SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

選抜高校野球

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/02(火) 10:06:47.86 ID:QHuoD4io9
 第96回選抜高校野球大会第9日(28日、甲子園)は準々決勝が行われ、星稜(石川)、高崎健康福祉大高崎(群馬)、中央学院(千葉)、報徳学園(兵庫)が準決勝進出を決めた。今大会から新基準の金属バットが導入された影響からか、28試合を終わってわずか3本塁打とホームランが激減。高校野球ファンからさまざまな反響が寄せられている。

今大会はここまで28試合を終えて、柵越えは第2日のモイセエフ・ニキータ外野手(愛知・豊川)、第5日の正林輝大外野手(鹿児島・神村学園)の2本だけ。第8日の境亮陽外野手(大阪・大阪桐蔭)のランニング本塁打を含めても本塁打はわずか3本。過去3年間、準々決勝までの試合で比較すると、23年は11本、22年は12本、21年は9本のホームランが出ており、今大会は明らかに減っている。

試合を左右する一発が見られないと嘆く高校野球ファンは多く、X(旧ツイッター)では「例年なら入る打球も入らない…」「ヒットすら激減している」「さすがに少なすぎ」「バットの威力以上に将来が心配」と不安視するコメントが多く寄せられた。

また甲子園といえば、超高校級と呼ばれたスラッガーが豪快な本塁打を放つのも魅力のひとつだったが「これでは選手権の中村奨成(広島・広陵)1大会6本塁打は超える人は出てこない」「清原(和博、大阪・PL学園)や松井(秀喜、石川・星稜)のような伝説級の怪物はもう見られない」と悲しむポストもあった。

反発力を抑えた“低反発バット”は直径の上限が従来の67ミリから64ミリに変更。ボールをとらえる金属部分も3ミリから4ミリ以上と1ミリ厚くなった。これによって反発力が低減され、日本高野連によると、打球の初速は3.6%ダウン。飛距離も5~6メートル落ちる見込みだと言われていた。

https://www.iza.ne.jp/article/20240328-4HMUSNDT2RBWXPSP42I6CIV7SM/

【第96回選抜高校野球 バット変更で本塁打激減 28戦でわずか3本に「清原みたいな怪物もう出てこない」とファン嘆き】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 16:06:22.23 ID:Hginr9uB9
センバツ制した健大高崎の校歌斉唱で「Be together」トレンド入り「あの校歌が決勝戦で聞けるのは感慨深い」「字幕二度見した WOW WOWて」

2024/3/31 15:16

イザ!編集部

第96回選抜高校野球大会最終日の決勝が31日、甲子園球場で行われ、報徳学園(兵庫)を3-2で破って初優勝を果たした高崎健康福祉大高崎(群馬)の校歌斉唱に、テレビで観戦していた視聴者の注目が集まった。

作詞家の冬杜花代子さんと作曲家の坂田晃一さんによる同校の校歌は、「Be together」、「Wow wow」といった、校歌ではあまり見られないポップミュージックのようなフレーズが特徴となっており、
2012年の第84回大会でセンバツに初出場して以降、甲子園に出場するたびに校歌に話題になってきたが、この日、初優勝での校歌斉唱に改めて注目が集まった。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.iza.ne.jp/article/20240331-FA7W2C2PIVEORHTQMAQHX46EEQ/


関連
【高校野球/センバツ】高崎健康福祉大高崎が3-2で報徳学園を下して春夏通じて初の甲子園優勝 群馬県勢初の選抜制覇 [THE FURYφ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711862089/

【センバツ制した健大高崎の校歌斉唱で「Be together」トレンド入り「あの校歌が決勝戦で聞けるのは感慨深い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 14:14:49.11 ID:v1Aq57589
報徳学園 200000000-2
健大高崎 20100000X-3

【投手】
報徳学園:今朝丸
健大高崎:石垣→佐藤

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_spring/game/2021022392/score

【第96回センバツ高校野球・決勝 高崎健康福祉大高崎が3-2で報徳学園を下して春夏通じて初の甲子園優勝 群馬県勢初の選抜制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/30(土) 13:09:53.98 ID:ytcWVcX59
 「選抜高校野球・準決勝、健大高崎5-4星稜」(30日、甲子園球場)

 健大高崎が中盤の集中打で試合をひっくり返し、初の決勝進出を決めた。

健大高崎は1点を追う七回、斎藤の適時三塁打で試合を振り出しに戻すと、なおも2死三塁から高山の適時二塁打で勝ち越しに成功。さらに箱山のタイムリーで突き放した。

 1点差に迫られた八回からはエース左腕の佐藤がマウンドへ。ここまで3試合、19イニング無失点のミスターゼロは1死二塁のピンチを招いたが、中飛で飛び出した二塁走者も併殺に仕留めてスコアボードにゼロを刻んだ。

 健大高崎は春夏通じて初の決勝進出。かつて「機動破壊」の合言葉で高校野球に新風を吹き込んだチームが、初の頂点へ手が届くところまできた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f342927322024be9a1fa39af059578d50dc98065

【第96回センバツ高校野球・準決勝 健大高崎が初の決勝進出!エース・佐藤が21回連続無失点の好リリーフ 神宮王者・星稜の反撃をかわす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/28(木) 18:23:55.13 ID:8GSuyOnC9
日刊スポーツ[2024年3月28日18時10分]
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202403280000065.html

<センバツ高校野球>◇28日◇準々決勝4試合

センバツ高校野球第9日は準々決勝4試合。第1試合は星稜(石川)が阿南光(徳島)を5-0で破り春のセンバツで初の4強入り。第2試合は高崎健康福祉大高崎(群馬)が連覇を目指した山梨学院に快勝した。第3試合は中央学院(千葉)が青森山田を破って初の4強入り。第4試合は報徳学園(兵庫)が大阪桐蔭を4-1で破り2年連続の4強入りを決めた。

準決勝は明後日30日、星稜-健大高崎、中央学院-報徳学園のカードで行われる。

【第96回センバツ高校野球・準々決勝 報徳学園、星稜、健大高崎、中央学院が4強 大阪桐蔭、山梨学院は敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/27(水) 22:20:21.95 ID:uxDTOta69
2024/03/27 20:24

 選抜高校野球大会で27日に登場した常総学院(茨城)のアルプススタンドでは、「常総カラー」のえんじ色の学生服を着た女子生徒4人が、「オス!」と声を張り上げながら拳を突いてナインを鼓舞した。

 同校の「応援指導部」は40年以上前に発足した当時から、上下えんじ色の学生服を着用している。上の服はセーラー服か学ランかを選べ、右肩には好きな四字熟語を刻むことができるという。

 この日は1回戦に来られなかったチアリーディング部約20人も合流し、同校の320人以上の生徒が声援を送った。応援団長を務めた豊島涼乃さんは「応援団が全員そろってわくわくしている。ここから本領発揮といきたい」と声を弾ませた。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/koshien/spring/20240327-OYT1T50180/
https://www.yomiuri.co.jp/media/2024/03/20240327-OYT1I50178-1.jpg

【第96回選抜高校野球 常総学院アルプス席にりりしい学ラン姿の女子生徒 拳をかざして4人で「オス!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/27(水) 20:03:17.35 ID:6VE44Rjf9
高校野球ドットコム編集部
2024.03.27
https://www.hb-nippon.com/2024/03/27/2505888/

第1試合「中央学院」7-6「宇治山田商」
第2試合「広陵」5-6x「青森山田」
第3試合「神村学園」2-4「大阪桐蔭」
第4試合「報徳学園」6-1「常総学院」
 
第96回選抜高校野球大会は27日、2回戦4試合が行われ、中央学院(千葉)、青森山田(青森)、大阪桐蔭(大阪)、報徳学園(兵庫)がベスト8入りを決めた。

第1試合は中央学院が7対6で宇治山田商(三重)に競り勝った。2回から4回まで毎回得点を挙げて7得点。中盤以降の相手の反撃を食い止めて逃げ切った。終わってみれば2試合連続2ケタ安打となる10安打の猛打で、センバツ初のベスト8を手にした。千葉勢はここ5大会で3度8強に入ったことになる。

第2試合では青森山田が延長10回タイブレークの末に、6対5で広陵(広島)にサヨナラ勝ちを収め、センバツでは初となる8強に駒を進めた。延長10回表を無失点に抑えると、その裏に満塁から、4番・原田 純希内野手(3年)の犠牲フライでサヨナラを決めた。

広陵(広島)の高尾 響投手(3年)の前に7回までノーヒットに抑えられていた打線が、0対2で迎えた8回裏にチーム初ヒットから同点。9回表に3点を勝ち越されても、その裏に再び同点とする驚異の粘りが天に通じた。

第3試合は大阪桐蔭が神村学園(鹿児島)に4対2で勝利して、3年連続のベスト8進出を決めた。先発の森 陽樹投手(2年)から中野 大虎投手(2年)の2年生のリレーで昨年夏4強のメンバーが多く残る神村学園打線を封じた。西谷監督は春夏通算で甲子園69勝目となり、68勝で並んでいた元智辯和歌山(和歌山)監督の高嶋 仁氏を抜いて、歴代単独トップとなった。

第4試合は昨年準Vの報徳学園(兵庫)が、常総学院(茨城)に6対1で快勝し、3大会連続の8強入りを果たした。先発の間木 歩投手(3年)が8回5安打1失点と好投。打っては3番の西村 大和内野手(3年)が4打数4安打と大暴れ。終わってみれば12安打の猛攻、6得点で快勝した。

第9日の28日は準々決勝が予定されている。

【第96回センバツ高校野球・8日目 中央学院が初の8強、青森山田は奇跡のサヨナラ勝ち、大阪桐蔭・西谷監督が歴代トップに、報徳学園3大会連続8強】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/25(月) 18:43:55.74 ID:/HByDxpZ9
3/25(月) 16:34 高校野球ドットコム
https://news.yahoo.co.jp/articles/1985f0e6ff39dbecc74697d2311c6d1c7055a93a

第1試合「常総学院」1-0「日本航空石川」
第2試合「八戸学院光星」2-3「星稜」
第3試合「熊本国府」0-3「阿南光」

 第96回選抜高校野球大会は25日、3日ぶりに試合が行われ、1回戦最後となったカードでは常総学院(茨城)が勝利。2回戦では星稜(石川)と阿南光(徳島)が勝利し、それぞれ8強入りを決めた。

 第1試合は常総学院が1対0で日本航空石川(石川)に勝利。149キロ右腕・エース小林 芯汰投手(3年)が5安打9奪三振完封の快投で、前回出場の21年以来、3年ぶりの春白星を挙げた。

 第2試合では、星稜が、エース佐宗 翼投手(3年)の力投を見せ、3対2で八戸学院光星(青森)との接戦をものにし、2022年以来、2年ぶりの8強に駒を進めた。佐宗は先発9回141球を投げ、7安打2失点完投。プロ注目の八戸学院光星の洗平 比呂投手(3年)との投げ合いにも勝利した。

 第3試合では、阿南光が、エース吉岡 暖投手(3年)の5安打無四球の完封劇で、熊本国府(熊本)に3対0で勝利し、チーム初のセンバツベスト8に輝いた。吉岡は6回をのぞく毎回の14三振を奪う快投。初戦の豊川(愛知)戦の11奪三振に続いて2戦連続の2ケタ奪三振をマークした。

 第7日の26日は2回戦3試合が予定されている。

【第96回センバツ高校野球・6日目 常総学院・小林が5安打完封、星稜・佐宗が完投で8強一番乗り、阿南光・吉岡は14K無四球完封】の続きを読む

このページのトップヘ