SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

7日目

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 18:08:46.47 ID:CAP_USER9
◆大相撲 ▽名古屋場所7日目(16日・ドルフィンズアリーナ)

単独首位の西前頭2枚目・逸ノ城(湊)が初黒星を喫した。
カド番の大関・正代(時津風)に押し出され、全勝が消えた。
しかし、唯一の1敗だった西前頭6枚目・翔猿(追手風)が、東同4枚目・若元春(荒汐)にはたき込みで敗れて2敗に後退。
そのため、逸ノ城の単独トップは変わらなかった。

横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、西前頭3枚目・宇良(木瀬)をきめ出して5勝2敗とした。
大関・貴景勝(常盤山)は、小結・阿炎(錣山)に上手投げで敗れ、4勝3敗となった。

カド番の大関・御嶽海(出羽海)は、所属部屋から新型コロナウイルスの感染者が出たためこの日から休場した。
初のカド番で迎えた今場所は、夏場所で右肩を痛めた影響もあり、6日目まで2勝4敗と不振だった。
来場所の番付の扱いについては日本相撲協会審判部が協議するが、伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「場所が終わってからですね」と
名古屋場所終了後に処遇を話し合う考えを示した。

スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/a333fc969607e32f2588b4904ae796938462a733

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・7日目 逸ノ城が正代に敗れ初黒星も単独首位は変わらず 照ノ富士は安泰 御嶽海はコロナ関連で休場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 18:43:31.64 ID:CAP_USER9
5/14(土) 17:59
デイリースポーツ

貴景勝が好調玉鷲退け4勝目 照ノ富士は遠藤下す 碧山敗れ全勝消える 大相撲夏場所7日目
 
 「大相撲夏場所・7日目」(14日、両国国技館)

 大関貴景勝(常盤山)は前日に横綱照ノ富士から金星をあげるなど好調な前頭三枚目の玉鷲(片男波)を押し出しで退け、4勝3敗と白星を先行させた。玉鷲は5勝2敗で後退した。

 横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)は遠藤(追手風)を下し、2敗をキープした。

 大関御嶽海(出羽海)は、小結大栄翔(追手風)に押し出しで敗れて3勝4敗と黒星先行に。大栄翔は5勝2敗とした。大関正代(時津風)は北勝富士(八角)に押し出しで敗れ、1勝6敗となった。

 この日、唯一の全勝だった碧山(春日野)が佐田の海(境川)に敗れ、全勝が消えた。優勝争いは1敗で碧山と佐田の海が並んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/427674481708d93e6f7a1abec6dade2096a1b037

【大相撲夏場所・7日目 貴景勝が好調玉鷲退け4勝目 照ノ富士は遠藤下す 碧山敗れ全勝消える】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/19(土) 14:56:01.44 ID:CAP_USER9
3/19(土) 14:18配信
スポーツ報知

塚原が押し出しで獅司(左)を破る

◆大相撲 ▽春場所7日目(19日・エディオンアリーナ大阪)

 3連勝していたウクライナ出身力士の西幕下17枚目・獅司(しし、入間川)は4番相撲で、東同22枚目・塚原(春日野)に押し出しで敗れて、初めて土がつき、勝ち越しはお預けとなった。

 取組前にしこ名とともに「ウクライナ出身」とアナウンスされると、大きな拍手。立ち合いは相手に鋭く踏み込まれると、そのまま一気に押し出された。完敗となったが、場内からは再び盛大な拍手が起こり、健闘をたたえた。

 日本相撲協会の資料によると、獅司は、ロシアによる侵攻を受けているウクライナ南部メリトポリの出身。2020年春場所で初土俵を踏み、昨年秋場所には自己最高位の東幕下8枚目に浮上した。新弟子当時は191センチ、162キロと恵まれた体格で、関取の座を目指している。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220319-03191077-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a9f3ce47a2590323f62643678541a5a48fa7702

【大相撲春場所・7日目 ウクライナ出身の獅司、勝ち越しはお預け 館内からは健闘たたえる盛大な拍手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 18:19:31.93 ID:CAP_USER9
1/15(土) 17:55
デイリースポーツ

照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ
 遠藤(右)を寄り切りで下した照ノ富士(撮影・西岡正)
 「大相撲初場所・7日目」(15日、両国国技館)

 前日に初黒星を喫していた横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は遠藤(追手風)を退けて連敗は免れた。

 照ノ富士は相手に先に寄られたが、体勢を立て直して勝負を決めた。

 関脇御嶽海(出羽海)は、玉鷲(片男波)が押して出てくるのを受け止め、相手が呼び込んだのに乗じて押し出し、優勝争いの単独トップに立った。

 平幕の阿炎(錣山)は阿武咲(阿武松)に突き落とされて今場所初黒星を喫した。

 苦しんでいる大関正代(時津風)はベテランの隠岐の海(八角)にガッチリとまわしをとられ、寄り切られた。これで、3勝4敗と黒星が先行した。隠岐の海は2勝目。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220115-00000102-dal-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7e17bd93c6b60609ddd45ec875e9a1606a43704

【大相撲初場所・7日目 照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ】の続きを読む

このページのトップヘ