SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

G2

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/12(日) 16:32:05.91 ID:HUZMa25s9
2/12(日) 15:42配信
スポニチアネックス

【京都記念】エフフォーリアまさか…決勝線手前で競走中止 鹿戸師「急に止まって心房細動みたい」

 ◇G2・京都記念(2023年2月12日 阪神芝2200メートル)

 G1ホース3頭が激突した京都記念は、昨年のダービー馬ドウデュース(牡4=友道)が制した。ダービー馬が同レースを勝つのは、1948年春のマツミドリ(83年まで年2回実施)以来75年ぶりで、目標に据える3月のドバイターフへ弾みをつけた。

 21年の年度代表馬のエフフォーリア(牡5=鹿戸)は2番手を追走したものの、ずるずると後退し、決勝線手前で競走を中止した。鹿戸師は「積極的に行って良かったが…。(横山)武史も道中いい感じやったっと言っていた。急に止まって心房細動みたい。仕方ないですね。これから見てきます」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6054a3d616bd7af0da94b4dee96922d301ebf0dc

【京都記念・G2 エフフォーリアまさか…決勝線手前で競走中止 鹿戸師「急に止まって心房細動みたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/22(日) 15:59:45.74 ID:OgSr80oc9
G2・アメリカジョッキークラブカップ ( 2023年1月22日 中山芝2200メートル )

 冬競馬伝統の一戦は、ノースブリッジ(牡5=奥村武)が制した。勝ち時計は2分13秒5。岩田康は歓喜のガッツポーズを見せた。
 ノースブリッジは父モーリス、母アメージングムーン(母の父アドマイヤムーン)の血統で通算12戦6勝。
重賞は昨年のG3・エプソムCに続いて2勝目となった。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2023/01/22/kiji/20230122s00004048213000c.html

レース結果・配当
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202306010811

【アメリカJCC(中山・G2) 冬競馬伝統の一戦はノースブリッジがV!鞍上・岩田康は歓喜のガッツポーズ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/22(日) 15:57:05.63 ID:OgSr80oc9
G2・東海S ( 2023年1月22日 中京ダート1800メートル )

 1着馬に来月のG1・フェブラリーSの優先出走権が与えられる一戦は、プロミストウォリア(牡6=野中)が制した。4連勝で重賞初制覇を飾った。

 プロミストウォリアは父マジェスティックウォリアー、母プロミストスパーク(母の父フジキセキ)の血統で通算7戦5勝。

 ハギノアレグリアス(牡6=四位)は2着。直線ではカラ馬の影響で追いづらいシーンがあった。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2023/01/22/kiji/20230122s00004048212000c.html

レース結果・配当
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202307010811

【東海S(中京・G2) プロミストウォリアが4連勝で重賞初制覇!2着ハギノアレグリアスはカラ馬が邪魔で追えず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/09(日) 16:14:25.36 ID:CAP_USER9
◆第73回毎日王冠・G2(10月9日、東京・芝1800メートル=10頭立て)

 G1ホース4頭が参戦した伝統のG2は、19年朝日杯FS覇者のサリオス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎、父ハーツクライ、松山弘平騎手)が直線で前を行く2頭の間を割って差し切り、一昨年の同G2以来2年ぶりとなる復活の重賞4勝目を挙げた。
勝ち時計1分44秒1(良)のレコード決着だった。毎日王冠の2勝は1988、89年連覇のオグリキャップ以来で、隔年勝利は史上初の記録となった。

 半馬身差の2着は3番人気のジャスティンカフェ(福永祐一騎手)、さらに3/4馬身差の3着は4番人気のダノンザキッド(川田将雅騎手)。
なおレース前にはダノンザキッドが発馬機から飛び出すハプニングが発生し、当初の4番枠が破損したため大外枠からの発走となった。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/53a0b2d615db7f601ff341bacd580463c2c13b93

※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

JRA
https://www.jra.go.jp/

【第73回毎日王冠(東京・G2) サリオス復活!2年ぶり勝利で重賞4勝目 レース前にはダノンザキッドがゲートから飛び出すハプニングも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 16:18:16.35 ID:CAP_USER9
9月25日、中山競馬場で行われたオールカマーは横山武史騎手騎乗のジェラルディーナが1着で入線。2着にはロバートソンキー、3着にはウインキートスが入線した。

長期休養明けのバビットが逃げ、キングオブドラゴンが2番手という隊列で進む。上位人気を形成したソーヴァリアントは道中で早々に勢いを失って後退。
デアリングタクトもいまひとつ余力がなく、4角では大きく外に振られて勝負圏内から脱落する波乱の展開となった。

中団の最内でじっくりと脚を溜めたジェラルディーナが、直線は力強く抜け出して待望の重賞初制覇。2着ロバートソンキー、3着ウインキートスといずれも内枠勢が上位を独占した。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。

SPAIA編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e917860f99d68a7bc4104c476d7fdb133538303


JRA
https://www.jra.go.jp/

【オールカマー2022(中山・G2) ジェンティルドンナの仔ジェラルディーナが重賞初制覇 圧倒的1番人気デアリングタクト6着に沈む】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 16:15:59.49 ID:CAP_USER9
◆第70回神戸新聞杯・G2(9月25日、中京競馬場・芝2200メートル、良馬場)

 今年も中京競馬場での開催となった菊花賞(10月23日、阪神)のトライアル競走(3着まで優先出走権)は、3歳馬17頭によって争われた。

 鮫島克駿騎手が手綱を執った5番人気のジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父ディープインパクト)が2番手追走から抜け出して優勝。
重賞初制覇を果たした。勝ち時計は2分11秒1。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/827fb51af6622b0ec63db09dcd9456463621ef7b

※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

JRA
https://www.jra.go.jp/

【第70回神戸新聞杯(中京・G2) ディープインパクト産駒のジャスティンパレスが重賞初制覇で菊切符 [ニーニーφ★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/11(日) 23:53:36.90 ID:CAP_USER9
【ニエル賞】ドウデュースは4着に敗れる


「ニエル賞・G2」(11日、仏パリロンシャン)


1番人気に支持された今年のダービー馬・ドウデュース(牡3歳、栗東・友道)だったが、最後の直線で本来の鋭い末脚が見られず、まさかの4着に敗れた。

デビュー以来、初めて3着以内を外し、本番の凱旋門賞(10月2日・仏パリロンシャン)へ向けて暗雲が立ちこめた。

勝ったのはG・ブノワ騎乗のシムカミル、2着はラッソー、3着はトゥルーテスタマンだった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/e2fa2cd69141b05534ed3e09c31b40e58c0a9bd0

【凱旋門賞の前哨戦『ニエル賞・G2』  武豊が騎乗の日本馬「ドウデュース」は4着に敗れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/21(日) 15:50:22.78 ID:CAP_USER9
【#札幌記念 入線速報】
1位入線 4 ジャックドール 3人気
2位入線 3 パンサラッサ 1人気タイ
3位入線 9 ウインマリリン 5人気

ハナは譲っても最後に先頭は譲らない!
藤岡佑介騎手騎乗ジャックドールがV!
https://twitter.com/netkeiba/status/1561244056314793984?s=20&t=46vGZgJAubqrorqbBRHdsQ
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【G2札幌記念、ジャックドールが制す ソダシ沈む】の続きを読む

このページのトップヘ