SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

AKI猪瀬

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/12(火) 12:40:10.55 ID:G0jMC2h99
MLBジャーナリストのAKI猪瀬氏(53)が11日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。エンゼルスからFAの大谷翔平投手(29)が9日(日本時間10日)、ドジャースと史上最高額の10年総額7億ドル(約1015億円)で契約合意に達したことについてコメントした。

 大リーグ公式サイトは、今回の契約は世界のスポーツ界全体を見渡しても史上最大の契約と信じられていると報じた。

 大谷の去就について、ずっと“エンゼルス残留”と予想していた猪瀬氏は「1時間ほど前、年老いた母親から電話がかかってきて、“外しちゃったけど大丈夫”って」と心配されていることを明かした。

 そして、「皆さんがドジャースって一色に染まる中、対抗軸をつくって、こうやって話題を盛り上げることができた。この時期にMLBのニュースをこれだけ扱ってもらえるっていうのは、MLBジャパンの親善大使としては、非常にうれしいことだったのでよかった」と前向きに語った。
 
12/11(月) 12:43 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a59a37d37d235e89eeed197fe1e5db78f345a328

【エンゼルス予想 AKI猪瀬氏 大谷翔平のドジャース移籍に「母親が電話で“外しちゃったけど大丈夫”」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/18(月) 12:22:03.18 ID:yiHc+DEw9
 移籍か残留か、MLBの話題の中心はいつも“ショーヘイ”だ。エンゼルスの大谷翔平投手は今季残り全試合の欠場が決定。

 今後は手術か、それともシーズン終了までチーム帯同となるかなど、その動向も注目されているが、何よりファンが注目するのはどのチームでプレーするかということ。去就にまつわる話題が尽きない中で、MLB評論家は「残留」を予測した。

 この日の試合開始前、大谷のシーズン後のFA取得について話題が及んだ。はたして来季もエンゼルスに残るのか、それとも他チームへ移籍していくのか。この話題についてAKI猪瀬氏は「僕は故障が発生する前の段階から、大谷はおそらくFAでエンゼルスに残留するだろうというふうに予想はしています」とまず結論から述べた。

 その根拠として猪瀬氏は「ここに来て右肘が故障してしまって、手術を受けるという流れになりましたので、この流れを考えるとより一層、来季以降エンゼルスでプレーを続けていくんだろうというふうに思います。というのはやっぱり二刀流という特異性、そのルーティンが大谷にしかわからない。今度は右肘のリハビリをしながら打者大谷としての出場をしていく。難しい状況は(以前にトミー・ジョン手術をした)2018年、2019年シーズンで、エンゼルスのスタッフはみんな経験してるんですね。この環境から離れて、また1から全てを構築していく、新しい環境に行くというのは、非常にリスクも孕んでいる」と説明した。

 この予測にファンからは「さすがアキさん!」「うーん。複雑やけどそれが濃厚なのかなぁ」「良かったな残留やって皆」と同調する声もあがった。

 大谷は今季、初の本塁打王と2度目のMVPの期待も高い。FAとなればその契約は700億円以上、MLB史上最高額の超大型契約になるのではとの声もあがる一方で、右肘手術の影響で来季の登板が不透明となればその契約にも影響を及ぼすことは避けられない。はたして“ショーヘイ”は来季も赤いユニフォームに袖を通すか。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)
(c)aflo

https://news.yahoo.co.jp/articles/189e9fc3757b716e7e0530db06fe9024ae0ddefc

【大谷翔平、今オフFAも「エンゼルスに残留と予想」 MLB評論家・AKI猪瀬氏は「二刀流の特異性」を指摘】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/17(日) 17:57:59.67 ID:q+RQn9Am9
9/17(日) 15:21配信

ABEMA TIMES
大谷のダブル戴冠についてAKI猪瀬氏が解説。達成ならともに日本人初の快挙となる

【MLB】エンゼルス 4-5 タイガース(9月16日・日本時間17日/アナハイム)

【映像】手術?チーム帯同?大谷巡る“混乱” 2分でわかる辛口解説

 日本人初の栄誉が間近だ。エンゼルスの大谷翔平投手は今季残り全試合の欠場が決定したが、本塁打王ランキングは独走中(44本)。シーズンはまだ残されているものの、現時点で本塁打王、そして2度目となるMVPも確定と、MLB評論家のAKI猪瀬氏が太鼓判を押した。

 試合開始前、ア・リーグ本塁打ランキングが紹介された。1位は大谷の44本、2位にはルイス・ロバートJr.(ホワイトソックス)が35本で続くという状況。9本差という大差に猪瀬氏は「脇腹を痛めた時点で大谷のホームラン王は確定、と僕は思っていました」と断言した。昨シーズンこのタイトルに輝き、MVPも獲得したジャッジ(ヤンキース)にも言及して「ジャッジのIL(故障者リスト)入りが2か月強だったんですが、これが1か月弱だったらホームラン王は危なかった」と添えた。さらに2度目のMVPの可能性についても猪瀬氏は「今日から全休に入っても間違いないと思います!」と力を込めた。

 これを聞いた視聴者は「HR王&MVPおめでとう!」「日本人初!!」「とにかく大谷選手しっかり治りますように」と多数の反響を寄せ、シーズン終了後の確定を楽しみにしていた。2度目のMVPはレジェンド・イチローも獲得できなかった日本人選手にとって偉業中の偉業。それを目前にファンからは「イチローでも取れなかった!!!!」との声もあった。

 今シーズンの大谷は投手として10勝5敗、防御率3.14の成績を上げており、前人未到の2年連続「2桁勝利&2桁本塁打」を達成して「ア・リーグ最強打者」かつ「最高の投手」だ。打者としては打率.304、本塁打44に加えて打点95。打率3割は自身初。球団が今季残りの欠場とIL入りを発表し、ファンには寂しい思いもあるが、このタイトル発表まで十分にワクワクする時間を過ごせるはずだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f1556b9ec29ca1ed68f88efdad8e832131dddc4

【「ホームラン王は確定」「2度目のMVPも間違いない」 大谷翔平の日本人初の“W戴冠”にAKI猪瀬氏が太鼓判!】の続きを読む

このページのトップヘ