SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

米国代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 12:57:58.35 ID:CAP_USER9
来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて、連覇を目指す米国代表が並々ならぬ本気度を見せています。

オールスター前日の7月18日に、マイク・トラウト(エンゼルス)が米国のキャプテンとして出場する意思を表明したのを皮切りに、レッドソックスのトレバー・ストーリー内野手(29)、カージナルスのノーラン・アレナド内野手(31)、ポール・ゴールドシュミット内野手(34)、フィリーズのJT・リアルミュート捕手(31)、ブライス・ハーパー外野手(29)と、スーパースターが続々と名乗りを上げています。

旗振り役を務めるトラウトは、WBC初出場ながら「母国のためにプレーすることを楽しみにしている。僕にとっても、僕の家族にとっても大きな意味のあること。USAを胸に付けるなんてすばらしいこと。とても楽しみだ」とコメント。トラウト自ら「リクルーター」として他の有力選手に声を掛け、チーム編成にも関わることになっています。

侍ジャパンが初制覇した07年の第1回大会も、米国代表はデレク・ジーター、アレックス・ロドリゲス(ともにヤンキース)らスター選手が名前を連ねた一方で、ケン・グリフィーJr(当時レッズ)、ロジャー・クレメンス(ヤンキースFA)ら最盛期を過ぎたベテラン選手が多く、「親善試合」のような雰囲気でした。その結果、米国代表は2次予選でよもやの敗退。野球発祥の国を自負する「最先進国」の権威が失墜した大会でした。

そんな米国代表が、前回の第4回大会では、準決勝で日本を破り、決勝でもプエルトリコに快勝し、ようやく初優勝を遂げました。米国が勝ち進んだこともあり、入場者数だけでなく、テレビの視聴率やグッズの売り上げなどが上昇し、注目度も着実にアップ。次回大会では連覇がかかることもあり、現時点では代表監督が決まっていないにも関わらず、早くもチーム編成を始めました。

米国だけでなく、強豪ドミニカ共和国は、現役のネルソン・クルーズ(ナショナルズ)をGMに抜てきし、チーム編成を一任することになりました。若い選手にとっては「兄貴分」のような人格者でもあり、こちらもフワン・ソト(パドレス)、ウラジーミル・ゲレロ(ブルージェイズ)らスター選手がズラリと名前を連ねるものと見られています。

いずれにしても、侍ジャパンにとっては難敵ばかりですが、「大谷VSトラウト」などワクワクするような対決が実現すれば、これまで以上に盛り上がる大会になりそうです。【四竈衛】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「四竈衛のメジャー徒然日記」)

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/shikama/news/202208170000101.html

【米国代表がWBCへ並々ならぬ本気度 「大谷翔平VSトラウト」などワクワク対決に期待】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 21:52:23.33 ID:CAP_USER9
2022年08月06日 21:12 ソフトボール
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/06/kiji/20220806s00025000614000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/06/jpeg/20220806s00025000610000p_view.jpg

 ソフトボール女子の日米対抗第1戦は6日、福島市の県営あづま球場で行われ、日本代表が米国代表に2―1でサヨナラ勝ちした。

 日本代表にとっては金メダルを獲得した昨夏の東京五輪以来、1年ぶりの国内試合。先発の後藤希友(21)が2回1死三塁から暴投で先制点を献上したものの、4回先頭の原田のどか(30)の中越えソロで同点。1―1の7回1死三塁から我妻悠香(27)の内野安打で決勝点を奪った。終わってみれば、後藤は毎回の13奪三振の力投だった。

 エース上野由岐子(40)が調整遅れのため、出場を回避。宇津木麗華監督(59)が期待していた三輪さくら(23)も国内合宿で負傷して欠場となり、投手陣が3人しかいない緊急事態に左腕が奮闘して勝利。指揮官は「お客さんがいるからこそ、うれしい」と声を弾ませた。

【ソフトボール女子日米対抗・第1戦 日本がサヨナラ勝ち! 上野ら不在のピンチも後藤希友が13K熱投】の続きを読む

このページのトップヘ