SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

錦織圭

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 17:54:29.14 ID:DCcvNIqw9
>>6/13(木) 17:30配信
tennis365.net

日本テニス協会は13日、男子の錦織圭と女子の大坂なおみが7月27日に開幕するパリオリンピック(フランス/パリ、レッドクレー)の出場圏内に入っていることを発表した。

日本テニス協会は12日深夜に国際テニス連盟(ITF)から錦織と大坂がパリオリンピックの出場圏内に入っている通知を受けた。

錦織はプロテクトランキング(負傷などで長期離脱した選手の救済措置)48位を採用してのもので、大坂はITF枠(グランドスラム優勝者)として出場権を獲得した。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/24501b1820ad6c7c27ce4b457c3eb60a67ea3ad4

【錦織圭と大坂なおみ パリ五輪出場権獲得、出場すれば錦織は5大会連続 大坂は2大会連続】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 23:34:03.57 ID:d6P6WPpB9
パリ五輪テニス日本代表の高田充監督(54)は1日、全仏オープン会場のパリのローランギャロスで取材に応じ、男子の錦織圭(34=ユニクロ)と女子の大坂なおみ(26=フリー)の五輪シングルスの出場権獲得が有力であるとの見解を示した。

出場権は10日付世界ランキングを基に与えられる。同監督は「プロテクト(負傷や出産をした選手に適用される特別ランキング)が使える錦織と大坂はまず入る」と語った。両選手は五輪に意欲を示しており、錦織は5大会連続、大坂は2大会連続の出場が懸かる。女子ダブルスの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組も「可能性が高い」とした。

全仏のシングルス2回戦では錦織が右肩痛で途中棄権した。同監督は「厳しい状態の中でも勝負強さは見えた。体が資本なので、それが大きな課題」と指摘。2連覇中のイガ・シフィオンテク(ポーランド)に惜敗した大坂には「クレーコートでのこれだけのプレーは(出産から)復帰する前でもなかった。上達している」と評価した。
https://www.nikkansports.com/sports/news/202406020001379.html

【【テニス】錦織圭と大坂なおみ、パリ五輪シングルスの出場権獲得有力】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/31(金) 08:13:06.50 ID:kRjAxGHS9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/31/kiji/20240531s00028000161000c.html
[ 2024年5月31日 03:56 ]

テニス全仏オープン第5日 ( 2024年5月30日 パリ・ローランギャロス )

男子シングルス2回戦で世界ランキング350位の錦織圭(34=ユニクロ)は世界15位のベン・シェルトン(21=アメリカ)と対戦し、6―7、4―6となった第2セット終了後に棄権した。
 3月のマイアミ・オープンで負傷し、試合前から違和感を覚えていた右肩痛が再発。試合後の会見で「2セット目の中盤ぐらいから痛みが出た。2―0ならやっていたが、0―2で3セット取らないといけないと考えた時に、さらに悪くしてしまうという判断で止めました。大きな離脱にならないことを願うのみです」と語った。

 29日午前に試合が始まり、5―5の第10ゲーム終了後に雨で中断。約30時間の中断を挟み、30日午後に再開した二日がかりの長期戦は途中棄権という形で幕を閉じた。

 第1セットは互いに全てのサービスゲームをキープし、タイブレークに突入。錦織は5―2とリードしながら逆転で落とした。第2セットは第1、3ゲームでブレークを許して追う展開。第8ゲームで初めてブレークに成功したが、及ばなかった。第2セット終了後に、雨のため、この試合2度目の中断。そのタイミングで棄権を決断した錦織は「休みでアドレナリンが切れて痛みが出始めた」と振り返った。

 パワーに技術で対抗し、収穫も得た。この試合の最速サーブは錦織の172キロに対し、相手は227キロ。第1サーブの平均速度は50キロ近い差があった。錦織は9本のサービスエースを浴びながらも、5本以上のラリーに持ち込んだ得点では26―18と大きくリード。正確なストローク、駆け引きのうまさは健在だった。

 今大会が3月のマイアミオープン以来の復帰戦。肩に違和感が残っていたため、出場を決めたのは開幕3日前だった。4大大会出場は21年全米オープン以来3季ぶり。26日の1回戦では5セットにもつれる4時間22分の激闘を制した。代償は大きく全身が激しい筋肉痛に襲われた。1回戦から4日後のこの日も体は重く「このサーブと、この動きでもここまでプレーできたのは唯一のポジティブな点」と語った。

 今後のツアー出場は患部の状態次第だが「なるべく芝もハレからは出たい。2、3日休んでどうなるか」と6月17日開幕のテラ・ウォルトマン・オープン(ドイツ・ハレ)に意欲を見せた。「試合数は前みたいに多くは出られないが、普通の流れで試合に出られるように。まずはそこに戻りたい」。ケガと戦いながら完全復活の道を探っていく。

【全仏OP男子シングルス 錦織は2回戦を途中棄権 右肩痛が再発「大きな離脱にならないことを願う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/11(水) 23:47:06.35 ID:+jnx4pyn9
日刊スポーツ[2023年10月11日17時34分]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202310110000969.html

テニス男子ツアーの木下グループ・ジャパン・オープン(14日開幕、東京・有明テニスの森公園)の大会主催者は11日、錦織圭(33=ユニクロ)の欠場を発表した。錦織は大会主催者を通じて「まだ状態が100%に戻ってない」などのコメントを出した。

以下コメント全文

「残念ながら、今年の木下グループジャパンオープンを欠場する決断をしました。日本のファンの皆さんの前でプレーできないのはとてもつらいですが、まだ状態が100%には戻っておらず、ツアーに戻るためのトレーニングを続けています。今年の大会が素晴らしいものになることを願っています。また自分自身、皆さんの前でプレーできることを楽しみにしているので、待っていてください」

錦織は昨年1月に股関節を手術。今年6月に下部ツアーで試合復帰し、7月にはアトランタ・オープンでツアーに戻ったが、左膝を痛めて戦線離脱。2年ぶりの4大大会出場になるはずだった8月開幕の全米オープンも欠場していた。

【左膝痛め戦線離脱中の錦織圭、14日開幕のジャパンOP欠場「100%戻っておらず」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/02(水) 17:26:41.25 ID:TJhIc13G9
【8月2日 AFP】男子テニスの錦織圭(Kei Nishikori)は1日、左膝の負傷のため、この日予定されていたロイド・ハリス(Lloyd Harris、南アフリカ)とのシティ・オープン(Mubadala Citi DC Open 2023)シングルス1回戦を棄権した。

 元世界ランク4位の錦織は、約20か月振りに実践復帰した6月に、プエルトリコで行われた下部チャレンジャーツアー(ATP Challenger Tour)で優勝を飾ると、2021年以来のATPツアー大会となった先週のアトランタ・オープン(Atlanta Open 2023)では準々決勝まで勝ち上がっていた。

 アトランタ(Atlanta)での大会中にひざの痛みがあったという錦織は、1日の検査の結果「プレーするには十分な状態ではない」と判断したという。

 錦織は「ここではよいプレーをしていたので、とても残念。でも仕方がない。再びプレーをし始めたばかりで、自分の体が多くの試合をこなすほど100パーセントの状態ではないことはわかっているから、上り続けなければならない。大きな大会もあるので、それに向けて準備していく」と述べている。

 来週のナショナルバンク・オープン(National Bank Open 2023)で錦織は、棄権の選手が3人出たことにより、本戦からの出場が決まっている。(c)AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3475377

【錦織が左膝負傷で大会初戦を棄権、シティOP】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/19(月) 06:53:27.57 ID:AbEv1HnV9
6/19(月) 6:52配信
tennis365.net
カリビアン・オープン

錦織圭(画像は2021年)[画像/ゲッティイメージズ]
男子テニスのカリビアン・オープン(プエルトリコ/パルマス・デル・マル、ハード、ATPチャレンジャー)は18日、シングルス決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した元世界ランク4位の錦織圭が予選勝者で世界ランク1118位のM・ゼン(アメリカ)を6-2, 7-5のストレートで破って優勝を果たし、約1年8ヵ月ぶりの復帰大会でタイトルを獲得した。

昨年1月に受けた股関節の手術や度重なる足首の負傷によりツアーを長期離脱した33歳の錦織。今大会は2021年10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以来となる復帰戦となったが、1回戦で世界ランク333位のC・ランモ(アメリカ)、2回戦で第7シードのM・クルーガー(アメリカ)、準々決勝で同254位のA・ウォルトン(オーストラリア)、準決勝で同423位のG・ハイデ(ブラジル)を下して決勝に駒を進めた。

決勝戦、現地時間16時開始と蒸し暑さの残るなかでの試合となったが、錦織は4試合を戦った疲労感を感じさせないプレーを披露。第1セット第1ゲームから深いリターンを放つと、ゼンのバックハンドが大きくアウトしいきなりブレークに成功する幸先の良いスタートを切る。

サービスゲームでは疲労を考慮し、サーブ&ボレーやサービスからの3球目で鋭いショットを放ちポイントに繋げるなど早いタイミングでプレーを終わらせる錦織。それはリターンゲームでも同じで、ゼンのセカンドサービス時には積極的なショットを放ち、第3ゲームでも0-40とチャンスを握るも、ここはゼンに凌がれる。

それでも錦織は第5ゲームで2連続リターンエースを決めるなど再び0-40とチャンスを掴むと、最後はフォアハンドウィナーを放ちブレーク。ゲームカウント4-1と2ブレークアップとする。サービスゲームではファーストサービスが入ったときに87パーセントの高い確率でポイントを獲得し、ブレークポイントを与えることなく第1セットを先取した。

第2セット、主導権を握り続けた錦織はゼンを圧倒。第1ゲーム、バックハンドのダウンザラインでウイナーを決めブレークチャンスを握ると、最後はドロップショットで相手の体勢を崩すと、空いたスペースにボレーを放ちブレークに成功する。しかし、第4ゲームでブレークのピンチを迎えると、最後は錦織のバックハンドがアウトになりこの日初めてのブレークを許す。

徐々に披露の色が見えてきた錦織だったが、それでも第5ゲームでロングラリーを制し2度目のブレークを奪うと、続く第7ゲームでもブレークに成功。その後の第8ゲーム、サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップをラブゲームでブレークを返されると、第10ゲームではチャンピオンシップポイントを握りながらもブレークされ追いつかれる。

それでも錦織は第11ゲームでこのセット4度目のブレークに成功。第12ゲームで訪れた2度目のチャンピオンシップポイントをものにし優勝を飾った。

錦織にとってチャレンジャー大会での優勝は2018年1月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来 約5年5ヵ月ぶり、公式戦でのタイトル獲得は2019年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)以来 約4年5ヵ月ぶりのこととなった。

一方、19歳のゼンは昨年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)のジュニア部門で準優勝を果たした成長株で、今大会が自身初のチャレンジャー大会決勝の舞台だったが、優勝を飾ることはできなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/05b355fcddcb11f3fc7121950cb98ce6da77aa52

【カリビアンOP・決勝 錦織圭、1年8ヵ月ぶり復帰大会で優勝! 度重なる負傷から復活V】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/18(日) 12:47:00.64 ID:zwtAd8049
6/18(日) 12:45配信
tennis365.net
カリビアン・オープン

錦織圭(画像は2021年)[画像/ゲッティイメージズ]
男子テニスのカリビアン・オープン(プエルトリコ/パルマス・デル・マル、ハード、ATPチャレンジャー)は17日、シングルス準決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している元世界ランク4位の錦織圭が世界ランク423位のG・ハイデ(ブラジル)を6-4, 6-2のストレートで破り、約1年8ヵ月ぶりの復帰大会で決勝進出を果たした。


昨年1月に受けた股関節の手術や度重なる足首の負傷によりツアーを長期離脱した33歳の錦織。今大会は2021年10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以来となる大会への出場となったが、1回戦で世界ランク333位のC・ランモ(アメリカ)、2回戦で第7シードのM・クルーガー(アメリカ)、準々決勝で同254位のA・ウォルトン(オーストラリア)を破りベスト4進出を決めた。

準決勝、錦織は188cmの高さから放たれるハイデのサービスに苦戦しチャンスを作れずにいたが、第4ゲームでは2度もブレークチャンスを創出。しかし、ハイデのサービスに押し込まれブレークできず。それでも、自身のサービスゲームではハイデのボディ側にサービスを集め序盤はチャンスを作らせず中盤へ。

第6ゲーム、錦織は2ポイントを連取し0-30と先行するとハイデのダブルフォルトもありブレークポイントを握る。それでもサービスを中心に粘りを見せるハイデに対しチャンスをいかせない錦織は第7ゲームでハイデのバックハンドショットに押されブレークポイントを初めて握られる。しかし、錦織はここでバックハンドのダウンザラインを放ちピンチを凌ぐとサービスゲームをキープする。

ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム、錦織はこの試合4度目のブレークポイントとなるセットポイントを掴むとハイデが痛恨のダブルフォルトを犯し、セットを獲得した。ハイデはダブルフォルトの瞬間ラケットを叩きつけ怒りを露わにした。ハイデには主審から警告が与えられている。

第2セット、主導権を握りたい錦織は互いがサービスゲームをキープして迎えた第6ゲームでブレークチャンスを握ると、最後はハイデのドロップショットに対応した錦織がフォアハンドウィナーを決めブレークに成功してゲームカウント4-2とリードを奪う。その後もハイデに挽回を許さなかった錦織は1時間27分で快勝した。

試合終了は現地時間23時45分を回っての決着となった。

錦織は2019年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)以来となるタイトルをかけて、決勝で予選を勝ち上がった同1118位のM・ゼン(アメリカ)と対戦する。ゼンは準決勝で世界ランク256位のB・ジュカエフ(カザフスタン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

また、チャレンジャー大会に限れば、2018年1月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来となる約5年5ヵ月ぶりの優勝にあと一歩まで迫った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b00c9e34e75226e30ed5b8b31904f4a96d65a2c5

【カリビアンOP・準決勝 錦織圭 1年8ヵ月ぶり復帰大会で決勝進出、深夜の快勝劇でV王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/17(土) 11:58:08.26 ID:rCucS1BO9
6/17(土) 11:56配信
Tennis Classic
錦織圭、復帰大会でベスト4入りを果たす

現地6月16日、元世界ランク4位の錦織圭(ユニクロ)は、1年8ヵ月ぶりの実戦となったチャレンジャー大会「カリビアン・オープン」(プエルトリコ・パルマスデルマール)準々決勝でアダム・ウォルトン(オーストラリア/世界ランク249位)と対戦。6-4、6-2のストレートで勝利し、復帰大会でベスト4入りを果たした。

33歳の錦織は、左股関節そして右足首の負傷によりツアーを離脱しており、今大会は2021年10月以来の実戦となった。

今大会の初戦では、世界ランク333位のクリスチャン・ランモ(アメリカ)に対して、久しぶりの実戦とは思えないほどのフットワーク、幅の広いプレーを見せて6-2、6-4で快勝。2回戦では、世界ランク258位のミッチェル・クルーガー(アメリカ)と対戦し、スロースタートで第1セットを失ったものの、試合が進むにつれてギアを上げて、4-6、6-3、6-2の逆転勝利を収めた。

続く準々決勝は、復帰後初めて空き日がなく、連日の試合に。それでも錦織は疲れを感じさせなかった。

試合序盤から長いラリー戦が展開される。錦織はサービスゲームでプレッシャーのかかる場面を迎えても落ち着いてキープすると、第4ゲームでこの試合で初めてのチャンスでブレークに成功。先にリードを奪った。

これで勢いが出た錦織は、ストロークに力強さ、正確が増していく。5-3のサービング・フォー・ザ・セットでは、相手の好プレーもあってブレークバックを許したものの、直後の第10ゲームで攻め抜いて再びブレークして6-4でセットを奪取した。

第2セットも、足首の負傷で集中力を欠いたウォルトンに対して、順調にポイントを重ねてピンチを迎えることなくサービスゲームをキープ。2-2から2度のブレークを含む4ゲーム連取で6‐2と快勝でベスト4入りを果たした。試合時間は1時間23分だった。

準決勝では、予選から勝ち上がっている世界ランク345位のグスタボ・ハイデ(ブラジル)と対戦する。

Tennis Classic 編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e953042b5c83d94f093c96666e3cfebeb6319bb

【カリビアンOP・準々決勝 錦織圭、復帰3戦目は快勝でベスト4! 連日の試合に疲れ感じさせず】の続きを読む

このページのトップヘ