SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

鈴木誠也

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 21:21:03.35 ID:CAP_USER9
3/16(水) 21:13配信
東スポWeb

マエケン(左)、大谷翔平との対戦の可能性もある(東スポWeb)

 シカゴ・カブスと5年契約で基本合意した鈴木誠也外野手(27)。かつてカブスに在籍した日本人選手といえば、福留孝介(現中日)、田口壮、藤川球児、高橋尚成、和田毅(現ソフトバンク)、川崎宗則、上原浩治、ダルビッシュ有(現パドレス)らがいた。

 今後は他の現役日本人メジャーリーガーたちとの対戦も楽しみなところだが、広島の先輩・前田健太が所属しているツインズはリーグは違うものの、カブスと同じ中地区で、インターリーグで対決する可能性がある。

 大谷翔平のエンゼルスとはレギュラーシーズンでの対戦はないが、オープン戦では3月24日、4月2日(いずれも現地時間)で対戦する予定となっている。ダルビッシュ有のパドレスとは、3月19日と3月26日(いずれも現地時間)に対戦する予定だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04066148-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/db17cf52a99ceea89cfd51ec063c7eede74aaf9f

【「鈴木誠也VSマエケン」「鈴木誠也VS大谷翔平」オープン戦で実現か!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/19(土) 07:38:59.72 ID:CAP_USER9
3/19(土) 6:24配信 Full-Count
https://news.yahoo.co.jp/articles/1af597a47287214c9340a02848926a7cf3ba23d6

 カブスと5年契約を結んだ鈴木誠也外野手は18日(日本時間19日)、アリゾナ州メサの球団施設で入団会見を行った。米複数メディアによると、5年8500万ドル(約101億2000万円)の大型契約で、日本人野手のメジャー移籍時の契約としては史上最高額。約31分間の入団会見では、英語で自己紹介。背番号27を選んだ理由を問われ、「マイク・トラウト。アイ・ラブ・ユー」と回答。会見場に集まった日米メディア約50人を爆笑させた。

――自己紹介。
「ハロー、マイ・ネーム・イズ・セイヤ・スズキ、ナイス・トゥ・ミー・チュー。英語はこれぐらいしかまだ分からないので、しっかり勉強したいなと思います。ここに来るまでたくさんの人にサポートしてもらい、(マネジャーの)澤井さんをはじめ、僕のことをずっとサポートしてくださった方に感謝しています。ここに来るにあたり、代理人のジョエル、ダイさん、本当に日々たくさん電話をして。本当に感謝していますし、チームが決まったことをみんなで喜べています。たくさんの人に評価していただいて、ここに来られたことに嬉しく思っています。皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います」

――なぜカブスを選んだか。
「素晴らしいチームですし、たくさん評価をしていただいて、その熱意に心がやられて。それが一番の決め手でした」

――カブスの交渉の何が良かったか。
「いや、もう全て。全てが良すぎて。家で見て涙するぐらい。本当に素晴らしいものだったので、心臓がバクバクしました」

――ロックアウト前後でどのようなプロセスだったか。
「ロックアウトに入る前はたくさんの球団の方にいろいろなお話をいただき、本当にたくさん評価をしていただいて。ロックアウトになって交渉がなくなり、もう何も連絡がない状態だったので、自分のやれることをしっかりやって。僕自身はここに来る意思は強かったので、とにかく万全な状態で準備をしようと待ってました」

――日本人メジャーリーガーと話す機会はあったか。
「ダルビッシュさんとか筒香さんとか秋山さんですかね。話を聞いて、街並みだったり、アメリカの生活。どういう生活をしているか聞いてみて、色々と本当に参考になった部分もたくさんありました。ただ、自分がここに来て感じるものもたくさんあると思うので、ここからしっかり馴染んで頑張りたいなと思います」

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【鈴木誠也の爆笑カブス入団会見 背番号27は「マイク・トラウト、アイ・ラブ・ユー」 一問一答】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/18(金) 16:02:09.35 ID:CAP_USER9
 カブスとの契約に基本合意した鈴木誠也外野手が、新天地で背番号27を背負うことが決定的となった。
17日(日本時間18日)に、背番号27で春季キャンプに招待選手として参加していたディクソン・マチャド内野手が、背番号を鈴木に譲ったことを明かした。

 「27」は鈴木が以前からあこがれの存在として名前を挙げているエンゼルスのマイク・トラウト外野手が付けている番号。

 合意報道から一夜明け、新天地では受け入れ態勢が着々と進み始めた。鈴木が希望する背番号として公言していた「27」。
前日までこの番号を背負っていた招待選手のマチャドが、この日から「36」に変更。
マチャドは「昨日まで27だったけど、今日から36に変わったんだ。日本のプレーヤー、スズキっていうのがうちに来るんだろ。僕は(変更は)全く構わないよ」と背番号の変更を快く受け入れた。

 正右翼手での起用が期待される鈴木に対して、ゴールドグラブ5度の実績を誇るベテランはコンバートを受け入れた。
昨季まで正右翼手としてプレーしたヘイワードは「今季を迎えるにあたり、その(右翼から中堅に回る)準備をしてきた。チームが誰を獲得するかはわからなかったが、実際に右翼手を獲得した。自分は過去に右翼から中堅に回った経験もあるし、それが役立つことになるね」と鈴木の加入を笑顔で歓迎した。

 この日は練習の合間に移動する選手やコーチらが、「スズキは今日ここに合流するのか?」と報道陣に逆取材する場面も。チーム全体が、日本の大物ルーキーの合流を今か今かと待ちわびている。(穐村賢=メサ)

https://hochi.news/articles/20220318-OHT1T51124.html
2022年3月18日 スポーツ報知

【カブス・鈴木誠也の背番号はトラウトと同じ『27』 マチャド内野手が譲る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 00:52:30.12 ID:CAP_USER9
老舗球団を束ねる大富豪オーナーの熱意が、広島からポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手(27)のハートを射止めた。複数の米メディアは16日、ナ・リーグ西地区のカブスが鈴木と5年8500万ドル(約97億8000万円)で契約合意したと報じた。

争奪戦はパドレスのリードが伝えられたが、オーナー兼会長を務めるトーマス・リケッツ氏(55)が14日夜、最終交渉の切り札として直接出馬。ジェド・ホイヤーGM(48)ら球団幹部とともに、初対面の席で獲得熱意を伝えた。契約交渉は通常、チーム編成に携わるGMクラスに委ねられており、球団オーナーが直接選手と会うのは異例だ。鈴木獲得の立役者となった名門リケッツ一家とは?

リケッツ家はシカゴを代表する有名資産家一族で、2009年に約9億ドル(約1040億円)でカブスを買収した。トーマス氏を筆頭に4兄妹で同球団のオーナーを務める。球団愛が深く、2015年にはジョー・マドン監督(68=現エンゼルス監督)を招聘(しょうへい)。翌2016年には108年ぶりにワールドシリーズを制した。

同氏はシカゴで投資銀行などを経営し、経済誌フォーブスによれば一族の総資産は47億ドル(約5410億円)。最近はサッカープレミアリーグのチェルシー買収に動くと報じられている。4兄妹の父ジョー氏は米ネット証券TDアメリトレードの創立者。兄ピート氏は14年からネブラスカ州知事を務める。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c76e97654ef724a71b22d92cd47474dfc1716148

【鈴木誠也射止めたカブスの大富豪オーナー・リケッツ氏とは? 最終交渉で異例の直接出馬】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 21:29:48.25 ID:CAP_USER9
【ロサンゼルス15日(日本時間16日)=山田結軌】広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指している鈴木誠也外野手(27)がカブスと5年総額8500万ドル(約100億4900万円)で基本合意したことが分かった。日本野手のメジャー入団時の契約としては史上最高額。近日中に正式契約のためアリゾナ州に移動し、入団会見を行う。日本最高の外野手がついにメジャーの舞台に立つ。

鈴木誠の新天地が、カブスに決まった。パドレスが最有力とみられていたが、最終的にカブスの熱意が上回ったとみられる。14日(同15日)にはキャンプ初日の練習を終え、アリゾナからカブスのホイヤー球団社長とロス監督らが航空機で鈴木誠の滞在するロサンゼルスへ。数時間の話し合いを持ち、熱心に獲得の意思を伝えていた。鈴木誠は代理人を務めるジョエル・ウルフ氏(51)らと条件面、環境面などを精査し、カブス移籍を決断した。

契約内容は5年総額で8500万ドル(約100億円)程度となる見込みで、日本野手のメジャー入団時の契約としては史上最高額。日本野手1年目の過去最高は2008年に中日から海外FAでカブスに移籍した福留孝介外野手(現中日)の4年4800万ドル(約57億円)だった。それだけ、日本の4番への評価の高さを物語る。

米大リーグは10日(同11日)に新労使協定が締結されてロックアウトが解除され、交渉が再開された。鈴木誠は自身のインスタグラムとツイッターを更新して既に渡米していることを明かし、「実はLAに来てました! 練習もしっかりできて、気候も最高でめちゃくちゃ最高でーす」などと投稿していた。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1470cd3fc775e04ebf7205659e73eb4895261308

【鈴木誠也がシカゴ・カブスと基本合意 5年総額約100億円 メジャー入団時の契約では日本野手史上最高額】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 09:03:37.96 ID:CAP_USER9
3/15(火) 8:51
デイリースポーツ

鈴木誠也が“鬼の形相”で否定「決断報道はどれも事実じゃない」

 広島からポスティングシステムを使って米大リーグへの移籍を目指し、交渉している鈴木誠也外野手(27)が14日(日本時間15日)、自身のインスタグラムを更新。怒りの表情の写真とともに英文で「僕が決断したという複数の報道はどれも事実じゃない」と、複数の日米メディアが伝えた「パドレス合意」と思われる報道内容を否定した。

 鈴木誠は後ろかぶりのキャップとTシャツというラフなファッションの一枚を投稿。眉毛をつり上げ、鼻にしわを寄せる鬼の形相で「僕のこの表情が今の気持ちだ」という英文と“泣き笑い”の絵文字も合わせて投稿した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea8d0a00f812c6d0069a5ab057126188119d4b6c

【鈴木誠也が“鬼の形相”で否定「決断報道はどれも事実じゃない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 07:58:56.88 ID:CAP_USER9
広島からポスティング制度でメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手(27)が13日(日本時間14日)、パドレスと基本合意したことが分かった。

昨年11月の申請後、8球団以上の争奪戦となり、鈴木の希望条件を満たしたパ軍が勝利した。

5年契約で総額7000万ドル(約80億5000万円)前後となる見込みで、日本人野手1年目としては最高契約となることが確実となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b87154158239abb61e041579d2b61ca79cbe8f4

【鈴木誠也5年80億円超パドレスと基本合意、日本人野手1年目としては最高契約】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 18:18:22.85 ID:CAP_USER9
3/14(月) 3:00配信 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1fa47a94d9759ea49da9262466475c42e764a7d

【ロサンゼルス12日(日本時間13日)】広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指している鈴木誠也外野手(27)がパドレスの本拠地ペトコ・パーク(サンディエゴ)を訪れ、球団幹部と面談を行ったことが分かった。パドレスは移籍先の最有力候補。新天地の選定は最終局面を迎えた。

太陽光がさんさんと降り注ぐ米カリフォルニア州サンディエゴ。鈴木誠は週末でにぎわう街並みを通り抜け、パドレスの本拠地ペトコ・パークに入った。

そして移籍先の最有力候補、パ軍の球団幹部と面談。昨年11月に行った面談はオンラインだったが、現地を訪れ、顔を合わせて会話したことに大きな意味がある。球場や街を視察したことで、交渉が大詰めとなっていることをうかがわせた。

難航していた大リーグの新労使協定は10日(日本時間11日)に合意し、4月7日(同8日)に162試合制でシーズン開幕を迎えることが決定。フリーエージェントとなった選手の移籍交渉も再開された。

広島で通算182本塁打を放ち、東京五輪で日本代表の4番打者を務めた鈴木誠の人気は高く、契約交渉が凍結されるロックアウトに突入する昨年12月以前、パ軍やカブス、ドジャース、ジャイアンツなど8球団とオンラインで面談に臨んだ。鈴木誠の代理人を務めるワッサーマンのジョエル・ウルフ氏(51)は2月、本紙の取材に「彼にはリサーチや、情報を得る時間がたくさんできました。彼はとても多くを学び、準備万端です」と明かしていた。

鈴木誠は今月10日(同11日)に自身のツイッターとインスタグラムを更新し、ロサンゼルスで練習を続ける様子を投稿した。慌ただしいスケジュールの中で移籍先を熟考し、本命であるパ軍のホームタウンを訪問。11日(同12日)には、パ軍所属でウルフ氏を代理人とするダルビッシュ有投手(35)と初対面を果たしていた。

大リーグでの実績はないが、4年総額6000万ドル(約70億円)規模の大型契約になる可能性がある。パ軍の外野手でメジャー40人枠に入っているのは3人だけで、定位置を狙える状況だ。野球人生の重要な局面を迎えた27歳。ついに決断を下す。

■サンディエゴ・パドレス

1969年の球団拡張時に誕生。ナ・リーグ西地区。84年に初の地区優勝とリーグ優勝を果たした。日本選手は現在、ダルビッシュ有が在籍。過去には大塚晶則、井口資仁、牧田和久も所属した。昨季は79勝83敗、勝率.488で地区3位。リーグ優勝2度、世界一はない。ボブ・メルビン監督。本拠地はペトコ・パーク。

■鈴木 誠也(すずき・せいや)

1994(平成6)年8月18日生まれ、27歳。東京都出身。二松学舎大付高から2013年ドラフト2位で広島入団。16年に29本塁打を放つなどブレークし、25年ぶりのリーグ優勝に貢献。18年までリーグ3連覇を果たした。19年と21年には首位打者と最高出塁率を獲得。ベストナイン6度、ゴールデングラブ賞5度。17年WBC、19年プレミア12、21年東京五輪日本代表。181センチ、98キロ。右投げ右打ち。既婚。昨季年俸3億1000万円。

【鈴木誠也がパドレス球団幹部と面談 交渉大詰め本拠地訪問、新天地決定秒読み】の続きを読む

このページのトップヘ