SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

Bリーグチャンピオンシップ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/13(月) 22:28:12.61 ID:Ml5zE0dN9
5/13(月) 22:18配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/027d742bfd875320694efd280d80b829f8e1edf0

 ◇Bリーグ準々決勝 千葉J103ー93宇都宮(2024年5月13日 日環アリーナ栃木)

 Bリーグ準々決勝の宇都宮VS千葉Jの第3戦が13日に行われた。再延長戦に突入する大接戦を制した千葉Jが準決勝進出を決めた。準決勝ではA東京を下した琉球と対戦する。

 2戦先勝方式で行われる準々決勝。第1戦は今季レギュラーシーズン宇都宮に4連敗だった千葉が富樫勇樹の6本の3Pシュートを含む24得点の大活躍もあり82―70で先勝。しかし第2戦は宇都宮がギャビン・エドワーズの21得点13リバウンドの活躍で、67―58で1勝1敗のタイにした。

 千葉Jは前半から控えスタートだったクリストファー・スミスが2本の3Pシュートを含む15得点4リバウンドの躍動。その他もジョン・ムーニーが9得点3バウンドの活躍を見せて、前半は39―35とリードして折り返した。

 第3Qもムーニーと富樫の連続得点からスタートしたが、残り4分21秒に逆転を許した。その後も富樫の3Pシュートなどでチームは食らいついてわずか1点差でこのクオーターを終えた。

 最終クオーターは4つの反則で退場ギリギリだった原が魅せた。残り3分19秒で原の3Pシュートで同点に追いつく、残り2分44秒にも連続となる3Pシュートを決めて勝ち越しに成功。その後は同点に追いつかれて、74―74で延長戦に突入した。

 延長戦でも接戦が続く中で残り1分52秒に富樫がトップからのディープスリーを決めて同点に追いつき、再延長戦に突入した。

 再延長戦でも富樫が勝ち越しに成功の3Pシュートで口火を切った。その後もチームがリードを広げると残り1分14秒で富樫がこの試合6本目となる3Pシュートを決めてトドメを刺して、大激戦を制した。

【BリーグCS・準々決勝 千葉J 宇都宮を撃破し4強!再延長突入の大激戦制した 準決勝ではA東京に勝利した琉球と対戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 18:07:43.48 ID:CAP_USER9
<バスケットボール男子Bリーグチャンピオンシップ(プレーオフ)決勝:琉球75-82宇都宮>◇29日◇第2戦◇東京体育館
宇都宮ブレックスが5季ぶり2度目のBリーグ制覇を遂げた。
第1戦を80-61で先勝した宇都宮は、エースの日本代表SG比江島慎やPG鵤(いかるが)誠司、Cジョシュ・スコットが活躍。第2戦も制し、Bリーグ初年度の16-17年シーズン(当時栃木)以来となる優勝を果たした。
宇都宮は昨季も決勝に駒を進めたが、千葉ジェッツとの第3戦までもつれた熱戦の末、敗戦。準Vの悔しさを同じ舞台で晴らした。
今季は、長年チームの得点源だったCライアン・ロシターら主軸が退団。戦力ダウンが懸念されながら東地区4位と粘り、チャンピオンシップにワイルドカードで進出。準々決勝で千葉にリベンジし、準決勝では川崎ブレイブサンダースにそれぞれアウェーで全勝した。決勝の舞台に戻り、西地区5連覇でファイナル前は2戦2敗だった難敵に今度は2戦2勝。頂に上り詰めた。日本人初NBAプレーヤーのレジェンド、PG田臥勇太も出場するなど一丸となっての奪還だった。
対して、今季はリーグ史上最高の年間勝率8割7分5厘の成績を残していた琉球ゴールデンキングスだったが、最終章は悔しい結果となった。エースSG/SF今村佳太や206センチのCクーリー中心に西地区勢、bjリーグ出身勢として初のファイナル切符をつかんだが、悲願成就は来季以降に持ち越した。【木下淳】

https://news.yahoo.co.jp/articles/3553ee696b98d445ff46a88840e3b3c558205574

【BリーグCSファイナル・第2戦 宇都宮が5季ぶり2度目V 初年度の16-17年シーズン以来 琉球振りきる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 17:42:03.98 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220521/374020.html?cx_cat=page1
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1312728.jpeg

 5月21日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のセミファイナルが行われ、川崎ブレイブサンダースと宇都宮ブレックスが対戦した。

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズに勝利してセミファイナルへ駒を進めた川崎は、藤井祐眞、ニック・ファジーカス、マット・ジャニング、熊谷尚也、ジョーダン・ヒースが先発。クォーターファイナルで昨シーズンの覇者・千葉ジェッツを破った宇都宮は、比江島慎、遠藤祐亮、鵤誠司、ジョシュ・スコット、アイザック・フォトゥがスターターを務めた。

 鵤の3ポイントシュートで幕を開けたこの試合は、川崎が7連続得点で主導権を握るも、第1クォーター終盤にチェイス・フィーラーが2本の3ポイントシュートを決めるなど躍動。23-17と宇都宮がリードして最初の10分間を終えた。

 続く第2クォーターは、比江島の積極的なアタックやスコットのインサイドでの得点で点差を広げることに成功。2クォーター連続で20得点超を挙げた宇都宮が45-30と優位な立場で試合を折り返した。

 前半終了時点で15点のリードを奪った宇都宮。第3クォーターはフリースローから得点を重ねるも、ファジーカスにこのクォーターだけで14得点を奪われるなど相手の攻撃を止められず。61-52と点差を1ケタに縮められて最終クォーターへ突入した。

 勝負の第4クォーターではジャニングに連続で3ポイントシュートを決められ、一時は4点差まで縮められた宇都宮。だが、フィーラーやフォトゥ、鵤が要所で得点を返し逆転は許さず、結局83-70で勝利した。

 勝利した宇都宮は、フィーラーが18得点7リバウンド2スティールと攻防でチームをけん引し、スコットが14得点、比江島が12得点をマークした。川崎はジャニングが22得点、ファジーカスが20得点を挙げるもその他の選手の得点が伸びなかった。
 
■試合結果
川崎ブレイブサンダース 70-83 宇都宮ブレックス(@川崎市とどろきアリーナ)
川 崎|17|13|22|18|=70
宇都宮|23|22|16|22|=83

【BリーグCS・準決勝 宇都宮が川崎とのSF第1戦を制す…大一番でフィーラーがチームをけん引 川崎4点差まで追いつくも…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 16:06:01.83 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220514/372741.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/0514_shimane_01-768x576.jpg

 5月14日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、西地区2位の島根スサノオマジックは、東地区3位のアルバルク東京との第1戦に臨んだ。

 第1クォーターを23-19で終えた島根は、古巣対決に燃える安藤誓哉がチームをけん引、A東京の激しいディフェンスを打ち破る3ポイントシュートを決める。さらに第2クォーターではペリン・ビューフォートの1対1や金丸晃輔の長距離砲で得点を重ね、44-23と11点リードで前半を折り返した。

 第3クォーター、島根はリード・トラビスの得点でさらに点差を広げようとするも、A東京の粘りにあいなかなか広げられない。それでも最後の10分間ではビュフォード、ニック・ケイがシュートを決めるとともにA東京の得点を13に抑え、最終スコア80-63で勝利。初出場のチャンピオンシップで初戦を白星で飾った。

 勝利した島根はビュフォードが16得点8リバウンド、安藤が16得点7アシスト、トラビスが14得点7リバウンド、金丸が13得点と4名が2ケタ得点をマーク。

 対するA東京はジョーダン・テイラーが19得点とゲームハイを記録。サイズが18得点6リバウンド、小酒部泰暉が10得点をマークするも、勝利に貢献できなかった。

■試合結果
島根スサノオマジック 80-63 アルバルク東京(@松江市総合体育館)
島 根|23|21|19|17|=80
A東京|19|11|20|13|=63

【Bリーグチャンピオンシップ 初めてのCSで島根は主力が躍動!A東京を破り初白星 島根 80-63 A東京】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 22:06:02.37 ID:CAP_USER9
5/13(金) 22:01配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffded79b75b31c5baa1ea5a9e130ec113c2601dd

 5月13日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」が開幕し、東地区1位の琉球ゴールデンキングスは、ワイルドカード下位の秋田ノーザンハピネッツとの第1戦に臨んだ。

 第1クォーターでは秋田の川嶋勇人やアレックス・デイビスに得点を奪われ、ホームの琉球が19-20とリードされる展開に。それでも、第2クォーターではドウェイン・エバンスを軸に得点を重ねた琉球が逆転に成功。終了間際には岸本隆一がブザービーターを沈め、40-33で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターでは、並里成が連続得点を挙げると、エバンスも3ポイントをヒット。琉球が55-43とリードを広げて最終クォーターへ。第4クォーターでは秋田の田口成浩に活躍され、中盤には4点差まで詰められる。それでも、今村佳太の長距離砲やジャック・クーリーの得点で琉球がリードを守り抜き、最後は74-60で勝利を飾った。

 ホームで第1戦を制した琉球は、エバンスが15得点7リバウンド5アシスト、クーリーが14得点16リバウンド、岸本が11得点、並里と今村が10得点をマーク。

 一方の秋田は、川嶋が13得点、田口が9得点を挙げるも、敵地で悔しい黒星を喫した。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 74-60 秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄アリーナ)
琉球|19|21|15|19|=74
秋田|20|13|10|17|=60

【Bリーグチャンピオンシップ 琉球が秋田との第1戦に勝利…4Qに突き離す、5選手が2ケタ得点を挙げて好調発進】の続きを読む

このページのトップヘ