1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/12(火) 18:45:15.56 ID:CAP_USER9
「大相撲名古屋場所・3日目」(12日、ドルフィンズアリーナ)

4度目のかど番で今場所に臨んでいる大関正代(時津風)は、霧馬山(陸奥)にいなされる形で送り出され3連敗となった。
同じくかど番の大関御嶽海(出羽海)は阿炎(錣山)に押し出されて1勝2敗となり、黒星が先行。
2大関が苦境に立たされている。
もう1人の大関貴景勝(常盤山)は、ここまで2連勝だった平幕琴ノ若(佐渡ケ嶽)に付け入る隙を与えず、押し出して2勝1敗とした。

横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は幕内隆の勝(常盤山)を手こずりながらも上手投げで下し、2勝1敗とした。
若隆景(荒汐)は宇良(木瀬)を押し倒され、大栄翔(追手風)は若元春(荒汐)を叩き込みで破り、両関脇が3日目にして初日を出した。
玉鷲(片男波)と、逸ノ城(湊)、一山本(放駒)ら5人が3連勝を飾った。

デイリースポーツ
かど番2大関が再び苦戦 正代は3連敗、御嶽海は1勝2敗で黒星先行 両関脇にようやく初日
https://news.yahoo.co.jp/articles/99a17919b623f30dcd90c349aa8fa23a18daee4a

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・三日目 かど番2大関が再び苦戦 正代は3連敗、御嶽海は2連敗 両関脇にようやく初日】の続きを読む