SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

米ツアー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/15(金) 06:41:24.74 ID:CAP_USER9
4/15(金) 5:15配信
東スポWeb

 決断は正しかったのか――。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)の「1打」がクローズアップされている。米ツアー「ロッテ選手権」初日(13日=日本時間14日、ハワイ州・ホアカレイCC=パー72)に71で回って1アンダーの26位につけた中、11番パー5の2打目で〝直ドラ〟を公式戦で初披露。結果はミスとなったこともあり、賛否両論になっている。

 今大会は2週前のメジャー初戦「シェブロン選手権」で今季自己最高位(4位)となって迎えた。午前スタートのこの日は出だしの1番から3連続バーディー発進。時間とともに風が強くなり、スコアメイクに苦しんだが、アンダーパーでまとめた。本人も「取りあえずアンダーで済んだのはよかった」と、うなずいた。

 この日のスコアや順位だけならまずまずという言葉で済みそうだが、そこは渋野のこと。強い向かい風が吹いていた11番パー5の2打目でティーアップしない状態で1Wを打つ〝直ドラ〟を選択するサプライズを披露した。結果はミスヒットとなり、このホールをパーとした。渋野は「今週はできたらやりたいと思っていたけど、あそこは使うところではなかった。なるべくグリーン近くの左サイドにいけば、(グリーン右の)池に絡まないと思ったけど、チョロで危なかった」と苦笑い。

 失敗だったとはいえ、あるベテランツアー関係者は予選ラウンドでの果敢なチャンレジをプラスにとらえる。「普通なら3Wで打つような場面。ミスにはなったけど、メジャーでトップ10入りして気持ち的な余裕が出てきたからこそ、チャンレジできたのではないか。こういう姿勢は続けてほしい。試合の中でのいろいろなトライは成長につながると思う」。かねて渋野は「面白いゴルファーになりたい」と目標を掲げている。今回はそれを意識してのことではないだろうが、着実に前進しているようだ。

 その一方でミスジャッジを指摘する声もある。一般的に〝直ドラ〟は右方向に曲がって飛びやすく、11番は右サイドに池が絡む。それだけに、あるベテラン男子プロは「〝直ドラ〟がダメというわけではないけど、あの場面では池に入れる危険性を考えると、選択肢にも入れるべきではなかった」。渋野なりの勝算があって選んだプレーも失敗したことでツッコミの余地を生んでしまった。それでも致命的なミスになっていないあたりは、やはり〝持っている女〟なのだろうか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220415-04130297-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e777e95f2f283f459640623657c47bbd33fe519d

【ロッテ選手権 渋野日向子が公式戦で初披露した〝直ドラ〟は「着実な前進」か「ミスジャッジ」か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/03(月) 05:27:53.08 ID:CAP_USER9
1/3(月) 5:15配信
東スポWeb

米ツアーに本格参戦する渋野日向子(東スポWeb)

 女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)は今季から米ツアーに本格参戦する中、国内ツアーの出場機会があるのか注目されている。

 昨年12月の「米ツアー最終予選会」で20位となり、より多くの出場が望める目安となる20位以内を確保。渋野の参戦スケジュールは未定だが、あるツアー関係者は「日本のツアーに出ることは、かなり少なくなるのでは」と推測する。しかも米ツアーメンバーは、同ツアーと重複する週の試合は、3試合までしか出られないルールもあるだけに、なおさらだ。それ以上の出場は罰金を払わなければならない。

 そんな中、渋野は1日に自身のユーチューブチャンネルを更新。その中で「アメリカのシード権を取りたい。どの試合から出れるかわからないけど、そこが目標」と新年の抱負を語った上で、国内参戦の可能性について「(新型コロナウイルスの)隔離の状態とかいろいろあるので、日本に帰ってこれるか、日本の試合にも出れるかわからないけど、出れたらいいと思う」。コロナの状況は先が予想しづらいだけに、方針を立てるのも難しいようだ。

 となれば米ツアーに組み込まれている「TOTOジャパンクラシック」(11月3日開幕)が2022年の国内初プレーとなってもおかしくない。ただ同大会は出場枠が限られている。昨年、一昨年はコロナ禍で国内ツアー単独開催だったが、2019年実績では米ツアーメンバーは、大会前の賞金ランキング43位までとなっており、確実に出られる保証はない。

 アクシデント以外での22年国内参戦ゼロは寂しいが、今年の国内参戦は何試合になるのだろうか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220103-03904115-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4bf2ca9586a6e211feb3ac8699743e97e300107

【米国女子ツアー参戦の渋野日向子「国内参戦ゼロ」の可能性も】の続きを読む

このページのトップヘ