SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

落合博満

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/03(金) 17:17:39.03 ID:UZGGK7Ek9
スポニチannex 2/3(金) 17:00

落合博満氏
 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(69)が3日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。07年に中村紀洋を獲得した経緯を明かした。

 メジャー挑戦から帰国してオリックス入団も死球によるケガなど不運も続き、07年1月に自由契約選手となった中村は、他球団の戦力補強時期を逃して宙に浮いた状態となっていた。

 「梨田から電話かかってきて、獲ってくれないかって」

 梨田昌孝氏は中村にとって近鉄時代の恩師。梨田氏は監督時代からかわいがってきた大砲のため、同い年で気心の知れた落合氏に頭を下げたようだ。「3回断ってんだよ。ウチには三塁手、森野(将彦)がいるから、かぶるんでいらないって」。梨田氏は諦めなかった。4回目、中日の春季キャンプが始まっても「何とかならないか」と電話してきた。

 「ちょうど球場に(西川順之助)社長がいたから相談して、育成で(年俸)400万円でやるならいいよ」とオファー。オリックスは単年8000万円といわれる契約を提示してもつれたが、元本塁打王の中村は育成契約を飲んで中日入団を決めた。

 背番号205。「5」は近鉄時代の番号で、落合氏が愛弟子のために動いた梨田氏の熱意に敬意を表して、その数字を入れたのかもしれない。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/2a80df72d12ac5db2f2cd83618c4637e982e56fd&preview=auto

【落合博満氏 07年の中村紀洋獲得の真相「3回断ったが梨田が獲ってくれって」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 14:39:46.84 ID:qdO9jo3N9
現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が2日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。
プロ20年目、1998年シーズンをもって現役を引退した落合氏。在籍した4球団での思い出について語った。

ロッテ、中日、巨人を経て、日本ハム移籍1年目の1997年は打率.262、3本塁打、43打点だったが、113試合に出場し、史上最年長の44歳シーズンでの規定打席に到達した。
そして迎えた98年。開幕戦こそ4番を勝ち取ったが、4月25日の西武戦(東京ドーム)を最後に先発で4番出場する試合はなく、59試合の出場で打率.235、2本塁打、18打点に終わり、現役を引退した。

「燃え尽きた」と語る現役生活20年。4球団を渡り歩いた落合氏にとって、まずロッテ時代の一番の思い出は何だったのか。

「まぁ、8年間やって、3冠王3回獲って、首位打者5回獲ったっていうのが思い出っていえば思い出だよね」

輝かしい記録に彩られたロッテ時代を、そう振り返った落合氏。続いて中日時代の思い出を尋ねると意外な言葉が返ってきた。

「中日、巨人、日本ハムの思い出っていうのはそんなないんですよ」

プロ人生をスタートしたロッテ以外の3球団をひとくくりにして「思い出はない」。
その言葉の真意について「自分を最初に指名して入れてくれたっていうところの方が、やっぱ(印象が)強いね。で、あとは仕事で行ってるんだっていう、あとの3球団は。まぁこれが契約社会の仕組みなんだろうなっていうことでね。そこを理解して契約年数あればそれをまっとうするっていうような。だから野球を仕事として考えてたんで、スポーツとして考えてたっていうことはないんでね。だから、その球団その球団で(仕事を)まっとうしてきたっていうことが、まあ一番の思い出っていえば思い出なのかな」としみじみと語った。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/02/kiji/20221031s00001173698000c.html

【元ロッテの落合博満氏「中日、巨人、日本ハムの思い出はそんなない。仕事で行ってるんだって」 3球団とロッテの違い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/26(水) 21:05:01.59 ID:blVa1pfP9
>>2022年10月23日(日)21:50-22:40にNHK総合で放送の「サンデースポーツ」より一部抜粋(※書き起こし)

■落合独自 教えて!落合さん

キャスター・中川安奈アナ「気になってたんですけど、長いシーズンを戦って勝ち取るリーグ優勝と、短期決戦で勝つ日本一、喜びの大きさに差はありますか?」

落合博満「日本シリーズってオマケみたいなもんですからね」

中川安奈アナ「オマケですか?? でも“日本一”ではありますけど…」

落合博満「リーグ優勝したから(日本シリーズに)出られるっていうね。しなかったら、今クライマックスシリーズがありますけども。
優勝しなければっていう絶対的な条件があるんでね。まずはリーグ優勝するっていうことの方の喜びが大きかったですね」

中川安奈アナ「そうなんですねえ」
キャスター・豊原謙二郎アナ「ちょっと喜びの質も違うという感じなんですかねえ」

落合博満「はい」

<関連記事>
落合博満氏が語る短期決戦の戦い方 “負け”は計算できない「日本Sで勝つのはシーズンで勝つより難しい」― スポニチ Sponichi Annex 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/24/kiji/20221024s00001173517000c.html

<関連スレ>
【視聴率】ヤクルトとオリックスが熱戦、日本シリーズ視聴率 第1戦は10・3%、第2戦は9・1%★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1666607795/
【野球】日本シリーズ第2戦 S 3-3 B [10/23] ヤクルトオリックスは延長12回引き分け 9回内山代打同点3ラン
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1666534143/
【野球】日本シリーズ第1戦 S 5-3 B [10/22] ヤクルト初戦勝利 オスナ3塁線ギリギリ2塁打で先制 オリックス山本由伸緊急降板★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1666475563/

【落合博満氏「日本一よりもリーグ優勝の方が喜びが大きい。日本シリーズってオマケみたいなもんですからね」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 21:25:30.22 ID:QG7Eo8jR9
落合博満氏 「MVPは大谷とジャッジどっち?」に即答 予想の根拠とは

 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が18日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。
 1900年以降の近代野球では初めて、規定投球回(162)と規定打席(502)にダブル到達したエンゼルスの大谷翔平投手(28)について語った。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

スポニチアネックス 2022年10月18日 17時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/23044219/

【「MVPは大谷とジャッジどっち?」に落合博満氏、即答 予想の根拠とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/05(水) 09:56:23.20 ID:CAP_USER9
東スポWeb 10/5(水) 5:16

 続投の裏で消えた幻プランとは――。リーグ4位に沈み、2年連続V逸を喫した巨人・原辰徳監督(64)が来季も続投することが4日に正式決定した。ただ、1975年以来、球団史上2度目の最下位となる可能性もあっただけに、8月には親会社の読売本社周辺では不穏な情報も流れていた。続投は既定路線だったが、万一の事態に備え、後任の監督候補として〝ウルトラCプラン〟も駆け巡っていた。

 この日、原監督は山口寿一オーナー(65)にシーズン終了報告を行った。山口オーナーは「監督の意欲を尊重して、立て直しを託そうと、監督の続投を決めて、先ほど確認をしてきた」と続投を明言。原監督は「オーナーよりもう1年、命を下してもらったということに私自身も『このままで終わるか』という中で、『分かりました』と(受けた)」と思いを明かした。

 来季は監督通算17年目となるが、ここまでの道のりは決して無風ではなかった。8月には、大手町周辺も不穏な空気に包まれていた。

 CS圏内の3位確保どころか、最下位転落まで見えてきただけに「さすがに最下位での続投は難しい」(球団関係者)。最下位で終われば、球団としては47年ぶり2度目の屈辱となる。原監督は今季から3年契約。来季の続投は既定路線ではあったが「最下位」となれば、話は別だ。指揮官自身が辞意を申し出るのではないか――。そうした不測の事態に備え、来季の〝後任候補〟としてさまざまな名前が挙がっていた。

 まず持ち上がったのが、前監督で野球評論家の高橋由伸氏(47)。その一方で、球団内からはにわかには信じがたい驚きの名前も浮上していた。

「落合さんを次期監督に担ぎだそうとする動きがあった。一時は由伸さんか落合さんか『五分五分』の状態だった」と球団スタッフは声を潜めていた。

 3冠王に3度輝いた落合博満氏(68)は巨人で4番を務め、中日監督として4度のリーグ優勝、日本一も1度達成した実績を誇る。中日時代にGMも務めており、2年連続負け越しとなったチームの再建にはもってこいの人材と判断されたという。

 加えて、巨人の〝不文律〟となっている伝統をぶち壊し、新たなステージに進むとの考えも込められていたようだ。巨人監督の〝必須条件〟とされるのが「生え抜きかつエースか4番」。選択肢が限られれば、将来の監督候補はおのずと絞られてくる。

「他球団ではヤクルト・高津監督らメジャー経験者が指揮官を務めるなか、いつまでも監督候補に条件をつけるのは時代にそぐわない」(別の球団関係者)

 とはいえ、監督の選任はオーナーの専権事項だ。紆余曲折を経た中で、原監督は最下位を回避。山口オーナーはBクラスに甘んじた熟練指揮官に来季も指揮を託した。それと同時に「第2次由伸政権」も「落合巨人」の誕生も幻に終わった。

 目指すは3年ぶりのV奪回。原監督は「『このままで終わってたまるか』と。新しい情熱が燃えたぎるような血液の中に出てきた」と独特の言い回しで逆襲を誓った。立ち止まっている時間はない。

東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/545ee077b13d76eda7be35c1615c86f925a0fa0d

【巨人・原監督の続投で消えた「第2次由伸政権」「落合巨人」のウルトラCプラン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 21:15:19.08 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221003-00000328-spnannex-000-5-view.jpg
落合博満氏

落合博満氏 令和初の3冠王に輝いた村上祝福「途中から変わった。待ち方、打ち方が良くはなってきたね」 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221003-00000328-spnannex-base

 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が3日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。緊急動画をアップし、最終戦で56号を放ち、4打数2安打2打点で令和初の3冠王に輝いたヤクルトの村上宗隆内野手(22)を祝福した。

 動画冒頭で「村上選手、3冠王おめでとうございます!」と一礼した“昭和の3冠王”落合氏。続けて「ついにやりましたね」と大きくうなづいた。

 開幕当初と打ち出してからの間で良くなったところはどこだったのか。落合氏は「途中から変わった。どう変わったかというのは説明がつかないけど、途中から待ち方、打ち方が良くはなってきたね」と、変化に気づいていたという。待ちが良くなるメリットについては「自分で思い描いたバッティングできるということでしょう」と説明した。

 落合氏の28歳(29歳シーズン)を大幅に超えて村上は22歳で3冠王に輝いた。「22歳はまだ社会人だもの。まあそれは歳は関係ないでしょ。たまたま22歳だったというだけのことであってね」と、今回の村上の偉業は年齢ではないとした。

 笑顔で村上の快挙について話した落合氏は最後に「今年の数字に満足せずに、来年以降もっと高みを目指して頑張ってもらえればいいなと思います」とエールを送った。

関連リンク
【史上最年少三冠王】昭和の三冠王落合博満から令和の三冠王村上宗隆へ「三冠王獲得」のお祝い
https://youtube.com/watch?v=YOTUwIXhWTc

【〝昭和の三冠王〟落合博満氏〝令和初の3冠王〟に輝いた村上祝福「途中から変わった。待ち方、打ち方が良くはなってきたね」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/09(金) 18:32:44.90 ID:CAP_USER9
 「ヤクルト-広島」(9日、神宮球場)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(22)がシーズン53号本塁打を放ち、52本で並んでいた1963年・野村克也(南海)、85年・落合博満(ロッテ)を抜き、NPBの日本選手単独2位となった。64年・王貞治(巨人)の日本選手最多55本まであと2本、2013年・バレンティン(ヤクルト)のNPB最多60本まであと7本に迫った。

 二回の第1打席で、広島先発の大瀬良の甘く入った変化球を、弾丸ライナーでセンターバックスクリーンに叩き込んだ。見事な先制ソロとなった。

 ◆NPBシーズン本塁打上位

①60本 バレンティン(ヤクルト) 2013年

②55本 王貞治(巨人) 1964年

     ローズ(近鉄) 2001年

     カブレラ(西武) 2002年

⑤54本 バース(阪神) 1985年

⑥53本 村上宗隆(ヤクルト) 2022年

⑦52本 野村克也(南海) 1963年

     落合博満(ロッテ) 1985年

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/48f72276ea08ae442bc9b3efca6b1e0e3fdfbe48

【ヤクルト・村上が野村、落合超えの53号弾!日本選手単独2位 王氏の55本まであと2本】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/27(土) 23:58:10.93 ID:CAP_USER9
落合博満氏が選ぶ歴代ベスト9
「俺の名前は入れようがない」なぜ?オレ流のこだわり選考基準


現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が24日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。

「野球人・落合博満が選ぶベストナイン」と題し、日本プロ野球界で“オレ流”の基準で選んだ「歴代最強メンバー」を発表した。


自身の名前は何番目に入ってくるか?と聞かれると「俺の名前は入ってこないよ」と即答。
「ファースト、セカンド、サードの3つのポジションを守っているから。試合数が分散されるってのもあるしね。どこに入れる?入れようがないじゃない」と話した。

スタッフが、DHは(落合さんで)どうですか?と問うと、「DHは門田(博光)さんだよ。DHを守備してる人にさせるってのは、俺の野球の中には考えられないね」ときっぱり言い切った。


今のメンバー以外で悩んだ選手はいないのかという問いには、「考えなきゃいけなかったのはショートだけなんだ。あとはすんなり決まってる」と答え、何人くらいと聞かれると、
「広岡(達朗)さん、吉田(義男)さん、藤田平さん、それと松井稼頭央と。まあそのくらいかな。必ずショートで迷うんだ。記憶に残るか、数字で残るかであれば、数字で残したベストメンバーですよ」と話した。


ショートの守備だけなら?という問いには「広岡さんになるんじゃない?でも年数が短いからね(現役13年)。広岡さんの守備は突出してたっていう話だよ。うん。まあ実際テレビでちょこっと見たくらいなんだけどね。小さい時にね」と答え、ショートでキャリアを重ねることの難しさを加味した結果の松井稼頭央(日米で現役24年)選出だと明かした。

「人それぞれが選ぶ(ベストナインの)候補だから、人がどういう選び方するかは、その人に任せればいいんであってね。俺の中ではこのメンバーですよ」と締めた。


【落合博満氏が選ぶ日本プロ野球歴代ベストナイン】

投 金田 正一

捕 野村 克也

一 王  貞治

二 高木 守道

三 長嶋 茂雄

遊 松井稼頭央

左 張本  勲

中 福本  豊

右 イチロー


https://news.yahoo.co.jp/articles/f1ee9397818ca404b0e94a36f368b89637e8c9db

【「一番悩んだのはショート」落合博満氏が選ぶ『歴代ベスト9』発表! ライトはイチロー、ファーストは王貞治】の続きを読む

このページのトップヘ