SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

長谷部誠

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/12(金) 00:34:00.91 ID:Ut+Ac/DL9
 2023-24シーズンかぎりで現役を引退した元日本代表キャプテン、長谷部誠が9月1日付けでフランクフルトU-21のアシスタントコーチに就任する。現地7月11日、フランクフルトが発表した。


 レギオナルリーガ(ドイツ4部)に所属するフランクフルトU-21はフランクフルトの実質的なセカンドチームで、2024-25シーズンに新体制が発足。31歳のデニス・シュミット新監督(ドイツ国籍)、アルベル・ムスタファ新コーチ(ドイツとコソボの二重国籍)を中心とするコーチングスタッフに長谷部が加わることになる。

 フランクフルトからのリリースは以下の通り。

 アイントラハト・フランクフルトでの公式戦304試合と24,606分のプレー時間を終え、長谷部誠は移転します。しかし、クラブを変えるのではなく、ディフェンスからタッチラインへと移ります。アジア人としてのブンデスリーガ史上最多試合出場(384試合)を記録した長谷部誠はアイントラハトに残り、2024-25シーズンからアルベル・ムスタファと共にデニス・シュミット監督の新しいU-21コーチングチームのアシスタントコーチに就任します。これをもって2018年のDFBポカール優勝者、そして2022年のヨーロッパリーグ優勝者は初めて指導者の役割を引き受けますが、全く新しい領域に足を踏み入れるわけではありません。

 現役時代、日本代表として114試合に出場した彼はすでに指導者としての第一歩を踏み出していました。例えば、2021年末にはDFB(ドイツサッカー連盟)企画の「プレイヤーズ・パスウェイ」に参加し、ユースアカデミー本拠地のリーダーヴァルトで当時のU-15などを指導しました。現在40歳の彼はB+ライセンスを持っています。2018年にアジア年間最優秀選手に選ばれた長谷部誠は、9月1日から職につき、プロ選手としての公式戦700試合弱で培った経験をアイントラハトの最年長育成チームに活かします。


■スポーツ執行役のマルクス・クレッシェ
「誠は現役時代にすでにB+ライセンスを取得し、将来的にはさらなるライセンスの取得を目指しています。U-21コーチングチームでは、経験を積み、専門知識を共有するだけでなく、同僚の指導者のデニス・シュミットやアルベル・ムスタファがクラブに馴染むのをサポートすることもできます。彼は卓越した経験と知識のおかげで、非常に優れた指導者にもなれるためのすべての要素を持っています」

■ユース・アカデミーディレクターのアレクサンダー・リヒター
「誠をユース・アカデミーのコーチとして迎えることができ、とても誇りに思っています。彼はアイントラハト・フランクフルトのユースでコーチングキャリアをスタートさせることに非常に関心を示しました。私たちは彼をこの道で喜んで支え、彼がこの新しい役割でさらに成長できるよう努めます。最初のコンタクトから誠は非常に親しみやすくオープンな姿勢を示しており、私たちの若手選手たちが彼の豊富な経験から最大限に学べる事を確信しています。

■長谷部誠
「もちろん新しい挑戦をとても楽しみにしています。この機会を与えてくれたアイントラハトに非常に感謝しています。また、このクラブで働き続けられることをすごく嬉しく思います。プロサッカー選手として23年間プレーし、その間に多くの経験を積みましたが、指導者の仕事は全く異なります。まずは新しいポジションでできるだけ多くの経験を積み、一歩一歩成長していくことが重要です」

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/84b511eee7a319d8cfcf307ea94f2332ef8f5c3e

【長谷部誠のフランクフルトU-21コーチ就任が決定!元日本代表キャプテンが指導者の道へ「新しい挑戦を楽しみにしています」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/14(金) 23:37:20.12 ID:a//HUkjU9
UEFA EURO2024を放送する『ABEMA』と『WOWOW』の開幕戦実況・解説が決定した。

今回のEUROはドイツで開催。6月15日(土)に開催国ドイツvsスコットランドの開幕戦で欧州の頂点を争う幕が開ける。

『ABEMA』では中継する日本語実況解説付き・全15試合の解説には、元日本代表の槙野智章氏をはじめ、元Jリーガーの林陵平氏や元北朝鮮代表の鄭大世氏などが出演決定。開幕戦は『ABEMA』UEFA EURO 2024スペシャルサポーターに就任した長谷部誠氏がゲスト解説を務める。

また、同じく放送が予定されている『WOWOW』も、開幕戦のゲストが決定。現日本代表GKでシント=トロイデンでプレーする鈴木彩艶がゲスト解説となっている。

■UEFA EURO2024開幕戦
・ABEMA 実況・解説
実況:下田恒幸
解説:林陵平、長谷部誠

・WOWOW 実況・解説
実況:横内洋樹
解説:野口幸司
ゲスト解説:鈴木彩艶

■ABEMA 日本語実況解説付き全15試合・英語解説36試合 概要
・グループステージ(6試合)
「ドイツvsスコットランド」
6月15日(土)4:00~
解説:長谷部誠、林陵平 実況:下田恒幸

「スペインvsクロアチア」
6月16日(日)1:00~
解説:林陵平 実況:下田恒幸

「デンマークvsイングランド」
6月21日(金)1:00~
解説:槙野智章 実況:下田恒幸

「スペインvsイタリア」
6月21日(金)4:00~
解説:林陵平 実況:北川義隆

「オランダvsフランス」
6月22日(土)4:00~
解説:林陵平 実況:下田恒幸

「フランスvsポーランド」
6月26日(水)1:00~
解説:林陵平 実況:下田恒幸

・ラウンド16(2試合)
・準々決勝(4試合)
・準決勝(2試合)
・決勝
7月15日(月)4:00~
解説:長谷部誠、槙野智章 実況:寺川俊平
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4fde01049547e88eba56b95ba405c86831ccbaa
https://i.imgur.com/c1ZUSm5.png
https://i.imgur.com/itO9gBs.jpeg
https://i.imgur.com/1u7HLL2.jpeg

【いよいよEUROが開幕!注目の開幕戦、ドイツvsスコットランド・ゲスト解説にABEMAは長谷部誠&WOWOWは鈴木彩艶】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/14(金) 18:58:48.61 ID:ZRjmBjVs9
ABEMA(アベマ)は14日、全51試合を無料生中継するEURO2024にて、元日本代表の長谷部誠氏がスペシャルサポーターに就任し、開幕戦および決勝の解説を担当することを発表した。

 欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するEUROは原則4年ごとに行われ、今回で通算17回目の開催となる。ドイツで開催される今回のEURO2024は現地時間14日に開幕を迎え、合計24チームが欧州最強の座をかけ、約1カ月間に渡って激戦を繰り広げる。

 今大会の放送については、ABEMAが日本史上初となる全51試合無料生中継を実現。試合毎の名場面をまとめた速報ダイジェスト映像やフルマッチの見逃し映像の全試合無料配信に加え、厳選15試合をABEMAオリジナルの日本語実況・解説付きで中継することが発表されていた。

 そしてこの度、日本代表として歴代7位の通算114キャップを誇り、2023-24シーズン限りで現役生活を終えた長谷部氏がABEMA「UEFA EURO 2024」スペシャルサポーターに就任することに。また、日本時間6月15日の開幕戦「ドイツvsスコットランド」で初解説を務め、7月15日の決勝戦の解説も担当することが決定した。同氏は就任に際して次のようなコメントを発表している。

「この度、ABEMA「UEFA EURO 2024」スペシャルサポーターに就任いたしました長谷部誠です。個人的に今回のユーロはドイツという事で多くの試合をプライベートで現地観戦しようとしていた矢先、数日前にスペシャルサポーターのお話をいただきました。私の第二の故郷ドイツで開催されるユーロをとても楽しみにしています」

「こちらドイツは大会を盛り上げようと至る所でイベントが行われ、雰囲気はとても高まっています!現地ドイツからスタジアムの様子だけでなく、街の盛り上がりなどを日本の皆様にお伝え出来ればと思っております。日本でもABEMAで全51試合無料生中継という事で、日本サッカーに関わる人間として日本でこのトップレベルの試合を見られる事の意義を強く感じます! 日本の皆様と共に世界のトップレベルの戦いを熱く見届けたいと思います!」

 また、ABEMAで中継する日本語実況解説付き・全15試合の解説に、元日本代表の槙野智章氏をはじめ、元Jリーガーの林陵平氏や元北朝鮮代表の鄭大世氏が出演することも併せて発表されている。日本語実況付き・全15試合の詳細は以下の通り。※表記は日本時間

・グループステージ(6試合)
ドイツ vs スコットランド 6月15日(土)4:00~ 解説:長谷部誠、林陵平 実況:下田恒幸
スペイン vs クロアチア 6月16日(日)1:00~ 解説:林陵平 実況:下田恒幸
デンマーク vs イングランド 6月21日(金)1:00~ 解説:槙野智章 実況:下田恒幸
スペイン vs イタリア 6月21日(金)4:00~ 解説:林陵平 実況:北川義隆
オランダ vs フランス」 6月22日(土)4:00~ 解説:林陵平 実況:下田恒幸
フランス vs ポーランド 6月26日(水)1:00~ 解説:林陵平 実況:下田恒幸

・ラウンド16(2試合)
・準々決勝(4試合)
・準決勝(2試合)
・決勝 7月15日(月)4:00~ 解説:長谷部誠、槙野智章 実況:寺川俊平

https://news.yahoo.co.jp/articles/89075319bba7bc1eafa444e19724d8561bfa3f4c

【長谷部誠氏がABEMAのEURO解説に登場!開幕戦&決勝を担当へ「熱く見届けたいと思います」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/24(金) 11:42:19.31 ID:f1Dfo40q9
 今シーズン限りで引退する元日本代表MF長谷部誠(Eフランクフルト=40)が24日、都内で記者会見を行った。

 冒頭、「皆さんこんにちは。非常に懐かしい顔ぶれで、これだけの多くのメディアの方が多くいることを感謝しております」とした上で「僕の22年、23年間のキャリアが終わった今、どう感じているか率直にお話したい」と切り出した。

 自身の現役生活を振り返り「体が今すぐにでもボール蹴りたい。体がうずいている」と意欲も見せたが「後悔はしていない」とした上で「大きな満足とともにキャリアを終えられた」と明かした。「なぜ後悔がないか」という理由については、一つ目に「自分で引退の時期を決められた」ことを明かした。続けて「一人のサッカー選手として客観視しているようにしていて」といい、「たくさん点を取るわけではない」と自己分析した上で「これ以上のキャリアを詰めないのではないか」と考え「自分自身もやり切ったのではないか」ともう一つの理由を明かした。

 また支えてくれた妻でモデルの佐藤ありさへの感謝も口にした。「妻に関してはとても大きな負担をかけた」とし「大好きな仕事を犠牲にさせてしまった」と告白。そして今後は「彼女の夢というか好きなことをサポートできれば」とし「家族との時間を大切にしていきたい」と打ち明けた。 

 また今後の展望については、まず数カ月間休暇を取り、「これからはEフランクフルトで指導者に」と目標を語った。「U-21コーチをメインに色んなカテゴリーを見ながら」とした上で「目指すところはトップチーム」とビジョンを明かした。

 18日には、ドイツ1部リーグは最終節が行われ、長谷部誠は現役最終戦となったライプチヒ戦で終了間際に出場。その時間はわずか3分。ボールに触れる機会もなかったが、ホームの大観衆5万7500人から温かい拍手を送られ、長谷部は「お別れの雰囲気をつくってくれてありがたかった」と感謝していた。

 40歳121日での出場はリーグ史上年長9位、384試合出場は外国人ではポーランド代表FWレバンドフスキと並んで同歴代2位。「誇りに思えるのは最後まで自分のやるべきことをやってきた」と4月の引退表明後も変わらず調整を続けた。「実感がない。明日も練習があるくらいの気分」と振り返ったが、試合後のピッチでは駆け寄ってきた子供2人を抱きしめ、涙を浮かべた。「さすがに感極まった。家族はとても大きな存在だったので…」。22年に及んだプロ生活に区切りをつけ、この時ばかりは父親の顔を見せていた。

 ◇長谷部 誠(はせべ・まこと)1984年(昭59)1月18日生まれ、静岡県藤枝市出身の40歳。藤枝東から02年に浦和に加入。08年以降はドイツに主戦場を移し、08~09年にウォルフスブルクの初優勝に貢献。ニュルンベルクを経て14年からEフランクフルト。06年にデビューした日本代表では国際Aマッチ通算114試合2得点。主将として81試合出場は歴代最多。W杯は10年、14年、18年と3度出場。1メートル80、72キロ。利き足は右。妻はモデルの佐藤ありさ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5881bdf2303090a2ba21426e2e058b10011b3791

【元日本代表主将・長谷部誠 引退会見 「やり切った」現役生活 今後は「Eフランクフルトで指導者に」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 09:48:17.71 ID:VzAgAOi09
ドイツ1部ブンデスリーガは現地時間5月18日に最終節が行われ、今シーズン限りで現役を引退するフランクフルトの元日本代表MF長谷部誠がホームで行われたRBライプツィヒ戦(2-2)で途中出場。本拠地でのラストマッチでファンに別れを告げた。

 この試合でベンチスタートとなった長谷部は、2-2の後半アディショナルタイムに出場。同じく今季限りでの現役引退を表明しているMFセバスティアン・ローデとともにタッチライン際に立つとファンの大歓声に包まれるなかでピッチに立ち、数分後に終了のホイッスルが鳴った。

 40歳の長谷部は2002年に浦和レッズでプロデビューし、08年1月にドイツへ。ヴォルフスブルク、ニュルンベルクを経て、14年6月からフランクフルトでプレー。今季で在籍10シーズン目を迎えたなか、4月17日に今シーズン限りでの引退を発表していた。

 ブンデスリーガでは通算384試合の出場に伸ばし、外国人の選手としては、1位のクラウディオ・ピサーロ(490試合)に次ぎ、ロベルト・レバンドフスキ(FCバルセロナ)と並んで歴代2位タイに。アジア人選手としては歴代1位の出場記録を保持している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b20d96e0b739fb352b0ac8c77dfd6d54dd208a78

【フランクフルトMF長谷部誠、現役ラストマッチで途中出場 ブンデス通算384試合に到達!外国人歴代2位タイに浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 19:53:47.91 ID:gUxFlKGn9
サッカー日本代表元監督のアルベルト・ザッケローニ氏が18日、前日に今季限りでの現役引退を発表した元日本代表主将のMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)についてコメントした。「長谷部は私にとって“完璧なキャプテン”です。SAMURAI BLLUE(日本代表)の挑戦は彼がいなければ達成できなかった。セカンドキャリアでの成功も祈っています」などとねぎらった。

 ザッケローニ氏は2010年に日本代表監督に就任。日本を14年W杯ブラジル大会出場に導き、長谷部は10年W杯南アフリカ大会に続いて代表主将を務めた。

 ザッケローニ氏のコメントは以下の通り。

 ◇  ◇

 長谷部は私にとって“完璧なキャプテン”です。彼の豊かな人間性、優雅な立ち居振る舞い、常に正しい判断力は、まさにリーダーたるもので、30年間にわたる私の監督のキャリアの中でも比類なきものでした。彼と一緒に仕事をすれば、私のメッセージは正確に適切な形で選手たちに伝えられ、チーム内でのコミュニケーションが建設的なものになりました。SAMURAI BLLUE(日本代表)の挑戦は彼がいなければ達成できなかったと断言することができます。誠、あなたの献身的な仕事、そして、私やサッカーに対して与えてくれた全てのことに感謝します。日本での素晴らしい日々が終わる日、内田篤人と共に羽田空港に見送りに来てくれたことを忘れたことはありません。誠、あなたは私の息子のようでもありました。

 イタリアの我が家はいつでもあなたを歓迎します。近いうちにお会いしましょう。セカンドキャリアでの成功も祈っています。

 アルベルト・ザッケローニ

https://news.yahoo.co.jp/articles/33f6b041971a57714325bb06ee47e7099ee59fc8

【「私にとって完璧なキャプテン」ザッケローニ元日本代表監督が今季限りで引退発表のMF長谷部誠をねぎらう】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/17(水) 20:36:03.52 ID:h/6B5IF49
 アイントラハト・フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(40)が17日、今季限りで現役引退すると表明した。ブンデスリーガの同クラブで節目の10季目が終わる今年、決断した。日本時間の午後8時30分から会見を開き、発表した。
 静岡・藤枝東高から02年に浦和レッズ入り。06年にデビューした日本代表では10年のFIFAワールドカップ(W杯)南アフリカ大会からブラジル、ロシアと3大会連続でキャプテンを務めた。主将として出場スタ国際Aマッチ81試合は歴代最多を誇る。
 クラブでは08年にブンデスリーガのウォルフスブルクへ。ニュルンベルクを経て14年にEフランクフルト移籍。ここでも主将を任されるなど信頼され、ボランチやリベロで長く活躍。21-22年には欧州リーグ制覇も成し遂げた。Eフランクフルトでは公式戦300試合超に出場していた。
 代表は18年のW杯ロシア大会を最後に引退。通算113試合目となった決勝トーナメント1回戦ベルギー戦(2-3)にボランチでフル出場した後、インスタグラムで表明していた。
 06年1月の初招集から12年半、うち主将は8年。南ア大会の直前、DF中沢佑二主将の後任として当時の岡田武史監督から指名された。以来3大会連続で左腕にキャプテンマークを巻いた。ロシアでは当時の日本人最多タイとなるW杯11試合目を迎えていた。
 この日は、会見の約3時間前に、唐突に40歳長谷部からの会見告知があり、日本のSNSも騒然としていた。「ついに引退なのかな」「普通なら引退会見かってなるけど長谷部だと延長会見の可能性も高いという」「去年はもう引退かと思ったのに現役続行するっていう記者会見だった長谷部さん、今年はどうなんだい」などの投稿が相次いでいた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6624569f4b5789535cfd36ca952fb6b120b93ad

【長谷部誠が現役引退を表明 W杯3大会連続で日本代表主将のEフランクフルトMFが40歳で決断】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/09(火) 20:19:24.99 ID:Iccu35QT9
フランクフルトに所属する元日本代表の長谷部誠は来季から本格的に指導者の道に進むことになるかもしれない。ドイツ紙『ビルト』によると、クラブはセカンドチームのアシスタントコーチの座を用意するという。

今年1月に40歳の誕生日を迎えた、ブンデスリーガ最年長選手の長谷部。昨シーズンには少なくとも今夏までの現役続行を表明していたベテランは、今年は来季からの去就については報告していない。そんな中、長谷部が来季からフランクフルトのセカンドチームにあたるU-21チームのアシスタントコーチを務める可能性が報じられている。

フランクフルトのセカンドチームは現在レギオナル・リーガ南西部(ドイツ4部相当)に所属。同チームを率いるクリスティアン・グリボ監督は今季限りで退任することが決まっており、『ビルト』によれば、クラブは現時点未定のその後任のアシスタントコーチに長谷部を置くプランを検討しているという。

ドイツサッカー連盟(DFB)の指導者育成プログラムに参加し「B+」ライセンス(アマチュアチームなどの指導資格)を取得した長谷部は、2022年にフランクフルトと2027年までの異例の長期契約を締結。クラブからは現役引退に関しては自ら決める決定権を与えられているが、日本代表の元キャプテンはどのような決断に至るのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a7492d939b5b0ebcfe3ea5de517c292eaeda1405

【40歳・長谷部誠、フランクフルトが用意する現役引退後のポストとは? 現地メディア報道】の続きを読む

このページのトップヘ