SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

高木美帆

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 17:53:05.39 ID:CAP_USER9
北京五輪で冬季五輪の日本勢一大会最多となる4個のメダルを獲得したスピードスケート女子の高木美帆(28=日体大職)が16日、都内で会見を開き、今季から所属の枠を超えて強化するナショナルチーム(NT)を離れて活動することを表明した。昨季限りでNTのコーチを退任したヨハン・デビット氏(42)のもとで練習する。練習拠点を固定せず、日本とオランダを行き来する生活を送る方針だ。

 NTで約8年活動してきたが「今年はナショナルチームではなく、個別でヨハンと活動していくことを決めました。最後に出てくる気持ちがヨハンと一緒にまだ続けたいという気持ちだった。ヨハンはスケート以外でもたくさんの気付きを与えてくれる」と決断。「ナショナルと他のチームが競い合いながら日本のスケート界が活性化する未来があったらいいなと考えています」と語った。

 北京五輪では1000メートルで金、500、1500メートル、団体追い抜きで銀を獲得。26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪については「ミラノより私がスケートを続けたい気持ちを大事にしたい。1年1年を積み上げていくことが大事で、その先にミラノがあるかどうかになってくる」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfaa312f47bb47803728c978d9d18ac957282f2d

【「ヨハンと一緒に続けたい」スピードスケート高木美帆、ナショナルチームを離れることを表明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/05(火) 15:24:53.35 ID:CAP_USER9
 スピードスケート女子で2月の北京五輪で1000メートル金などメダル4個を獲得した高木美帆(日体大職)が5日、都内で会見し、現役続行を表明した。

 高木美は3月中旬にオランダで昨季最終戦を終えた後、今後について休養を取りながら熟考したい考えを示していた。その上で、ここまでの時間で「本当はスケートを続けるかどうかっていうのも考えるべきだなって思ったけど、どういうふうにやっていくかは置いておいたとしても、スケートを滑ることに対して前向きに思っている自分がいることに気付いた。自分に問いかけた時に、最初に出てきたスケートを滑りたいんだなと思う気持ちを大事にしたいなと思った」と決断までの経緯を明かした。

 ただ、4年後のコルティナダンペッツォ五輪を目指すかについては明言を避けた。「正直よく分からないというのが素直な気持ち。スケートをやりたくないと思う時が来るかわからないですけど、自分の体がいつまで持つかはわからない。20代前半に比べると、体に関してはカウントダウンが確実に始まっているとは思っているので、ミラノに対して責任を持って発言できる状態ではない」と慎重な姿勢を示した。ナショナルチームの体制が変わることもあり、今後の活動拠点についても「いろんな選択肢を取れるのかなと思っていて、どういう選択肢をとるのがベストなのかをよく考えたい」とした。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/c594026984e6986d1c7d8eb3346d9fe84bcda4cb

【スピードスケート・高木美帆が現役続行を表明「スケートを滑りたいと思う気持ちを大事にしたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 07:18:17.04 ID:CAP_USER9
2022年03月13日 05:30 スピードスケート
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/03/13/kiji/20220313s00078000122000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/03/13/jpeg/20220313s00078000100000p_view.jpg

 【スピードスケートW杯最終戦第1日 ( 2022年3月12日 オランダ・ヘーレンフェイン )】 12日に行われた女子1500メートルは高木美帆(27=日体大職)が1分53秒32で制した。今季W杯のこの種目は出場4レース全勝で、4季ぶりの種目別総合優勝となった。高木菜那(29=日本電産サンキョー)は5位で今季最終レースを終え、改めて今季限りの現役引退を示唆した。女子500メートルは小平奈緒(35=相沢病院)が3位。男子500メートルは新浜立也(25=高崎健康福祉大職)が34秒38で優勝した。

 女子1500メートルで高木美は憧れだったブストと最終組で同走し、引退レースとなった北京五輪金メダリストを圧倒した。五輪5大会でメダルを荒稼ぎしたレジェンドの惜別ムードで盛り上がる本場のリンクで、銀メダルだった北京五輪よりも0秒4も速いタイムで滑り「ブスト選手のラストレースを一緒に滑れることをかみしめていた」と感慨深げだった。また、種目別総合優勝に「W杯総合は今季ゴールに置いていた場所ではないので、頑張ったご褒美という位置付け」と語った。

 ≪小平意地の3位≫女子500メートルで小平が3位に食い込み、元女王の意地を見せた。最初の100メートルは全体2位の10秒48。後半も落ち着いて足を運んだ。1月中旬に右足首を捻挫。十分な練習を積めず、北京五輪は連覇を狙った女子500メートルが17位、前回銀メダルの女子1000メートルが10位に終わった。今月初旬の世界選手権を欠場。今大会に備え「足首は完全に治っていないが、その中で自分のレースをできた。うまくいかないことがあっても立て直せるのが自分の強み」と語った。

【スピードスケートW杯 高木美帆、4季ぶり種目別総合優勝 憧れの五輪金メダリスト・ブストを圧倒】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/07(月) 04:52:50.83 ID:CAP_USER9
3/7(月) 2:34配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/93ffa53f24225d52bac1238152c5d3ef487754e7

◆スピードスケート 世界選手権 最終日(6日、ノルウェー・ハーマル)

 オールラウンド部門で女子の高木美帆(日体大職)は2位だった。4種目総合で争う後半の2種目が行われ、1500メートルは1分55秒03の1位で総合首位をキープ。最後の5000メートルも自己ベストの7分1秒97で4位に入ったが、北京五輪3冠のイレーナ・スハウテン(オランダ)に逆転を許した。高木菜那(日本電産サンキョー)が総合7位、佐藤綾乃(25)=ANA=が8位に入った。

 高木美は金1、銀3のメダル4つを獲得した北京五輪後の初戦だった。オールラウンダーとして、こだわりも強かった大会。最初の500メートルで1位となったが38秒31とタイムが伸びず、3種目目の1500メートルも会心のレースとはいかなかった。長距離を得意とするスハウテンに対し、2種目でリードを広げきれなかったことが響いた形とはなったが「この大会で1番に登りたかったなっていう気持ちはあったけど、後悔や悔いはない」と語った。

 北京五輪後、すぐに今大会に向けて転戦した。5種目に出場し、全てを出し切った五輪から約3週間。心身ともに疲労が残っていた影響からか「自分の中で3000メートルと5000メートルは滑れても、500メートルや1500メートルの速いスピードで滑る種目に体が追い付いてこない部分があるのかなとも感じていた」という。ただ、「それを引っくるめて、これが私の今の限界だなと感じている。例えばスプリント(種目)に対して準備不足とかっていうところのミスではない」と結果を真摯(しんし)に受け止めた。

【スピードスケート世界選手権 高木美帆は総合2位 最終種目で逆転許すも「これが私の今の限界。悔いはない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/22(火) 16:29:31.49 ID:CAP_USER9
【北京=共同】北京冬季五輪が20日に閉幕した。
選手は余韻に浸ることなく、残るシーズンに気持ちを切り替えている。
スピードスケート女子1000メートルの「金」を含む4つのメダルを獲得した高木美帆(日体大職)は3月3日開幕の世界選手権(ノルウェー)、同12、13日のワールドカップ(W杯)最終戦(オランダ)へ「まだ私のシーズンは終わっていない。ゼロから新しい気持ちで挑んでいきたい」と意欲をみなぎらせた。

ノルディックスキーのジャンプ男子個人ラージヒル銀メダル、ノーマルヒル金メダルの小林陵侑(土屋ホーム)は欧州に戻り、個人総合優勝を争うW杯に戦いの場を移す。
混合団体でスーツの規定違反で失格となり、失意に沈んだ女子の高梨沙羅(クラレ)も「現状を鑑みて前進していきたい」とW杯に備えている。
フリースタイルスキー男子モーグル銅メダルの堀島行真(トヨタ自動車)は3月に再び欧州で初のW杯種目別優勝を狙う。

フィギュアスケートは、男子銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)と銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子銅メダルの坂本花織(シスメックス)が3月23日開幕の世界選手権(フランス)に臨む。五輪3連覇を逃して4位だった羽生結弦(ANA)も代表入りしているが、態度を保留している。

カーリング女子で銀メダルと躍進したロコ・ソラーレは3月のカーリング女子世界選手権(カナダ)は出場せず、中部電力が挑む。スノーボード男子ハーフパイプ金メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)は今後について「ちょっと休憩して、これからどういう道を進むのか、しっかり考え直して進みたい」と話した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC21BHV0R20C22A2000000/

【北京オリンピック・メダリストたちが再び世界へ 世界選手権に挑む高木美帆「まだシーズンは終わっていない」 ジャンプやモーグル勢もW杯に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/14(月) 10:34:51.62 ID:CAP_USER9
2/14(月) 10:30
日刊スポーツ

【スピードスケート】高木美帆銀メダルの500m決勝15・5% 深夜帯ながら注目の高さ

NHKで13日に放送された、北京オリンピックスピードスケート女子500メートル決勝(午後22時53分)の平均世帯視聴率が15・5%(関東地区、速報値)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。個人視聴率は8・9%。

高木美帆(27)が37秒12の自己ベストで銀メダルに輝き、1500メートルに続く今大会2つ目のメダルを獲得した。旗手を務めた郷亜里砂(34)は15位、前回平昌大会で金メダルの小平奈緒(35)は17位だった。

日本人選手では高木が最初で午後11時ごろに登場。メダル決定は同11時30分過ぎだった。世帯視聴率2ケタを記録し、深夜帯だったが注目された形となった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220214-32140002-nksports-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a26fe357ea37518cd31e18fb4bbcba8bfa37aa24

【北京五輪・スピードスケート 高木美帆銀メダルの500m決勝15・5% 深夜帯ながら注目の高さ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/21(月) 05:53:09.78 ID:CAP_USER9
冬季五輪で日本勢一大会最多となる4個のメダルを獲得した高木美帆(27=日体大職)が20日、女子団体追い抜き銀メダルメンバーとして北京市内で会見した。

 自身3度目の五輪は金1、銀3を手にし「五輪は本気を味わえる場所だと強く感じた。本気の舞台で本気で戦えるのは幸せ。しんどい期間もあったけど、楽しかった」と振り返った。

 今後は3月の世界選手権(3~6日、ノルウェー)、W杯最終戦(12、13日、オランダ)に出場する。今季はコロナ感染予防のため美容室に行くことを控えており「日本に帰って落ち着いたら美容室に行きたい」と笑った。

スポニチ 2/21(月) 5:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d2689967d911b202784aa9ce61ac6c9b189e34f

【「本気の舞台で本気で戦えるのは幸せ」高木美帆、日本勢一大会最多メダル4個獲得】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/08(火) 10:24:06.80 ID:CAP_USER9
2/8(火) 9:56
スポニチアネックス

高木美帆が銀メダル獲得「スピードスケート女子1500メートル」視聴率は11・9%
スピードスケート女子1500メートルのレースを終え厳しい表情の高木美帆(撮影・小海途 良幹)
 7日に行われた北京五輪・スピードスケート「女子1500メートル」を生中継した日本テレビ「北京オリンピック」(後4・50〜8・45)の平均視聴率は11・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。個人視聴率は6・5%だった。

 5種目にエントリーし、日本選手団の主将も務める高木美帆(27=日体大職)が女子1500メートルに出場し、銀メダルを獲得した。これで五輪通算メダル数を冬季五輪の日本勢単独最多となる4に伸ばした。

 最終15組で登場した高木美は1分53秒72で2着。五輪新記録を出したイレイン・ブストの1分53秒28に及ばず、念願の金メダルはならなかった。日本スピードスケート陣では今大会初メダルとなったが、ぼう然とした表情が印象的だった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220208-00000129-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/98a04f7dd12142497f068991fd27dca4c85001b4

【北京五輪・スピードスケート女子1500M 高木美帆が銀メダル獲得 視聴率は11・9%】の続きを読む

このページのトップヘ