SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

長野久義

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/06(月) 09:24:53.66 ID:8vzIjbF59
2023年2月6日 5時10分 スポーツ報知

 広島から5年ぶりに復帰した巨人・長野久義外野手(38)と坂本勇人内野手(34)が5日、今キャンプ初めて打撃練習で同組として“共演”した。

 「サカチョーコンビ」として、黄金期の打線を引っ張ってきた2人。ロングティーでは、両選手の後ろからジャイアンツアカデミー宮崎校の子供たちが見学しており、プロの打撃に「おーっ!」と声を上げていた。坂本はかねて長野の復帰に「すごく懐かしい気持ちもありますし、ロッカーでよく話もしますし、本当に心強い先輩なので。いろんなことを話しながら、1年間を通して刺激し合いながらやっていきたいと思います」と語っていた。

https://hochi.news/articles/20230205-OHT1T51232.html
https://hochi.news/images/2023/02/05/20230205-OHT1I51431-L.jpg

【巨人・長野久義&坂本勇人、打撃練習で同組“共演” 子供たち真後ろで見学し大興奮「おーっ!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/02(木) 23:24:28.02 ID:1zrN3v5o9
2/2(木) 14:00配信

巨人の阿部慎之助ヘッドコーチの発言が物議をかもしている。1月20日に行われた春季キャンプ前のスタッフ会議で、広島から復帰した長野久義(38)にこう伝えたと明かしたのだ。

【豪快!】巨人復帰の長野 六本木の居酒屋で「ビールらっぱ飲み」痛飲写真

「悪いけどベテラン3人は(ベンチに)置けないよ。(2軍に)2人落ちるか、1人も残れないかもしれない。そこは競争して頑張ってくれ」

阿部の言う「ベテラン3人」とは、長野と中島宏之(40)、ソフトバンクから移籍した松田宣浩(39)だ。いずも「右の代打」で役割がかぶる。同じタイプの選手を、3人も1軍に置いておけないという意味だろう。

「3人とも近年の成績が下降傾向にあり、レギュラー獲得は難しいでしょう。長野の最近2年の打率は2割1分台で、ホームランは2~3本です。中島は昨季、打率.242で本塁打1。松田も同様にプロ入り最少の43試合の出場にとどまり、ホームランは1本も打てていません。阿部コーチの発言は非情ともとれますが、彼らの現状を考えれば正直な感想でしょう」(球団関係者)

◆「熱男」に求められる意外な役割

タイプが重複するベテラン3人。ましてや選手としてのピークを過ぎ大活躍が期待できないとなれば、なぜ巨人は長野や松田を獲得したのだろう。

「全権を任されている原辰徳監督は、2人の稀有なキャラクターを評価したのでしょう。長野は『球界イチ』といわれるほどの人格者です。投手や野手の垣根を超えて、食事会を開くこともしばしば。若手の良き相談相手にもなり、ゆくゆくは巨人の指導者として期待されているんです。

松田には、『熱男』と呼ばれる明るいキャラクターでチームを盛り上げてもらいたい。巨人は昨季5年ぶりにBクラスに終わり、暗いムードがベンチに漂っています。常に前向きな松田なら、雰囲気を一新してくれるかもしれません」(同前)

一方で長野と松田の加入は、チームに不協和音を生み出しかねず矛盾もはらんでいる。

「戦力として大きな期待をされていないのにベンチに置いておけば、若手の出場機会を奪うことになります。1軍の出場選手ワクは決まっていますから。ベテランのおかげで、いくら頑張っても1軍に昇格できなければ、2軍で汗を流す若手の不満がたまりかねません。阿部コーチの言う通り、3人はベンチに置いておけないんです。

とはいえ、長野や松田を2軍に落とせば『なぜ獲得したんだ』という批判が起きる可能性がある。フロントへの不満が高まりかねない、矛盾をはらんだ獲得と言わざるをえないでしょう。1軍に置くにしても2軍に落とすにしても、原監督にとって悩ましい選択になると思います」(スポーツ紙担当記者)

実績は十分でも戦力としては期待薄なベテラン3人。彼らの存在感が、巨人で波紋を呼びつつある。

FRIDAYデジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/af3965d53a292688b466e0f7b09e6d2521a432f1

【「3人は置けないよ」…巨人・中島、長野、松田に非情通告「役割かぶるベテラン獲得」の矛盾と不協和音】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 10:38:44.46 ID:XR+3+kto9
日刊スポーツ 11/16(水) 8:44

長野の年度別成績
 広島から無償トレードで巨人に加入した長野久義外野手(37)が15日、古巣での2度目の入団会見に臨んだ。都内ホテルの会見場で4年前まで愛用した「背番号7」も披露。同席した原辰徳監督(64)は人的補償での放出から4年越しの思いを吐露した。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/b45143be31e68b1a6f16e73bc2196fbe34cfaf9b&preview=auto
https://i.imgur.com/ETmrprV.jpg

【長野久義が古巣巨人復帰、背番号「7」 11年首位打者獲得、12年に最多安打/年度別成績】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/07(月) 13:13:43.11 ID:sQosxzB19
デイリー新潮 11/7(月) 11:09

坂本勇人と長野久義
 長野久義(37)の5年ぶりの巨人復帰に、球界は「サカチョーコンビ復活」と興奮ぎみだ。だが、キャンプ地・宮崎の歓楽街からは、2人の仲を疑問視する声が聞こえてくる。2人揃って球界きっての「キャバクラ帝王」。だが、店内では“ライバル”関係で、5年くらい前には支払いをめぐり坂本勇人(33)が長野に“噛みつく”騒ぎも起きていたというのだ。


 ***

キャバクラでは“ライバル”だった二人
 キャンプ中の野球選手の楽しみと言えば、キャバクラ通いである。宮崎をキャンプ地とする巨人選手の遊び場所は市内最大の歓楽街「ニシタチ通り」。コロナ禍前までは、キャバクラ店がひしめく「ダイヤモンドビル」内のVIPルームは巨人関係者で溢れかえっていた。

 そこで“ライバル”として知られていたのが、長野と坂本だった。

「2人ともキャンプ中は競うようにして来店しますが、いつも別行動。一緒に飲んでいる姿を見たことはありません」

 こう語るのは人気店Xの関係者だ。来店頻度は“互角”。だが、金の払いっぷりや女の子たちの人気では長野の“圧勝”だった。

「長野さんほど綺麗にお酒を飲む野球選手を見たことがありません。あの人は自分が楽しむよりも後輩や番記者をもてなすことに一生懸命。みんなをコの字のシートに女の子を挟ませて座らせ、自分は丸椅子に座り全員に目を配って座を盛り上げる。いやらしいお触りは一切しません。酔っ払うと、“お前はいいやつだなぁ”と頭をナデナデするくらいです」(同)

「全部オレにつけといて」
 しかも、自分が連れて来ていない巨人関係者の分も「全部オレにつけて」と惜しげも無く言うのだ。

「一度の来店で数十万円は当たり前。一回の滞在で4~500万円はお金を使っていました」(同)

 一方、真逆の評価を受けていたのが坂本である。

「偉そう、騒ぐ、触る、すべてのNG行為を平然とやってのける史上最悪の客でした」(同)

 坂本がよくつるんでいたのが、ソフトバンクから巨人と渡り、19年に引退後は解説をしている森福允彦氏(36)。

「森福はソフトバンク時代にガラの悪い知人を連れてきて、 “出禁”になった過去がある。それを知りながら、巨人に移籍してきた森福を強引に入店させたのも坂本でした。『オレがいいって言っているんだから大丈夫』と強引に裏口から……。まさにやりたい放題でした」(同)

「何でオレより成績悪いやつに奢られなければいけないんだ」
 18年には坂本が席についたキャバ嬢に噛みつき、球団弁護士の仲介で550万円を被害女性に支払って示談をしていたことも「週刊新潮」の報道で今年8月に明らかになった。


※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/639330e6a2ef510ba2166e3eb2c38f0f85429ee9&preview=auto

【巨人「サカチョー」復活で宮崎のキャバクラ関係者が振り返る、会計で坂本が長野に“噛みついた日”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/02(水) 18:09:24.72 ID:yUnqMLlP9
 広島、巨人両球団は2日、長野久義外野手(37)の巨人への移籍が合意に達したと正式発表した。

 長野はこの日、マツダスタジアムへ訪れ、関係者らへ挨拶した。その後、報道陣への取材ではチームやファンへの思いを問われて、涙を流して感謝。「送別会は受け付けません」と、チームメートへの配慮を忘れない長野らしさ全開の対応となった。

 長野は19年1月、巨人がFAで獲得した丸佳浩の人的補償で広島に移籍。4年間を広島で過ごしたが、5年ぶりとなる古巣への電撃復帰が決まった。

 長野の一問一答は以下。

 -心境は。

 「球団間で話しあっていただいて、僕の将来のことを考えていただいた結果だと思います」

 -野球人生において広島での4年間は

 「そうですね、やっぱり最初の不安というのが、一から人間関係を構築するという、それが一番最初は不安だったんですけど、気がつけば4年間で、倍の信頼できる仲間たちができたのが一番よかったと思います」

 -カープファンも温かく迎えていた、声援をどう感じていた。

 「本当に家族のように迎え入れてくれたので、いいときもわるいときも常に声をかけていただいて、本当にこの4年間で…。本当に、ありがたかったですね」

 -今オーナーと話して、どういう話を。

 「頑張ってくれ、と。とりあえずここの施設も12月いっぱい使っていいという風にいっていただいて、しっかり体を鍛えて、向こうにいくときにびっくりさせてやれと言われました」

 -広島で得たものは。

 「本当に素晴らしい球団関係者の方たち、チームメート、ファンの皆さんに会えたことが一番僕の財産になったと思います」

 -思い出の試合は。

 「思い出の試合ですか、思い出の試合は特にないですね…。いやいや、最初のマツダスタジアムで最初に、、。あれ僕代打で出ましたっけ、初出場?絶対に?全然違ったら恥ずかしいからやめてくださいよ(笑)そうですね、一番最初の試合ですかね、デーゲームの」

 -広島との対戦はイメージできるか

 「楽しみな対戦になりますし、またマツダスタジアムに戻ってこられるようにしっかりと頑張りたいと思います」

 -若手へのメッセージを

 「いい若い選手はいっぱいいるので、このままみんな明るくやってほしいと思いますし。送別会は受け付けていないので。それだけは書いておいてください。また本当にグラウンドで会えることを楽しみにしています」

 -FA権を保有していたが

 「全然考えていなかったです。スポーツ紙も不明と書いていたので、そのままだと思います」

 -来季に向けて

 「カープとジャイアンツと優勝争いできるように頑張りたいと思います。オーナーは「カープ戦、打つなよ」と。お手柔らかにお願いしますと伝えました」

 -カープファンへ

 「カープファンのみなさん、4年間ご声援ありがとございました。由宇にまで応援に来てくださった方もいらっしゃったので…。そうですね…」

 -ひとりひとりのファンの声援が?励みになった?

 「そうですね」(泣いて沈黙)

 「まさか泣くとは思わなかったので、ちょっとごめんなさい(泣く)。よかったカメラいなくて。そうですね、本当にここだったり東京ドームで受けた声援がね、忘れません」

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d36ec7b44360c2164735553dc21278914a5b106

【「送別会は受け付けてません」涙の長野久義、らしさ全開でカープに別れ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/02(水) 14:57:02.47 ID:kgUXhr179
 広島は2日、長野久義外野手(37)が巨人にトレード移籍すると発表した。鈴木清明球団本部長がマツダスタジアムで取材に応じ、「彼は2度もドラフトを拒否し、巨人に入りたくて、巨人を貫いた選手。いつかユニホームを脱ぐことがあるとすれば、やっぱり巨人で脱ぐべきではないかと思っていた」と経緯を説明した。

 巨人とのトレードが成立しなかった場合は、来季も契約する方針だったことを明かした上で「身体的にも技術的にもまだ来年も働けるだろうと思うし、新井監督と同じように元々の環境に戻ることでよみがえるかもしれない。タイミング的には今年が一番いいのではないかということで、巨人にもそういう道がありますかと話し合ってきた」と言及した。

 ◇長野 久義(ちょうの・ひさよし)1984年(昭59)12月6日生まれ、佐賀県出身の37歳。筑陽学園から日大に進み、4年春秋に首位打者。06年の大学・社会人ドラフト4巡目で日本ハムに指名されて入団を拒否。Hondaに進み、ロッテに2位指名された08年ドラフトでも入団せず、09年ドラフト1位で巨人入りした。10年新人王、11年首位打者、12年最多安打。11~13年にベストナイン、ゴールデングラブ賞。19年に巨人にFA移籍した丸の人的補償として広島に移籍。通算1505試合で打率・281、157本塁打、590打点。1メートル80、85キロ。右投げ右打ち。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/169e6a79676bfc35c131c94956dfd13be4810bef

【広島・長野の巨人移籍に球団本部長「巨人でユニホームを脱ぐべきではないかと…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/02(水) 13:36:30.26 ID:H7cfY5rZ9
 巨人が、広島の長野久義外野手(37)をトレードで獲得することが2日、分かった。交換要員は発生しないとみられる。関係者によれば、慣れ親しんだ「GIANTS」のユニホームで残りの現役生活を全うさせたいという両球団の親心が合致し、5年ぶりの電撃復帰という形になったもようだ。

 長野は06年(日本ハム)、08年(ロッテ)と2度のドラフト指名を断り、09年ドラフト1位で念願の巨人入りを果たした。ルーキーイヤーの10年は新人王を獲得し、翌11年に首位打者。12年にはチームメートの坂本と最多安打のタイトルを分け合い、12~14年のリーグ3連覇に主力として貢献した。だが、4年連続V逸に終わった18年オフに、巨人はFAで丸を獲得。その際、28人のプロテクトから外れていた長野が人的補償として広島へ移籍することとなった。

 新天地では主に代打の切り札として活躍し、20年には代打で打率4割4分と驚異的な勝負強さを見せた。また、同年には菅野から本塁打を放ち、プロ野球39人目の12球団制覇弾となった。今年7月16日の巨人戦(東京D)では、先制V弾&満塁弾の2打席連発。巨人としては痛い2被弾となったが、G党も含め総立ちで沸いたスタンドが、長野の人気を物語っていた。

 12月で38歳になるが、手薄になっている右の外野手としての期待はもちろんのこと、球界屈指の人格者としても知られ、ナインの精神的支柱にもなれる。19年に阿部、21年に亀井が引退し、10年前の黄金期を知る現役野手は坂本のみ。伝統球団の重みを一身に背負って戦ってきた大黒柱のサポートも、若い頃から苦楽をともにし、切磋琢磨(せっさたくま)してきた長野だからこそ務まるはずだ。23年シーズンへ再スタートしたばかりの巨人に、頼りになる男が帰ってくる。

 ◆長野 久義(ちょうの・ひさよし)1984年12月6日、佐賀県生まれ。37歳。福岡・筑陽学園高から日大に進み、2度のドラフト指名拒否を経て09年ドラフト1位で巨人入り。13年の第3回WBC日本代表。19年から広島に移籍。1軍通算1505試合で打率2割8分1厘、157本塁打、590打点。180センチ、85キロ。右投右打。今季年俸1億2000万円(推定)。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/b52de82a1257992ce7964fb80c25c3f4f66f6e0d

【広島・長野久義がトレードで巨人に復帰】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 07:55:06.59 ID:CAP_USER9
 「阪神0-1広島」(10日、甲子園球場)

 技術と、パワーの共存があってこその一撃だった。二回の先頭打者として打席へ向かった広島・マクブルーム。

 2-0のバッティングカウントから阪神先発・ガンケルが投じた内角ギリギリへのツーシームに、両の手を折りたたみながら反応する。捉えた瞬間、バットを払うように押し込むと、打球は左翼ポール際、切れることなくスタンドへ吸い込まれていった。

 2号先制弾が、貴重な決勝点となった。本人も「うまく対応できたね」と振り返った。

 前日は7日に受けた頭部死球からの復帰戦となり、2安打、1打点と即結果を残した。そしてこの日の一発。普通に振れば、ファウルになるコースも「甘くきたところをしっかり捉えることができた」と言えるほど、調子はいい。

 前日の試合後は、自身の誕生日ということで長野に誘われて神戸ビーフに舌鼓を打った。「これ以上望めないような誕生日を過ごせたよ」とすっかりチームにも溶け込んでいる。

 ベテランのもり立て、若手の躍動に「一緒にいて楽しい、野球をしていて楽しいチームメート」と言う。彼らとともに、目指すところは一つ。首位奪回の、打の立役者が頂点へ向かってさらにギアを上げていく。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d96244764bae707d44ac771cb0c891a45ad3801

【広島・マクブルーム決勝ソロ2号 長野に誘われた誕生日メシ「これ以上ない」】の続きを読む

このページのトップヘ