SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

DeNA

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/27(金) 20:59:01.94 ID:K6J+waD+9
1/27(金) 14:54配信 デイリースポーツ

 DeNAのロバート・ガゼルマン投手がパスポートの盗難に遭い、来日が遅れていることが27日、球団から発表された。詳細は現在調査中だという。

 メジャー通算184試合に登板した実績を持つガゼルマンは、昨季途中からDeNAに加入。4試合に登板し、1勝1敗、防御率2・66だった。球団を通し、「温かく迎え入れてくれたチーム、ファンの皆さまのおかげで素晴らしい時間となりました」と感謝の言葉と共に昨年10月に帰国していた。

 1軍キャンプメンバーに内定しているが、現時点での来日時期は2月中旬メドの予定。右肘の手術を受けたオースティンも、米国でリハビリ中で、来日は同じく2月中旬頃になる予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63443d07c2a814cb27306649a0b968b6967bb6e0

【DeNA・ガゼルマンまさか パスポート盗難被害で来日遅れ 詳細は調査中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/05(月) 15:14:03.77 ID:0/wWoLGz9
デイリー 12/5(月) 14:07

 トレードでDeNAに加入した京田陽太内野手(28)が5日、横浜市内の球団事務所で入団会見を行った。背番号「98」に決まった。

 京田は「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今日の会見でベイスタースの一員になりますので、楽しみでいっぱいで」と語った。トレードの一報を聞いた時の心境を問われ、「驚いた反面、嬉しい気持ちもありました」と正直な思いを吐露。同じセリーグ入団となったが「同じリーグですのでやることは変わらない」と気を引き締めた。

 背番号について理由は明かさなかったが、昨年8月3日に急逝した元中日の木下雄介さんが背負っていた番号。京田は昨年9月5日のDeNA戦でお立ち台に立った際に、「家族ぐるみでも本当によくしていただき、お世話になった先輩」と涙し、「これからも雄介さんと一緒に戦っていきます」と話していた。

 青森山田高から日体大に進み、16年ドラフト2位で中日に入団。1年目の17年に141試合の出場で4本塁打、36打点、打率・264の成績を残し新人王を獲得。その後も、中日の遊撃手として長くレギュラーを務めた。しかし今年は打撃不振などで、2軍生活が長く続き、11月にDeNA・砂田毅樹投手とトレードとなった。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/13aee071882262f6ae878ae7c8ddf709f3740b43&preview=auto

【トレード加入のDeNA・京田が会見「嬉しい気持ちもあった」 亡き友・木下雄介さんと同じ「98」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/21(月) 12:05:43.33 ID:08cApWsH9
 ソフトバンクは21日、DeNAから国内フリーエージェント(FA)権を行使した嶺井博希捕手(31)の入団が決まったと発表した。背番号は12。23日に福岡市内で記者会見を行う。

 今季リーグ2位のソフトバンクで、捕手は甲斐拓也が130試合に出場した。ただ、打率は1割台にとどまるなど打撃不振に苦しんだ。先発の座を脅かす選手も現れず、捕手陣全体の強化が課題となっている。

 リード面に定評がある嶺井は沖縄尚学高から亜大を経て、2014年にドラフト3位でDeNAに入団。9年目の今季は自己最多の93試合に出場し打率2割5厘、5本塁打、30打点だった。

共同

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1818b42e44531cf9251e35508022d03535206d7

【ソフトバンク、FA嶺井入団を発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 15:31:19.41 ID:d2eVmxst9
プロ野球・中日とDeNAは18日、中日・京田陽太選手とDeNA・砂田毅樹投手をトレードしたことを発表しました。

プロ6年目の京田選手はルーキーイヤーの17年、141試合に出場。149安打4本塁打36打点、打率.264をマークし、新人王を獲得。さらに18年と20年には全試合出場するなど、中日不動の内野手として活躍してきました。しかし今季は43試合の出場にとどまり、22安打3本塁打8打点、打率.172と打撃不振に苦しみました。

京田選手は球団を通じて「6年間という短い間でしたが、1年目から試合に使っていただき、また選手会長までやらせていただき、中日ドラゴンズには感謝しかありません。今後はセ・リーグ同士なので、試合をする機会がありますが、これからもあたたかいご声援をよろしくお願いします。活躍することが皆様に対して、恩返しになると思いますので、これからも頑張ります」と新天地で活躍を誓いました。

一方の砂田投手は13年育成ドラフト1位でDeNA入り。リリーフ投手として活躍し、21年には58試合に登板し18ホールド20HP、防御率3.24を記録しました。

砂田投手は「このたび、中日ドラゴンズに移籍することになりました。ベイスターズで 9 年間プレーさせていただき、思うような結果が出せなかったですが、ベイスターズに恩を返すつもりで中日ドラゴンズでもう一度活躍し、頑張っている姿をファンの方々に見ていただけたらと思います。9 年間ありがとうございました」とコメントしています。

日テレ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3b815c29926f85679d4a4ae7f2eeb9e4c4eb757

【中日・京田陽太とDeNA・砂田毅樹が電撃トレード 京田「活躍することが恩返しになる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 11:34:30.92 ID:d2eVmxst9
 中日・京田陽太内野手(28)とDeNA・砂田毅樹投手(27)の交換トレードが成立したことが18日、分かった。近く両球団から発表される。手薄な左の中継ぎを強化したい中日と、遊撃手を中心とした戦力強化を狙うDeNAの思惑が一致した。

 京田は2016年ドラフト2位で日大から中日に入団。1年目から堅実な守備を武器に遊撃のレギュラーを獲得するなど活躍して新人王を獲得。その後も順調にチームの中心選手に成長し、不動の遊撃手として貢献し、20年からは選手会長も務めている。今季も開幕からスタメンに名を連ねたが、打撃不振が続き、攻守に精彩を欠いた5月4日のDeNA戦(横浜)では立浪監督から「戦う顔をしていない」と試合中に2軍降格を告げられ、強制送還された。結局、最後まで力を発揮できず、43試合出場で打率・172、3本塁打、8打点と入団以来ワーストの成績に終わっていた。

 砂田は2013年育成ドラフト1位でDeNAに入団。左腕から繰り出す切れの良い速球とスクリューボールを武器に15年6月に支配下登録を勝ち取った。当初は先発での起用が中心だったが、16年途中から中継ぎに転向してブレーク。17年62試合、18年70試合に登板するなどブルペンを支えた。昨年も58試合とフル回転。今季は15試合の登板にとどまり防御率5・68と力を発揮できていなかった。

 今季、最下位に終わった中日は立浪監督が勝負の2年目へ向け、チーム改革を進めている。15日の阿部と楽天・涌井のトレードに続いて早くも今オフ2件目のトレード成立、2人目の生え抜き主力内野手の放出となった。

 ◆京田 陽太(きょうだ・ようた) 1994年4月20日生まれの28歳。石川県出身。青森山田、日大を経て16年ドラフト2位で中日に入団。堅実な守備を買われて1年目から遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場して打率・264、4本塁打、36打点で新人王を獲得。通算成績は700試合出場で647安打、打率・246、22本塁打、181打点。1メートル84、90キロ。右投げ左打ち。

 ◆砂田 毅樹(すなだ・よしき) 1995年7月20日生まれの27歳。北海道出身。明桜(現ノースアジア大明桜)から13年育成ドラフト1位で入団。15年6月から支配下登録。16年途中から中継ぎに転向し、17、18、21年と50試合以上に登板。通算成績は269試合に登板して9勝13敗72ホールド、防御率3・67。1メートル80、85キロ。左投げ左打ち。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/44e278561d3d32584f6cac4b1d624d817a7fe279

【中日・京田とDeNA・砂田の交換トレード成立】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 00:02:58.75 ID:tf6m4xqM9
 DeNAのネフタリ・ソト内野手が15日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズに「ファンのみなさんおしえてほしい」「ゴールデングラブはどうやって選びますか?」と投稿した。

 一塁ミットを手にした写真とともに、今季12球団の一塁手のUZR(守備指標)をアップ。ソトは「9・5」でトップとなっている。なお14日に発表されたゴールデングラブ賞の一塁手部門はセ・リーグが巨人の中田翔、パ・リーグはソフトバンクの中村晃が選ばれた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/352a6ff657ebc9593294efe95ff6689d5e56a622

【「ファンのみなさん教えて欲しい」DeNA・ソト、ゴールデングラブ賞の基準に疑問か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/04(金) 17:45:12.38 ID:Wzo/YjMR9
 DeNAの三浦大輔監督(48)が4日、神奈川県横須賀市で取材に応じ、国内FA権を行使することを決断した嶺井博希捕手と直接対話する可能性を示唆した。自身が選手時代にFA宣言後に残留した経験も踏まえ、慰留する模様だ。

 三浦監督は嶺井とはシーズン中の権利取得時に会談し、それ以後はFAについて話していないと説明。「会えばもちろん話をしますよ。いろいろ思いはあります」と対話による慰留を示唆した。「伝えたいことは直接本人に伝えます。伝えていないのに(スマホを見て)おお、ってなるような、ことはしない」とメディアを通じた呼び掛けは否定した。

 自身は2008年オフに阪神へのFA移籍を悩んだ末、残留した。「(嶺井は)まだ(提出したのは)昨日でしょ。宣言すること自体もいっぱい悩んだと思う。いろいろ話を聞いて、また悩んで決断すればいい」と自身の話も決断の一助になることを望んだ。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/35570924ac10b5e9bbeeb6cc91c258d78cfe49f6

【DeNA・三浦大輔監督、嶺井博希慰留へ対談示唆「伝えたいことは直接本人に伝えます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 19:11:19.43 ID:/dxgcMPz9
 DeNAは3日、嶺井博希捕手(31)が、国内フリーエージェント(FA)権の行使を申請する書類を球団に提出したことを発表した。

 DeNAからは、複数年契約を提示されたが、熟考の末に権利を行使する決断を下した。

 嶺井は、球団を通じ「今後の人生を考えた上で、今回FA権を行使させていただきました。今後どのような形になろうと、自分の決断に後悔がないようにしていきたいと思います」とコメントした。

 今季は自己最多の93試合に出場。勝負強い打撃とリード面の評価が高く、ソフトバンクなどが獲得に乗り出すとみられる。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/875311d806ac3980a12e3adaf267af39b6af7257

【DeNA・嶺井博希が国内FA権行使「後悔がないよう」】の続きを読む

このページのトップヘ