SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

開幕戦

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/21(月) 03:01:09.16 ID:Rjlbl7V89
2022 FIFAワールドカップ(W杯)が20日、カタールで開幕。カタールとエクアドルの開幕戦がアル・ベイト・スタジアムで開催され、2-0でエクアドルが勝利した。

カタールW杯の試合日程・結果・順位表・組み合わせ

初の中東開催、初の北半球での冬開催となったW杯。大会初出場のカタールと、2大会ぶり4度目のW杯出場となる南米予選4位通過のエクアドルが相まみえた。

試合は開始早々の3分に動く。FKからのフィードをゴール前に入れると、飛び出してきたGKがパンチングしきれず、ゴール前の混戦からフェリックス・トーレスがシュート。ゴール前に流れたボールをエネル・バレンシアが頭で押し込んだ。しかし、これは今大会採用されている半自動オフサイド技術を使用したVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での結果オフサイドが確認され、取り消しでノーゴールとなる。

それでも、15分にはエクアドルが先制する。ゴール前に抜け出したエネル・バレンシアがかわしにいったGKに手で倒されてPK獲得。これをエネル・バレンシア自らが決めてエクアドルが先手を取った。さらに攻勢に出るエクアドルは続く30分にも右サイドからプレシアードが入れたクロスに正面で合わせたエネル・バレンシアがヘディングシュートを流し込み、2-0とする。

迎えた後半もエクアドルが試合を優勢に進める。サイドで数的優位をつくりながら攻勢に出るエクアドルだが、カタールもこれ以上の失点を何とかしのいで応戦。だがカタールは攻撃面でもなかなか決定的な場面をつくりだせず、W杯初ゴールが遠い。86分には最終ラインからのフィード一発でゴール前に抜けたモハメド・ムンタリがDFと並走しながら足を振り抜くが、強烈なボレーシュートはわずかに枠をはずれる。

結局、試合はそのまま終了。カタールのW杯デビュー戦はノーゴールでの黒星に。一方のエクアドルは重要な開幕戦で大きな勝ち点3を獲得した。第2戦ではカタールがセネガルと、エクアドルがオランダとそれぞれ対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/95f42f101ee8fa99893330af8bb19ff169751a30

【ホスト国カタール、W杯デビューの開幕戦で黒星スタート…エクアドルがE・バレンシアの2発で白星発進】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/29(木) 21:18:52.14 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220929/394987.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/nagoya_1-768x576.jpg

 9月29日、B1リーグ第1節が行われ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズがシーホース三河との開幕戦に臨んだ。

 名古屋Dの得点はコティ・クラークの3ポイントシュートからスタート。第1クォーター中盤で得点のない時間が続いたが、選手交代で悪い流れを断ち切ることに成功する。その後は外角シュートも復調し、24-16と名古屋Dが8点のリードで最初の10分間を終える。

 続く第2クォーター、ダバンテ・ガードナーらの得点で詰め寄られた名古屋Dだったが、クラークや齋藤拓実が3ポイントシュートで決め切り逆転を許さない。須田侑太郎やレイ・パークスジュニアもアウトサイドシュートで加勢し、50-37と名古屋Dが13点をリードして試合を折り返した。

 後半の立ち上がりは、アンソニー・ローレンスⅡを中心とした三河のオフェンスに苦しむも、須田やパークスジュニア、中東泰斗らの3ポイントでその勢いを寸断。第3クォーター終盤にはクラークとモリス・ンドゥールが続け様に豪快なダンクを沈め、79-63と名古屋Dの16点リードで最終クォーターへ。

 迎えた最後の10分間も、名古屋Dはパークスジュニアや齋藤の3ポイントで三河に逆転を許さず。最終スコア101-86で名古屋Dが三河との愛知ダービー初戦を制した。

 開幕戦を勝利で飾った名古屋Dは、クラークが24得点10リバウンド6アシストとオールラウンドな活躍。ンドゥールも16得点、パークスジュニアが14得点と続き、須田と齋藤もそれぞれ3本の3ポイントを沈めて9得点を挙げた。

 一方の三河は、ローレンスⅡが19得点、西田優大が14得点をそれぞれ記録。新戦力では中村太地が9得点4アシスト、カイル・オクインが19得点をマークするも、勝利には届かなかった。

■試合結果
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 101-86 シーホース三河(@ドルフィンズアリーナ)
名古屋D|24|26|29|22|=101
三 河  |16|21|26|23|=86

【B1開幕戦 名古屋Dが三河との“愛知ダービー”を101-86で制す…クラークが24得点10リバウンド6アシストの活躍】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/12(金) 10:08:37.30 ID:CAP_USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は11日、当初11月21日だったFIFAワールドカップカタール2022の開幕日を1日前倒し、同月20日から開催することを正式に発表した。

 元々、カタールワールドカップの開幕戦はセネガル代表vsオランダ代表に設定されていたものの、FIFAは21日に組まれていた試合の中から、開催国のカタール代表とエクアドル代表が激突する試合のみを1日前倒し、20日の現地時間19時開催に変更。同試合が開幕戦となった。また、同大会の開会式も20日に行われる形に変更されている。

 なお、セネガル代表vsオランダ代表は21日の13時から19時にキックオフ時間が変更されている。過去のワールドカップでは、前回大会優勝国もしくは開催国が開幕戦を戦うことが常となっており、今回もその“伝統”に沿う形となった。一方で、開幕を約3カ月前に控えての日程変更は異例と言える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eccd5c125626109b20ecfe175aae43111b76e8d6

【W杯開幕日が1日前倒し、開催国カタールvsエクアドルが開幕戦に 開幕約3カ月前に異例の変更】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/03(水) 19:53:31.64 ID:CAP_USER9
イングランド・プレミアリーグのブライトンを率いているグレアム・ポッター監督(47)が日本代表MF三笘薫(25)をクラブの新ヒーローに指名したと、英メディア「SassuxLIVE」が伝えている。

 同メディアによると、マンチェスター・ユナイテッドと激突する開幕戦(7日)に向けて、ポッター監督は「私たちのサポーターは三笘を気に入ると思います。彼は1対1で相手を抜き去る能力を持っており、
すでに私たちは、それを見てきた。これはあまり一般的ではありません。それが彼のできること、クオリティーです」と、新スター候補として大きな期待を寄せたという。

同メディアは「7月30日に5―1で勝利したエスパニョール戦に途中出場した三笘は、その能力を見せた。日本代表はボールを持っているときに見るのがエキサイティングで、
ポッター監督は三笘のプレースタイルは現代のウインガーには〝見られないものだ〟と言う」とし「開幕戦でスタメンになる可能性がある」と伝えた。

さらに三笘について「あまり一般的ではない」と英国内での知名度が高くないと指摘しながらも「ポッター監督は250万ポンド(約4億円)で獲得したことに興奮している」と報じるなど〝格安戦力〟が世界最高峰リーグを驚かせることになると指摘していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d76a8eb909b0b0f7555df61f6f71a03383721eba

【ブライトン・三笘薫を英メディア大特集! マンUとの開幕戦でスタメンに抜擢へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/28(月) 21:25:42.32 ID:CAP_USER9
25日に読売テレビで中継されたプロ野球開幕戦「阪神対ヤクルト」の関西地区世帯平均視聴率が10・9%だったことが28日、分かった。阪神・佐藤輝がドラフト制後、球団史上最年少で開幕4番の大役を務めたが、斎藤、岩崎、ケラーの救援陣が崩れ、最大7点のリードを守れず逆転負けを喫した。

 昨年の開幕戦「ヤクルト対阪神」は関西地区で世帯平均視聴率14・8%だった。阪神のルーキー(当時)・佐藤輝が先発出場、藤浪が開幕投手を務めるなど話題を呼んでいた。

 なお、25日に日本テレビで放送されたプロ野球開幕戦「巨人対中日」の世帯平均視聴率は関東地区で8・0%だった(数字はビデオリサーチ日報調べ)。

ディリースポーツ 3/28(月) 20:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c07b9703c09f99ea3fb1df0579853a9ede27dc9

【プロ野球開幕戦「阪神対ヤクルト」関西地区視聴率10・9%...昨年の開幕戦「ヤクルト対阪神」は14・8%】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/28(月) 11:26:47.80 ID:CAP_USER9
3/28(月) 11:00
デイリースポーツ

プロ野球開幕戦「巨人対中日」は8・0% 大逆転の26日は5・5%
 25日の開幕戦、プロ入り初登板初セーブを挙げ、原監督(右)から祝福される大勢(撮影・佐藤厚)
 25日に日本テレビで中継されたプロ野球開幕戦「巨人対中日」の関東地区平均世帯視聴率が8・0%だったことが28日、分かった。巨人のドラフト1位・大勢投手がプロ初セーブを挙げ、巨人が勝利した。

 また、同じく日本テレビで中継された同カードの26日は関東地区平均世帯視聴率が5・5%だった。ドラ1・大勢が九回に無失点リリーフの活躍。ルーキーが開幕から2戦連続セーブをマークするNPB史上初の快挙を成し遂げた。試合は巨人が八回に5点を奪い逆転勝ちした(数字はビデオリサーチ日報調べ)。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220328-00000043-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e34f0da7208ba48f5ebbd7e4b3659eaceb33ab05

【プロ野球開幕戦「巨人対中日」の平均世帯視聴率8・0% 大逆転の26日は5・5%】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/28(月) 17:36:59.19 ID:CAP_USER9
実力面の評価が上がった一方で、就任から大きな注目を集めた新庄監督の人気を疑問視する声も徐々に出始めている。

新庄監督が福岡市育ちであることもあり、ソフトバンクは球団幹部の大号令の下、開幕戦セレモニーをBIGBOSSありきで演出。3年ぶりに収容人数制限なしでチケットが売り出されたものの、開幕戦は観衆が3万5141人にとどまり、完売しなかった。

コロナ前だった19年の楽天とのクライマックスシリーズでは4万人を超えていたが、開幕2戦目の土曜は3万3380人、3戦目の日曜は3万2096人と、想定外の結果に終わった。

福岡に限らず、大半の球場が満員にならない現象が起こっているため一概にはいえないものの、連日大展開するメディアの扱いと、ファンとの間に温度差があるようだ。

ソフトバンクでは、開幕の日本ハム戦が決まって以降、BIGBOSSを意識していたが、途中で鷹党はやはり敵将にはそれほど関心を示していないことがリサーチ結果で判明。その時点で「チケットが完売しないのではないか」と不安がよぎったというが、不幸にも的中してしまった。

今後、日本ハムを本拠地に迎えるパ・リーグ球団関係者は「今回のマーケティング結果はかなり注視していた。全体的に客足の戻りが鈍い中で、どの球団もBIGBOSS人気を当て込んでいたが、今後は軌道修正をせざるを得ない。早急に代案を考える」と焦りをにじませた。

29日には札幌ドームで西武を相手に本拠地開幕戦に臨む。開幕までは超人気先行だった新庄監督だが、いざふたを開けるとグラウンド内外での評価が逆転する展開になっている。

夕刊フジ 3/28(月) 17:00 全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1a6ac28c6a86a3d64997a799040caa2e6a54d16

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220328-00000118-ykf-000-2-view.jpg?pri=l&w=608&h=640&exp=10800

【新庄ビッグボス人気の当てが…敵地チケット完売せず 連日大展開するメディアの扱いと、ファンとの間に温度差が...】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 05:49:46.91 ID:CAP_USER9
3/26(土) 5:15配信
東スポWeb

ショックを隠し切れない矢野監督(東スポWeb)

 最悪の船出だ。阪神は25日のヤクルトとの開幕戦(甲子園)に、8―10と痛恨の逆転負け。最大7点差のリードを守り切れず、9回にひっくり返されるショッキングな黒星となった。

 2年連続で開幕投手を務めた藤浪晋太郎(27)が7回3失点と試合を作り、40歳の最年長・糸井嘉男もチーム1号を含む3安打4打点と大暴れ。明らかに7回までは主導権を握っていた。

 ところが開幕からチームの懸案事項の一つでもあった中継ぎ陣の継投に入ると、終盤は一気に暗転。5点差で迎えた8回、2番手の斎藤がサンタナに2ランを被弾し3点差とされると、二死一塁から登板した岩崎も3連打を食らって1点差へと詰め寄られた。

 さらに9回に登場した新守護神のカイル・ケラーが、先頭の山田にいきなり同点弾。サンタナには中越えの決勝2ランを浴びた。昨季限りで退団した前守護神・スアレス(パドレス)の代役はとても務まりそうにないことを早々と露呈してしまった格好だ。

 悪夢のような展開に、試合後の矢野燿大監督(53)も「7点差をひっくり返されることはなかなかない。仕方がないでは済まされない」とショックを隠し切れなかった。最後は「明日の流れをどう変えるか。もう一度、自分たちで流れを変える野球をするしかない」と前を向いたが…。

 キャンプイン前には今季限りの退任を表明し、退路を断って臨んだ矢野監督の就任4年目。異例の行動には指揮官が「賛否両論はあると思う」と認めている通り、チームにどのような〝化学反応〟を引き起こすかは、未知数な部分もある。

 結束につながる可能性がある反面、ひとたびチームが不安定な状態に陥ればマイナス材料へ転じる危険もあるだけに、このショッキングな負け方は気になるところだ。

 始まったばかりにもかかかわらず暗雲が垂れ込めたチームを矢野監督は今後、どう立て直していくのか――。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220326-04086578-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f9f398b60b029c6e6ae2c9e1420967350c2f7ef

【阪神「悪夢」の逆転負け 退路絶った矢野監督に危惧される〝負の化学反応〟】の続きを読む

このページのトップヘ