SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

開幕9連敗

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 22:03:45.21 ID:CAP_USER9
なぜ今?阪神の「開幕9連敗」トレンド入り 絶望からファイナルS進出に虎党「たまらん」


「セCSファーストS第3戦、DeNA2-3阪神」(10日、横浜スタジアム)


阪神が逆転勝ちでファーストSを突破。 
SNS上の阪神ファンが歓喜に沸く中で「開幕9連敗」がトレンド入りした。

今季の阪神は開幕戦でヤクルトに大逆転負けを喫した後、悪夢の開幕9連敗を経験。
セ・リーグの史上最低勝率をマークするなど絶望の淵に立たされていたが、球宴前に勝率5割復帰を果たすなど奇跡のV字回復を果たした。

しかし8月は新型コロナウイルスがまん延し、失速。
一時は最下位転落も視野に入っていたが、最終盤に驚異的な粘りを見せてCS進出の切符をつかんだ。


まるでジェットコースターのようなシーズン。
その端緒となった開幕9連敗からのファイナルS進出に「あの時は無理やと思った」「最大借金16 勝率・063からCSファイナルはたまらん」とファンは歓喜のコメント。

矢野監督も「開幕の苦しいところからここまで来たというのを含めて、選手たちがあきらめずにここまでやってくれたドラマだと思うので。だからまだドラマは終わらないと思うんで、全員で夢と理想を追って、最高のドラマを起こしてきます」と誓った。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1704e1259277c97081dc538dd8f9ae6bc59da790

【なぜ今?阪神の『開幕9連敗』トレンド入り 絶望からファイナルS進出に虎党「たまらん」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/05(火) 05:37:59.18 ID:CAP_USER9
4/5(火) 5:15配信
東スポWeb

日本一早い阪神の優勝マジックを掲げる尼崎中央商店街(東スポWeb)

 阪神がセ・リーグワースト記録の開幕9連敗とドロ沼に沈んでいる。今季限りでの退任を表明している矢野燿大監督(53)に対する風当たりも「休養説」がちまたささやかれるなど日に日に強まっているが、阪神の藤原オーナーは4日に大阪市の阪神電鉄本社で報道陣の取材に応じ「矢野監督が最後まで指揮を執るのか?」との質問に「当然の話。ファンには心配をかける格好だが、まだまだ成長の余地がある」と休養説を否定した。

 とはいえ、地元ファンの反応は冷ややかだ。

 阪神の優勝を祈願し「日本一早い優勝マジック」を点灯させることで有名な兵庫・尼崎中央三丁目商店街は、開幕前の先月23日に「マジック143」を点灯。3カードを消化したが、マジックは今も143のままで、マジックが書かれたボードを抱える商店街のマスコットキャラ「めでタイガー」もどこかしら寂しげ。

 商店街を盛り上げるため、2002年からマジックを掲げているが、同商店街振興組合の寺井利一理事長は「何でこんな弱いのに取材に来んの?」と苦笑い。実は〝イヤな予感〟はあったという。

「去年は戦力を見て優勝できると思って開幕を迎えた。勝率でヤクルトに負けたけど、勝ち数では阪神が上で、実質優勝と言えた。でも、今年はスアレス投手が抜けて、それ以上のプラスの戦力がなかったので、ちょっとしんどいなと思ってた。そこへキャンプインの時に矢野監督が、今季限りでの辞任を発表。これは開幕ダッシュでコケたら、『辞任とか言うからや』ってなるよなと思っていた」

 予感は的中。当初は「ヤクルトも去年、開幕3連敗から優勝したし」と言っていたが、あれよあれよで9連敗。今となっては「ここまで来ると笑えてくる。もうこうなったら横浜(DeNA)、広島、中日と負け続けたら、それはそれで面白いかな」と関西人らしく、笑いに昇華している。

 そんな冗談が言えるのも「暗黒時代を経験してると何連敗しても怖くない」と、長く優勝から遠ざかっていた1990年代の経験があるから。「佐藤(輝明)が掛布(雅之)さん以来のミスタータイガースの4番として覚醒してくれたら」と巻き返しに期待している。

 果たして、地元商店街が優勝セールに沸き立つ結末はあるのか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220405-04107338-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ecb9eba950361cad608775f0ea4721d79ca5f82f

【〝イヤな予感〟的中・・・阪神ドロ沼9連敗に地元商店街は冷ややか「ここまで来ると笑えてくる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 05:26:15.54 ID:CAP_USER9
4/4(月) 5:15配信
東スポWeb

ベンチでもうつろな表情の阪神・矢野監督(東スポWeb)

 阪神が3日の巨人戦(東京ドーム)にも5―9で敗れ、セ・ワーストを更新する悪夢の開幕9連敗。ドロ沼からなかなか抜け出すことができず、もがき苦しんでいる。矢野燿大監督(53)の表情も沈む一方だが、そんなチームを立て直すためにはどうすればいいのか。「ガッツ路線」への回帰なのか、それとも「武闘派・矢野」の顔を出現させるべきなのか――。

【写真】目にゴミが入った?阪神・矢野監督


 まだ阪神には春が来ない。この日の先発は昨季9勝を挙げたガンケル。春季キャンプ終盤に腰の張りを訴えていた右腕はチームの台所事情の苦しさもあり、十分な調整をできないまま、この日のマウンドに上がることを余儀なくされていた。勝てない焦りが、さらなる出血につながる悪循環。初回、そのガンケルがいきなり中田に満塁弾を浴び、あっという間に敗色ムードが漂った。

 複数のチーム関係者が心配するのは、今季限りでの指揮官退任をすでに表明している矢野監督の〝精神状態〟だ。2018年オフの監督就任以来強調してきた「どんな時もあきらめない姿勢」や「苦しい時こそ逆境を楽しむマインドセット」が今の指揮官からは感じられないとの指摘は多い。

 この日のゲームでも糸井の2号2ランや木浪&梅野の2者連続弾などいくつかの見せ場があったが、盛り上げのムードをつくろうとするナインたちとは裏腹に、矢野監督の表情はほぼ凍りついたまま。大型連敗からくる心労は当然あるだろうが、「矢野ガッツ」に象徴される指揮官就任当初の明るいムードはまったくと言っていいほど感じ取ることができない。

 虎将をよく知るチーム関係者は「『矢野ガッツ』だとか『予祝』だとか、とにかく矢野さんは明るいチームづくりをこころがけてきたが、あの人の〝本性〟がそうでないことは多くの人が知っている。闘将と呼ばれた星野(仙一)さん率いる中日からプロとしてのキャリアをスタートさせた矢野さんは『厳しさ』の世界の中で生き抜いてきた人。まだコリジョンルールがなかった現役時代、ホームへタックル気味に突っ込んできたデカい外国人選手を闘志ムキ出しで跳ね返し、『コノヤロー!』と激高する姿は何度となくみてきた」と振り返りながらこう続ける。

「そういう武闘派的価値観の中で生き抜いてきながら、矢野さんは指導者になるにあたって、それまでの自分を『これからの時代はそれではいけない』と捨てたんだと思う。批判も受けながら勉強を続け、ムードの明るいチームづくりに取り組んだ。生真面目なんだよ。相当な努力があったと思うし、だからこそ多くの人が矢野さんを尊敬するようになった。これまでの『ガッツ路線』でもいい。あるいは本来の姿である『鬼の闘将路線』に今から変わってもいい。とにかくこんな状況下でも沈み切った矢野さんの顔はみたくない」

 リーグ制覇こそかなっていないが、チームの大幅な若返りに成功した矢野監督の手腕を評価する声はチーム内外に多い。この4年間が間違ってなかったことを証明するためにも、まずは〝元気〟を取り戻してほしいところだが…。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220404-04105820-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b80bf2d949b2b95aac14185ae9749df295bacff

【悪夢9連敗で表情沈む阪神・矢野監督 逆襲へ示すべき姿は「ガッツ路線」か「武闘派・矢野」か】の続きを読む

このページのトップヘ