1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/14(木) 17:33:51.23 ID:CAP_USER9
◆男子プロゴルフツアー 関西オープン 第1日(14日、兵庫・よみうりCC=7180ヤード、パー71)

 13歳のアマチュア・香川友(とも、山東CC)が、鮮烈なレギュラーツアーデビューを果たした。ツアー通算30勝の倉本昌弘(フリー)、同2勝の市原弘大(フリー)と回り6バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの70で、1アンダー発進。千葉県の野田第一中学校に通う身長170センチ、95キロの中学2年生が、デビュー戦でいきなり好アピールした。

 今年3月1日に同じよみうりCCで開催された、今大会のアマチュア予選競技(126人出場)をトップ通過し、自身初のレギュラーツアー挑戦権を奪取。その記念すべき大会の初日から好パフォーマンスを発揮した。この日、6つ目のバーディーを奪った15番では5アンダーまでスコアを伸ばすなど、一時は首位と1打差の2位に浮上。フィニッシュ直前の16、18番をともにダブルボギーでスコアを落としたが、堂々のプレーを見せた香川は「あまり、緊張はしないんです。悪いところは別になくて、ちょっとしたところが(最後に)ダメだったから」と淡々と振り返った。

 2020年10月13日に茨城・鉾田市のザ・ロイヤルGCで開催された男子ミニツアー「チャリティトーナメント ザ・ロイヤルゴルフクラブ」では7585ヤード、パー72という長いコース設定で5アンダー、67の驚異的なスコアを記録。小学校6年生ながら優勝したプロと同スコアで、断トツでベストアマに輝いた「天才少年」だ。この日も平均飛距離285ヤード、最高では300ヤードを超えるドライバーショットに加え、アプローチ、パターも巧みにスコアを伸ばした。同組で回った倉本らが「ナイスショット」「うまいな~」と何度も賛辞を送ったほど。ショット間やホール間の移動中には、まだあどけない笑顔をみせたが、大人顔負けのラウンドを披露した。

 第2日の結果次第では、2009年のVanaH杯KBCオーガスタで伊藤誠道が記録した、14歳21日のアマチュア最年少予選通過を更新(香川は13歳258日)する。将来的な目標にマスターズ優勝を掲げる大器は、初ツアー2日目に向けて「まずは予選を通過して、上位を目指したい」と笑った。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/56e0e1a552df72bb0ccbe7aa0d72757e3aa3dcbe
画像
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220414-04141106-sph-000-12-view.jpg

【関西オープン 身長170センチ、体重95キロの大器 13歳の香川友が1アンダーの鮮烈デビュー】の続きを読む