SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

視聴者数

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/03(金) 17:26:48.36 ID:0gXZSUhC9
MLB機構の発表によると、4月末までの1試合あたりの平均観客動員数は2万6927人で、4月末までの数字としては2017年以来7年ぶりの高水準となったようだ(昨季から0.9%増加)。MLBではファンや球界関係者への調査結果をもとに、試合のペースアップや試合中のアクションの増加を目的として、ピッチクロックの導入、ベースサイズの拡大、守備シフトの制限といった大幅なルール変更を昨季から実施。ファンが求める「スピーディでスリリングな試合」の実現に向けて動き始めたことが観客動員数や視聴者数の増加につながっているのかもしれない。

 増加しているのは球場に足を運ぶファンの数だけではない。「FOX」「ESPN」「MLBネットワーク」の各媒体で行われる全国放送の試合では、平均視聴者数が昨季から25%増加しているという(昨季149万6000人、今季187万6000人)。「ESPN」の「サンデーナイト・ベースボール」の平均視聴者数も昨季から19%の伸びを見せており、「MLBネットワーク」でライブ配信されている試合の平均視聴者数も昨季と比較して13%アップしている。

 若年層の視聴者が増えていることも特筆に値する。「FOX」で放送されているMLBの試合では、18~34歳の視聴者数が32%アップ。「ESPN」の「サンデーナイト・ベースボール」でも同じ年齢層の視聴者数が38%増加しているという。「MLBネットワーク」でライブ配信されている試合に至っては、18~34歳の視聴者数が50%も増加した。2022年から2023年にかけて、9イニングの平均試合時間が20分以上短縮されたが、試合のペースアップが観客動員数や視聴者数の増加に寄与している可能性は十分にありそうだ。

 球団別に見てみると、ホームゲーム1試合の平均観客動員数はドジャースが唯一の4万人超えで断トツ。パドレス、ブレーブス、フィリーズ、ヤンキース、カージナルスも平均3万5000人以上を動員している。一方、平均1万5000人に満たないのはロイヤルズ、マーリンズ、アスレチックスの3チーム。特にアスレチックスは唯一の1万人未満で、平均6000人未満という極めて寂しい数字となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b378fbac7258599ad927b2ddb3fa9d8db59c4086

【4月末までの平均観客動員数が7年ぶりの高水準に 若年層の視聴者も増加傾向 MLB機構が発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/13(火) 18:00:05.77 ID:AgDg4cEF9
2/13(火) 13:46 Bloomberg
https://news.yahoo.co.jp/articles/402b74fbc9ee9fa9b738a0a9f0abed9a7b15a558

(ブルームバーグ): 米CBSが11日に生中継した米プロフットボールNFLの王者決定戦「スーパーボウル」の視聴者数は1億2340万人で、米国の単一ネットワークとして昨年記録していた過去最多を更新した。23年の視聴者数(1億1510万人)から7%増加した。

今年の視聴者数にはCBSの放送網と親会社パラマウント・グローバルのストリーミングサービス「パラマウント+」の視聴者数1億2000万人が含まれている。この試合はニッケルオデオンの子ども向けチャンネルなどでも放送された。

スーパーボウルは1年のうち最も視聴される全米のテレビイベントで、主催ネットワークは多くの視聴者と広告収入を得る。CBSによると、今年のカンザスシティー・チーフス対サンフランシスコ49ers戦は、スーパーボウル史上最もストリーミングされた試合となった。
試合結果はアメリカン・カンファレンス(AFC)のチーフスがナショナル・カンファレンス(NFC)の49ersに競り勝ち、2連覇を果たした。

【【NFL】「スーパーボウル」視聴者数、過去最多の1億2340万人-CBS】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 22:16:37.55 ID:+CaIWC179
 今年のワールドシリーズはレンジャーズがダイヤモンドバックスを4勝1敗で撃破。球団創設63年目で初の世界一に輝いたが、関心度は今一つだったようだ。米紙「ニューヨーク・タイムズ」によると平均視聴者数は史上最低の910万人。新型コロナの影響で短縮シーズンで行われた2020年の980万人を下回った。

「タイムズ」紙は、米スポーツ分析会社「ニールセン」による調査結果を紹介。今年のワールドシリーズは、記録が残されている1960年代からでは視聴者数が史上最少で、5試合の平均視聴者数は910万人だった。

 第2戦が815万人と低迷し、10月30日(日本時間31日)の第3戦は812万人まで下がった。この数字は記録が残っている中ではワールドシリーズ最少だった。どちらもワイルドカードからの勝ち上がりで伝統球団ではなかったという側面もあるが、野球人気低下が叫ばれる中、注目度は低かったようだ。

11/4(土) 15:55
Full-Count

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a3a19a1e32a8c8eb6f02bd85fd6a7dc638e4fdf

【“史上最低”だったワールドシリーズの視聴者数 野球人気低下が叫ばれる中注目度は低かった】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/01(水) 17:08:50.57 ID:Nzd/jzK39
 レンジャーズ対ダイヤモンドバックスのワールドシリーズ第2戦と第3戦の視聴者数が過去最低を記録したと31日、AP通信が伝えた。

 調査会社ニールセンによると、ダイヤモンドバックスが9-1で勝利した28日の第2戦の視聴者数は815万人、レンジャーズが3-1で勝利した第3戦は813万人を記録。ともに過去最低だった20年のワールドシリーズ第3戦のレイズ-ドジャースの834万人を下回った。3試合の平均は848万人で、20年の平均979万人を大きく下回り過去最低を記録する見込みだという。アストロズがフィリーズに勝利した昨年のワールドシリーズの1試合の平均視聴者数は1176万人だった。

※続きは以下ソースをご確認下さい

11/1(水) 11:56配信
日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/e914c04e39879e53e85ce51dfa6072c859d7611b

※関連スレ
【野球】ワールドシリーズ第1戦の視聴者数は過去最少を記録 [尺アジ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698738540/

【ワールドシリーズ 第1戦に続き第2戦、第3戦も視聴者数が過去最低を記録】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/31(火) 16:49:00.05 ID:evT+CbK/9
 米ネットサイト「ザ・スコア」が、FOXが中継したワールドシリーズ第1戦の視聴者数は918万人で、第1戦としてはこれまでで最も少なかったと報じている。

 過去の最低記録は新型コロナのパンデミックで短縮シーズンだった2020年のワールドシリーズ第1戦で927万人だった、今年のワールドシリーズはブレーブス、オリオールズ、ドジャースと公式戦で100勝した3チームが地区シリーズで早々と姿を消し、ワールドシリーズはア・リーグの第5シード対ナ・リーグの第6シードの戦いになっていた。

 ロナルド・アクーニャ、ムーキー・ベッツといったMVP候補の人気選手たちが桧舞台に立てなかった。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/31(火) 7:41配信
スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d30df70c83b50dfad17ef8897830db44dbbf9a3

【ワールドシリーズ第1戦の視聴者数は過去最少を記録】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/05(火) 20:43:12.47 ID:fp4al99K9
 ビデオリサーチは8月25日に開幕した「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」男子日本代表5試合の全国・リアルタイムにおける「平均視聴人数・到達人数」を推計し5日、公式サイトで発表した。

 5試合のいずれかをリアルタイムで視聴した人(到達人数)は全国で5689・1万人。「到達人数」とは、全国(32地区)でどれだけの人がリアルタイムで番組を視聴(1分以上)したかを推計した値。

 累計到達人数は、

 (1)ドイツ戦(8月25日)=1884・5万人

 (2)フィンランド戦(8月27日)=2903・8万人(新規視聴者1019・3万人)

 (3)オーストラリア戦(8月29日)=3958・6万人(新規視聴者1054・8万人)

 (4)ベネスエラ戦(8月31日)=4859・4万人(新規視聴900・8万人)

 (5)カボベルデ戦(9月2日)=5689・1万人(新規視聴者829・7万人)

 と推移。

 第2戦以降、試合毎に1000万人レベルで新規視聴者が増え、最終戦は今大会最多3211・9万人が視聴。歴史的勝利を挙げたフィンランド戦後のオーストラリア戦は新規視聴者が1054・8万人に達した。ゲームを重ねるたびに強くなり、自力で来年のパリ五輪出場権を獲得した日本代表への関心の高さが示された。

※続きは以下ソースをご確認下さい

9/5(火) 17:46
スポニチアネックス

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e3774ec9f472b91ebd67e6c7c5c29d80db18d6a

【列島沸いたバスケW杯 試合毎に1000万人単位で新規視聴者増加!日本戦5試合 全国で5689万人視聴】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/24(月) 20:03:21.89 ID:GEoT8d+R9
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会、史上初の3連覇を狙う米国代表が白星発進を飾った1次リーグE組初戦ベトナム戦の試合中継の視聴者数が626万人を記録したとAP通信(電子版)が報道。フォックス放送では中継開始以来、W杯1次リーグ史上2番目に多く視聴された数字になったと伝えた。

AP通信は21日夜9時(米国東部標準時間)にキックオフとなった一戦で、試合を中継したフォックス放送の平均視聴者数が526万1000人を記録し、この数字が15年に同局が放送開始して以来2番目に多く視聴されたW杯1次リーグの試合になったと説明。視聴者数は最後の15分間でピークに達し、650万人に達したという。

 ちなみに過去のフォックス放送W杯1次リーグの中継で最も多く視聴された試合は19年フランス大会の米国対チリ戦で、平均視聴者数は533万700人だったという。

他にもこの一戦は米国のスペイン語テレビ局であるテレムンドやネットなどでも放送。AP通信によると、フォックス放送とテレムンドでの視聴者数の合計が626万人を記録し、昨年の男子W杯カタール大会決勝以来、米国で最も視聴されたサッカー中継となったもよう。

 さらに動画配信プラットフォームのストリーミング再生ではスペイン語の視聴者数が100万人を超え最も多く視聴されたと報道。過去に100万人を突破したのは15年W杯カナダ大会決勝と19年W杯フランス大会決勝のみ。
19年W杯フランス大会1次リーグ初戦タイ戦の2倍ほどの視聴者を集めたもようで、今大会は“スペイン語圏”からの関心も高いことを報じた。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2023/07/24/kiji/20230724s00002009548000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2023/07/24/jpeg/20230724s00002009502000p_view.webp

【快勝発進の女子W杯初戦に米国熱狂!フォックス放送“史上2番目”の視聴者数記録とAP通信が報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/23(木) 21:21:00.34 ID:B2J6DtF39
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/watanabe/news/img/202303230000305-w1300_0.jpg
WBCで優勝した侍ジャパンのメンバー(AP)

侍ジャパン優勝のWBC 視聴者数、観客動員、グッズ販売数など過去最高更新 1次ラウンド統計
https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/column/watanabe/news/202303230000305_m.html

侍ジャパンが3大会ぶりの優勝を飾った今回のWBC。MLBと世界野球ソフトボール連盟にとっても成功した大会となったようだ。

現地21日に開催された決勝戦はアメリカではFox傘下のスポーツ専門チャンネルFS1で放送された。地上波ではなく、有料チャンネルであるため、視聴できる人数が限られる不利な条件での中継だった。にもかかわらず、調査会社ニールセンによれば、平均視聴者数は448万人、スペイン語放送のFox Deportesを含めると497万人に達したということだ。

これはこれまで最高の2017年にMLBネットワーク、ESPN、ESPN Deportesという3つのチャンネルが放映したアメリカとプエルトリコによる決勝戦で記録した305万人を大幅に更新し、大会史上最多となっている。さらに昨年FS1が放映したMLBの試合中継でこの数を上回ったのはナ・リーグ優勝決定シリーズ、フィリーズ対パドレスの第4戦で記録した488万人だけだった。レギュラーシーズンの試合中継では2011年以降では、2年前の「フィールド・オブ・ドリームス」第1戦だけだとしている。

またこの日のテレビ放送全体の平均視聴者数でも、この試合中継を上回ったのはNBCの「The Voice」(527万人)とCBSの「FBI」再放送(471万人)だけだった。

1次ラウンドまでの統計だが、観客数やグッズ販売数、注目度でもこれまでを上回る大会となっている。

1次ラウンドの動員数は101万999人を記録し、これまで最高だった2017年の51万56人と比べて98%増となった。平均観客数においても2万5275人は、2017年の2万402人を24%上回った。また12日開催されたメキシコ対アメリカ戦は4万7534人と、1次ラウンドの動員数最多を記録している。

やはり日本での人気は突出しており、東京ドームで開催されたプールBの動員数36万9676人、平均観客数3万6198人はいずれも大会史上最多だった。

さらにMLBは1次ラウンド終了時におけるMLB公式サイトとスポーツグッズオンライン販売サイトFanaticsネットワーク、4つ開催地におけるグッズ販売において、大会歴代最高記録を更新したことを発表している。

また大会MVPを獲得した大谷翔平投手は3月1日から15日まででSNSのフォロワー数が136万人増加し、全選手で最も増加した選手だったということだ。大会のSNSの総エンゲージメント数も2017年大会と比較して564%増だったという。

この人気上昇の機運がさらに高まっていくことに期待したい。

関連記事
USA vs. Japan averages highest viewership ever for World Baseball Classic game
https://theathletic.com/4337940/2023/03/22/usa-japan-viewership-wbc/

以下日本語訳
>日本が3-2で勝利したWBC決勝戦の平均視聴者数(FS1)は450万人でした。
>視聴率は、2017年のWBC決勝の合計520万人から69%増加しました。
>FS1とFOX Deportesは、ET午後10時30分~10時45分にピークを迎え、合計650万人の視聴者を獲得しました。
>FOX Deportesは、WBCファイナルの平均視聴者数は49万2,000人でした。

【WBC決勝、地上波放送なしも全米で平均視聴者数497万人、ピーク時には650万人が視聴 当日の地上波含む全番組中でも3位を記録】の続きを読む

このページのトップヘ