SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

G1

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/26(日) 15:47:24.17 ID:CAP_USER9
[宝塚記念]タイトルホルダーが1位入線 鞍上は横山和生騎手

1位入線 6番 タイトルホルダー 2人気
2位入線 10番 ヒシイグアス   5人気
3位入線 7番 デアリングタクト 4人気

https://twitter.com/umajin_keiba/status/1540949599481110528?s=20&t=o8qvnNYGgmpWiV9BY3EK7A
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【第63回宝塚記念(G1) タイトルホルダーがレコードで制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 01:25:51.66 ID:CAP_USER9
【プリンスオブウェールズS】シャフリヤール無念4着、ロイヤルアスコット開催の日本馬初V届かず

英G1「プリンスオブウェールズS」(5頭立て)は15日、アスコット競馬場で行われ、日本から参戦したシャフリヤール(牡4=藤原、父ディープインパクト)は4着敗退。
日本馬として史上初となるロイヤルアスコット開催での勝利を目指したが、叶わなかった。アイルランドのステートオブレスト(牡4=J・オブライエン)が優勝した。
シャフリヤールに騎乗したC・デムーロ騎手は「手前を変えてくれたけど、反応がなかった。道中、バランスが悪かった気がする」と話した。

シャフリヤールの通算成績は8戦4勝。仏G1凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン)に登録を済ませている。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/06/15/kiji/20220615s00004050344000c.html

【【競馬】プリンスオブウェールズS(英・G1) シャフリヤール直線失速、無念4着 ロイヤルアスコット日本馬初Vならず [ニーニーφ★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 15:54:09.67 ID:CAP_USER9
netkeiba
@netkeiba
【#日本ダービー 入線速報】
1位入線 13 ドウデュース 3人気
2位入線 18 イクイノックス 2人気
3位入線 3 アスクビクターモア 7人気

2019年産世代の頂上決戦、ホースマンの夢舞台!
栄光を手にしたのは #ドウデュース と武豊騎手!
ダービーレコードが出ました!
https://twitter.com/netkeiba/status/1530802681903579136?s=20&t=6k9v2m5GCFjEGk-EqIRF2g
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【第89回日本ダービー(G1) ドウデュースダービーレコードで制す 武豊ダービー6勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 16:18:57.82 ID:CAP_USER9
【オークス】スターズオンアース2冠達成!桜&樫とも“テン乗りV”は史上初の快挙

 牝馬クラシック第2弾「第83回オークス」は、2番人気でC・ルメール騎手騎乗の桜花賞馬スターズオンアース(牝3=高柳瑞)が制しG1・2勝目。
桜花賞に続き“テン乗り”騎手とのコンビとなったが、史上16頭目の牝馬クラシック2冠を達成。「桜&樫ともにテン乗り2冠」は史上初の快挙を遂げた。
 レース直前にサウンドビバーチェが放馬し、そのまま出走除外に。発送時刻が10分以上遅れる“アクシデント”発生するも、スターズオンアースはしっかりと発馬。
中段やや前方につけると、最後の直線で大外から差し切って牝馬2冠を達成した。

 勝ったスターズオンアースは父ドゥラメンテ、母サザンスターズ(母の父スマートストライク)の血統。通算成績は7戦3勝。JRA重賞通算2勝目。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/05/22/kiji/20220521s00004048620000c.html

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

【第83回オークス(東京・G1) スターズオンアース2冠達成!桜&樫とも“テン乗りV”は史上初 発送時刻10分以上遅れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 15:54:30.10 ID:CAP_USER9
[ 2022年5月15日 15:44 ]

G1・ヴィクトリアマイル ( 2022年5月15日 東京競馬場 芝1600メートル )

 春の牝馬マイル王を決めるヴィクトリアマイルは、ソダシ(牝4=須貝)が20年の阪神JF、昨年の桜花賞に続く、JRA・G1通算3勝目を挙げた。

 ソダシは父クロフネ、母ブチコ(母の父キングカメハメハ)の血統。通算成績は11戦7勝。重賞は6勝目。

 吉田隼は今年の大阪杯(ポタジェ)以来となるJRA・G1通算5勝目。ヴィクトリアマイルは初制覇だった。須貝師は昨年の桜花賞以来となるJRA・G1通算14勝目。ヴィクトリアマイルは17年アドマイヤリード以来となる2勝目だった。

 ▽ヴィクトリアマイル 牝馬の引退時期の晩年化に対応するため、エリザベス女王杯の4歳以上への開放などに続いて、春の古馬牝馬路線の充実を図る目的で06年に創設された。第1回は北村宏司騎乗のダンスインザムードが優勝した。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/05/15/kiji/20220513s00004048467000c.html

【ヴィクトリアマイル ソダシがG1通算3勝目!“白毛のアイドル”が堂々ライバル撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/11(水) 22:10:25.24 ID:CAP_USER9
 「ヴィクトリアマイル・G1」(15日、東京)

 史上初めて無敗で牝馬3冠を達成した歴史的なヒロインが帰ってくる。
21年4月の香港G1・クイーンエリザベス2世C3着後に右前肢繋靱帯炎を発症して休養していたデアリングタクトが、約1年1カ月ぶりに戦線復帰。
中384日でのG1勝利となると、93年の有馬記念で復活Vを遂げたトウカイテイオーの中363日を更新。
それだけに簡単なことではないが、少なくとも仕上がりは良化の一途をたどっている。

 1週前追い切り後、主戦の松山が「よくここまで来られたと思います」と、感慨深げに漏らした。
2週前の追い切りでは、動きに物足りなさがあったが、それがわずか1週間で激変。
杉山晴師も「先週より良くなりましたね。やっぱり走る馬というのは、良くなるスピードも速いのでしょう」と、改めて底力の高さに感心した。

 さらなる上昇も遂げている。担当の池水助手は9日朝、「乗り込む度に良くなっています。
先週よりも今週の方がいいですね」と明るい表情だ。「先週火曜の時点で489キロ。全体的にひと回り大きくなっています」。
前走が464キロ。長期休養で馬体も成長した。

 G1馬5頭がエントリーしているが、実績は断然だ。
「やっぱり一番は無事にという気持ちですが、出るからにはいい競馬をしてほしいです」と期待を寄せた池水助手。
規格外の牝馬が、復活Vでその威厳を見せつける。

提供:デイリースポーツ

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202943

【牝馬三冠馬デアリングタクト、中384日でヴィクトリアマイル(G1)に挑む 勝てばトウカイテイオーの中363日記録を更新】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 08:55:22.12 ID:CAP_USER9
netkeiba.com 5/8(日) 8:08

ケンタッキーダービーの舞台であるチャーチルダウンズ競馬場(C)Coady Photography
 現地時間7日、アメリカ合衆国ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われたケンタッキーダービー(3歳・G1・ダ2000m)は、後方でレースを進めたS.レオン騎手騎乗の19番人気リッチストライク(牡3、米・E.リード厩舎)が、インを通って前に詰め寄り、競り合う1番人気エピセンター(牡3、米・S.アスムッセン厩舎)と4番人気ゼンダン(牡3、米・C.ブラウン厩舎)をゴール前で差し切って優勝した。

 2着にエピセンター、3着にゼンダンが入り、JRA発売の3連単で166万7880円を付ける大波乱決着となった。

 日本から参戦した3番人気クラウンプライド(牡3、栗東・新谷功一厩舎)は、2番手でレースを進めるも直線で後退し13着に終わった。

 勝ったリッチストライクは、父Keen Ice、母Gold Strike、その父Smart Strikeという血統。補欠繰り上がりでの参戦にして大金星を飾った。白星は昨年9月の未勝利以来で、通算成績はこれで8戦2勝。

※人気は日本発売のオッズから表記しています。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e5dc593ca10c0f4d01d940f40199e69ff2f19d15&preview=auto

【米・ケンタッキーダービー(3歳・G1) 19番人気のリッチストライクが勝利し3連単166万円の大波乱、クラウンプライドは13着】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/18(月) 07:54:31.15 ID:CAP_USER9
【皐月賞】馬名話題のオニャンコポンは6着 菅原明「1角でもっと上手に乗れていれば…」


◇G1・皐月賞(2022年4月17日 中山競馬場 芝2000メートル)


馬名が話題を集めた京成杯覇者のオニャンコポンは、中団からしぶとく脚を使って、6着に食い込んだ。


狭くなって少し位置を下げた1角を振り返って、菅原明は「競馬がぎくしゃく。もっと上手に乗れていれば…。G1は小さなミスが大きな差になってしまう」と反省。

その上で「でも、やはりためればしっかり脚を使ってくれる」とパートナーに感謝した。


猫を想起させる馬名だが、由来は西アフリカの言語・アカン語で「天空神」や「創造神」、「偉大な者」という意味。

大人気漫画「進撃の巨人」では同名のキャラクターが登場する。


https://news.yahoo.co.jp/articles/43fd544621a767f5baa84aa8cd04210351453fd9

【皐月賞(G1) 馬名が話題の『オニャンコポン』は6着 菅原明騎手「1角でもっと上手に乗れていれば…」】の続きを読む

このページのトップヘ