SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

霧島

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 16:08:47.91 ID:K2vMRhp99
 大相撲夏場所を7日目から首の痛みで休場した霧島が、大関から陥落することが19日、確定した。

 9日目の取組には入らず、かど番で迎えた今場所の負け越しが決まった。8日目の時点で1勝6敗1休だった。7月の名古屋場所は関脇で臨み、規定により10勝すれば、大関に復帰できる。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/36b39515617b198eeeecd1d939ff0138efd0bae0
時事通信

【大相撲夏場所 霧島の大関陥落が確定 7月の名古屋場所10勝なら大関復帰】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/18(土) 12:30:56.53 ID:Y0+Ti72l9
スポニチ[ 2024年5月18日 09:59 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/18/kiji/20240518s00005000166000c.html

 日本相撲協会は18日、大関・霧島(28=音羽山部屋)が7日目から休場すると発表した。

 霧島は首のケガの影響で先場所5勝10敗と負け越し。自身2度目のカド番で臨んだ今場所、ここまで1勝5敗と厳しい状況だった。5敗目を喫した6日目の取組後には「体がバラバラ。いつも通りの相撲がここ2場所全然取れてない。言い訳はしない」と苦しい胸の内を明かしていた。

 このまま再出場がなければ負け越しとなり、大関陥落が決定する。大関在位6場所での陥落は昭和以降ワースト12位の早さ。昇進から1年以内での陥落は、平成以降では武双山、栃ノ心、貴景勝、御嶽海に続いて5人目となる。

 霧島の休場は、新大関だった昨年名古屋場所以来で自身5度目。この日対戦予定だった翔猿(32=追手風部屋)は不戦勝となる。

【大相撲夏場所 カド番の霧島が7日目から休場 ここまで1勝5敗…再出場なければ大関陥落へ 首のケガ治らず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/20(土) 18:31:32.35 ID:lvEPLs2q9
大相撲初場所◇7日目◇20日◇東京・両国国技館

三役格行司の木村容堂(62=九重)が、熱戦の余波で災難に見舞われた。

大関霧島-北勝富士を裁いた。序盤の激しい突き合いの流れで、木村容堂が吹き飛ばされた。烏帽子(えぼし)と片方の草履が脱げるも、取組をさばきながら烏帽子をかぶり直し、草履もはいて無事に務めを果たした。

続きは日刊スポーツ 2024/01/20 17:57
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202401200000840.html

【大相撲初場所・7日目 行司が吹っ飛ぶ珍事 木村容堂が霧島と激突し転倒 烏帽子と草履脱げるも無事に務め果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/26(日) 17:19:12.50 ID:Tq5Me2BD9
大相撲秋場所
11月26日(日)
NHK

※ソースのちほど

【大相撲九州場所・千秋楽 熱海富士の土で結び前に大関霧島二度目の賜杯!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/25(土) 21:32:23.22 ID:VC/F6gsU9
日刊スポーツ
[2023年11月25日17時54分]
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202311250000657.html

<大相撲九州場所>◇14日目◇25日◇福岡国際センター

今年春場所に続く2度目の優勝へカウントダウンが始まった。大関霧島(27=陸奥)が、2敗同士の直接対決を制した。結びで西前頭8枚目の熱海富士(21=伊勢ケ浜)を寄り切りで下し、今場所初の単独トップに躍り出た。

初優勝を目指す幕内最年少の大器の前に、大関の高い壁として立ちはだかった。12日目の豊昇龍戦に続き、今場所2度目の“銀星”を狙う相手に番付上位の力を見せつけた。

大一番を前にも、霧島のルーティーンは変わらなかった。この日朝も変わらず稽古場に下り、基礎運動や一丁押しを黙々と行って汗を流した。巡業や伊勢ケ浜部屋で出稽古で胸を合わせた程度の熱海富士について「可愛らしくて面白い」と人柄に好印象を受けていると率直に語った。先場所から続く相手の快進撃には、「なんで急に強くなってきたのかな」と興味津々だった。

共に稽古量が豊富な2人。対戦を控え、「じゃあ、どっちが(いっぱい)稽古してきたかだね」と勝負の分かれ目を指摘。「自信を持っていかなきゃ」と力強く言った。その言葉通り、若い新鋭の挑戦に真っ向から受け止めた。年間最多勝を確定させる61勝目。来年4月に定年を迎える師匠の陸奥親方(元大関霧島)と臨む最後の九州場所。師匠のご当所場所で優勝すれば、来年1月の初場所で綱とりとなる。実りの多き1年を有終の美で飾れるか。【平山連】

【大相撲九州場所・14日目 霧島が2度目V王手!熱海富士との2敗対決大一番制し今場所初の単独トップ 年間最多勝も確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/31(水) 20:10:33.00 ID:2Hc39Wo39
 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会を開き、満場一致で霧馬山(27)=陸奥=の大関昇進が決まった。その後に東京・墨田区の陸奥部屋で行われた伝達式で、霧馬山は「謹んでお受けいたします。大関の名を汚さぬよう、今まで以上に稽古して頑張ります」と口上を披露。しこ名を師匠の現役時代と同じ「霧島」に改名すると発表された。

   ◇   ◇

 サプライズは伝達式後に待っていた。師匠の陸奥親方が「しこ名をあげようかと思いまして」。そう話すと色紙をおもむろに披露した。書かれていたのは「霧島鉄力(てつお)」。師匠のしこ名継承だった。

 「私としては断られたらどうしようかなって。名前どうだって聞いたら『いえ』っとか言って、いらないようなしぐさに見えたんで。いらないって言われたらどうしようって心配してたんですけど、継いでくれるって本人が言うので。いいんですか?って感じだったのでうれしかったですね」と笑った。

 師匠の思いは伝わっている。新大関は「嫌じゃなくて、素晴らしい名前で、言われたときはびっくりして。ほんとにいいんですか、と。夢みたいです。自分が入ったとき親方の現役時代の映像とかを結構、見ていた。そのとき親方みたいな力士になりたいって思った」とこちらも満面の笑みを浮かべた。

 しこ名の継承には、こんな思いも込められている。30歳を超えて新大関となり、筋肉質の肉体と甘いマスクで「和製ヘラクレス」と呼ばれて人気者に。横綱昇進はかなわなかった師匠は「やっぱり超えてほしい」と、愛着この上ないしこ名で横綱に輝いてほしいと願う。

 そして、現役時代の決まり手として寄り切りに次いで多い「つり出し」にも言及。「本当はつりぐらい覚えれば土俵際もっと安定して見ていられると言ってるんですけど」と得意技の継承も期待する。

 口上は「今まで以上に稽古して」。師匠と2人で話し合って決めた。師匠は「難しいことは言えませんってことで、じゃあどうするかってことになって、まあ稽古しかないよなって。最後は稽古した人が一番上にいくと思ってますんで」。二人三脚で頂点を目指す。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/354bc268b1f92adb905af22cc3f7cfe60c6996e0

【大関昇進の霧馬山、しこ名を「霧島」に改名】の続きを読む

このページのトップヘ