SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

FA補強

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/05(木) 07:56:29.80 ID:DoWjEELw9
日刊ゲンダイ2023/01/05 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/316745

「今年ジャイアンツはほとんどお金を使ってない。戦力補強という点で少々貯金もあるようなので、使ってくれるということです」

昨季終了後、原辰徳監督(64)は元ヘッドコーチ・岡崎郁氏のユーチューブチャンネルに出演し、こう胸を張っていた。が、フタを開けてみればFA補強はゼロ。やらなかったのか、それとも、やったけど失敗したのか──。

結論から言えば、巨人は西武からFA宣言した森友哉(27)を調査。獲得を目指したものの、かなわなかったのだ。

森は2013年ドラフト1位で西武に入団し、18、19年に正捕手としてリーグ連覇に貢献。19年は打率.329で史上4人目の捕手の首位打者に輝いた。

巨人の22年のチーム打率.242は、15年以来7年ぶりとなるリーグワースト。ここ30年間では1993年シーズン(打率.238)に次ぐ低さだった。「貧打」が5年ぶりのBクラス転落の要因のひとつに挙げられる。それだけに森は是が非でも欲しい「打てる捕手」だったのだ。

11月に巨人が日本代表と強化試合を行った際の練習中、原監督がFA宣言前の侍ジャパンメンバーだった森を呼びつけて談笑し、報道陣をザワつかせた。ところが、いざ争奪戦が始まっても、巨人の名前は出てこないまま。4年総額18億円以上の大型契約でオリックスへの移籍が決まった。巨人は途中で引いたのか──。さる球界関係者がこう明かす。

「『FAには必ず参戦する』と公言している原監督が見送るはずがありません。巨人は森が西武時代に着けていた背番号10まで用意したくらいです。現在10を背負っている中田に、森が獲得できた場合を想定して、代替案として空いている1ケタ番号を用意していたそうです。ただ、中田は森の大阪桐蔭高の先輩。先輩の番号を奪い取る形なんて望むはずがありません。といっても、当初からオリックスと相思相愛で、背番号の問題以前に、巨人は惨敗だったようですが……」

■大城がいながら水面下で森にアタックし惨敗
とはいえ、正捕手がいないわけではない。大城卓三(29)は昨季、打率.266、13本塁打、43打点。本塁打、打点でキャリアハイをマークした。原監督は「捕手で2割7分近く打ったのは大したもの」と打撃面を評価したが、水面下ではさらなる「打てる捕手」にアタック。玉砕していたことになる。巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「つまり、大城、小林では物足りないということ。ただ、昨秋のドラフトで育成も含めて14人も指名したのに、捕手は1人もいない。FAで森が取れなかったのに、現有戦力で戦うということは、補強ポイントなのに、その穴を埋められなかったことになる。大城は6月に不調で二軍落ちしたことがあった。原監督はリード面などが不満なんでしょう」

これまでの原監督なら他の手を打っていたかもしれないが、今回は手つかずのまま。4位に沈んだ昨季同様、今季も不安である。

【巨人は背番号「10」を用意しながらFA森友哉争奪戦で惨敗していた…“打てる捕手”手つかずの暗雲】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 16:55:58.35 ID:CAP_USER9
「発掘、育成もしながら、勝ちに行く補強もしないといけない」

 原監督の続投が確実視される巨人の大塚副代表が先日、こう言った。

 今季は5年ぶりのBクラスが確定。「発掘、育成」でいえば、高校ナンバーワン野手の高松商・浅野翔吾のドラフト1巡目指名を決定した一方で、「来年は勝たないといけない」(大塚副代表)と、今オフはFAを中心とした大型補強に打って出る方針だ。

 投手では、レンジャーズ3Aの有原航平(30)、阪神の西勇輝(31)らがターゲット。野手はソフトバンクを戦力外になった松田宣浩(39)に加え、ブルージェイズ3Aの筒香嘉智(30)、西武の捕手・森友哉(27)などの調査を進めているという。

「投手は複数名の獲得が予想される。昨2日のDeNAとの今季最終戦に先発、5回無失点と好投した菅野が海外FA権を行使し、メジャー挑戦する可能性がある。今季のチーム防御率はリーグワーストの3.69。FA選手の獲得は1球団2名までと決まっていますが、年俸がCランクの選手と、有原ら米球界でプレーする選手は上限に含まれませんから」(巨人OB)

 仮に年俸6億円の菅野がメジャー移籍すればその分、補強資金に回せる。とはいえ、巨人ファンが生え抜きの育成よりも金満補強を望んでいるとは限らないが……。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff506c6ea6499e012f2c8cced20a6352b07e638a

【有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 18:42:20.00 ID:CAP_USER9
今シーズン、「育成と発掘」を掲げて臨んだものの、主力が高齢化して過渡期を迎えたチームの世代交代が思うように進まなかった巨人は、覇権奪回が至上命題となる来シーズンへ向け、2年ぶりにFA補強を解禁する。
巨人が最優先で欲しい人材として、獲得調査に乗り出していると見られるのが、8月に国内FA権を取得した西武のキャッチャー、森友哉だ。
正捕手問題においては、複数年契約を結ぶ小林誠司には打撃面、現在主戦捕手の大城卓三にはリード面での課題が指摘されており、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ以来の打てる捕手を補強ポイントに挙げ、攻守に優れた森友哉に白羽の矢を立てている。
球界屈指の「打てる捕手」として知られるだけに、宣言すれば争奪戦必至と見られているが、2019年パ・リーグ首位打者の実績を持つ森友哉に巨人は、5年20億円超とも想定される大型契約を用意している。
森友哉には、慣れ親しんだ場所に戻りたいとの意向があったり、公私に仲が良く全幅の信頼を寄せる山川穂高の存在などがあり、巨人が金銭を積むだけですんなり獲得できる相手ではないが、それでも巨人は是が非でも獲得したいと動いている。
果たして、巨人はここからどのようなアプローチをして、森友哉のハートを奪い、来シーズンの強化を果たすのか注目だ。

https://article.yahoo.co.jp/detail/f2f4dc2c26ca835ed180a7cf5c02f1e108294bef

【5年20億円超の大型契約を用意?FA“超目玉”西武の森友哉を巨人が絶対に獲得したい理由とは!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/27(土) 11:55:42.44 ID:drICCCJC0
「巨人」森友哉、浅村栄斗獲得で“大阪桐蔭”が一大勢力に? 今オフFA補強は「根こそぎ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9141d839e1af0f09f97e117816cae704d0248dba

【巨人の今オフFA補強は〝根こそぎ〟森友哉、浅村栄斗獲得へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/25(木) 09:14:12.11 ID:f8j1uuSq0
■ポケットマネー出す

 オフのFA補強にも意欲を燃やす。15日は「積極的にね。仕掛けていきたい。(球団に)トライしてほしいとは言いたい。全員取りにいったろうかな」と鼻息を荒らげ、俊足打者や長距離打者、安定して試合をつくれる先発投手を求めているとした上で、「(予算が)足りなかったらオレが出すしかない。それぐらいの気持ち」と続けた。ポケットマネーを持ち出す覚悟ということからも、その本気度がうかがえる。

 来季は総額600億円をつぎ込んだ新球場元年の勝負の年。いよいよシーズンが終盤に差し掛かる今、新庄監督は来季のことで頭がいっぱいのようである。


日本ハムOBが言う。

「だからと言って、ただ即戦力をかき集めるというのでは、『現有戦力では優勝できません』と白旗を揚げたに等しい。せっかく優勝を度外視して選手の育成に捧げた今季はいったい何だったのか、ということになる。そういえば、新庄監督の恩師である野村克也さんは阪神監督時代、『エースと4番は育てられない』とオーナーに要望したことがあったが、カネで選手をかき集めるというなら、どこかの金満球団と同じだし、新庄監督である必要もないでしょう」

 新庄監督が本気で路線変更を考えているならば、ファンはむしろ失望するのではないか。

【新庄監督の“欲しがり癖”再発に日本ハムOB「育成に捧げた今季はいったい何だったのか」】の続きを読む

このページのトップヘ