SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

藤浪晋太郎

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/06(木) 06:35:30.40 ID:7+PXSGFp9
デイリー6/6(木) 5:23
https://news.yahoo.co.jp/articles/2332631a2ca279b3bcdebeaea4e76f263e4c5aef

 米大リーグ、メッツは13日(日本時間14日)、右肩痛のため、5月13日から15日間の負傷者リスト(IL)に入っている藤浪晋太郎投手(30)を60日間のILに移行したと発表した。長期離脱が確定し、最短でも復帰は7月12日となる。

 藤浪は昨オフにオリオールズからFAになり、2月にメッツと1年335万ドル(約5億円)プラス出来高85万ドル(約1億3000万円)で合意したが、オープン戦5登板で防御率12・27と結果を残せずマイナー落ち。3Aシラキュースで米国2年目の開幕を迎えたが、9試合に登板し、防御率14・09と苦戦。7回2/3を投げて9三振を奪っているが、19四死球と課題の制球が安定していなかった。

 5月3日を最後に登板機会がない状態が続く中、シラキュースは5月11日に同投手の7日間のIL入りを発表。さらに、同13日にはメッツが同投手のメジャー昇格と右肩痛による15日間のIL入りを合わせて発表した。

 離脱直前のマウンドとなった5月3日のナショナルズ傘下3Aロチェスター戦では6点ビハインドの六回2死満塁の場面で起用され、先頭打者に押し出し四球。回またぎの七回は2つ目の四球で走者を背負いながら後続を二ゴロ併殺に打ち取ったが、八回に2四球を与えたところで降板。マウンドに上がった野手が適時打を許して2失点目がついた。39球を投げてストライク16球。直球は158キロを計測したが、決め球のスプリットも含め、明らかにボールと分かる投球が目立った。

 メッツは昨季チーム最多の12勝を挙げた千賀滉大投手も右肩痛で60日間のILに入っている。ともにメジャー2年目の右腕2人による日本人リレー実現の日が待たれる。

【メッツ・藤浪晋太郎、右肩痛長期離脱確定 60日間の負傷者リストへ移行 球団発表 最短復帰は7月12日 マイナー9登板で防御率14・09】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/14(火) 13:45:28.24 ID:HqaQLUdI9
2024年5月14日 8時28分

 メッツは13日(日本時間14日)、藤浪晋太郎投手(30)を今季初めてメジャーに昇格させ、そのまま右肩痛のため15日間負傷者リスト(IL)入りさせたことを発表した。

 年俸335万ドル(約5億円)に85万ドル(約1億3000万円)の出来高がつく1年契約でメッツ入りした米2年目の藤浪。オープン戦では5試合に登板し防御率12・27と結果を残せずにマイナー降格となった。マイナーでも9登板で7回2/3を投げて7安打17四球で15失点(自責12)の防御率14・09と乱調が続き、11日(同12日)にマイナーでIL入りとなっていたが、詳細は明らかになっていなかった。

 メジャー1年目だった昨季はアスレチックス、オリオールズの2球団に所属して64試合に登板し、7勝8敗2セーブ、防御率7・18の成績を残した。

https://hochi.news/articles/20240514-OHT1T51010.html?page=1

関連スレ
【MLB】藤浪晋太郎がマイナーの負傷者リスト入り 負傷内容は公表されず 3Aでここまで四球連発
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1715490351/

【メッツ・藤浪晋太郎が今季”メジャー初昇格”も右肩痛で即IL入り マイナーで防御率14・09】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/12(日) 23:29:12.29 ID:rKnR2PYx9
筒香に続き日本球界復帰か マイナーで苦しむ藤浪晋太郎に「パ・リーグ複数球団」で争奪戦の可能性

 メッツ傘下3Aシラキュースに所属する藤浪晋太郎が苦境にあえいでいる。

 今季からメッツに新加入してリリーバーとして期待されたが、課題の制球難がすぐに露呈してシーズン開幕直後にマイナー降格。

 復調をアピールしたいところだが、打者と対戦する投球水準に達していない。4月25日のガーディアンズ傘下3Aコロンバス戦では、1死しか取れず1安打4四球6失点の大乱調。続く4月28日のコロンバス戦でも1死のみで2安打2四球2失点でマウンドを降りた。

 9試合登板で防御率14.09。メッツはナ・リーグ東地区で勝率5割をキープし、課題の投手陣も検討している。現時点で藤浪のメジャー昇格は極めて厳しい状況だ。

「160キロ近い直球を投げ込めるのは大きな魅力だが、再現性が低いのでマウンドで投げて見ないとどんな投球をするか分からない。首脳陣も判断が難しい投手という認識です。高めの直球で空振りを奪えるので、ある程度制球がまとまれば戦力として十分に計算できますが、オープン戦から不安定な投球がずっと続いている。このまま状態が上がって来ないようだと厳しい。藤浪が他球団でメジャー昇格を目指して退団を申し出た場合は、獲得に乗り出す球団があるかもしれないが、決して評価が高いとは言えない」(米国に駐在する通信員)

 メジャー挑戦1年目の昨季はアスレチックスで先発起用されたが結果を残せず、ブルペンに配置転換。安定した投球を見せた時期があり、7月にトレードでオリオールズに移籍すると、救援で30試合登板し2勝0敗2セーブ2ホールド、防御率4.85をマークし、地区優勝に貢献した。

 今季はメッツと1年335万ドル(当時の為替ルートで約5億円)プラス出来高で契約を結んだ。救援陣は160キロを超える直球を投げる投手が少ないため、パワーピッチャーとして期待されたが、ストライクに取ることに四苦八苦しているようではメジャーで生き残れない。

 熱狂的で知られメッツファンや地元のメディアからは「なぜ藤浪を獲得した?」「不良債権になる確率が極めて高い」など辛辣な声が多い。

 メジャーを取材するスポーツ紙記者は厳しい見方をする。
「トレード移籍だと、移籍先の球団が藤浪の年俸分を負担することになるので獲得のハードルが上がる。退団してフリーになった方がメジャーの残り29球団からチャンスが舞い込んでくるかもしれない。ただ、その可能性が高いかと言えば微妙です。不安定な投球が続いていることで株が下がっている。30歳という年齢を考えると、中長期的な戦略で若手を育てた方がいいと判断する球団が多いでしょう」

 メジャーでのプレーがかなわない状況となった場合、考えられるのが日本球界復帰だ。スポーツ紙デスクは、「パ・リーグの球団で争奪戦になるのでは」と予測する。

「粗削りなパワーピッチャーはパ・リーグの方が向いている。球場が広いので力で押し込めますし、伸び伸びしたチームカラーの球団が多いので藤浪の性格に合うと思います」

 具体的には、「有力候補となるのがロッテ、オリックス、日本ハムでしょう」という。

「ロッテは他球団の選手を再生する能力が高い。現役時代にメジャーでプレーした吉井理人監督も良き理解者となるでしょう。オリックスは山崎颯一郎、宇田川優希など剛速球右腕を育てることに長けた球団で、大阪桐蔭時代にバッテリーを組んだ後輩の森友哉という良き理解者がいる。大阪出身の藤浪の地元にも近く、環境面でも不安がない。日本ハムは新庄剛志監督が就任した21年に、阪神にいた藤浪のトレード獲得を熱望したことがありました。ソフトバンクで伸び悩んでいた田中正義を守護神として覚醒させた実績もあります」

 ロッテは他球団から移籍加入した選手の活躍が目立つ。メジャーから復帰した澤村拓一、日本ハムからトレード移籍した西村天裕、DeNAから加入した国吉佑樹が救援陣を支え、野手も元巨人の石川慎吾、元日本ハムの岡広海が活躍している。助っ人外国人も元巨人のC.C.メルセデス、グレゴリー・ポランコ、元DeNAのソトとNPB経験者が多い。

 ロッテでプレーする選手たちは「フレンドリーな雰囲気で溶け込みやすい環境」と口をそろえる。大阪桐蔭の時に同学年の投手で切磋琢磨した澤田圭佑も在籍している。澤田は22年限りでオリックスの戦力構想から外れたが、新天地のロッテで育成契約から支配下昇格を勝ち取り、昨年は2勝2セーブ6ホールド、防御率1.08をマーク。今季も11試合登板で1勝3ホールド、防御率1.80の好成績を残している。12年の月日を経て藤浪と「共闘」する姿が見られるか。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/e40185999b0d07e19e035d2e52376951de83f6a9?page=1

【藤浪晋太郎、日本球界復帰か 今季はマイナーで防御率14.09…苦しむ藤浪に「パ・リーグ複数球団」で争奪戦の可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/12(日) 14:05:51.81 ID:BpnuD9LY9
2024年5月12日13時50分

メッツ傘下3Aシラキュースの藤浪晋太郎投手(30)が11日(日本時間12日)、7日間の負傷者リスト(IL)に入ったと球団が発表した。負傷の内容は公表されておらず、10日(同11日)にさかのぼって適用されるという。

2月にメッツと1年335万ドル(約5億1900万円)で契約し米2年目の藤浪は、開幕でメジャー昇格を果たせず、今季はまだ1度も昇格なし。3Aではここまで9試合にリリーフとして登板し、制球を乱して四球を連発する試合も多く0勝0敗、1ホールド、防御率14・9としている。最後に登板したのは今月3日のロチェスター戦で、2回を1安打2失点、4四球2奪三振だった。

メジャーでは昨季、アスレチックスとオリオールズで64試合(先発7試合)に登板、7勝8敗、2セーブ5ホールド、防御率7・18だった。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202405120000493.html

【藤浪晋太郎がマイナーの負傷者リスト入り 負傷内容は公表されず 3Aでここまで四球連発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/09(木) 13:35:15.75 ID:GNAyjsDm9
四球連発に、押し出し、暴投、ランナーをためての適時打……。メッツ傘下3Aシラキュースの藤浪晋太郎(30)が目も当てられない状態だ。以下に最近の投球内容を紹介したい。

・4月26日(日本時間、以下同):1/3を投げ与四球4、被安打1、6失点。

・4月29日:1/3を投げ与四球2、被安打2、2失点。

・5月4日:2回を投げ与四球4、被安打1、2失点。

結果を見ただけで惨状がおわかりになるだろう。これまでマイナーで7回2/3を投げ19の四死球を与え、4月15日から5試合連続の失点。与四死球率(1試合換算の平均与四死球)は20を上回る。防御率は14.09になるのだ(成績は5月8日現在)。

「今季の藤浪はオープン戦から乱調でした。5試合に登板し3回2/3を投げ5失点で防御率は12.27。とにかく制球がボロボロで、与えた四死球はイニングを上回る5つにのぼります。シーズンに入っても、中継ぎとして1回持たずにノックアウトされるケースが目立つ。

推定335万ドル(約5億1000万円)プラス出来高払いの年俸を考えると、とてもその高額に見合った活躍をしているとはいえません。いつ戦力外通告を受けてもおかしくない、クビ寸前の状態なんです」(スポーツ紙担当記者)

一時はコントロールが安定するも……

’23年1月にポスティング制度で阪神からアスレチックスに移籍した藤浪は、当初から四球を連発し制球力を不安視されていた。しかし、先発から中継ぎに転向した同年後半以降はコントロールが安定。7月にオリオールズへ移ると防御率は4点台にまで改善した。ところが……。

「FA権を得て、今季から名門メッツへ移籍します。しかし(前述のとおり)オープン戦から絶不調でマイナー降格となってしまった。代理人とメッツの間で具体的にどんな交渉があったのか不明ですが、マイナーに落とさないという契約条項がなかったのでしょう。

本人はメジャーでプレーできず、だいぶモチベーションが下がっているようです。前向きになれない気持ちの問題が、投球にも影響していると思います。現在の成績と制球力のヒドさでは、メッツから戦力外通告を受け藤浪が放出されても獲得に乗り出すメジャー球団はないでしょう」(同前)

メジャーでの行先がなければ、可能性が最も高いのが日本球界復帰だ。最有力候補は古巣・阪神だろう。だが意外な球団名も噂されている。

「阪神は岡田彰布監督が、コントロールの悪い藤浪をあまり評価していないといわれますからね。今季の傾向は投高打低で、多くの球団は投手陣が比較的安定しています。手を差し伸べそうな球団は、なかなかないでしょう。

強いていえば12球団でチーム防御率ワーストの楽天です。シニアディレクターの石井一久さんは同じ投手出身で、メジャー経験がありますから。楽天なら藤浪を再生できるかもしれません」(別のスポーツ紙記者)

メジャーに再昇格するには、マイナーで結果を出すしかない。藤浪の正念場は続く。

https://friday.kodansha.co.jp/article/371802

【四球連発でマイナーでも防御率10点超の惨状…クビ寸前の藤浪晋太郎「手を差し伸べそうな」意外な球団】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/04(土) 14:08:12.71 ID:jL5qAHHh9
2024年5月4日10時40分

<ロチェスター10-1シラキュース>◇3日(日本時間4日)◇ニューヨーク州ロチェスター

メッツ傘下3Aシラキュースの藤浪晋太郎投手(30)が、5試合連続で失点した。

ロチェスター戦で1-7と大量リードされた展開で6回途中から2死満塁の状況で3番手で登板。1人目の打者に押し出し四球を与えたが、次打者をフォーシームで見逃し三振に退けた。

7回は単打と四球を出したが無失点に抑え、8回も続投。先頭に四球を出した後、2死一塁から暴投と、さらなる四球で2死一、二塁としたところで交代した。継投した投手が3連打され藤浪に2失点がついた。

2回を1安打2失点、4四球2奪三振とこの日もコントロールに苦しみ、4月14日の登板から5試合連続の失点。防御率は14・09となった。フォーシームは最速98・7マイル(約159キロ)だった。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202405040000307.html

【メッツ傘下3A藤浪晋太郎、5試合連続失点 2回1安打4四球 防御率は14・09】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/29(月) 13:35:16.12 ID:LZvxXTP+9
2024年4月29日 12時41分

 メッツ傘下3Aシラキュースの藤浪晋太郎投手が、ガーディアンズ傘下3Aコロンバスとのダブルヘッダー第2試合に、8―4の6回から3番手で登板。制球を乱して1/3回で2失点を喫した。

 安打と飛球で1死一塁とした後、2者連続四球で1死満塁のピンチを招いた。続く打者に95・5マイル(約153・7キロ)の直球を中前にはじき返され、2者の生還を許した。ここで降板した。球数は21球で、ストライクは8球だった。

 藤浪は4試合連続で失点。防御率は前戦までの13・50から15・88にさらに悪化した。

https://hochi.news/articles/20240429-OHT1T51079.html?page=1

【メッツ3A藤浪晋太郎またも大荒れ…1/3回で2安打2四球2失点、防御率はさらに悪化15・88】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/26(金) 12:08:24.90 ID:ZLAKfqM99
メッツ傘下のシラキュースに所属する藤浪晋太郎投手が日本時間26日、3Aクリッパーズ戦に中継ぎ登板しました。

2点を追う8回にマウンドに上がった藤浪投手ですが、制球が定まらず先頭は4球で四球となります。続く打者も四球となると、ノーアウト1・2塁からワイルドピッチで2・3塁のピンチを招きます。

さらに続く打者も四球で満塁のピンチを背負うと、1番のマイルズ・ストロー選手はフライに打ち取りますが、2番のフアン・ブリトー選手は味方のエラーの間に3塁ランナーがホームに生還し失点。

その後もタイムリーヒットで失点し、なおも満塁から四球で押し出しの失点。ここで降板した藤浪投手ですが、後続が3ベースヒットを打たれるなど、この回6失点。

藤浪投手は0回1/3を投げ、1被安打、4四球、6失点で、防御率は13.50に後退しました。

https://news.ntv.co.jp/category/sports/b298e16ad34643b88b0dfaf31317b2fb

【3Aシラキュース・藤浪晋太郎 マイナー登板も4四球6失点で1アウトしか取れず…防御率13.50に後退】の続きを読む

このページのトップヘ