SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

長友佑都

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 19:36:11.71 ID:CAP_USER9
森保ジャパンでDF長友佑都(35=FC東京)のコンバート案が浮上してきた。

 長友は今季FC東京で主に右サイドバックで起用されており、代表で固定されてきた左サイドでの出場機会は激減している。

 そうした中、9日にオンラインで取材に応じた森保一監督は「長友に関しては今右サイドをやっているだけでなく、マルセイユでもあったと思う。佑都は(長谷川)健太さんが監督していた時に、帰国してすぐは右サイドをやっていた。
(W杯)予選の時も右サイドバックもできると考えていた。結果的に使わなかったが、その選択肢は持っている。今後もその選択肢を持ちながらやっていきたい」とコンバート案があることを明かした。

右サイドバックではDF酒井宏樹(浦和)が右足第5中足骨の手術を受けるなど負傷が目立ってきており、有事の際は経験豊富な長友も起用できるというわけだ。

 さらに森保監督は長友の実力を高く評価しており、場合によってはサイドバック以外もこなせると指摘。コンバートの可能性があるポジションとして「右サイドバックであったり、一つ前のポジションだったりは選択肢として持ちたい」とより攻撃的なポジションでの起用も示唆した。

 ベテランながら獅子奮迅の活躍を続ける長友。今後はカタールW杯に向けて、その起用法にも注目が集まりそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4180544/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/05/0b050909a23c6cf807d218d318d2e921-330x450.jpg

【森保ジャパンで「DF長友佑都コンバート案」浮上 サイドバック以外の選択肢も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 17:38:50.17 ID:CAP_USER9
日本代表の森保一監督(53)が、所属のFC東京で今季スタメン出場がないDF長友佑都(35)のプレーを高く評価し、今後の先発起用に期待を示した。

 日本サッカー協会は16日に、カタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(24日、シドニー)とベトナム戦(29日、埼玉)に臨む森保ジャパンのメンバー27人を発表した。

 会見で指揮官は、絶対的な信頼を寄せてここまで最終予選でスタメン起用を続けている長友に言及。今季はFC東京でスタメン出場がなく、途中から2試合に出場しただけでコンディションに不安も残るが

「長友に関してはリーグ戦で後半から出場しているし、やはりいいプレー、チームとして機能を持たせる、チームを勝たせることができる。自分の役割を全うできることは見させてもらった」とそのプレーぶりを絶賛した。

 その上で「今週の試合も含めていいパフォーマンスを練習から発揮してもらい、試合に先発から出られるように見ていきたい」と今後クラブでの先発出場の機会が増えることに期待を示し、代表でも変わらぬ信頼感を強調した。

 森保監督は選考方針について「同じポジションにいい選手がいたりなどで選べない選手もいる。今回はこれがベスト」と説明しており、長友の招集は現段階でベストの選択肢というわけだ。

 長友はクラブを通じてコメントし「この予選の大一番になります。この2試合で、W杯出場を決められるように全力で戦います。一緒にW杯に行きましょう。応援よろしくお願いします」とヤル気満々。大一番でも先発抜てきとなるのか大きな注目が集まる。

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04065290-tospoweb-000-5-view.jpg?pri=l&w=518&h=640&exp=10800

東スポ 3/16(水) 16:30 https://news.yahoo.co.jp/articles/3ee35a75a133595940c3fbaf5cc6734349220e1a

【「チームを勝たせることができる」日本代表・森保一監督、今季FC東京で先発ゼロの“長友佑都”を高評価!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 14:04:08.01 ID:CAP_USER9
3/16(水) 14:00
スポーツ報知

森保ジャパン 大迫勇也、長友佑都ら27人を招集! 吉田麻也が4か月ぶり復帰、冨安健洋が選外

 日本サッカー協会が16日、カタールW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(24日、)ベトナム戦(29日、埼玉)に向けた日本代表メンバーを発表した。

 1月に右太ももを負傷し、復帰した主将DF吉田麻也(サンプドリア)が昨年11月以来の選出。国内組では今月2日に右足を裂傷したFW大迫勇也(神戸)、DF長友佑都(FC東京)らがメンバー入り。スコットランド1部・セルティックで活躍するFW前田大然、MF旗手怜央らが選ばれた。負傷離脱中のDF冨安健洋(アーセナル)は選外となった。

 新型コロナ禍、ケガの状況など不測の事態に備えるため、ベンチ入りの23人よりも4人多い27人が招集された。オーストラリア戦に勝利すれば7大会連続のW杯出場が決まる。

◆日本代表メンバー

▼GK

川島永嗣(ストラスブール)

権田修一(清水)

シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

谷晃生(湘南)

▼DF

長友佑都(FC東京)

吉田麻也(サンプドリア)

佐々木翔(広島)

酒井宏樹(浦和)

谷口彰悟(川崎)

山根視来(川崎)

植田直通(ニーム)

板倉滉(シャルケ)

中山雄太(ズヴォレ)

▼MF/FW

大迫勇也(神戸)

原口元気(ウニオン・ベルリン)

柴崎岳(レガネス)

遠藤航(シュツットガルト)

伊東純也(ゲンク)

浅野拓磨(ボーフム)

南野拓実(リバプール)

守田英正(サンタクララ)

三笘薫(サンジロワーズ)

前田大然(セルティック)

旗手怜央(セルティック)

上田綺世(鹿島)

田中碧(デュッセルドルフ)

久保建英(マジョルカ)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-03161095-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/618fb5e4fde5c192fd0fee9e5bc4dbe4a05f2b43

【W杯アジア最終予選 <森保ジャパン>大迫勇也、長友佑都ら27人を招集! 吉田麻也が4か月ぶり復帰、冨安健洋が選外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 12:07:31.12 ID:CAP_USER9
広島戦で気になった〝87分のプレー“

写真 
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220312-00106518-sdigestw-000-9-view.jpg?exp=10800

今季のホーム開幕戦、FC東京は広島を2-1で下した。しかし、決して満足できる試合内容ではなかった。アルベル監督が「前半は広島のプレスに苦しんだ」と話したとおり、FC東京の入りは最悪に近かった。マンツーマン気味のマークに上手く対応できず、主導権を握られ、いくつかピンチもあった。

 流れを変えたのは、ひとつのセットプレーだ。60分、途中出場の三田が蹴ったボールを森重が頭で上手く合わせて先制点を奪ったのである。この1分後にはアダイウトンが追加点を決めて、2-0とさらにリードを広げた。ここぞという場面で決めきった点で、この日のFC東京は勝負強かった。ただ、勝因はおそらく守備陣にある。

 右サイドバックの渡邊は不安定だったものの、CBの森重、アンカーとCBに対応した木本、左サイドバックの小川、GKのスウォビィクは落ち着いて対応。また、後半から右サイドバックに入った長友の守備もそこまで問題なかった。川崎との開幕戦で好ゲームを演じ、3節のC大阪戦で完封勝利を収められたのも守備ブロックの奮闘があってこそ。〝ボールを愛するサッカー“を体現できなくても勝点を拾えている一因は間違いなく彼らの頑張りにあるのだ。
 
 ただ、その守備陣で気になるのは長友の起用法。ルヴァンカップも含めた今季の公式戦4試合で、ここまで先発出場ゼロと、現役日本代表にとっては寂しい現状になっている。代表戦の関係でキャンプ合流が遅れた影響もあるだろうが、それでもスタメンを張れてないのは紛れもない事実だ。

 またプレーの内容を見ても、攻撃面についてはどこかパッとしない。例えば広島戦での87分のプレー。カウンターを仕掛けた場面で、D・オリヴェイラからパスを受けた長友はそこでややもたついたせいか、苦し紛れのクロスを送っているように見えた。

 正直、今の長友はトップコンディションにない。アルベル監督は足もとの技術がある選手を優先的に起用している印象で、ここまで左サイドバックの一番手は小川で揺るぎない。長友が川崎との開幕戦でも右サイドバックで途中出場している点からもそれは分かる。

 要するに、FC東京での長友は現時点でサイドバックのバックアッパーという立ち位置。それでも、ワールドカップ最終予選を戦う日本代表に招集されるのか。

 アウェーのオーストラリア戦(3月24日)をはなから守備的に戦うなら長友の招集・起用は頷けるが、勝点3を狙うなら長友は適任なのか。そもそも招集すべきなのか。ここまでの選考からしてメンバー外になる可能性は低いが、それでもあえて……。森保監督の決断に注目したい。

サッカーダイジェスト 3/12(土) 22:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b785ffa01fa49ffbaee8dd16aa4aec472c78f44

【FC東京DF長友佑都、公式戦4試合で先発ゼロ...それでも日本代表招集されるのか?正直..トップコンディションにない。】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 19:47:25.64 ID:CAP_USER9
 サッカー日本代表の森保一監督(53)が1日、オンラインで取材に応じ、J1開幕戦の川崎戦(2月18日・等々力)で途中出場だったFC東京の日本代表DF長友佑都(35)について改めて全幅の信頼を寄せた。

 「彼のモチベーションに火がつくんじゃないか。さらにモチベーションが上がって、『やってやろう』という気持ちが強くなって、練習で試合以上に自分が出るために集中してアピールするようなハードワークをしていると思う」

 長友は日本代表の国内組合宿、W杯アジア最終予選2試合に加え、5日間の隔離期間の影響でチーム合流が大幅に遅れ、開幕スタメンを勝ち取れなかった。

 森保監督は「彼にとっては厳しい状況が生まれることが分かりながらも日本のために戦ってくれて、ありがたいなという感謝の気持ちでいる」と指摘。その上で、長友の欧州での経験、心身のタフさ、強者のメンタリティーに敬意を示した。

 「欧州にいる時は、ずっとこういう状況だったと思う。日本に戻ってきて、また長距離移動で時差があり、気候も違うような中で『コンディションがダメだ』と1試合外されたりしながら、またポジションを取り返して…。インテルやマルセイユといった世界のトップトップのクラブで(いまと)同じようなことをやってきた」と35歳のベテランの偉大さを強調していた。

中日スポーツ 3/1(火) 13:37
https://news.yahoo.co.jp/articles/6644c761fcdc859a9ddf827362531bab1b53dea8

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-00000024-chuspo-000-2-view.jpg?exp=10800

【日本代表・森保監督 J1開幕スタメン逃した長友佑都に全幅の信頼!「モチベーションに火がつくんじゃないか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/02(水) 00:46:20.51 ID:CAP_USER9
「今日ダメならもう代表はダメだと思った」長友佑都が「20代の頃のように」原点回帰の好プレー


「普通だったら逃げてますよ」
最初から何やら様子が違った。元より自他共に認める“気合い系”のDFだが、最近は少し構えて守ることも多かった。
よく言えばベテランの余裕、悪く言えば肉体的な衰えを誤魔化すようなプレー。

だが、この日は違う。まずボールへ向かう。
相手に向かうむき出しの闘争心を漂わせ、攻撃に転じれば猛然と駆け上がる。いつか見た「長友佑都」がそこにいた。


試合前まで厳しい批判を受けてきた。
中国戦では交代出場のDF中山雄太が好プレーを見せたこともあり、テレビの解説者まで左サイドバックの交代を主張するような逆境である。

「普通だったら、代表への想いがなかったら逃げてますよ」と本人は少し冗談めかして振り返ったが、メンタル的に難しい面があったのは間違いない。
だが元より無名選手から叩き上げ、日本代表として十年以上にわたって戦ってきた選手である。折れる男ではなかった。

「たくさんの批判をいただいた。でも、みなさんの批判が僕の心に火をつけてくれた。あらためて批判は自分にとってのガソリンであり、必要なものなんだなと思った。追い込まれれば追い込まれるほど、逆境になればなるほど、力を発揮できるんです」
 

原点に帰らせていただいた

届いていたのも手厳しい批判ばかりではない。「温かく応援して下さった皆さんがいて、温かいメッセージもいただいていた」。
そしてこの日のスタンドも、闘志むき出しの長友を自然と応援する空気感だった。

「(自分への声援は)感じてましたよ。すごく温かい声援と愛をもらったので、今日は絶対に最高のパフォーマンスで恩返ししたいと思っていた」


そして心と体は連動するもの。
「20代だったころのフィジカルでしたし、体も動けました」という言葉はさすがに言い過ぎとしても、ある種のフレッシュさを感じさせたのは事実。
よく言えば慎重、悪く言えば消極的(あるいは迷い気味)だった攻撃参加のためらいも消えて、中途半端なプレーが減ったことで周囲とも連動するようになった。

「日本の左サイドが停滞していると言われていて、その責任はすべて自分にあると思っていた。躍動できないなら自分がいる意味はない。今日ダメならもう代表ではダメだと思っていた。生きるか死ぬかだった」


吉田麻也と冨安健洋が揃って欠場する緊急事態に際し、トレーニングからチームを盛り立て、経験の浅い二人のCBを精神的にサポートする役割もこなしてきた。
ただ、ベテランらしくあろうとすることが、長友から持ち前の躍動感を奪っていた面もあったのかもしれない。その点、この試合は完全に吹っ切っていた。


交代後の立ち居振る舞いも印象深い。
ラフプレーを受けた選手がいれば、即反応して抗議の声をあげ、「ピッチの外でも変わらず同じような指示とみんなをモチベートすることを自然とやっていた」と前に飛び出してコーチングも敢行するなど、ピッチ外でまで“躍動”していたのも“長友らしい”姿だった。

「このチームが好きだし、このチームのためなら何でもできるなと感じた」と語った長友は、「本当に可愛い後輩たちが、いい仕事をしてくれた」とCBコンビの奮闘も称え、「(南野)拓実がよくやってくれたから」と、ついに爆発した左サイドの相棒へも賛辞を贈った。


これで「W杯まで左サイドバックは長友で安泰」なんてことはもちろんないし、この日のパフォーマンスも別に百点満点というわけではあるまい。
ただ、中山との競争の中で代表OBからも批判が飛び出る状況で、そのハートにもう一度火が灯ったのは疑う余地もなく、日本代表の看板にふさわしいプレーだった。

「いろんなことを経験する中で自分の中に慢心もあったのかな」と語った36歳のDFは、「原点に返らせてくれたというのはありますね。魂込めてプレーすること心がけていました」と満面の笑顔を浮かべた。

この最終予選最大の大一番で、日本代表の左の翼が、もう一度羽ばたいた。


https://news.yahoo.co.jp/byline/kawabataakihiko/20220201-00280179

【「今日ダメならもう代表はダメだと思った」“気合い系”DF長友佑都が「20代の頃のように」 原点回帰の好プレー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/01(火) 22:39:15.78 ID:CAP_USER9
日本代表は1日、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦でサウジアラビア代表と対戦し、2-0で勝利した。試合後、長友佑都が勝利を振り返った。

7試合を終えたグループBで2位に位置する日本(勝ち点15)と首位を走るサウジアラビア(勝ち点19)による天王山。日本は序盤からペースを掴むと、32分に伊東純也のクロスから南野拓実が最終予選初ゴールをマークして先制する。さらに1点リードで迎えた50分、ボックス左手前から長友佑都が出したボールから伊東が豪快なシュートをゴール左上隅に突き刺して追加点。2-0で勝利した日本がサウジアラビアとの差を1ポイントに詰めた。

伊東のW杯予選4試合連続弾に絡んだだけでなく、68分の交代まで攻守にわたって気迫のこもったプレーを見せた長友は、中国戦後に自身のプレーに対する批判もあった中での奮闘。いつもよりもスタジアムの声援があったことを問われると、「それは伝わっていました」と語り、「ブーイングされるかと思ったんですが、温かい皆様の声援と愛を貰ったので最高のパフォーマンスで恩返ししたいと思いました」と、サポーターに感謝した。

そして、批判に関しては、「たくさんの批判をいただいたので、皆さんの批判が僕の心に火をつけてくれた。批判は自分にとって必要なものだと感じました。追い込まれるほど、逆境になれば自分自身、力を発揮できる」と自身にとって力になることだと話した一方、「たくさん批判をもらって燃えてしまうので今日だけでいいので称賛が欲しい(笑)。まだまだ自分はできると思うので2倍の称賛、栄養素が欲しい」と、笑顔で話した。

さらに、「今日は生きるか死ぬか。今日できなければ代表にいる意味がないと思いました。魂を込めた戦った、自分自身の魂の声が聞こえた」とサウジアラビア戦にかけていた思いを語った長友は、「W杯くらいのプレッシャーでしたけど、そのくらいのプレッシャーの方がアドレナリンが出て身体が動くと思いましたね。自分がダメな時は批判をしてほしいですし、厳しい意見も必要だと思います。暖かいメッセージをくれた皆さんだけでなく、批判で僕の魂に火をつけてくれた皆さんにも本当に感謝したい」と改めて、ファンやサポーターへの感謝を強調していた。

中国戦後には「皆さん、良い時も含めて長友佑都という存在が分かっていると思うので、その中でちょっとでもそのプレーができないと批判されるのは当然だろうと思う」と語っていた長友。まさに批判を跳ねのけるような獅子奮迅のパフォーマンスで健在ぶりを示してみせた。

Goal 2/1(火) 22:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b71e816a41e6a5b410b099f72bf35887f4138f3

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220201-00010032-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

【攻守に躍動!長友佑都「批判で僕の魂に火をつけてくれた皆さんにも本当に感謝したい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 12:04:04.49 ID:CAP_USER9
1/30(日) 11:57配信
日刊スポーツ

日本対中国 後半、長友(左)と交代する中山(2022年1月27日撮影)

批判は大歓迎-。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選ホームのサウジアラビア戦(2月1日、埼玉)を控える日本代表DF長友佑都(35=東京)が30日に取材に応じ、高まる批判を歓迎し「この状況を打開したときには2022倍の称賛をしてもらえたら」と笑顔で語った。

「すべて僕だと受け止めている」。左サイドから効果的な攻撃が少ない現状を率直に受け入れた。「僕が左サイドを制圧できれば、(右サイドのMF伊東)純也みたいに打開できれば、厚みある攻撃ができる。停滞しているのはすべて僕の責任、僕がやらないといけない」と、心境を語った。

中国戦では自身と交代して出場したDF中山雄太(ズウォレ)がアシストを記録しただけに、パフォーマンスへの批判は高まった。それでも「もっと批判されてもいい」と長友。かつてセリエAのインテルといった世界的強豪クラブでプレーしていた際には「世界中から批判がくるような状況だった」。それをはねのけることでタフに成長してきた。「代表を背負っている以上はダメなら批判されて当然。どんどん批判してもらって。この局面を打開したときに、2022倍の称賛をしてもらえたら」と、笑顔で力強く語った。

中山の台頭も「競争がないと人は慢心する。すばらしい状況」と歓迎。「若くていい選手が出てくるのは僕にとってもありがたい。長友はまだまだ成長できるなと思います」と語った。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220130-31300251-nksports-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc0aec363b5f22f5be229148790f5c20e97f0067

【「すべて僕だと受け止めている、打開したとき2022倍の称賛を」長友佑都、批判を歓迎】の続きを読む

このページのトップヘ