SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

霧馬山

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/31(水) 20:10:33.00 ID:2Hc39Wo39
 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会を開き、満場一致で霧馬山(27)=陸奥=の大関昇進が決まった。その後に東京・墨田区の陸奥部屋で行われた伝達式で、霧馬山は「謹んでお受けいたします。大関の名を汚さぬよう、今まで以上に稽古して頑張ります」と口上を披露。しこ名を師匠の現役時代と同じ「霧島」に改名すると発表された。

   ◇   ◇

 サプライズは伝達式後に待っていた。師匠の陸奥親方が「しこ名をあげようかと思いまして」。そう話すと色紙をおもむろに披露した。書かれていたのは「霧島鉄力(てつお)」。師匠のしこ名継承だった。

 「私としては断られたらどうしようかなって。名前どうだって聞いたら『いえ』っとか言って、いらないようなしぐさに見えたんで。いらないって言われたらどうしようって心配してたんですけど、継いでくれるって本人が言うので。いいんですか?って感じだったのでうれしかったですね」と笑った。

 師匠の思いは伝わっている。新大関は「嫌じゃなくて、素晴らしい名前で、言われたときはびっくりして。ほんとにいいんですか、と。夢みたいです。自分が入ったとき親方の現役時代の映像とかを結構、見ていた。そのとき親方みたいな力士になりたいって思った」とこちらも満面の笑みを浮かべた。

 しこ名の継承には、こんな思いも込められている。30歳を超えて新大関となり、筋肉質の肉体と甘いマスクで「和製ヘラクレス」と呼ばれて人気者に。横綱昇進はかなわなかった師匠は「やっぱり超えてほしい」と、愛着この上ないしこ名で横綱に輝いてほしいと願う。

 そして、現役時代の決まり手として寄り切りに次いで多い「つり出し」にも言及。「本当はつりぐらい覚えれば土俵際もっと安定して見ていられると言ってるんですけど」と得意技の継承も期待する。

 口上は「今まで以上に稽古して」。師匠と2人で話し合って決めた。師匠は「難しいことは言えませんってことで、じゃあどうするかってことになって、まあ稽古しかないよなって。最後は稽古した人が一番上にいくと思ってますんで」。二人三脚で頂点を目指す。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/354bc268b1f92adb905af22cc3f7cfe60c6996e0

【大関昇進の霧馬山、しこ名を「霧島」に改名】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/31(水) 09:17:59.86 ID:W7nq0y9/9
スポーツ報知2023年5月31日 9時9分
https://hochi.news/articles/20230531-OHT1T51013.html

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日・ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会を開き、モンゴル出身の関脇・霧馬山(陸奥)の大関昇進を正式に決めた。

 霧馬山は夏場所で11勝4敗。この3場所で合計34勝を挙げ、大関昇進の目安とされる「三役で直近3場所合計33勝」を上回った。三役は計6場所で通過。モンゴル出身力士では2015年夏場所後の照ノ富士以来、6人目となる。

 新大関誕生は昨年初場所後の御嶽海以来で、令和以降では5人目。125年ぶりとなった初場所からの1横綱1大関は3場所で解消される。

 協会は使者を派遣し、東京。墨田区の陸奥部屋で昇進伝達式を実施。新大関は決意を示す口上を述べる。

【関脇・霧馬山の大関昇進が正式決定 モンゴル出身では6人目 1横綱1大関は3場所で解消へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/28(日) 17:51:10.03 ID:A/Vwa7Oi9
スポニチ[ 2023年5月28日 13:17 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/05/28/kiji/20230528s00005000373000c.html
大相撲夏場所千秋楽 ( 2023年5月28日 東京・両国国技館 )

 三賞選考委員会が開かれ、以下のように決定した。
 【殊勲賞】
 明生(初)

 【敢闘賞】
 なし

 【技能賞】
 若元春(初)
 霧馬山(3回目)

 若元春(29=荒汐部屋)の念願の初三賞が決まった。先場所は小結で11勝しても選ばれないなど、何場所も受賞するはずの機会を逃してきたが、ついに獲得。場所前の番付発表時にも「とりあえず三賞を獲りたい」と話しており、念願かなった。多くの親方衆から絶賛される左四つの型に加え、2メートル4の北青鵬を相手にがっぷり四つから豪快にうっちゃった相撲のうまさなども評価された。

 場所後の大関昇進が確実な霧馬山(27=陸奥部屋)は3度目の技能賞受賞となった。

 殊勲賞には、初日から7連勝して場所を盛り上げ、優勝した横綱・照ノ富士を破った明生(27=立浪部屋)が選ばれた。
 敢闘賞は10場所ぶりの該当者なしとなった。

【大相撲夏場所 若元春が初の技能賞!霧馬山は3度目技能賞 優勝の横綱破った明生は初の殊勲賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/26(日) 17:46:36.27 ID:4abRlmj+9
【NHKニュース速報】
大相撲春場所 新関脇・霧馬山が初優勝
#nhk_news

https://twitter.com/nhk_news/status/1639911074274377728?t=5lrZg9O6CJcgRWfvVWM-dA&s=19
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【大相撲春場所 新関脇・霧馬山が初優勝 [ぐれ★]】の続きを読む

このページのトップヘ