SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

陸上世界選手権

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/10(日) 12:47:53.88 ID:CAP_USER9
時計2022/7/10 08:30神戸新聞NEXT

 陸上の世界選手権は15日、米オレゴン州で開幕する。2024年パリ五輪を目指す精鋭たちが覇を競う舞台には、兵庫ゆかりの選手も8人が名乗りを上げた。期待と誇りを胸に、勝負の時を待っている。

 雌伏の時を経て、男子やり投げのディーン元気(ミズノ、市尼崎高出身)が国際舞台に戻ってくる。「悔しい思いをしながら気がついたら10年。勝負できる自信があったからここまで戻ってこられた」と力を込める。

 今季は安定して80メートル超えの投てきを連発してきた。参加標準記録の85メートル00は突破できなかったが、世界ランキングで出場権を手に。指導する田内健二コーチはディーンの成長を「大人になった」と表現する。

 ロンドン五輪で右脇腹を痛めたことをきっかけにけがを繰り返し、長く低迷。17年は所属先のミズノに相談し、思い切って休養した。ここでけがが癒えたことで徐々に調子は上向き、20年には84メートル05をマークするなど復活を印象づけた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/202207/0015455216.shtml

【陸上世界選手権 ディーン元気、10年ぶり国際舞台「ここまで戻ってこられた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/02(土) 17:49:52.14 ID:CAP_USER9
 今月15日に開幕する陸上世界選手権(米オレゴン州)に出場する日本代表の男子短距離勢合宿が2日、都内で公開された。400メートルリレーメンバーでは小池祐貴(住友電工)、坂井隆一郎(大阪ガス)、上山紘輝(住友電工)、鈴木涼太(スズキ)、柳田大輝(東洋大)の5人が参加。
米国拠点のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は欠席したが、前日のミーティングにはリモートで参加したという。

 山縣亮太(セイコー)や桐生祥秀(日本生命)、多田修平(住友電工)といった常連組が不在となり、日本陸連の土江寛裕ディレクターは「リレー侍といういつもの選手たちがいるが、彼らも休養が必要」と語る。

 初出場が多いフレッシュな布陣については「今回は新しいメンバーが多い。いつものお兄さんが出ないから若い選手が経験できるチャンス」とし、「パリに向けてのチャレンジ。今年しか挑戦的なことができるチャンスがない。リレーのオーダーもチャレンジしたい。ハキームが中心の選手になる。2走を考えている」と明言。

 起用の意図については「一番、彼を生かす走順」とした。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/07/02/kiji/20220702s00056000485000c.html
スポニチアネックス

【7/15開幕・世界陸上 サニブラウンは2走!男子400mリレーは“フレッシュ侍” 常連不在で日本のお家芸のバトンパスはどうなる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 07:08:02.51 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年6月16日 05:42
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/16/kiji/20220616s00041000179000c.html

7月16日(日本時間)に開幕する陸上の世界選手権(米オレゴン州)を中継するTBSは16日、メインキャスターを織田裕二(54)と中井美穂(57)が13大会連続で務めることを発表した。同局によると2人にとってオレゴン大会はメインキャスターとして“最後の世界陸上”という。

1997年のアテネ大会以来25年、織田と中井のコンビがドイツ・ベルリン、中国・北京、英国ロンドン、カタール・ドーハなど世界各地で行われた熱戦の現地から熱いエールとともに2人ならではの言葉で放送してきた。

今回の地上波放送は日本時間の早朝から昼の時間帯を中心に行われる決勝種目をライブで放送する。10日間の総放送時間はおよそ70時間を予定。1カ月後の開幕に向けて番組公式ホームページやSNSで最新情報や選手情報、往年のスーパースターのパフォーマンスや2人の懐かしの名シーン、さらに“織田裕二プレゼンツ”の企画などを随時発信していく。

キャスター就任にあたって織田は「メインキャスターとして長い間、アスリートたちの人間ドラマを見続け、伝えてきました。参加するすべてのアスリートや彼らを支える関係者のみなさま、番組を楽しみにしている視聴者のみなさまへ向けて、25年の集大成として、感謝と思いを込めて、熱く伝えていきたいと思います。今回の世界陸上はアメリカ初開催ということで間違いなく盛り上がることでしょう。今からワクワクしています。とにかく地元アメリカが圧倒する大会になるのでは?と思います。今回は陸上王国アメリカがどれだけぶっちぎるのか、楽しみです。そして、その牙城を誰が崩すのか?こに喜びとか悲しみとか驚きとか、かけがえのないドラマに期待しています」とし、中井は「1997年に メインキャスターを務めて以来、シンプルで奥の深い陸上競技に魅了され続けてきました。アスリートには多様なバックボーンがあり、多くの人の支えがあり、ドラマがありました。メインキャスターとして最後の放送になりますが、陸上への愛を込めて選手たちが限界に挑む姿を余すところなくお届けします。ご期待ください!」と呼び掛けた。

番組テーマは「届け、スポーツのチカラ」で、番組テーマソングは織田裕二の「All my treasures」。

【世界陸上メインキャスターは13大会連続で織田裕二と中井美穂、今回がラスト】の続きを読む

このページのトップヘ