SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

50号本塁打

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/02(金) 19:25:13.73 ID:CAP_USER9
ヤクルトの村上宗隆内野手は2日、神宮球場で行われた中日戦に「4番・三塁」で先発出場し、3回1死一、三塁の好機に今季50号となる3ランを放った。日本プロ野球でのシーズン50発は2013年に60本塁打を記録したバレンティン(ヤクルト)以来、10人目(15回目)。日本選手では2002年の松井秀喜(巨人)以来20年ぶりだ。また22歳7か月での到達は、24歳だった1964年の王貞治(巨人)を抜いて史上最年少となった。

 3回、1死一、三塁の好機で迎えた打席。村上は中日・大野雄の4球目、カウント2-1からのカットボールを豪快に引っ張った。打球は強烈なスピードで右翼席中段に飛び込む先制3ランに。スタンドが大きくどよめいた。

 村上の本塁打は8月28日のDeNA戦(横浜)以来3試合ぶり。26日のDeNA戦(同)から3試合にわたって続けた連続打席出塁は、30日の第1打席で捕邪飛に倒れたことで日本記録へあと「1」の14打席でストップしたものの、31日の巨人戦では三塁打に加え3四球。相手からの警戒が高まる中で成績を残し続けてきた。

 14打席連続出塁には3本の本塁打が含まれていた。26日には史上最年少の通算150号となる46号3ラン、さらに47号を記録。27日にはダメ押しの48号、28日には決勝49号と3戦4発の大爆発を見せていた。チーム119試合目での50号はシーズン60発ペース。バレンティンを抜いての記録更新まで見えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c66c7f96184435ead7c74b142b2717eacab3273

【Woo-hoo ヤクルト・村上宗隆、史上最年少のシーズン50発!日本人選手では松井秀喜以来20年ぶりの快挙】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/31(水) 12:41:46.48 ID:CAP_USER9
Full-Count 8/31(水) 11:48

前日に両リーグ最速50号、ア・リーグ記録61本を上回るハイペース

■エンゼルス ー ヤンキース(日本時間31日・アナハイム)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が30日(日本時間31日)、敵地・エンゼルス戦に「3番・中堅」で先発出場し、4回の第3打席で右越え51号3ランを放った。リーグMVPを争うエンゼルス・大谷翔平投手の前で、2試合連続アーチをマークした。

 MVPコールを背中に受けて打席へ入った。2点リードの4回2死一、二塁、右腕マイヤーズのフォーシームをバットに乗せた。大きな弧を描いた打球は右越えへ。リードを5点に広げる51号3ランとなった。打球速度107.5マイル(約173.キロ)、飛距離378フィート(約115.2メートル)。36度のムーンショットだった。

 前日29日(同30日)に両リーグ最速50号をマーク。52本で新人王と本塁打王に輝いた2017年以来2度目の大台到達だった。この一発で63発ペースに。ア・リーグ記録61本のロジャー・マリスを上回るペースだ

Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad369cf91b7ec3b5e1aa0f7fff85036de84b7f3e

【ヤンキース・ジャッジ、豪快51号3ラン MVP争う大谷翔平の前で2試合連発、止まらん63発ペース】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/30(火) 13:42:07.70 ID:CAP_USER9
THE ANSWER 8/30(火) 13:20

マリスの61発を超えるペースで本塁打量産
8回に今季50号ソロを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が29日(日本時間30日)、敵地エンゼルス戦で今季50号ソロを放った。今季129試合目で大台に到達。ア・リーグ本塁打記録である1961年ロジャー・マリスの61本を上回るペースとなり、

 MVPを争う大谷翔平の前で、負けじと一発を放った。大谷の29号勝ち越し2ランでエンゼルスが2点リードして迎えた8回、ジャッジは低め81.3マイルのカーブをセンターへはじき返した。打球はフェンスを越え、50号ソロに。年間62本ペースとなり、マリスにまた一歩近づいた。

 この一発にツイッター上の米記者も反応。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「アーロン・ジャッジが左中間の(外野の)岩に50号を打ち込んだ。エンゼルスは4-3」と速報した。

 また米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「アーロン・ジャッジが50号。2人のMVP候補がショーを開演している」と大谷に続けて打った“競演”の本塁打に注目。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「話題となっていた2人のMVP候補が今夜バトルを繰り広げている」と記していた。

THE ANSWER編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/0325eb2e26b347b95df7a02ced998030a86b4775

【ヤンキース・ジャッジ大台50号! リーグ新62発ペース、29号大谷と“競演”で米記者「バトル展開」】の続きを読む

このページのトップヘ