SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

開幕

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/29(金) 12:05:28.38 ID:Fe4mky4p9
プロ野球は29日、セ・パ両リーグが2年ぶりに同時に開幕し、各チームが143試合を戦うペナントレースが始まります。開幕戦は6試合すべてナイトゲームで行われます。

【セ・リーグ】
▽巨人×阪神(東京ドーム・18:15)
▽DeNA×広島(横浜・18:30)
▽ヤクルト×中日(神宮・18:00)

【パ・リーグ】
▽オリックス×ソフトバンク(京セラドーム大阪・18:00)
▽ロッテ×日本ハム(ZOZOマリン・18:30)
▽楽天×西武(楽天モバイル・18:00)

==セ・リーグ 開幕カード見どころ==

◇巨人×阪神
就任1年目の岡田彰布監督のもと、38年ぶりの日本一に輝いた阪神は、球団創設90周年の節目の年に2年連続の4位から巻き返しをねらう巨人と東京ドームでの“伝統の一戦”で今シーズンの幕を開けます。

【阪神】
阪神は岡田監督がエースの青柳晃洋投手に開幕戦のマウンドを託しました。
青柳投手は昨シーズン、2軍落ちも経験し8勝にとどまりましたが、オープン戦では3試合に先発し、防御率1.29と安定した成績を残しています。

野手では20歳の前川右京選手が持ち味のバッティングで猛アピールして、開幕戦の先発出場を勝ち取る見込みで、昨シーズンからの上積みも見込まれています。

ただ、チームは日本一に大きく貢献した近本光司選手と大山悠輔選手がコンディション不良でオープン戦終盤に欠場するなど調整が遅れていて、シーズンにどう影響するのか懸念材料もあり、日本一連覇に向けてどのようなスタートを切るのか注目されます。

【巨人】
巨人は阿部慎之介新監督の下、ホームラン頼みでなく、進塁打や1つ先の塁を積極的にねらう走塁といった「緻密な野球」をテーマに掲げています。

若手とベテラン問わず激しいレギュラー争いも求め、ドラフト3位ルーキーの外野手でオープン戦では打率4割をマークした佐々木俊輔選手などが開幕1軍入りを果たしました。

投手陣では2年連続でチームトップの勝ち星を挙げた戸郷翔征投手が開幕投手を務めます。

阿部監督は“伝統の一戦”を「胸を借りるつもり」で臨むと意気込んでいて、日本一のチームを相手に緻密な野球を体現できるのか注目が集まります。

◆DeNA×広島
12球団でもっともリーグ優勝から遠ざかっているDeNAは、26年ぶりのリーグ優勝、日本一を目指し、新井貴浩監督のもと、就任1年目で2位に入った広島と本拠地横浜スタジアムで対戦します。

続きはソースで
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240329/k10014405671000.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240329/K10014405671_2403282344_0328234740_02_03.jpg

【プロ野球 きょう開幕 6試合見どころ【各球団シーズン展望も】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/23(金) 13:48:18.72 ID:Ek32Xt7l9
雰囲気は最高潮だ。

 ついに2024年シーズンのJリーグが開幕へ。2月23日、開幕節のサンフレッチェ広島対浦和レッズが行なわれる。

 第1節の全10試合のなかで一番最初に行なわれるオープニングマッチは、今年開業した『エディオンピースウイング広島』で開催。チームを応援してきたサポーターにとっては、新たなホームスタジアムでの開幕戦は、心が躍るような瞬間だろう。

 駅から会場に向かう道中にも、ファンの高揚感が感じられた。

 電話で「じいちゃん!開幕戦にきてるよ!」と小さな男の子が大きな声で話せば、「大迫が怪我から戻ってきてくれて良かったよ」「スタジアム楽しみだな」といった声も聞こえ、サッカー話に花を咲かせていた。

 会場の外も中も、この日を待ちわびていた多くのファンが埋め尽くし、熱気に満ちている。新シーズンの幕開けを告げる一戦は、このあと14時5分キックオフ予定だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2642cf535a0d4151b1801c95aa83cf638f0a5186

【「じいちゃん!開幕戦にきてるよ!」広島、新スタジアムへの道中で感じたファンの高揚感! 2024年のJリーグがついに開幕へ!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/28(木) 14:56:48.96 ID:itgMKfpY9
■第102回全国高校サッカー選手権が開幕 名古屋・田中主将が宣誓「これから夢舞台が幕を開けます」

第102回全国高校サッカー選手権▽1回戦 早実ー広島国際学院(28日、国立競技場)

 第102回全国高校サッカー選手権が28日、東京・国立競技場で開幕した。

 前年優勝校の岡山学芸館(岡山)を先頭に、各出場校が入場行進を行った。

 選手宣誓は、初出場の名古屋(愛知)の田中響貴(ひびき)主将(3年)が務め、堂々と宣誓を読み上げた。

 「宣誓 私たち代表48校は、今、厳しい地区大会を勝ち抜き、ここ、国立競技場にこれたことに、とても感動しています。

第102回を数える今大会は久しぶりに、みんなの声がスタジアムに戻ってきます。苦しい時やつらいときに、僕たちの背中を押してくれたのは、いつも仲間の声でした。

歓喜の時、僕たちにより一層の喜びをもたらしてくれたのは、支えて下さる多くの方々の声でした。

これから夢舞台が幕を開けます。

スタジアムに響き渡る声が、僕たちにきっと、かけがのない戦いを感じさせてくれるはずです。振り返れば、僕たちの青春は順風満帆とは言えず、思うようにサッカーの出来ない日々の連続でした。

それはまさに、苦難の時でした。

しかし、ここにいる誰もが諦めることなく、今日この日にたどりつくことが出来ました。

苦難は僕たちに忍耐することを教えてくれました。その忍耐は僕たちをより強く、たくましいものへと成長させ、目指すべき目標、希望を与えてくれました。

一人では到底立つことの出来なかったこの夢舞台。

仲間、指導者の方々、家族、そして、この大会に携わる全ての方々に感謝します。そして、最後に、スポーツ、ユナイツ、アス。

スポーツは仲間を一つにします。

スポーツはみんなを笑顔にします。

スポーツは他の誰かの勇気やきっかけになります。

スポーツは世界を平和にします。

僕たちのサッカーが、日本の、そして世界のいちるを照らす希望の光りとなるよう、心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くしてプレーすることをここに誓います」

 開会式の後には、ともに初出場の早実(東京B)と広島国際学院(広島)が対戦する。

12/28(木) 14:44 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ae5780ca4d68dc859605c1601802d2d7c1dfb5e

【第102回全国高校サッカー選手権が開幕 名古屋・田中主将が宣誓「これから夢舞台が幕を開けます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/27(水) 11:49:24.99 ID:YVvPZ5wy9
朝日新聞2023年12月27日 11時22分
https://www.asahi.com/articles/ASRDW3JGQRDTPTQP009.html

 第103回全国高校ラグビー大会が27日、大阪・花園ラグビー場で開幕した。

 新型コロナウイルスの影響で見送られてきた開会式が、4年ぶりに行われた。

 前回優勝した東福岡や春の選抜大会を制した桐蔭学園(神奈川)など、全国51代表の選手たちが一斉にグラウンドを行進。選手宣誓では、秋田工の大沢空(くうあ)主将(3年)が「こうして開会式ができていることに喜びを感じています。最高の103回大会にし、高校ラグビーの歴史をつなぐことをここに誓います」と力を込めた。

 今大会には福井代表の若狭東・敦賀工が、統廃合によるケースを除いて、大会史上初めて合同チームで出場。そのほか、関大北陽(大阪第1)、山梨学院、高川学園(山口)が初出場する。決勝は来年1月7日の予定。

【第103回全国高校ラグビー大会、4年ぶり開会式 初の合同チームなど51代表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/05(木) 21:14:00.46 ID:cSlYwVAr9
10/5(木) 21:09配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a535199071deef76e871970e7d75997b870c709

 10月5日、2023-24シーズンB1リーグ戦の“先出し開幕”となる一戦がSAGAアリーナにて行われ、昨シーズンのB1王者・琉球ゴールデンキングスと、昇格組のB2王者・佐賀バルーナーズが対戦した。

 第1クォーターは、佐賀のレイナルド・ガルシアがミドルジャンパーで今シーズン初得点を挙げスタート。しかし昨季王者の琉球は、先発起用されたカール・タマヨがコーナースリーを決めると、さらに岸本隆一の4点プレー、アレン・ダーラムも長距離砲を沈めるなどリード拡大。最後は佐賀の追い上げにあいながらも、琉球が18-16の2点リードで最初の10分を終えた。

 第2クォーターは、佐賀の帰化選手、ジョシュ・ハレルソンが3ポイントを決めれば、琉球もヴィック・ローがミドルショットを立て続けに決め、NBA経験ある両チームの主力が奮闘。同クォーター中盤まで一進一退の攻防が続くなか、またしても琉球はタマヨがペイント内外でスコアを伸ばし、44-34の11点リードで折り返した。

 ハーフタイム明けの後半、第3クォーターも琉球は立ち上がりから高確率でアウトサイドのシュートを決め、一時20点差までリードを拡大。佐賀は苦しい時間帯で琉球の堅守を突破しきれず、12点ビハインドで最後の10分へ。

 最終第4クォーターは、一転してホームの大声援を背に佐賀が攻勢を強め、残り8分で8点差としたが、琉球は反撃をいなすようにタマヨと松脇圭志が3ポイントを沈めて再び2ケタ点差に。最後はセカンドチャンスからの得点で13-2と大差をつけた琉球が17点差で勝利した。

 琉球はローがチーム最多17得点12リバウンドのダブルダブルを記録し、岸本、松脇、ダーラムも2ケタ得点をマーク。タマヨも4本の3ポイントを含む15得点2ブロックと存在感を示した。

 佐賀はヨーリ・チャイルズが試合最多の23得点、ガルシアも15得点で続いたが、琉球が多投してきた長距離砲を止めきれず敗戦。昨シーズンから使用するSAGAアリーナの大声援に白星で応えることはできなかった。

 B1はこのカードが“先出し開幕”で、中1日を明けた7日に日本各地で第1節の11カードを実施。佐賀vs琉球の第1節・GAME2は同日15時05分ティップオフ予定だ。

■ 試合結果
佐賀バルーナーズ 63-80 琉球ゴールデンキングス(@SAGAアリーナ)
佐賀|16|17|16|14|=63
琉球|18|26|17|19|=80

【B1開幕戦は昨季王者・琉球に軍配 昇格組の佐賀はホーム開幕を白星で飾れず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/20(木) 18:41:48.42 ID:98Acoedg9
スポニチannex 7/20(木) 18:27

<女子W杯1次リーグA組第1戦>ノルウェー戦で先制ゴールが決まり、大盛り上がりのニュージーランド代表イレブンとサポーター(AP)
 ◇女子W杯オーストラリア・ニュージーランド大会1次リーグA組 ニュージーランド―ノルウェー(2023年7月20日 オークランド)

 サッカーの女子W杯オーストラリア・ニュージーランド大会が開幕し、5大会連続6回目の出場となったニュージーランドが大会通算16試合目で悲願の初勝利を達成。北部オークランドのイーデン・パークスタジアムには“同国サッカー史上最多の大観衆”となる4万2137人という入場者数を記録するなど歴史的な日となった。

 FIFAランク26位の開催国に対し、ノルウェーは95年大会で優勝も経験している世界12位の格上。しかし、地元ファンの後押しも受けたニュージーランドはイレブンが奮闘。後半3分にFWウィルキンソンが挙げた先制点を守り切り、3分け12敗というW杯での未勝利の歴史に終止符を打った。

 歴史的勝利に沸いたこの一戦の入場者数は男子サッカー代表も含め、国内最多新記録となる4万2137人と発表。ニュージーランド・ヘラルド紙(電子版)によると、これまで女子ニュージーランド代表の国内の試合で最も入場者数が多かったのは今年1月の米国戦で約1万3000人だったため、記録を大幅に更新。男子代表も国内最高入場者数は09年W杯南アフリカ大会大陸間プレーオフ、バーレーン代表戦(ウェリントン)の3万5194人だったため、同国サッカー史上歴史的な出来事となった。

 なお、FIFA公式サイトによるとイーデン・パークの最多入場者数を記録したのは56年9月1日の男子ラグビー・ニュージーランド代表VS南アフリカ代表戦で6万1240人だったという。

 女子初の共催となる今大会は、ニュージーランドではチケット販売に伸び悩み、国際サッカー連盟(FIFA)が2万枚を無料配布(22日ザンビア―日本戦を含めた計4試合)すると発表。FIFAは「ニュージーランドではサッカーの人気が低いため、スタジアムにファンを集めるのが難しい状況」と説明していたが、流石に本国の試合には高い関心度があることが証明された。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/a839555d447b7569ff49d8ec502c38a027f52e56&preview=auto

【女子W杯開幕で開催国熱狂!NZ“歴史的白星発進”男子含めサッカー史上最多4万2137人が来場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/30(木) 07:09:37.09 ID:Y2RnV86V9
※NHK
2023年3月30日 4時40分

プロ野球は、30日、新球場のエスコンフィールド北海道で行われる日本ハム対楽天の試合で開幕します。今シーズンから声を出しての応援などが再開される中、WBC=ワールド・ベースボール・クラシックで優勝を果たした日本代表のメンバーが、どのような活躍を見せるかなどが注目されます。
今シーズンのプロ野球は、30日午後6時半から、新球場のエスコンフィールド北海道で行われる、去年、パ・リーグ最下位だった日本ハムと、4位だった楽天との試合で開幕します。

そして、31日は残りの5試合が行われ、パ・リーグは去年リーグ2連覇を達成し日本一に輝いたオリックスが、3位だった西武と埼玉県所沢市のベルーナドームで対戦。

2位だったソフトバンクと5位のロッテが、福岡市のPayPayドームで対戦します。

セ・リーグは、去年リーグ2連覇のヤクルトが5位の広島と神宮球場で、去年3位の阪神は、2位のDeNAと京セラドーム大阪で、去年4位の巨人は、6位だった中日と東京ドームで対戦します。

各チームの主力選手のうち、日本が3大会ぶり3回目の優勝を果たしたWBCに出場した日本代表メンバーは、決勝からおよそ1週間で開幕を迎えるという難しい調整を強いられる中で、どのようなプレーを見せるか注目されます。

続きは↓
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230330/k10014023631000.html

【プロ野球、新球場での日本ハム対楽天戦で30日開幕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/08(水) 17:28:33.92 ID:Atfriode9
3/8(水) 16:17配信

スポーツ報知
◆WBC1次ラウンドA組 オランダ4―2キューバ(8日・台中=インターコンチネンタル野球場)

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が8日、台湾の台中で1次ラウンドA組で開幕。オープニングゲームはともに過去3大会連続1次ラウンドを突破しているキューバとオランダが激突した。

 キューバは2回に9番ムヒカの右翼線二塁打で先制したが、中日で最優秀中継ぎ投手となったY・ロドリゲスを先発に起用。1、2回は0行進も3回に4番グレゴリアスに同点タイムリーを許し追いつかれた。

 試合が動いたのが6回。オランダが1安打に封じていた投手陣の好投に呼応。四球と安打でつかんだ1死一、二塁のチャンスにJ・パラシオスが中前タイムリーで勝ち越し。なおも2死二、三塁から9番のトロンプが中前に落として2者が還り4―1とリードした。

 キューバは7回にムヒカの内野ゴロで1点を挙げるも、8回に二塁打を放ったロベルトが捕手のけん制球で刺された。初回1死満塁を含めキューバは拙攻もあって完敗。初戦を落とした。

 過去2大会連続して4強進出のオランダは6投手で3安打2失点と元ヤクルトのミューレン監督の継投策が成功した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4013c2dee2af6601bfbee0e6c9ddaa3409a62e8

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230308-00065590-thedigest-000-9-view.jpg?pri=l

【WBC開幕!2大会連続4強のオランダがキューバを破って好発進】の続きを読む

このページのトップヘ