SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

G3

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 17:44:27.96 ID:CAP_USER9
3月26日の阪神11Rで行われた第69回毎日杯(3歳オープン、GIII、別定、芝・外1800メートル、10頭立て、1着賞金=4000万円)は、藤岡佑介騎手の4番人気ピースオブエイト(牡、栗東・奥村豊厩舎)が重賞初制覇を果たした。
まずまずのスタートから一気に先頭に立ってレースを進め、直線半ばでベジャールに並びかけられたものの二枚腰を発揮、3/4馬身差の逃げ切りでデビューから無傷の3連勝。昨年のシャフリヤールをはじめ、多くのクラシック馬を輩出してきた出世レースを制した。タイムは1分47秒5(稍重)。

2着からさらに半馬身遅れた3着に猛然と追い込んだ1番人気のドゥラドーレスが入った。なお、2番人気のリアドは5着、ホープフルS12着(1番人気)からの巻き返しを期したコマンドラインは8着に敗れた。

◆藤岡佑騎手(1着 ピースオブエイト)「調教では折り合いのいい馬だったんですけど、レースでは少しゲートが遅かったり、道中も少し力みが強くなったりと聞いていたので、どういう形で乗ろうかと思っていました。きょうは馬場も考えて少し前めでというオーダーだったので、逆らわずにいきました。
2着馬に前に出られたんですけど、そこからグッと歯を食いしばって、もう一回前に出てやろうという気持ちが馬にありました。馬の力に助けてもらいました。まだまだ成長の余地を残すなかで、非常に素晴らしい動きをしてくれる馬。いろんな形で勝てていますし、出世レースでもありますし、非常に楽しみです。いろんな可能性を秘めた馬です」

https://www.sanspo.com/race/article/general/20220326-HDXHF4XPUZHTLMFIBMFOJBPTGM/

レース結果
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202209020111

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

【第69回毎日杯(阪神・G3) ピースオブエイトが雨の中を逃げ切ってデビュー3連勝で重賞初制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/19(土) 16:01:21.87 ID:CAP_USER9
【ファルコンS】2番人気プルパレイが重賞初V イスラボニータ産駒でも初タイトル


◆第36回ファルコンS・G3(3月19日、中京・芝1400メートル=18頭立て)


3歳の牡馬16頭と牝馬2頭によって争われ、ミルコ・デムーロ騎手が手綱を執った2番人気の牡馬プルパレイ(栗東・須貝尚介厩舎、父イスラボニータ)が直線で抜け出し、重賞初勝利を挙げた。
勝ち時計は1分20秒9(稍重)。

昨年デビューしたイスラボニータの産駒としても、初の重賞タイトルとなった。


1馬身3/4差の2着は13番人気のタイセイディバイン(松若風馬騎手)、さらに半馬身差の3着は6番人気のオタルエバー(幸英明騎手)だった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/33bd5f54b26f5d7a0466c17ff0a496121c8a0c29

【第36回ファルコンS(GⅢ)、2番人気プルパレイが重賞初V イスラボニータ産駒でも初タイトル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 16:12:35.63 ID:CAP_USER9
【阪急杯】7歳馬が復活! ダイアトニックが鮮やか重賞3勝目
2/27(日) 15:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c08a49dfc8819a5830196e692ee661d33ca061c
スポーツ報知
◆第66回阪急杯・G3(2月27日、阪神競馬場・芝1400メートル=良)

1着馬に高松宮記念・G1(3月27日、中京・芝1200メートル)の優先出走権が与えられる古馬重賞は14頭が出走して行われ、
岩田康誠騎手が手綱を執った1番人気のダイアトニック(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が直線半ばで抜け出し、
2020年6月の函館スプリントS・G3以来となる重賞3勝目を飾った。

勝ち時計は1分19秒9。

9番人気のトゥラヴェスーラ(鮫島克駿騎手)が、首差の2着。
そこから2馬身差の3着には6番人気のサンライズオネスト(武豊騎手)が入った。

【第66回阪急杯(G3)~阪神 ダイアトニックが優勝 重賞3勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 00:01:02.25 ID:CAP_USER9
サウジで日本馬旋風!ステイフーリッシュは3年9カ月ぶり勝利 ルメール、サウジカップデー3連勝


◇26日 競馬 レッドシーターフハンデキャップ(G3) 芝3000メートル(サウジアラビア)

唯一の日本馬として出走したステイフーリッシュ(牡7歳)が3000メートルを逃げ切って、2018年の京都新聞杯以来となる3勝目。

ルメール騎手は1レースのネオムターフカップ(G3)のオーソリティ、2レースの1351ターフスプリント(G3)に続き、サウジカップデー日本馬での3連勝となった。


スタートから先頭に立ったステイフーリッシュは終始自らのペースで逃げ、直線に入ると逆に差を広げて、悠々とゴール板を通過した。

ルメールは「信じられない。先頭に立って非常に快適にレースができた。素晴らしい手応えだったよ」と笑顔でレースを振り返った。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9a303939b3c65b0c82bc9a5704b4336820bf5912
https://i.imgur.com/ptfTRyv.jpg

【サウジで日本馬旋風! ステイフーリッシュは3年9カ月ぶり勝利 ルメール、サウジカップデー3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/20(日) 15:53:31.53 ID:CAP_USER9
【小倉大賞典】アリーヴォV ついに重賞1番人気の連敗が「18」でストップ
2/20(日) 15:33配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/133b0455475e5981d727d93d5c407e0307776bdc
デイリースポーツ
「小倉大賞典・G3」(20日、小倉)

1番人気アリーヴォが大外から豪快に差し切り、重賞初制覇。
年明けから続いた重賞での1番人気の連敗を「18」でついに止めた。

8枠16番の大外枠からの発進で、道中は中団の外めを追走。
4コーナー手前でゴーサインを出すと、直線は力強くはじけた。

2着には3番人気のランブリングアレー、
3着には最後方から追い込んだ8番人気のカデナが入った。

【第56回小倉大賞典(G3)~小倉 アリーヴォ優勝 ホープフルステークス以降続いたJRA重賞1番人気、19連敗でストップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/13(日) 22:29:07.01 ID:CAP_USER9
【共同通信杯】ダノンベルーガが無傷2連勝 ジオグリフが2着で、今年のJRA重賞は1番人気16連敗に
2/13(日) 15:57配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a31cd179a59d90cad38b3e3d222ba152da3c5b1
スポーツ報知
◆第56回共同通信杯・G3(2月13日、東京・芝1800メートル=稍重)

3歳牡馬11頭立てで争われた出世レースは、
3番人気のダノンベルーガ(美浦・堀宣行厩舎、父ハーツクライ)が松山弘平騎手に導かれ、差し切り勝ち。
デビューから2戦2勝で、重賞初制覇を飾った。
勝ち時計は1分47秒9。

1番人気のジオグリフ(クリストフ・ルメール騎手)が2着に続き、
逃げた8番人気のビーアストニッシド(岩田康誠騎手)が3着に粘った。

今年のJRA重賞は1番人気が16連敗となった。

【第56回共同通信杯(G3)~東京 ダノンベルーガが優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/12(土) 17:07:12.47 ID:CAP_USER9
【クイーンC】プレサージュリフトが無傷2連勝で重賞初V 2着はスターズオンアース
2/12(土) 15:56配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba2edb4056d60ba7666c3a2b9127bc0a090c76f0
スポーツ報知
◆第57回クイーンC・G3(2月12日、東京・芝1600メートル、良)

3歳牝馬16頭立てで争われ、2番人気のプレサージュリフト(美浦・木村哲也厩舎、父ハービンジャー)が戸崎圭太騎手を背に、ゴール前で外から差し切り勝ち。
デビュー2連勝での重賞初制覇を飾った。
戸崎騎手はJRA通算1200勝を達成した。
勝ち時計は、1分34秒1。

1番人気のスターズオンアース(横山武史騎手)が首差の2着、
3番人気のベルクレスタ(松山弘平騎手)がさらに3/4馬身差の3着に続いた。

【第57回クイーンカップ(G3)~東京 プレサージュリフトが優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/06(日) 16:02:12.18 ID:CAP_USER9
【東京新聞杯】イルーシヴパンサー怒とうの4連勝で重賞初V 連覇狙ったカラテ3着
2/6(日) 16:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc97dee2031ab34e8e9f1979a5db8e94681aef67
スポーツ報知
◆第72回東京新聞杯・G3(2月6日、東京・芝1600メートル、良=15頭立て)
伝統の古馬マイル重賞は牡馬10頭、牝馬5頭が出走し、
田辺裕信騎手が手綱を執った4番人気のイルーシヴパンサー(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎、父ハーツクライ)が直線で一気に抜け出し、
1勝クラスからの4連勝で重賞初制覇を決めた。
勝ち時計は1分32秒3(良)。

昨年の牝馬3冠戦線で3、11、2着と活躍し、1番人気に推されたファインルージュ(クリストフ・ルメール騎手)が1馬身3/4差の2着。
連覇を狙った2番人気のカラテ(菅原明良騎手)がさらに首差の3着だった。

【第72回東京新聞杯(G3)~東京 イルーシヴパンサーが優勝 4連勝で重賞初勝利】の続きを読む

このページのトップヘ