーツ5―3ナショナルズ(17日・ピッツバーグ=PNCパーク)

 パイレーツの筒香嘉智選手が17日(日本時間18日)、本拠でのナショナルズ戦で「4番・一塁」で先発出場し、4打席すべて出塁する2打数1安打1打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。8回の守備から交代した。

 晴天ながら気温5度と冷え込んだイースター・サンデー。スタンドに詰めかけたファンたちは防寒ばっちりの服装で観戦していたが、パイレーツの逆転勝利に寒さを忘れて歓喜した。

 相手先発は左腕のコルビン。筒香は2回の先頭打者で迎えた第1打席で外角高めの88マイル(142キロ)の速球を左前打にして5試合連続出塁を決めた。さらに4回、6回に回った打席では2打席連続四球で出塁した。

 7回、チームは1死満塁からワイルドピッチで同点。さらにチャベスの左前タイムリーで勝ち越し。なおも1死一、三塁の場面で打席が回った筒香の当たりは、中前に抜けそうなゴロ。これを二塁手・ヘルナンデスが好捕し、一度は併殺プレーと判定された。これにパイレーツベンチがチャレンジ。一塁へ激走した筒香は、判定翻ってセーフとなり、三塁走者の生還で打点を挙げた。

【パイレーツの筒香嘉智が4打席全出塁でチームの勝利に貢献 激走で打点も挙げる 2打数1安打1打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/14(木) 06:01:47.61 ID:CAP_USER9
4/14(木) 4:28配信
スポーツ報知

試合前談笑するカブス・鈴木誠也とパイレーツ・筒香嘉智(ロイター)

◆米大リーグ パイレーツ6―2カブス(13日、ピッツバーグ・PNCパーク)

 カブスの鈴木誠也外野手(27)が13日(日本時間14日)、敵地でのパイレーツ戦に「5番・右翼」で先発出場し、4試合連続打点を挙げるなど3打数1安打1四球1打点だった。

 4点を追う4回に1死一、二塁のチャンスで回った第2打席、相手先発右腕のトンプソンが投げた初球、内角に来た92マイル(148キロ)のシンカーを中前に運ぶタイムリーとした。そして9回先頭で回った打席では、カウント3ボール1ストライクからの5球目、低めの93マイル(150キロ)のシンカーを見極めて四球を選んだ。

 また筒香嘉智内野手(30)は、「4番・一塁」で先発出場。2四球を選ぶなど2打数無安打1三振だった。

 初回に2死一塁から回った打席で四球。7回に回った4打席目では、フルカウントから4球ファウルで粘ってから10球目の外角の速球を見極めて四球を選んだ。連続無安打の打席は14まで伸びている。

 試合はパイレーツが6-2で勝利し、今季本拠地初勝利を挙げた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220414-04141011-sph-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/31d40cc739a8ad1d9bb388de4ee178ecb554b891

【カブス・鈴木誠也が4試合連続打点を挙げるタイムリーを放つもパイレーツに敗戦…筒香嘉智は無安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 06:49:48.27 ID:CAP_USER9
4/11(月) 6:37配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/be22fd312a7ced51795b3b0b66d3a2b791cce960

◆米大リーグ カージナルス4―9パイレーツ(10日・セントルイス=ブッシュ・スタジアム)

 パイレーツの筒香嘉智外野手が10日(日本時間11日)、敵地のカージナルス戦に「4番・DH」で先発出場し、4三振含む5打数ノーヒットに終わり、打率は3割3分3厘となった。

 1回から3打席見逃し三振に、二塁フライ、空振り三振。15安打で9―4と大勝したチームにあって一人蚊帳の外状態だった。

 筒香の渡米後の1試合4三振は、レイズ時代の昨年4月10日ヤンキース戦、パイレーツ移籍後の8月22日カージナルス戦に続いて3度目となった。

【パイレーツ・筒香嘉智、好調から一転して4三振含む5打数ノーヒット チームはカージナルスに快勝】の続きを読む

このページのトップヘ