SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

18号

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 05:57:25.17 ID:KhVfRdVK9
6/17(月) 5:47配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240617-00010000-fullcount-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
Full-Count
本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で出場
ドジャース・大谷翔平【写真:荒川祐史】

■ドジャース ー ロイヤルズ(日本時間17日・ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で4試合ぶりとなる18号ソロを放った。飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大アーチで、リーグトップのマルセル・オズナ外野手(ブレーブス)に2本差に迫った。

【実際の映像】大谷翔平の特大18号 打った瞬間確信弾…本拠地大興奮

 初回、1死走者なしで迎えた第1打席では四球を選び、3回の第2打席で相手先発・シンガーから豪快なアーチをかけた。バックスクリーン左へ運んだあたりは、打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、451フィート(約137.5メートル)の特大弾だった。

 前日15日(同16日)の同カードでは3打数無安打だったが、これで直近6試合で3本目の本塁打。ロイヤルズ戦では通算10本目のアーチで、ベンチでは笑顔を見せた。

 6月の月間成績は試合前時点で打率.216(51打数11安打)、3本塁打。しかし、昨年の6月は打率.394(104打数41安打)、15本塁打29打点、OPS1.444と打ちまくり、月間MVPに輝いていた。ここからの巻き返しに期待がかかる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e0e363d924f889876d732478cbd458f4e7a12a3

【ドジャース・大谷翔平、137m特大18号ソロ 4試合ぶり一発!リーグトップに2本差、6戦3発に本拠地熱狂】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/16(土) 14:58:44.68 ID:9P3SmlkI9
9/16(土) 14:48配信 中日スポーツ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/216ade0835818589f1af5b67729d6eaf9370fe3c

◇15日(日本時間16日)大リーグ ダイヤモンドバックス6―4カブス(フェニックス)

 カブスの鈴木誠也外野手は「6番・DH」で18号2ランを放つなど4打数1安打、2打点だった。チームは3連敗。ポストシーズン進出への最後のいすであるワイルドカード3位タイの2チームに1・5ゲーム差に迫られた。

 過去に2人の日本選手しか届いていない高みに、王手をかけた。1―6と劣勢の9回1死一塁。鈴木は内角低めのスライダーを待っていたかのようなタイミングで捉えると、バットを放り出してゆっくりと一塁に走り出した。左翼ポール際の中段に飛び込んだ飛距離128メートルの一発は、メジャー全30球場でフェンスオーバーという完璧な当たりだった。

 2試合ぶりの一発は、メジャー日本選手で史上5人目のシーズン18号となった。過去に達成している4人は、松井秀喜(元ヤンキース)と大谷翔平(エンゼルス)、井口資仁(元ホワイトソックス)、城島健司(元マリナーズ)。

 松井と大谷は、ともに5度ずつ到達している。今季の大谷は44本塁打でリーグトップを独走し、日本選手では2004年のゴジラ松井(31本)しかいなかったシーズン30発を3年連続でクリアしている。

 一方、井口と城島はともに06年、メジャー自身最多の18発を一度マークした。鈴木は今季14試合を残し、メジャー日本選手で過去に2人しかいない19発にあと1本と迫ったことになる。

【カブス・鈴木誠也が2試合ぶり18号2ラン】の続きを読む

このページのトップヘ