SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

辞任

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 00:16:45.38 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221002-00000183-dal-000-6-view.jpg
 ロッテ・河合克美オーナー代行

ロッテ・河合克美オーナー代行が辞任「本気で優勝を取りにいき、それができなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221002-00000183-dal-base

 ロッテの河合克美オーナー代行兼社長が2日、今季限りでの辞任を表明した井口資仁監督に続き、今季限りでの自身の退任を発表した。

 河合オーナー代行は井口監督とともに「頂点を目指すというのは一緒に決めたこと」と井口監督監督就任5年目の5カ年計画で、今季は優勝を命題としていたという。

 18年から現職に就いた河合オーナー代行は自身の進退について、「当然、経営責任を問われるべきということを考え、退任を決めました。本気で優勝を取りにいき、我々もそれを目指して事業として展開している訳ですが、それができなかった」と明かした。

 2日の今季最終戦、ソフトバンク戦(ZOZOマリン)の試合終了後に行われたセレモニーで井口監督はファンの前で、「道半ばではありますが、今シーズンで退任させていただき、次の指揮官にバトンを移していきたいと思います」と辞任を表明した。

関連記事
【ロッテ】井口資仁監督が退任「今日決まったこと、選手にも伝えられなくて」ファンの前で発表
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210020001763.html

【ロッテ・河合克美オーナー代行が辞任「本気で優勝を取りにいき、それができなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 00:43:31.67 ID:CAP_USER9
 ◇パ・リーグ ロッテ5-3ソフトバンク(2022年10月2日 ZOZOマリン)

 ロッテの井口資仁監督(48)が2日、今季限りで辞任することを発表した。今季最終戦となったソフトバンク戦(ZOZOマリン)後に行われたセレモニーで、「3年ぶりのBクラスとなったのは、全て私の責任です。今季退任して次の指揮官にバトンを託したい」と表明した。

 スタンドのファンからは悲鳴が起こり、スタジアムは異様な雰囲気に。指揮官はセレモニー後に取材に応え、「(退任は)今日決まったことなので、なかなか選手にも伝えられず、あの場で言うしかなかった」と明かした。試合前に球団と話し合い、自ら申し出たという。

 これを受けて球団は公式サイトで「井口資仁監督より辞任の申し出があり、受理しましたのでお知らせします」と発表。後任監督については「決定次第、お知らせします」とした。

 井口監督は18年から指揮を執り20年、21年は2年連続2位と躍進。今季はドラフト1位・松川を開幕スタメンに据えるなど若手を積極起用したが、マーティン、レアードなど助っ人は不振。69勝73敗1分けで5位と3年ぶりのBクラスに終わった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec87db8f84554e9e0f0531b348b2a9f5fc2134ce

【ロッテ・井口監督 ナインも知らなかった電撃辞任表明「今日決まったことなので」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 19:49:21.06 ID:CAP_USER9
 「広島0-3中日」(2日、マツダスタジアム)

 広島は今季最終戦で競り負け、借金8で終了。今季限りで辞任することが判明した佐々岡真司監督(55)は白星締めすることができなかった。

 先発の森は5回無失点と来季へ収穫をつかんだが、打線が沈黙。中日先発の根尾、2番手・柳らに抑え込まれ、反撃できなかった。

 佐々岡監督は就任3年目の今季、開幕6連勝とスタートダッシュに成功。だが、苦手の交流戦で黒星がかさんだ。9月30日のヤクルト戦に敗れ、4年連続のBクラス。チーム不振の責任を取りこの日までに球団に辞意を申し入れ、了承された。

 佐々岡監督は試合後、ファンの前で「選手はこの一年、本当に頑張ってくれました。残念ながら、わたくし、監督の力不足でご期待に応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。わたくし佐々岡は責任を取り、きょうこのユニホームを脱ぎます。来シーズンは一カープファンとして、皆様とともにチームを応援していきます。この一年のご声援、3年間本当にありがとうございました」と挨拶。ファンからは、大きな拍手が起こった。その後、右翼席のファンに別れを告げると涙があふれた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca93af98f584f570a83d08dca5f0e51baf7030e6

【広島・佐々岡監督が涙 ファンの前で辞任表明「申し訳ない気持ちでいっぱいです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 06:52:36.79 ID:CAP_USER9
 広島東洋カープの佐々岡真司監督(55)が低迷の責任を取り、今季限りで辞任することが1日、分かった。球団に辞意を申し出て、1日までに了承された。球団は今後、OBを基本線に後任監督の選定に入る。

 ヤクルトがリーグ連覇を決めた翌日の9月26日、佐々岡監督は球団幹部に辞意を伝えた。まだクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残していたが、就任から3年連続でレギュラーシーズン優勝を逃した責任を取ることとなった。

 佐々岡監督は球団では53季ぶりの投手出身監督として、2019年秋に就任。20年は52勝56敗12分けの5位、21年は63勝68敗12分けの4位。今季は開幕6連勝と好発進したが、交流戦での失速や故障者続出で順位を落とした。今季最終戦となる2日の中日戦(マツダスタジアム)を残し、66勝73敗3分けで5位が確定した。
中国新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/0da45c8ebddd2ac56c9e0c39ecd8a71e5cf743d0

【カープ・佐々岡監督が辞任へ】の続きを読む

このページのトップヘ