SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

須江監督

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/23(水) 19:04:49.48 ID:zgTipX1Z9
https://www.daily.co.jp/baseball/2023/08/23/0016730938.shtml
2023.08.23

「全国高校野球選手権・決勝、慶応8-2仙台育英」(23日、甲子園球場)

仙台育英は強力投手陣が慶応打線に打ち込まれ、史上7校目の夏連覇に惜しくも届かなかった。試合終了の瞬間、力投してきた湯田と高橋、主将の山田らは涙が止まらなかった。

二回までに3点を先行される苦しい展開。さらに慶応の大応援団が大声量で応援を続けたことで、仙台育英にとっては完全アウェーの展開になった。

懸命に1点差まで迫ったが、悪夢が襲ったのは五回。この回からマウンドに上がった背番号1の高橋が2死から適時打で次の1点を奪われると、代打・安達にもタイムリーを浴びた。さらに左中間へ飛んだ飛球に対して中堅手と左翼手が交錯。落球する間に2点を失った。

 相手の大声援で声の連携が取れなかった可能性があり、一挙5点のビッグイニングを作られて突き放された。クーリングタイム中には須江監督が選手たちを集めてベンチ内でミーティングする場面も。本来の投手を中心とした守りの野球の歯車が決勝戦で狂ってしまった形だ。

準Vの仙台育英 須江監督「人生は敗者復活」と再び名言 慶応監督に「おめでとうございます」と笑顔で拍手送る
https://www.daily.co.jp/baseball/2023/08/23/0016730981.shtml

報道陣の取材には「慶応がただただ強かった。完敗です。選手たちも最高のプレーをしてくれた。点差は開いたが、最高のベストゲームだった」と選手をたたえた。敗戦にも胸を張り、「2年間で頂点、あとひとつの悔しさ、ともに味わうことができた。人生は敗者復活です。この経験を次に生かします」と語り、昨年優勝時の「青春は密ですから」に続き、“名言”も残した。

試合後、涙が止まらない仙台育英ナインだったが、優勝インタビューを受ける慶応の主将大村、丸田に真っすぐ視線を送り、全員で拍手を送った。

ネットからは「異様な重圧から解放された」、「胸を張って下さい」、「お疲れ様でした」などの声が寄せられた。

https://i.daily.jp/baseball/2023/08/23/Images/f_16730994.jpg
https://i.daily.jp/baseball/2023/08/23/Images/f_16731269.jpg

【仙台育英は史上7校目の夏連覇逃す 選手は涙止まらず…完全アウエー状態の甲子園で懸命に戦うも監督は「完敗です」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/06(日) 21:49:20.95 ID:7JZRpHYB9
 「全国高校野球選手権・1回戦 仙台育英19-9浦和学院」(6日、甲子園球場)

 浦和学院に大勝した仙台育英・須江監督は「こんな試合になるなんて、0・00001%も思っていなかった」と評した。

 初回にアピールプレーで得点が修正される場面もあったが、2死から3連続タイムリーで一挙4点を先制した仙台育英。三回には二ゴロ間に1点を追加後、尾形、湯田の2者連続アーチが飛び出した。さらに猛攻は止まらず、橋本の右前適時打で計5点を挙げた。

 4月に行われた両校の練習試合では8回まで2-2の接戦を展開。九回に仙台育英が2点を勝ち越して勝利していた。

 それだけに指揮官の想定外となったゲーム。ただ浦和学院も猛反撃で強力投手陣に対抗し、追い上げてきたことで「強いチームだった。点差より拮抗していた。圧があった。話しても追いついてくる」とベンチでの心境を明かし、「こんなに取ったのも取られたのも初めて」と驚きの表情を浮かべた。

 それでも打線が終盤に粘る浦和学院を突き放し、夏連覇へ向けて大勝で一歩を踏み出した。組み合わせ抽選後に「打ち合いになったら勝てない」と語っていたが、春よりも力強さを増した打線の成長が頼もしい。

 次戦は同じ東北地区でしのぎを削る福島・聖光学院。甲子園経験が豊富な難敵だが、湯田は「ストレートや変化球含め、次戦に向けて見直したい」と前を向いた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/73cbf8acbfd73aa5c48a7b325f024c222bc67acd

【仙台育英・須江監督「こんな試合になるなんて0・00001%も思ってなかった」】の続きを読む

このページのトップヘ