SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

鈴木誠也

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/03(土) 13:56:07.40 ID:CAP_USER9
9/3(土) 12:53配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/23832de1ef085742ee3cddab7d355d642328ad0b

【カブス0-8カージナルス】@ブッシュ・スタジアム

 2位ブリュワーズに今季最大の6.5ゲーム差をつけているカージナルスは、投打が噛み合ってカブスに8対0で快勝。8月以降は23勝7敗という快進撃を見せており、貯金は今季最多の22となった。カージナルス先発のジョーダン・モンゴメリーは7回途中7安打無失点で8勝目(3敗)をマーク。カブスは先発のエイドリアン・サンプソンが5回4安打2失点で5敗目(1勝)を喫し、リリーフ陣が6失点と崩れた。

 カージナルスは初回に2つの四球で二死2・3塁のチャンスを迎え、タイラー・オニールのタイムリーで2点を先制。先発のモンゴメリーが3回表一死満塁のピンチでイアン・ハップをセカンドゴロ併殺打に仕留めると、6回裏二死からオニールが内野安打と盗塁でチャンスメイクし、コリー・ディッカーソンのタイムリーで貴重な追加点をゲットした。モンゴメリーは7回表に無死1・3塁のピンチを招いて降板したが、2番手のジョーダン・ヒックスが三者三振の好リリーフ。7回裏にラーズ・ヌートバーの11号2ラン、8回裏にはトミー・エドマンの12号3ランが飛び出し、終わってみれば8対0の快勝となった。

 カブスの鈴木誠也は「2番・ライト」でスタメン出場。初回の第1打席はショートへの内野安打、3回表の第2打席はショートゴロ、5回表の第3打席はレフトへのヒット、7回表の第4打席は空振り三振で4打数2安打だった。連続試合安打を6に伸ばし、うち4試合がマルチ安打と好調を維持しており、今季の打率は.261、OPSは.755となっている。

【カブス・鈴木誠也は4打数2安打で打率.261、OPS.755に チームはカージナルスに完封負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/02(金) 15:58:40.91 ID:CAP_USER9
中日スポーツ 9/2(金) 13:01

 鈴木誠也外野手(28)を擁するカブスは1日(日本時間2日)、試合がなかった。米スポーツサイトのブリーチャーネーションは「何はともあれ、鈴木誠也はアジャストする能力を明らかに発揮している」と題して特集。「三振率」と、セイバーメトリクスの評価指数「wRC+(リーグ平均を100で算出した得点創出力)」に注目した。

 三振率は1日時点で15%。シーズンを通すと2度の大きな波があった。開幕20試合までは25%前後を推移してから急上昇し、出場35試合目は36%。だが、5月末の左手薬指捻挫から7月に復帰して以降は右肩下がりで、55試合目に14%を記録。そこから再び上昇カーブを描いて77試合目に28%となった後、再び急降下して現在の15%に至る。

 1日時点で「146」のwRC+も、三振率と明確にリンクしている。開幕10試合目で「277」をたたき出してから降下し、出場35試合目は「35」。そこから上昇に転じ、出場55試合目は「195」。ここから再降下して77試合目に「38」となった後、現在は「146」まで持ち直した。

 同サイトは「シーズンを通すと2度のスランプがあったが、明らかに2度目の谷は、その深さも期間の長さも1度目より改善されている。これは大リーグにアジャストし直す本来の能力を示しているだけでなく、2度目はより素早く、効果的にアジャストする方法を深く理解しているということだ」とした。

 現在はシーズン3度目の好調期を迎え、直近22試合は打率・296、出塁率・380、2本塁打、8打点。同サイトは「まだシーズンは多くの試合が残っている(31試合)が、最後の9月を現在の調子で終えられれば、来季はオールスター級の活躍が期待できるという自信を持ってオフに臨める」と締めた。(写真はAP)

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e4f031821252079df2f1341bd794f1bde8f167d
鈴木誠也(AP)
https://i.imgur.com/XLmWaLW.jpg

【「アジャストする能力を明らかに発揮している」 カブス・鈴木誠也「来季はオールスター級の活躍が期待できる」と米メディア】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 06:59:12.95 ID:CAP_USER9
8/22(月) 6:39配信 日刊スポーツ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8a8d287d132fbe51121f9563733b224ae250af9

<カブス2-5ブルワーズ>◇21日(日本時間22日)◇リグリーフィールド

 カブス鈴木誠也外野手(28)がブルワーズ戦に「4番右翼」で出場し、10号ソロ本塁打を含むマルチ安打を放った。シーズン2ケタ本塁打をマークしたのは日本人選手で9人目、1年目でマークしたのは8人目となる。

 1-0の4回先頭でナ・リーグ屈指の先発右腕ブランドン・ウッドラフ(29)に対し、カウント2-1からの4球目、96マイル(約155キロ)のシンカーを左中間の塀の上へたたき込んだ。飛距離は122メートル、打球速度は173キロ。

 1回2死無走者でも中前打を放っており、ウッドラフに対してはここまで3打数3安打の打率10割と驚異的な強さをみせている。

 6回の第3打席は四球、ウッドラフが降板した後の9回の第4打席は右翼線へ二塁打を放ち、3打数3安打、1打点、1四球。安打は3試合連続、3安打以上は今季5度目となる。

 チームは4試合連続で1点差の接戦だったが、7回に救援陣が2被弾するなどで逆転負けし、連勝は5でストップした。

【カブス・鈴木誠也が10号ソロ、日本人9人目2桁本塁打 3打数3安打1打点1四球 チームは逆転負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/16(火) 12:50:39.54 ID:CAP_USER9
8/16(火) 12:40配信 ベースボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/a13d1cabef811f01d992a7a3f556deac4f6e61ad

○ ナショナルズ 5 - 4 カブス ●
<現地時間8月15日 ナショナルズ・パーク>

 カブスの鈴木誠也外野手(27)が15日(日本時間16日)、敵地でのナショナルズ戦に「4番・右翼」で先発出場。4打数2安打1打点で5試合ぶりのマルチ安打をマークしたが、チームは接戦を落とした。

 初回、二死から3番・ハップの右越えソロで先制したあと、三塁への内野安打で出塁。三遊間へのゴロを三塁手に好捕されたが、俊足を飛ばし3試合ぶりの安打をマークした。続くレイエスの右越え適時三塁打で2点目の生還。得点は2試合ぶりとなった。

 その後の2打席は連続三振に倒れたが、1ビハインドで迎えた7回の第4打席は、二死一、二塁の好機で遊撃手のグラブを弾く中前適時打。これが同点打となり、3試合ぶりの打点を記録した。

 しかしカブスは、8回に決勝点を失い2連敗。鈴木は4打数2安打1打点、1得点2三振の結果で打率は.244、OPSは.728となった。

【カブス・鈴木誠也、中前適時打含む2安打1打点 5戦ぶりマルチ安打もナショナルズに惜敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 12:08:03.62 ID:CAP_USER9
カブス鈴木誠也「4番右翼」で5打数無安打 チームは逆転3連勝

<レッズ2-7カブス>
◇13日(日本時間14日)
◇グレートアメリカンボールパーク

カブス鈴木誠也外野手(27)は「4番右翼」でスタメン出場し、
5打数無安打に終わった。

打撃内容は、遊ゴロ、遊失、三ゴロ併殺、空振り三振、左飛。

打率は2割4分5厘。

カブスは中盤に逆転し、3連勝を飾った。
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202208140000350.html

【カブス・鈴木誠也「4番右翼」で5打数無安打 打率.245 チームは逆転3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/12(金) 12:10:17.49 ID:CAP_USER9
2022年08月12日 11:44 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/12/kiji/20220812s00001007233000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/12/jpeg/20220812s00001007198000p_view.jpg

 【フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム(ナ・リーグ) カブス4―2レッズ ( 2022年8月11日 アイオワ州ダイアーズビル )】 1989年公開の映画「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地となったアイオワ州ダイアーズビル(イリノイ州シカゴの西200キロ)で11日(日本時間12日)、フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム第2弾としてレッズ対カブス戦が行われ、カブスの鈴木誠也外野手(27)は「4番・右翼」で、日本人選手として同ゲームに初出場。先制の適時二塁打を放つなど3打数1安打2四球と活躍。カ軍は4―2で勝利した。

 トウモロコシ畑に囲まれたフィールド・オブ・ドリームス・スタジアムに、鈴木のバットが奏でた快音が響き渡った。初回2死一塁の第1打席でレ軍の先発左腕ロドロから先制の左中間への適時二塁打。同ゲーム日本人選手初安打で、鈴木にとっては2試合ぶりの安打となった。3回1死二塁の第2打席は四球、5回1死の第3打席も四球で出塁。右腕クーネルと対戦した7回1死の第4打席は遊ゴロ、右腕ストリックランドと対戦した9回1死一、二塁の第5打席は空振り三振だった。これで通算打撃成績は72試合で256打数64安打で打率・250、9本塁打、34打点となった。

 開催地の人口4400人のダイアーズビルは同映画のロケ地として観光地にもなっているが、映画を象徴するトウモロコシ畑の隣に8000人収容の仮設スタンドのある球場をつくり、昨年初めて大リーグの試合(ホワイトソックス対ヤンキース戦)を実施。大リーグの試合を行うために建設された球場は、両翼335フィート(約102・1メートル)、中堅400フィート(121・9メートル)の広さで、昨年はサヨナラ弾を含む8本もの本塁打がトウモロコシ畑の中に飛び込み、今年は第2弾として開催された

【カブス・鈴木誠也〝フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム〟で日本人選手初安打!トウモロコシ畑の中で決勝適時二塁打 勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/12(金) 08:50:26.98 ID:F8hdPgCb0
ボットーと肩を並べる
https://i.imgur.com/nIjtWlb.jpg

【鈴木誠也さん、カブスの顔になってしまう】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/12(金) 07:21:09.66 ID:CAP_USER9
8/12(金) 5:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/71ebbb011a33e031aa7a541594ccc4416f11f77c

 米大リーグ レッズ―カブス(11日・米アイオワ州ダイアーズビル)

 カブスの鈴木誠也外野手が11日(日本時間12日午前8時15分)、野球映画「フィールド・オブ・ドリームス」(1989年)のロケ地である米アイオワ州ダイアーズビルでのレッズ戦に「4番・右翼」で先発出場する。

 当地での試合開催は昨年、ホワイトソックスーヤンキース戦でスタート。映画の一場面さながらに外野のトウモロコシ畑から入場、また両軍選手は20世紀初頭のチームのデザインを模したユニホームでプレーする。

 このイベントに日本人選手では鈴木が初めて参加。10日のナショナルズ戦ではノーヒットに終わったが、9日の同カードでは7月26日パイレーツ戦以来、11試合ぶりの9号アーチをマーク。打球は初速104マイル(約167キロ)、387フィート(約118メートル)、打球角度は30度で左翼席に突き刺さり、本拠リグレー・フィールドに集まった地元ファンを喜ばせた。

 もし、10号となれば日本人選手では大谷翔平以来9人目。右打者では新庄剛志、井口資仁、城島健司に次いで4人目となる。外野フェンスの向こうはトウモロコシ畑となっているが、そこに記念の一発を期待したい。

【カブス・鈴木誠也が「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地でのレッズ戦に4番・右翼で出場】の続きを読む

このページのトップヘ