SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

香川真司

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/14(月) 17:13:13.74 ID:CAP_USER9
◇ベルギー1部 シントトロイデン1―0サンジロワーズ(2022年2月13日 ベルギー・サンジル)

 シントトロイデンに加入した元日本代表MF香川真司(32)がサンジロワーズ戦の後半38分から新天地ベルギーでデビューした。日本、ドイツ、イングランド、トルコ、スペイン、ギリシャに続く7リーグ目。短い出場時間で見せ場はなかったが、1―0とリードしていた12位のシントトロイデンは橋岡大樹(22)が与えた後半アディショナルタイムのPKをしのいで2連勝。最近10戦で8勝2分けだった首位から貴重な勝ち点3を挙げた。

 シントトロイデンの林大地(24)、橋岡、GKシュミット・ダニエル(30)はフル出場し、サンジロワーズの三笘薫(24)は負傷でベンチ外。鹿島から期限付き移籍で加入した町田浩樹(24)がデビュー戦でフル出場した。

スポニチ 2/14(月) 15:27
https://news.yahoo.co.jp/articles/96f5aa4ce8d16cb463d2f00a087d15ecf5f6f7cb  

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220214-00000208-spnannex-000-3-view.jpg?pri=l&w=480&h=640&exp=10800

【シントトロイデンMF香川真司 後半38分からベルギーでデビュー!日本、ドイツ、イングランド、トルコ、スペイン、ギリシャに続く7リーグ目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/11(金) 20:45:06.52 ID:CAP_USER9
 今冬にシントトロイデンへ加入したMF香川真司が近況や新天地デビューに向けた意気込みなどを語った。プロスポーツ選手のマネジメント会社『UDN SPORTS』が7日、公式ツイッター(@UDNSPORTS)で同選手のメッセージ動画を公開している。

 香川は昨年12月にPAOKテッサロニキ(ギリシャ1部)を退団した後に無所属が続いていた中、先月26日にシントトロイデン加入が正式決定した。背番号は日本代表でも慣れ親しんだ「10」。今月5日のベルギー・リーグ第26節コルトレイク戦(○3-1)では出番こそなかったものの、招集メンバー入りを果たした。

 動画の中で香川は「今は非常にトレーニングをハードに積んで練習できていますので、しっかり試合に出られる準備をして戦っていきたいなと」と新天地デビューへ意欲を示している。

 シントトロイデンにはGKシュミット・ダニエル、DF松原后、DF橋岡大樹、FW林大地、FW原大智と多くの日本人プレーヤーが在籍。香川にとってもいい刺激となっているようだ。

「日本人選手もたくさんいますけど、彼らから得る刺激もすでに感じていますし、本当に楽しく毎日みんなと一緒になって、若い彼らの情熱を受け取りながら、自分を鼓舞して毎日練習に励んでいます」

 新天地での充実ぶりをうかがわせる香川だが、「本当にね、練習がキツいです(笑)。ハードです(笑)」と本音も。それでも「ただ、これぐらいやらないといけないなと自分自身感じていますので、しっかりとやって体を一日でも早くいい状態に仕上げて、試合に出られるように頑張っていきたいと思います」と誓い、「みなさん応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

 シントトロイデンはレギュラーシーズンで26試合を消化し、9勝4分13敗(勝ち点31)で11位。次節は13日に開催され、MF三笘薫とDF町田浩樹が所属する首位ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズと敵地で対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/65adef2a26311319db7c60c2d4a4209d2aaaa5bf

【「しっかり出られる準備を」新天地デビューへ意気込むシントトロイデンMF香川真司「本当に練習がキツい(笑)」と本音も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 21:42:20.32 ID:CAP_USER9
シント=トロイデンは26日、今冬獲得した元日本代表MF香川真司(32)の正式加入を発表した。

香川はセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせ、2010年夏のドルトムント移籍を機に欧州挑戦。ユルゲン・クロップ現リバプール監督の下でブンデスリーガ2連覇に貢献すると、2012年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督に才能を見込まれ、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

2014年夏からドルトムントに復帰後、ベシクタシュ(トルコ)、レアル・サラゴサ(スペイン)を渡り歩き、2021年1月からPAOKテッサロニキ(ギリシャ)に活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、2021年12月に契約を解消していた。

11日、シント=トロイデンは香川の入団会見を実施。日本に滞在していた香川は、13日にも渡欧すると発表されていたが、査証申請に必要な書類関連の都合で渡欧が延期に。そこからおよそ10日間が経過した23日に、香川は現地へと到着した。

香川は労働許可書が発行され次第チームに合流する予定。背番号は「10」になることが発表された。

超ワールドサッカー 1/26(水) 21:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/5015acf93dedeaae6239e8782057b8bd4928573e

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220126-00412137-usoccer-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=410&exp=10800

【シント=トロイデン、香川真司の加入を正式発表!背番号は「10」に決定 労働許可書発行後に合流】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 11:57:22.07 ID:CAP_USER9
ベルギー1部シント=トロイデン(STVV)は1月24日、日本語版公式ツイッター(@STVV_JP)を更新。新加入のMF香川真司がついにベルギー入りしたことを、到着時の写真付きで報告した。

【画像】「観光客みたい」香川真司のベルギー到着時の貴重な“私服ショット”!https://pbs.twimg.com/media/FJ0MB4mX0AErQcU?format=jpg&name=small

 STVVは現地時間10日に、香川との契約合意を発表。しかし、それから10日以上が過ぎても現地入りは叶わず、ベルギー紙『Het Belang van Limburg』は「1週間前にベルギー行きの飛行機に乗るはずだった。だが、渡航に際して行政の障害があり、そうならなかった」と20日付けで伝えていた。

 そして契約合意発表から14日後の24日、クラブはツイッターでついに、「香川真司選手がベルギーに到着。ようこそ」と報告。白いインナーに茶色のジャケット、頭にはバケットハットを身に着けた香川の私服ショットを公開した。
 
 これにはファンも反応。「待ってたぞー! やったれ真司!」「よかった! 頑張って!!」と期待する声や、「なんか観光客みたいでカワイイw」といった服装に触れるものなど、多くのコメントが寄せられている。

 昨シーズン香川は、ギリシャのPAOKでプレー。しかしコンディション不良もあり、公式戦8試合で無得点と結果を出せず、昨年12月に退団。6か国目の海外挑戦となるベルギーの地でかつての輝きを取り戻せるか、元日本代表10番の新天地での活躍に期待したい。

サッカーダイジェスト 1/24(月) 11:51
https://news.yahoo.co.jp/articles/e71a36d01acd42cf2f996cafe9ec905be0990272

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-00104356-sdigestw-000-4-view.jpg?pri=l&w=640&h=450&exp=10800

【「待ってたぞー! やったれ真司!」香川真司、ついにベルギー入り! “私服ショット”に「なんか観光客みたいでカワイイw」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/13(木) 07:54:49.36 ID:CAP_USER9
1/13(木) 5:15配信
東スポWeb

「香川真司ブランド」は健在だ(東スポWeb)

 ベルギー1部シントトロイデンに入団した元日本代表MF香川真司(32)に、早くもアジアから熱視線が注がれている。11日の入団会見の様子が世界各国で報じられる中、地元紙「ニウスブラッド」が注目したのが、香川のピッチ外での〝貢献〟だ。

「シントトロイデンは、香川で世界を驚かせる。ドルトムントとマンチェスター・ユナイテッドの元選手の移籍は、すぐさま商業的ヒットとなる。クラブの歴史の中で最も印象的な移籍により、クラブはしばらくの間、新型コロナの懸念を忘れる」と報道。欧州の名門で実績を残した〝ブランド力〟は健在で、クラブに経済効果をもたらすとの見方を示した。

 特に期待されるのが、日本以外のアジア市場の開拓だ。アジアで絶大な人気を誇るマンチェスターUで活躍したため、東南アジアや中東、中国などでは他の日本人選手では比較にならないほど香川に対する人気は熱狂的だ。

 実際、入団会見を受けてアジアサッカー連盟(AFC)もさっそく公式ホームページで大々的に特集。「香川がシントトロイデンに移籍」と題して「元C大阪、マンチェスターUのMFが火曜日にクラブ7人目の日本人選手となった。セレッソでキャリアをスタートさせた香川はドルトムント、そしてマンチェスターUでタイトルを獲得した」と紹介した。また「2012年にアジア年間最優秀選手に選ばれた」とアジア屈指のレジェンドであることを強調した。

 アジアのスターはプレーはもちろんのこと、クラブのファン層拡大にも大きく貢献しそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220113-03923813-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ddb520280fb481ff9340ea0301c83b18309a10fd

【元ドルトムント&マン・U〝香川真司ブランド〟にアジア各国が熱視線 ベルギー紙は「商業的ヒット」と報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/11(火) 18:17:44.50 ID:CAP_USER9
サッカー・ベルギー1部のシントトロイデンへの加入が発表された香川真司が11日、記者会見を開いた。

 加入に際し、「非常に興奮していますし、何より早く現地にいってプレーがしたい」と語った。プレー機会を求めての移籍であることも踏まえて「去年1年プレーしていなかったので、ただ単純にプレーがしたい。そして、自分の力っていうものを改めて証明したいというのがあるので」と力強く言い切った。

 Jリーグ復帰に関しては「考えるところはありましたけど」と考慮したことは認めたが、「ヨーロッパに残ってチャレンジしたいという気持ちが上回りました」とした。欧州に残っての目標については「別に具体的にないですけど、サッカー選手としてただただ成長し続けたいですし、そういう感覚があるので、自信があるので、この挑戦を選びました。ただ、それはピッチで証明しないといけないと強く感じています。言葉ではなくて、ピッチの上で証明していきたいと思います」とした。

 クラブの立石敬之CEOからは、ピッチ上でのプレーに期待している上で、「ボールをたくさん触れながら、落ち着かせたり、ゲームコントロールをしたり、新しい香川真司を」つくることと、若い選手へのいい影響を期待できることを獲得理由に挙げた。

 「新しい香川」という点について、香川自信は「チームが変わればそうですし、監督がかわればサッカーっていうのは常々変わりますし。求められるものは変化しますので。新しいチーム、監督のもと、僕も常々変化、進化していきたいと思っているので」と受け止め、「監督と具体的に話した中で、非常に魅力的ですし、自分に必要なことと感じたので、新しい自分を築けていけるんじゃないかなと思います」と前向きに語った。

 背番号は契約後の発表と案内された。香川はギリシャのPAOKとの契約を双方合意の上で解除した後、去就が注目されていた。

 ドルトムント(ドイツ)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)など、世界中で活躍も、厳しい時間も過ごしてきた香川。昨年の厳しい1年間を踏まえ、「厳しい逆境っていうのが大きく人を成長させるんだなと僕は体現してきたと思っていますし、っていうのも、自分自身、今の状況では終われないですし、去年1年の悔しさっていうのを非常に強く感じていますので。これを自分自身の力でまた証明していくしかないかなと。そして何よりその環境がヨーロッパにはあると強く感じています」と決意を言葉にした。

 また今年カタールで開催されるW杯に向けても「今年はW杯イヤーでもあるので、そこの目標というのは常々持っています」と明言。「この1年の成績、自分のパフォーマンスというのは非常に大きく重要視されると思っていますので、そこは非常に自分自身に期待しているし、そこに入ってもやっていけるということは常にイメージしながらトレーニングしていますので。そこは非常に目指している場所であります」と目標の一つとして語った。

ディリースポーツ 1/11(火) 16:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/98a3b9ab3d363742923cd64d57b0a83b0654dd6a 

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220111-00000096-dal-000-15-view.jpg?pri=l&w=461&h=640&exp=10800

【シントトロイデン・香川真司、Jリーグ復帰について「考えるところはありました」「ヨーロッパに残ってチャレンジしたいという気持ちが上回りました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/10(月) 17:18:00.95 ID:CAP_USER9
ベルギーのシントトロイデンは10日、元日本代表MF香川真司(32)との契約が基本合意に達したと発表した。渡欧後、メディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定だという。

香川は昨年1月からギリシャのPAOKに所属していたが、同12月中旬に双方合意の上で契約解除に至ったと発表されていた。香川にとってシントトロイデンは、
ドルトムント(ドイツ)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、ベシクタシュ(トルコ)、サラゴサ(スペイン)、PAOK(ギリシャ)に続いて海外6か国6クラブ目となる。

香川はシントトロイデンを通じて「初めまして、香川真司です。強い気持ちを持ってSTVVに加入することを決断しました。チームの目標を達成するために、自身のプレーや経験で貢献していきたいです。
早く有観客で試合が開催されて、ファン、サポーターの皆さまの前でプレーできる日を楽しみにしています。今後とも応援よろしくお願いいたします」と意気込みを述べている。

またシントトロイデンの立石敬之CEOもコメントを発表。「今回の香川選手との契約は、STVVにとっても香川選手自身にとっても新しいチャレンジとなります。
皆さんが持っている香川選手のイメージとは違うものを私たちは生み出したいと思います。STVVが更なる高みを目指すために彼の進化に懸けてみます」と期待を寄せている。

シントトロイデンは日本のDMMグループが経営権を持つクラブ。日本代表GKシュミット・ダニエル、日本代表DF橋岡大樹、DF松原后、MF伊藤達哉、東京五輪日本代表のFW林大地、FW原大智も所属している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/db6507f6a55646355fa81c7a2fe778e2d09dd6e8

【元日本代表MF香川真司のシントトロイデン移籍が正式決定! 海外6クラブ目「強い気持ちを持って決断しました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/04(火) 06:55:25.19 ID:CAP_USER9
1/4(火) 5:15配信
東スポWeb

昨年は見せ場に乏しかった香川(東スポWeb)

 ギリシャ1部PAOKで構想外となり退団した元日本代表MF香川真司(32)が、意外なモテモテぶりを見せている。

 以前からJリーグや米メジャーリーグサッカー(MLS)などが香川に興味を示す一方で、PAOKで出場機会がなかった現状から、本人が希望する欧州強豪国でのプレー続行は厳しいものとみられていた。そんな中、これまでスコットランド1部レンジャーズや古巣にあたるスペイン2部サラゴサ、トルコ1部ベシクタシュからの関心が現地で報じられ、さらに冬の移籍市場が始まって新たな動きも出てきた。

 トルコメディア「Transfer Merkezi」は「アンタルヤスポルが香川真司サイドと会う。双方の当事者の間で合意が差し迫っている」と報じた。トルコ1部アンタルヤスポルは昨季、国内カップで準優勝した有力クラブ。今季はリーグ戦で15位と低迷しているが、逆襲の切り札として高い評価を受けているようだ。

 香川がモテモテな理由は実力に加えて、絶大な人気も背景にある。大手広告代理店関係者は「香川選手は最近代表ではプレーしていないものの、人気や知名度はサッカー選手として別格の存在」と指摘する。香川の公式SNSはフォロワー数が156万人と日本人選手で最多を誇る。日本代表で一番人気のMF久保建英(20=マジョルカ)でさえ123万人で、その人気は健在。香川を獲得すれば、クラブにとっても絶大な露出効果を期待できるというわけだ。

 香川は多くの選択肢から復活の地を見極めることになりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220104-03905678-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e85dd5408835f9f61d3752b44f51d85a9e5319e2

【元日本代表MF香川真司 欧州クラブが次々に関心…PAOK構想外でもモテモテの理由】の続きを読む

このページのトップヘ