SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

韓国

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 22:00:19.08 ID:nswSl2ZB9
スポーツ報知
2024年6月12日 20時41分
https://hochi.news/articles/20240612-OHT1T51228.html

◆バレーボール ネーションズリーグ女子福岡大会 日本 3―0 韓国(12日、北九州市西日本総合展示場)

 1次リーグ第3週がホームで始まり、パリ五輪の出場権獲得を目指す日本は、アジアの宿敵・韓国を3―0で下し、7勝2敗とした。17日付の世界ランクで決まる五輪切符獲得へ、韓国にストレート負けした場合、ランクに関わるポイントで18・99点も失っていただけに、大きな勝利でホーム初戦を飾った。

 ホームでは21年東京五輪の1次リーグで2―3で敗れていた相手に対し、第1セット(S)は石川真佑の強烈なスパイクから幕を開けた。その後は岩崎こよみのサービスエースなどで4連続得点。中盤は一進一退の展開が続くも、15―11から主将・古賀紗理那の連続得点が決まるなど、18―11と突き放した。終盤にも立て続けに得点を奪い、最後は石川が締めて25―16で先取した。

 第2Sは序盤から互いに譲らず、5―5に。そこから日本は石川のスパイクが決まるなど、3連続得点とした。韓国がタイムアウトを取るも、流れを切らさず石川、古賀がスパイクを決め点数を重ねた。石川のブロックも光り、6連続得点で11―5とした。だが、相手も負けじと4連続得点で11―9と差を詰められた。12―10からは荒木彩花のブロックポイントを手始めに、岩崎のサービスエース、石川のバックアタック、林琴奈のライトからのスパイクが決まるなど、17―10と再び突き放した。終盤には途中から出場した和田由紀子が2得点を挙げるなど、25―16で2S連取とした。

 第3Sは序盤から林、古賀が2得点ずつマークするもミスが響き7―10と劣勢に。だが、長いブロックの末に石川がブロックを決めると、再び流れが日本に傾いた。4連続得点で11―10と逆転。その後は韓国に3連続得点を奪われ、この日最初のタイムアウトを要求した。17―7と互角の試合を繰り広げるも、相手のサービスエースなどで17―20とピンチに。再度タイムアウトを取ると、途中出場の渡辺彩、宮部藍梨が得点し20―20と追い上げた。石川が3得点を積み重ねて23―21に。ラストは古賀がレフトから強烈なスパイクを決めて、25―23で競り勝ち、宿敵にストレート勝ちを収めた。

 次戦は五輪切符を争うカナダとの重要な一戦。6大会連続の五輪出場に勢いをつける。

 ◇福岡大会の日本の試合日程(12~15日は午後7時20分開始、16日は同6時45分開始)

 ▽12日 3―0韓国(38位)

 ▽13日 カナダ(10位)

 ▽15日 セルビア(8位)

 ▽16日 米国(5位)

カッコ内は試合前の世界ランク。日本は6位。

 ◇日本女子のパリ五輪への道 12枠のうち、昨年五輪予選で出場権を獲得したトルコ、米国、ブラジル、セルビア、ポーランド、ドミニカ共和国と、開催国・フランスの7チームが決定。残る5枠は16チームで争うNL1次リーグ終了時の17日付の世界ランクで決定。アジア・オセアニア、アフリカ大陸はまだ出場権を得ておらず、日本はアジア最上位となるか、すでに出場を決めたチームなどを除く上位3か国に入ることが条件。

【VNL女子福岡大会 日本、格下の韓国に3-0で快勝 負ければ大幅減点もなんのストレート勝ち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 17:57:56.71 ID:nL/3ypog9
U-17日本女子代表は16日、AFC U-17女子アジアカップ インドネシア2024の準決勝でU-17韓国女子代表と対戦した。

上位3か国にU-17女子ワールドカップ(W杯)の出場権が与えられるU-17女子アジア杯。日本はグループBを3戦全勝12得点1失点で首位通過し、決勝トーナメント1回戦の準決勝で韓国と激突した。

試合は40分に日本が先制。左サイドからのクロスをボックス中央の辻あみるがワンタッチで落とす。フリーになっていた根津里莉日が右足で決め切って2戦連発弾とする。

折り返して迎えた後半も主導権を握る日本。68分にも右サイドからのクロスが韓国DFにブロックされたこぼれ球を眞城美春が拾う。ボックス左から左足を振り抜いて追加点をマークしている。

そして、終盤にかけても韓国に得点を許さず、反対に88分に眞城が味方のシュートのこぼれ球を押し込んで3-0で試合終了。これにより、少なくともU-17アジア杯2位以上となった日本は、今年10月からドミニカ共和国で行われるU-17女子W杯への出場を確定させた。続く19日の決勝では、U-17北朝鮮女子代表vsU-17中国女子代表の勝者とアジアの頂点を争う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea2304bb04982e8fbfef5f9c064d557739b55040

【リトルなでしこが日韓戦に3発完勝! U-17アジア杯決勝進出でW杯出場決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/05(火) 11:29:08.11 ID:VsMCpW8N9
FOOTBALL ZONE
3/5(火) 6:40

雪積もる劣悪ピッチで試合…オーストラリア対韓国実施のAFC対応が物議
オーストラリア対韓国のピッチ状況が話題に

 今年のU-20女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたAFC U-20女子アジアカップが、現地時間3月3日にウズベキスタンで開幕。オープニングマッチとしてオーストラリア代表と韓国代表が対戦したなか、劣悪な環境で実施されたことにより、アジアサッカー連盟(AFC)への批判が相次いでいる。

 試合は韓国が前半25分、フリーキック(FK)からこぼれ球を押し込み先制。しかし後半28分、スルーパスからオーストラリアが同点ゴールを奪うと、終了間際の同45分にはコーナーキックの流れから逆転弾を決め、逆転勝利を収めた。

 この試合ではキックオフ前から雪が舞い、除雪作業が間に合わず、ゴール前と両サイドのピッチライン際以外には雪が積もった状態でキックオフされていた。さらにボールは跳ねず、場所によってはスパイクが隠れるほどの積雪に。そのため、FKの際に選手たち自ら雪かきを行い、足場を確保するシーンも見られた。

 試合途中からSNS上では波紋を呼んでおり、元ジェフユナイテッド市原・千葉レディースで、オーストラリア代表MFアレックス・チディアックは「こんな状態でプレーしていいの?」と苦言。さらにSNS上では「酷い運営」「運営は何を考えている?」「これは驚いた」と、コメントが寄せられている。

 また、試合翌日の4日にはオーストラリアプロサッカー選手会(PFA)が「才能ある若手選手にとって最高峰の試合となる機会にもかかわらず、ピッチは受け入れがたく危険だった。選手たちが大きな怪我をせずに済んだのは奇跡だ。大会主催者として、AFCには選手のための安全な環境を確保する義務があるが、昨晩のピッチ状態はほど遠いものだった」と批判の声明を出している。

FOOTBALL ZONE編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/64f7946017f6afd3dad9d8a66f295bd4bdeac505&preview=auto

■動画
https://x.com/afcasiancup/status/1764304861661745498?t=Q9WBGMZqgon3i2g9MBsY7w&s=09

【U-20女子アジア杯で「酷い運営」 試合中まさかの選手雪かき…AFCに非難轟々「危険だった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/12(月) 08:31:07.17 ID:juzYyPDv9
 アジアカップ決勝が現地時間2月10日に行われ、開催国カタールが初めてファイナルに進出したヨルダンを3-1で下し、史上5か国目の大会連覇を果たした。優勝候補と言われた日本はベスト8、韓国はベスト4止まり、中東勢の躍進が目立ったなか、韓国紙は「韓日二強時代の終焉?」と取り上げている。

 2019年大会の王者である開催国カタールは、FWアクラム・アフィフによるPKのみでのハットトリックにより、3-1で勝利。韓国、イラン、サウジアラビア、日本に続く史上5か国目の連覇達成チームとなった。

 今大会はベスト4に残った4か国のうち、韓国以外は中東勢(カタール、ヨルダン、イラン)と中東勢。韓国は準決勝でヨルダンに0-2で敗れ、日本もベスト8でイランに敗れる結果となった。

 韓国紙「アジアトゥデイ」は「韓日二強時代の終焉? カタール大会2連覇で見えたアジアサッカー勢力図の変化」と見出しを打ち、「カタールがアジアカップ2連覇の金字塔を打ち立てた。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2/12(月) 6:10
FOOTBALL ZONE

https://news.yahoo.co.jp/articles/170e8972bfdb69821de4e0053a49dd20cf4f31a6

【日本&韓国の「二強時代」の終焉? アジア杯中東勢の躍進に海外注目「勢力図が変化」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/07(水) 02:06:06.52 ID:qVChdE7e9
[2.6 アジア杯準決勝 ヨルダン 2-0 韓国 アルラーヤン]

 アジアカップは6日、アフメド・ビン・アリ・スタジアムで準決勝を行い、韓国がヨルダンに0-2で敗れた。FWソン・フンミンら豪華攻撃陣が不発に終わり、DFリーダー不在の国内組守備陣が圧倒されて2失点。
ホームのような圧巻の大歓声を受けたヨルダンが史上初の4強入りからなおも快進撃を続け、歴史的な決勝進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fe69e35c36dd0e8812d3e94563bd3e9e1a71913
ゲキサカ

【アジア杯・準決勝 圧巻の大声援受けたヨルダンが史上初のアジア杯決勝進出!韓国に0-2】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/03(土) 03:16:47.02 ID:/+koVt859
 アジアカップ・準々決勝が現地2月2日に行なわれ、オーストラリアと韓国が対戦。韓国が延長戦の末に2-1で勝利を収め、ベスト4へ駒を進めた。

【動画】ソン・フンミンの直接FK弾!

 FIFAランキング25位のオーストラリアと、同23位・韓国の強豪国同士の一戦。序盤から球際での激しい攻防となるなか、徐々に韓国がボールを保持する展開に。

 6分にはソン・フンミンが中央のドリブル突破から、スルーパスを供給。これに反応し、ペナルティエリア左から折り返したファン・ヒチャンのパスはゴール前の味方に繋がらない。

 オーストラリアは押し込まれるなか、コンパクトな守備で対応。すると19分にビッグチャンスを迎える。速攻からクレイグ・グッドウィンが放ったシュートをGKチョ・ヒョヌが弾く。こぼれ球にフリーで詰めたコナー・メトカーフのシュートはミートせず、決め切れない。

 韓国は31分、味方のゴール前への浮き球のパスに抜け出したソル・ヨンウの左からの折り返しにファン・ヒチャンが右足で合わせてネットを揺らす。しかし、VARチェックの末に得点は認められず。

 オーストラリアが42分についに試合を動かす。アタッキングサードでの連係から、メトカーフがペナルティエリア右からクロスを上げる。これをファーサイドのグッドウィンがボレーで合わせて先制する。

 勢いに乗るサッカルーズは、54分にも決定機。左サイドからのアーリークロスに頭で合わせたマーティン・ボイルのシュートはGKがセーブ。はね返りに再びボイルが詰めるもGKが立ちはだかり、そのこぼれ球に反応したミッチェル・デュークのシュートはクロスバーの上に。

 その後は韓国が攻勢を強める。丁寧なビルドアップから相手ゴールに迫り、サイドからのクロスで再三に渡りチャンスを迎えるが、決めきれず。

 それでも終了間際の90+4分、左サイドから仕掛けたソン・フンミンがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これをキッカーのファン・ヒチャンがゴール左に決めて土壇場で同点に追いつく。

 試合は1-1で延長戦に突入。そして迎えた104分、ペナルティエリア手前左で得たFKをソン・フンミンが直接狙う。右足で巻いた鋭いシュートがゴール左に決まり、韓国が逆転に成功する。このまま最後まで1点のリードを守り切った。

 勝利した韓国は6日、準決勝でヨルダンと相まみえる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/43d10b11893405b20cf92d39cf64576eafc98f63

【アジア杯・準々決勝 韓国がオーストラリア撃破でベスト4進出! ソン・フンミンが直接FKで決勝弾! 延長戦の末に2-1勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/31(水) 04:01:22.19 ID:vX8kpQWQ9
 AFCアジアカップカタール2023決勝トーナメント1回戦、サウジアラビアvs韓国が30日に行われた。

 グループFを2勝1分で首位通過したサウジアラビアに対し、韓国は苦しみながら1勝2分の2位でグループEを通過して決勝トーナメントにコマを進め、FIFAワールドカップカタール2022出場国同士が1回戦で対戦することになった。

 サウジアラビアはサレム・アル・ドサリやモハメド・カンノといったワールドカップでも活躍した選手たちが先発。ホームのような大歓声を後押しに戦う。一方の韓国はグループステージでの4バックから一転、3バックを採用。サウジアラビアに合わせる形とし、最前線にはソン・フンミンが入った。

 試合はサウジアラビアがボールを保持する展開。丁寧につなぎつつ、差し込むパスでチャンスをうかがう。韓国は急造感が否めないものの、ソン・フンミンやイ・ガンインの個の力でサウジアラビアゴールに迫る。

 サウジアラビアは前半41分に決定機。左CKからニアサイドに飛び込んだサレー・アル・シェフリ、こぼれ球をアリ・ラジャミがともに頭で合わせたが、クロスバーに立て続けに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 ハーフタイムにサウジアラビアは選手交代。トップに入るアル・シェフリに代えてアブドラ・ラディフを投入するとロベルト・マンチーニ監督の采配が的中する。左サイドのアイマン・ヤヒヤから前線にボールが出ると、アル・ドサリの落としをラディフが拾い、ファーストプレーでペナルティエリア内左から左足でファーサイドに流し込んだ。

 韓国はファン・ヒチャン投入や、従来の4-2-3-1にシステムを代えて、終盤圧力を高めるが、サウジアラビアの集中した守備の壁は崩せず。このままタイムアップかと思われた90+9分、右サイドからのクロスボールをファーサイドでソル・ヨンウが頭で折り返すと、途中出場のチョ・ギュソンが押し込み、韓国が土壇場で同点として延長戦に突入となった。

 消耗の激しい両者は延長前後半の30分間でも決着をつけるには至らず。決勝トーナメント1回戦2試合目のPK戦に突入する。PK戦ではサウジアラビア3人目、4人目のシュートを続けて韓国GKチョ・ヒョヌがストップ。韓国は4人全員が決めて、勝利した。

 8強進出となった韓国は、2月2日に行われる中2日の準々決勝で、中4日で臨むことになるオーストラリアと対戦する。

【スコア】
サウジアラビア 1-1(PK:2-4) 韓国

【得点者】
46分 1-0 アブドラ・ラディフ(サウジアラビア)
90+9分 1-1 チョ・ギュソン(韓国)

https://news.yahoo.co.jp/articles/742782fc27509a4bffc81b640445cfc77e0cbe34

【アジア杯・ラウンド16 韓国がサウジ撃破!PK戦の死闘制して8強進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 22:00:47.19 ID:dvjch5AD9
韓国 0 0 2  0 0 0  0 0 0 1 |3 
日本 0 0 0  0 1 1  0 0 0  2X|4

【バッテリー】
(韓)B.グァク、S.Y.チェ、J.Y.チェ、J.M.チェ、H.Y.チョン - H.J.キム
(日)今井、根本、桐敷、田口、吉村 - 坂倉

【本塁打】
(韓)
(日)牧1号(5回裏ソロ)
   
試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2023/acs2023111902.html
https://baseball.yahoo.co.jp/apbc/game/2021019967/score

【【アジアCS決勝】日本 4x-3 韓国 [11/19] 日本延長タイブレーク逆転サヨナラ勝ち!門脇サヨナラ打!】の続きを読む

このページのトップヘ