1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 13:23:30.70 ID:CAP_USER9
男子テニスの6月13日付ATP世界ランキングが更新され、錦織圭は前回から20下げて104位へ後退。錦織が世界ランキングで100位台になるのは2010年11月以来 約12年ぶり。

錦織は1月のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、股関節の負傷のため欠場。その後、同月25日には同箇所の手術を受けたことを報告して、約6カ月間ツアーを離脱すると発表しており、復帰は7月から8月を予定している。

手術以降はリハビリを行う動画、その後オンコートでストロークやボレーを行う動画、直近ではウェイトトレーニングを行う動画を公開し、復帰に向けて準備を進めている様子を自身のSNSや公式アプリ「KEI NISHIKORI」で投稿している。

また、その他日本人では西岡良仁は変わらず102位で日本勢トップに。ダニエル太郎は18下げて127位となった。

6月13日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■102位[ - ]…西岡良仁
574ポイント(619ポイント)

■104位[ ↓20 ]…錦織圭
565ポイント(745ポイント)

■127位[ ↓18 ]…ダニエル太郎
492ポイント(562ポイント)

■224位[ ↑5 ]…綿貫陽介
248ポイント(248ポイント)

■246位[ ↑8 ]…守屋宏紀
212ポイント(220ポイント)

■252位[ ↑5 ]…内山靖崇
206ポイント(215ポイント)

■258位[ ↑9 ]…内田海智
201ポイント(205ポイント)

■272位[ ↑2 ]…杉田祐一
187ポイント(198ポイント)

■327位[ ↓30 ]…添田豪
142ポイント(169ポイント)

■401位[ ↑3 ]…望月慎太郎
104ポイント(105ポイント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5295107069302f534146a6c3f8f3d82945820b3

【錦織圭 12年ぶりに100位台へ後退、6月13日付世界ランクで104位に】の続きを読む